重要なお知らせ

OPEN
森 守洋の「永久不変のゴルフ理論」パター
森 守洋の「永久不変のゴルフ理論」パター
  • 森 守洋の「永久不変のゴルフ理論」パター
  • 森 守洋の「永久不変のゴルフ理論」パター

森 守洋の「永久不変のゴルフ理論」パター

パターの距離感がピタッと合うようになり、大事な場面でもしっかりと沈められるようになる、森守洋プロの「フェースローテーションパター編」を公開。
  • 送料無料
  • 8,980円税込

獲得ポイント:89 ポイント

数量:

カートに追加されました。

閉じる

閉じる

なぜ、2?3メートルのショートパットではなく、ロングパットの練習の方が、パットを上達させる秘訣なのかご存じですか?

原江里菜、竹末裕美ら複数のツアープロコーチを務める森守洋プロによると、ショートパットの練習における問題点は、「振り幅で距離感をコントロールしようとすること」にあるとのこと。

クラブの振り幅が大きくなるほど、ヘッドが最下点を通るインパクトゾーンが短くなってしまい、スイートスポットでインパクトする確率がガクンと下がるというのです。

また「まっすぐ引いてまっすぐ押し出す」というパターの常識についても、ショートやオーバーの原因になっていると言います。

大切なのは、長いインパクトゾーンを作り、フェース面の同じ位置で毎回インパクトすること。

そのためのスイングを身につける練習をすることが、パター上達の一番の近道なのです。

では、どうすれば、パターで長いインパクトゾーンを作れるのか?

その方法が、森プロが提唱する「フェースローテーション理論」にあります。

フェースローテーションにで、しっかりと腕を振ってフェースを回転させることで、長いインパクトゾーンを作り出すのです。

もし、パターの距離感がピタッと合うようになり、大事な場面でもしっかりと沈められるようになりたいと思うなら、森プロの「フェースローテーションパター編」を試してみてください。

DVD1枚(収録時間53分)

  • 意外に間違っている人が多い、「パターの扱い方」
  • 「距離感が出ない」問題の原因と対処法
  • パターが苦手な人に当てはまる「ある共通点」とは?
  • 森プロが教える、「パター上達の近道」とは?
  • なぜ、「フェースを真っすぐ当てる」だけではダメなのか?
  • パターのフェースローテーションを習得するドリル
  • 上下のインパクトゾーンを長くする練習ドリル
  • クラブに対してスクエアに使うリリース感を覚えるドリル
  • なぜ、「右手一本だけ」で練習するのが良いのか?
  • なぜ、ショートパットの練習ばかりしても上達しないのか?
  • 距離感をピタっと合わせるロングパットの練習ドリル
  • パターの距離感を合わせる簡単な方法
  • プロが採用しているパターのグリップとは?
  • パッティングの下半身の使い方

特典 森プロDVD全6タイトルを特別価格販売(DVD内でご案内)

ツアーコーチ

森守 洋(もり もりひろ)

95年に渡米し、サンディエゴにてミニツアーを転戦しながら腕を磨く。帰国後、陳清波プロに師事し、ダウンブロー打法を身につける。現在は、ツアープロのコーチを務めるかたわら、東京都三鷹市で「東京ゴルフスタジオ」を主宰し、原江里菜、竹末裕美ら複数のツアープロコーチを務め、多くのアマチュアの指導にも当たっている。

森 守洋の「永久不変のゴルフ理論」パター

森 守洋の「永久不変のゴルフ理論」パター

パターの距離感がピタッと合うようになり、大事な場面でもしっかりと沈められるようになる、森守洋プロの「フェースローテーションパター編」を公開。
  • 送料無料
  • 8,980円税込

獲得ポイント:89 ポイント

数量:

カートに追加されました。

閉じる

閉じる

この商品のレビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿する

レビューを投稿するにはログインしてください。

森 守洋の「永久不変のゴルフ理論」パター

この商品は、次のカテゴリにも関連付けられています。

DVD教材

DVD教材 > ゴルフ > 森守洋

森 守洋の「永久不変のゴルフ理論」パター