重要なお知らせ

OPEN
「個」の力を育成するためのドリブル上達トレーニングメソッド~ドリブルが巧くなる!動き創り&リズムの習得~
「個」の力を育成するためのドリブル上達トレーニングメソッド~ドリブルが巧くなる!動き創り&リズムの習得~
  • 「個」の力を育成するためのドリブル上達トレーニングメソッド~ドリブルが巧くなる!動き創り&リズムの習得~
  • 「個」の力を育成するためのドリブル上達トレーニングメソッド~ドリブルが巧くなる!動き創り&リズムの習得~

「個」の力を育成するためのドリブル上達トレーニングメソッド~ドリブルが巧くなる!動き創り&リズムの習得~

無名の街クラブを優勝へと導いた、個の育成のスペシャリスト三木利章が、全国から見学者が絶えない、ドリブル指導の秘訣を公開。
  • 送料無料
  • 16,980円税込

獲得ポイント:169 ポイント

数量:

カートに追加されました。

閉じる

閉じる

できるだけ短期間で試合に勝てるチームを作りたいと考えたとき、いったいどの技術から練習させるのがベストなのか?

無名の街クラブを優勝へと導いた、個の育成のスペシャリスト三木利章氏によると、その答えは「ドリブル」とのこと。

なぜなら、ボールを触る回数が一番多い技術がドリブルだから。

三木コーチは、ボールを触る回数が多いドリブル練習の中で、 技術向上のための「動き創り」と「体創り」を、同時におこなっていると言います。

しかし「ドリブル練習には、多くの指導者が見落としている落とし穴がある」とも…

その落とし穴が「踏ん張ること」。

なぜなら、ドリブルで踏ん張ってしまうと、次の方向へ素早く動けないから。

踏ん張らずにドリブルできるようになるには、4つのポイントがあります。

「動きづくり」「複合的な動作のコーディネーション」「3つのリズムを意識した練習」「素早い重心移動」。

では、これらは、具体的にどのような練習をすればよいのか? 無名の街クラブを優勝へと導いた、個の育成のスペシャリスト三木利章が、全国から見学者が絶えない、ドリブル指導の秘訣を公開します。

Disc1  リフティングのトレーニング(収録時間36分)

  • ドリブルが上手くできない原因とその対処法
  • サッカー技術向上のために必要な要素とは?
  • ウォーミングアップでは、何に注意すべきか?
  • ドリブルの動きを作るための最初のリフティングトレーニング
  • リフティングを教えるとき、指導者が注意すべきポイントとは?
  • インサイドのリフティング、指導のポイントと注意点
  • アウトサイドのリフティング、指導のポイントと注意点
  • インステップのリフティング、指導のポイントと注意点
  • リフティングが苦手な選手は、どういう手順で教えればいいのか?
  • なぜ、リフティングを失敗したとき、「ノーバウンド」でボールを取るのか?
  • ボールをコントロールしながら、足を速く動かすトレーニング
  • 常に体の正面でボールをコントロールするテクニック
  • ボールや相手との距離、空間認知力を上げるトレーニング
  • 脳や目の動きを活発にするリフティングのトレーニング
  • ヘディングのリフティング、指導のポイントと注意点
  • 「3つの異なる動作」をリフティングに取り入れるべき理由
  • ブレない体の軸を作るリフティングのトレーニング
  • どうすれば、広い視野を確保しながらプレーできるのか?
  • なぜ、リフティングのトレーニングは、狭いスペースでやる方が良いのか?

Disc2  コーディネーション・トレーニング(収録時間30分)

  • なぜ、コーディネーション・トレーニングが重要になるのか?
  • プレー中の視野を広げるリフティングのトレーニング
  • なぜ、「日常生活にない動作」をリフティングに取り入れるのか?
  • 素早い重心移動を身につけるためのリフティングのトレーニング
  • ボールから視野を切りながらコントロールするテクニック
  • 「チラ見」を入れたリフティングのトレーニング
  • 「手叩き」を入れたリフティングのトレーニング
  • 「座る」、「立つ」動作を入れたリフティングのトレーニング
  • 3種類の動作を入れたリフティングのコーディネーション・トレーニング
  • 肩甲骨やヒザの関節を柔らかくするリフティングのトレーニング
  • なぜ、脳の情報処理能力を高めることが重要なのか?
  • 選手が上手くできない場合には、どう対処すればいいのか?

Disc3 コーンドリブル・トレーニング(収録時間75分)

  • コーンドリブル・トレーニングのポイントと注意点
  • 体重が乗ってしまい、素早く動けなくなるのを防ぐ方法
  • 「3のリズム」を意識することで、ドリブルは、どう変わるのか?
  • ボールを前に運ぶことと、足を速く動かすこと。どちらを優先すべきか?
  • ドリブル力を向上させる3種類のダブルタッチ・トレーニング
  • ダブルタッチ・トレーニングで注意すべき3つのポイントとは?
  • 股関節を使った、幅の大きいダブルタッチのテクニック
  • 相手を抜くドリブルと、横に外すドリブルの違い
  • 肩とヒザを連動させて動き、素早く重心移動するテクニック
  • 足の回転率を上げるコーンドリブル・トレーニング
  • 常に両足を動かせる重心を意識するには?
  • 素早い重心移動を身につけるためのコーンドリブル・トレーニング
  • 体が先行しても、ボールとの距離を一定に保つテクニック
  • 重心移動をマスターする「3種類のインロール&アウトロール」ドリル
  • ボールに力を伝えるときは、叩く、押し出す、どちらが正解か?
  • 相手が止まった瞬間に逆を取るドリブルテクニック
  • 相手が止まった瞬間に逆を取るドリブルテクニック
講師
個の育成のスペシャリスト

三木 利章(みき としあき)

「個の育成」に徹底的にこだわった指導が評判を呼び、多くのサッカー指導者がチームの見学に訪れる。特に、ドリブルの指導は高く評価されている。2009年~2015年まで兵庫県 ACアスロン監督。現在は、プロコーチとしてパスドゥーロ、リガールの外部コーチの他、ドリブルスクールも主催している。

推薦の声

水戸ホーリーホック アカデミーコーチ 村松尚登


三木さんは、ここ数年指導方法に悩み続けている私に、最も多くのヒントや気づきを与えてくれた指導者の一人です。三木さんのトレーニングスタイルやノウハウは、間違いなく多くの日本の指導者に多くの影響力を与えることでしょう。

興國高等学校サッカー部監督 内野智章


今までもコーディネーション等の動作にはこだわってきましたが、動作のスピードが更に上がり、決してフィジカルが高くない選手たちが自分たちよりもカテゴリーやフィジカルが上の選手たちをスピードやテクニックdさらに凌駕するようになりました!

デフフットサル男子日本代表監督 川本剛


今までの自分の指導者人生を根底から覆されたような衝撃でした。育成とは?価値とは?三木コーチとの出会いがなければ、今の自分はないとさえ思っています。三木コーチのトレーニングは、リフティング練習、コーンドリブル練習ではなく、究極の心、頭、体、技へのアプローチだと思います。

リガールJPCチーム代表者・事務局 久保吏司


さまざまなコーディネーショントレーニングとボール操作を融合させた一石二鳥、一石三鳥トレーニングは、三木さんのトレーニングの代名詞。特別な道具や広いスペースがなくても、十分に実践できる内容ですので、是非参考にしていただけたらと思います。

「個」の力を育成するためのドリブル上達トレーニングメソッド~ドリブルが巧くなる!動き創り&リズムの習得~

「個」の力を育成するためのドリブル上達トレーニングメソッド~ドリブルが巧くなる!動き創り&リズムの習得~

無名の街クラブを優勝へと導いた、個の育成のスペシャリスト三木利章が、全国から見学者が絶えない、ドリブル指導の秘訣を公開。
  • 送料無料
  • 16,980円税込

獲得ポイント:169 ポイント

数量:

カートに追加されました。

閉じる

閉じる

この商品のレビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿する

レビューを投稿するにはログインしてください。

「個」の力を育成するためのドリブル上達トレーニングメソッド~ドリブルが巧くなる!動き創り&リズムの習得~

この商品は、次のカテゴリにも関連付けられています。

DVD教材

DVD教材 > サッカー

「個」の力を育成するためのドリブル上達トレーニングメソッド~ドリブルが巧くなる!動き創り&リズムの習得~