Facebook Twitter

商品詳細

ダブルスのサービス側の前衛についてのクイズです。

前衛がカバーする範囲として間違っているのは、次のうちどれでしょうか?

① ストレート
② ストレートロブ(頭上)
③ センター

少しの間、真剣に考えてみてください。




















それでは時間になったので、正解を発表します。

もしあなたが、①を選ばれたのであれば正解です!
あなたはサービスキープ率も高いし、前衛に立っても、パートナーからの信頼も厚くまたポーチも上手いでしょう。思考が実践的なので、今回の鈴木プロのDVDが最大限活用してもらえることでしょう。

逆に、不正解だったあなたも、気にすることはありません。多くの方は、なぜ①を選ぶでしょう。それが基本だと思います。しかしこの①を選ばなかた方の多くは、実は「ポーチが得意ではない」とか「サービスキープに自信がない」という方が多いのです。

この質問に対して、回答していただいたのは鈴木貴男プロです。近年選手活動だけではなく、YouTubeやメディアにも出演されていてしっかりとした理論とわかりやすさで大人気ですね。サービス&ボレーは鈴木プロの代名詞ともいえるショットです。
基本的な考えでは、前衛がカバーするコースとしては
・ストレート
・ストレートロブ(頭上)
・センター
の3つだと思います。これらをバランスよく意識すると、このようになりますよね?


イメージ写真


よく説明にあるのは、ダブルスのサイドラインと、センターラインの中間。あとは頭上のロブがとれる範囲で前後に調整する。あなたのポジションはだいたい、この範囲ではないでしょうか?

もしあなたがこの前衛のポジションについていて、「ポーチにいけない」 「前衛として積極的に動けていない」という悩みがあれば、それはすぐに解決できます。鈴木プロは、このポジションでは、「サービスキープ」は難しい、と言います。

このポジションだと、あなたのパートナーはあなたの前衛の動きに対して 不満を持たれるポジションのようです。では「日本一ストレートのパッシングを抜かれてきた」という鈴木プロが話す サービス側の前衛の位置とはこうなります。

左側が教科書通りのポジションで、右側が鈴木プロの実践的なポジションとなっています。

イメージ写真


「えっそんなにセンターに寄るの?」 と驚かれたかもしれません。「ストレートはどうするの? アレーコートに打たれたら、カバーできないじゃない?」恐らくあなたはこう思われたのではないでしょうか?

それがあなたのダブルスの「戦術的要素の限界」なのです。鈴木プロはアレーコートをどう考えるのか、というと、「守らなくていい」と言います。もちろん状況によりますが、基本的にプレッシャーのかかる場面で、リターンを91センチのアレーコートに的確に、何度もノータッチでエースを取れる相手だと、相当上手い。

自分がフェデラーやマレーなどと対戦してきても、 プレッシャーのかかる場面で、リターンを91センチのアレーコートに的確に 抜かれた、という経験はほとんどありません。

その結果、僕はアレーコートは意識しておくけど、実際にリターンエースを食らうことは、ほぼ、ない。
と考えています。これはサービスを打つ人のアングルでも同様です。

リターンがプッシャーのかかる場面で、アレーコートのわずか数十センチを相手がボレーを待ち構えている、というプレッシャーの中、 リターンを毎回その場所に狙ってコントロールしてくる相手であれば、相当なレベルで あり、その状況で正確にコントロールする相手には、 どの陣形でも太刀打ちできない。と、言います。

DVDでも紹介していますが、サービスのコースさえ、考えれば、実際に守るべきコートはこうなります。

イメージ写真


赤の部分に打たれたら「相手のスーパーショット」だと考え、実際に飛んでくる可能性が高いコートを中心にポジショニングすると、コートはこれだけ小さくて済むのです。つまり多くの人のダブルスにおけるポジションの誤解は 飛んでくるかもしれないコート、全てをカバーしようとしている。

そうではなくて、前衛のポジションとは、飛んできそうにないポジションは捨てて 的を絞ってそのエネルギーを全て、攻撃するチャンスに変えることが大切なのです。

ここの辺りに飛んできそうだから、このあたりを守る、というのは ダブルスの導入としてはいいのですが、レベルが上がるにつれて、相手にプレッシャーを与えるポジションにしなければ、相手の「威圧感」にやられてしまいます。経験があるでしょうが、強いダブルスのペアは隙がありません。「抜ける気がしない」このプレッシャーを相手に与えることができることが、ダブルスの戦術であり 心理的なかけひきなのです。
 
ダブルスにおいての本当に有利な「サービスキープ術」お伝えしますよ。

最初のクイズはあくまで、応用問題。教科書通りの基本は、あくまで前衛はストレート、ロブ、センターを守ることが大切です。しかし鈴木プロが何度も繰り返すのが、教科書通りだけで実戦が戦えるわけじゃなく、「その場その場の判断と実行の繰り返し」が試合という場なので、全てを当てはめないで欲しいということ。それが「日本一パッシングを抜かれた経験を持つ」鈴木プロだけが知っている 実戦から得た経験を、今回のDVDには詰め込みました。

また今回のダイジェストDVDにはダブルスの前衛の動きだけではなく、サーバー側の動きも収録してあります。ダブルスにおいての「キープ」に必要な全ての要素を収録しています。
簡単に説明するなら、ダブルスでキープするための「相手が一番嫌がる配球や攻め方」になります。

ただし、もしあなたが初心者であれば、今回のDVDは適さないので購入しない方がいいでしょう。まずは基本をしっかりと学ぶことをお勧めします。しかしある程度のテニス歴がありながらも、伸び悩んでいる方には適していると思います。

今回のダイジェスト版には60分しっかりと収録されています。エンタメ要素が強いYouTubeではなく、しっかりとしたテクニックの解説として収録された教材の違いをぜひ体感していただきたいと思います。

このダイジェストDVDを見て、どうか自信満々にダブルスをプレイし、ステージを上げた積極的なダブルスプレイヤーになれるよう頑張っていきましょう!


90日間保証


このDVDには、「返金保証」をお付けいたします。

DVDの内容にご満足いただけない場合は商品到着後90日以内にご連絡ください。
何度ご覧いただいたあとでも理由を問わず、手数料735円を差し引いた金額をご返金させていただきます。

ですので、90日間、じっくりとDVDをご覧いただき、あなたの買い物が正しかったかどうかをご判断ください。

これは、教材のクオリティに本当に自信があるからできるお約束です。
 

目次

イメージ写真
イメージ写真
イメージ写真

合計 55分収録


プロフィール

鈴木貴男(すずきたかお)
MTS代表

北海道札幌市出身。世界ランキング最高102位。武器はサーブ&ボレー 6歳でテニスをはじめ、堀越学園時代にインターハイで3冠(単複・団体)を達成。1995年にプロ転向。 四大大会では7度の本選出場を果たし、2003年のウィンブルドン選手権と2005年の全豪オープンで2回戦に進出。 また、ジャパン・オープンでは2度のベスト8進出を果たし、2005年には岩渕聡とのペアで日本人ペアとして初のATPダブルス優勝を達成。2006年大会では王者ロジャー・フェデラーから1セットを奪う大健闘を見せた。現在は選手活動を継続しながらも、テレビの解説やツアーコーチ、YouTubeなど幅広い活動を見せている。
鈴木貴男の TOP GUN TECHNIQUE25 【ダブルス・サービス編】 ダイジェスト
  • 鈴木貴男の TOP GUN TECHNIQUE25 【ダブルス・サービス編】 ダイジェスト

鈴木貴男の TOP GUN TECHNIQUE25 【ダブルス・サービス編】 ダイジェスト NEW タイムセール中

  • 通常価格:4,980円税込
  • タイムセール価格:2,980円税込

加算ポイント:29 ポイント

ポイント:利用可能

発売日時:2020年 08月 14日 00:00

数量:

この商品は0人がお気に入りに登録しています。

Facebook Twitter

この商品のレビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿する

レビューを投稿するにはログインしてください。

この商品は、次のカテゴリにも関連付けられています。

DVD教材

DVD教材 > テニス

DVD教材 > テニス > 鈴木貴男

キャンペーン > タイムセール > DVD教材