重要なお知らせ

OPEN
森 守洋の「永久不変のゴルフ理論」~体の使い方を分離させて芯を食わせる応用編~
森 守洋の「永久不変のゴルフ理論」~体の使い方を分離させて芯を食わせる応用編~
  • 森 守洋の「永久不変のゴルフ理論」~体の使い方を分離させて芯を食わせる応用編~
  • 森 守洋の「永久不変のゴルフ理論」~体の使い方を分離させて芯を食わせる応用編~

森 守洋の「永久不変のゴルフ理論」~体の使い方を分離させて芯を食わせる応用編~

「引っ掛け」は間違いではありません!フェースローテーションを完成させ、理想的なドローボールを打つ方法を公開。
  • 送料無料
  • 24,800円税込

獲得ポイント:248 ポイント

数量:

カートに追加されました。

閉じる

閉じる

多くのゴルファーの注目を集めた、森守洋コーチのフェースローテーション理論。

腕を使ってフェースを開閉させ、ボールを包み込むような長いスクエアインパクトを作り、力強い弾道で真っすぐ遠くまで飛ばせる技術ですが…

もし「引っ掛けが出るようになった…」というなら、それは間違いではありません。

森プロによると、引っ掛けが出るようになったということは、「正しいフェースローテーションで振れている証拠」で、スイングが安定する一歩手前の状態とのこと。

ローテーションすることで引っ掛けが出る原因は、スイング時に「土台となる体が左を向いていること」にあり、結果的に、体が開くことによる回転の分だけボールをつかまえすぎてしまい、ボールは左に飛びすぎてしまうのだそうです。

なので、左に飛ばしたくないからといって、フェース面をオープンに戻してはいけません。

なぜなら、わざとベクトルをずらして弱いボールを打つアプローチのような打ち方なので、ドライバーならスライスが出ますし、アイアンでは高いボールが出るようになります。結局、「高さはあるけど弱いボール」しか打てないからです。

では、どうすれば、切り返しで体が開くのを防げるのか? フェースローテーションを完成させ理想的なドローボールを打つ方法を公開します。

Disc15 ゴルフクラブは偏重心(収録時間57分)

  • ボールの飛距離とクラブの重心の関係
  • 大人からゴルフをはじめた人が「ハマりやすい罠」とは?
  • 自然なハンドファーストを生み出すクラブの使い方
  • 「肘下の旋回」ができると、インパクトゾーンはどう変わるのか?
  • スイングを台無しにする、アーリーリリースやフリッピングの原因とその対処法
  • ゴルフクラブを「真っすぐ」に扱ってはいけない理由
  • インパクトゾーンを長くする簡単な方法
  • なぜ、ほとんどのゴルファーが「スクエア」を勘違いしているのか?
  • ゴルフクラブの「トゥ側」が重たく作られている理由
  • ゴルフクラブが本来もつ能力を引き出すには?

Disc16 上体(収録時間57分)

  • トッププロや上級者が使っている、「テコの原理」とは?
  • アベレージゴルファーがハマりやすい「バックスイングの罠」
  • バックスイングで体が伸び上がってしまう原因と、その対処法
  • 自然な肘下の回転でインパクトを迎えるテクニック
  • なぜ、「餅つき」の動作ができると、自然なタメが生まれるのか?
  • トッププロが使う「テコの動き」を身につける3ステップのドリル
  • なぜ、「竹の定規」を使うと、テコの使い方がすぐに理解できるのか?
  • 家でもできる、テコの動作を習得するためのトレーニング
  • バックスイング時に、左肘が曲がってしまう原因とその対処法
  • インパクトの長いゴルファーの体の使い方を覚える方法
  • 【実践レッスン】モデルを使った、テコの動作を習得する一連のレッスン

Disc17 土台(収録時間49分)

  • なぜ、上半身と下半身を分けて考えることが重要なのか?
  • トッププロのスイングを習得するための「下半身の使い方」
  • 飛距離が伸びないゴルファーの下半身の使い方
  • 下半身のどこに問題があるのかをセルフチェックする方法
  • 骨盤の角度は、上体の姿勢にどんな影響を与えるのか?
  • 体が開く人とそうでない人の骨盤の使い方の違い
  • 体が開くクセを矯正する骨盤の使い方
  • 最大限のパワーを発揮できる骨盤の使い方
  • 重心移動を使って、さらに飛距離をアップさせる方法
  • なぜ、海外のトッププロは、骨盤が浮かないのか?
  • イチローのスイングに学ぶ、理想的な骨盤の使い方
  • なぜ、前屈をするだけで、簡単にスイングの支点を作れるのか?
  • 「下半身を引き込む動作」と「横移動」の違い

Disc18 Q&A/まとめ(収録時間57分)

  • トッププロとアベレージゴルファーのインパクトゾーンの違い
  • ピンに対して、常に体がよく動く状態を作る方法
  • テコの動作を使って、インパクトゾーンを長くする方法
  • 骨盤を引き込んだ理想的なスイングを身につける方法
  • 引っ掛け、スライスが起こる原因とその対処法
  • 家でもできる、オススメのシャドー
  • オーバースイングに隠されたメリットとは?
  • 理想的なグリッププレッシャーを覚える簡単な方法
  • ミスショットが起こる原因を自分で探し出す方法

特典映像 50種類のレッスン動画
特典DVD 第一弾?四弾のダイジェスト

ツアーコーチ

森守 洋(もり もりひろ)

95年に渡米し、サンディエゴにてミニツアーを転戦しながら腕を磨く。帰国後、陳清波プロに師事し、ダウンブロー打法を身につける。現在は、ツアープロのコーチを務めるかたわら、東京都三鷹市で「東京ゴルフスタジオ」を主宰し、原江里菜、竹末裕美ら複数のツアープロコーチを務め、多くのアマチュアの指導にも当たっている。

森 守洋の「永久不変のゴルフ理論」~体の使い方を分離させて芯を食わせる応用編~

森 守洋の「永久不変のゴルフ理論」~体の使い方を分離させて芯を食わせる応用編~

「引っ掛け」は間違いではありません!フェースローテーションを完成させ、理想的なドローボールを打つ方法を公開。
  • 送料無料
  • 24,800円税込

獲得ポイント:248 ポイント

数量:

カートに追加されました。

閉じる

閉じる

この商品のレビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿する

レビューを投稿するにはログインしてください。

森 守洋の「永久不変のゴルフ理論」~体の使い方を分離させて芯を食わせる応用編~

この商品は、次のカテゴリにも関連付けられています。

DVD教材

DVD教材 > ゴルフ > 森守洋

森 守洋の「永久不変のゴルフ理論」~体の使い方を分離させて芯を食わせる応用編~