Facebook Twitter

商品詳細

【特別なご案内】Mr.セレッソ森島寛晃のエースストライカー育成理論を実践された方へ 5つのよくあるシュートのトラブル…あなたはどれを直したいですか?1.シュートが枠から外れる 2.狙ったところへシュートを打てない 3.いつもゴールキーパーの正面をついてしまう 4.ゴールキーパーにコースを読まれる 5.1対1でシュートが決まらない もし、1つでもお子様が経験した瞬間を見たことがあるなら、このまま読み進めてください。ミスターセレッソ森島寛晃が…シュートの悩みを吹き飛ばし、チャンスをゴールに導く嫌われるシュート練習法を伝授します!

「実は、私は日本一“悪徳な” Jリーガーでした…」

こんにちは、森島寛晃です。

私は「日本一腰の低いJリーガー」と呼ばれます。ですが、それは表向きの姿。裏の顔は、とても腹黒いのです…決して良い人ではありません。

もちろん、悪徳で腹黒いのはサッカー選手としてですが…

私は、相手の嫌がるプレーがとても大好きです。

というよりも、“背の低さ”を長所に変える必要不可欠なプレー”だったのです。

どうすれば、背が低くてもゴールを奪えるか?…と、考え抜いて猛練習をした結果…相手の嫌がるプレーが自然に身に付き、相手GKからは“森島はよめない”と煙たがられ…

気づくと、Jリーグで113ゴール、日本代表では12ゴールを挙げる小さな大ストライカーになっていた、というわけです。

今回ご紹介するのは、そんな相手の嫌がるちょっと姑息なシュートを身に付ける練習法。
姑息と言っても、ユニフォームを引っ張るような、せこい方法ではありません。
  • 相手GKが予測不能になる、クリエイティブなシュート
  • 相手GKが反応しても届かない、精度の高いシュート
  • 相手GKがタイミングを見誤る、ドリブルシュート
  • 相手GKがパニックになる、角度をつけるシュート
こんな、世界でも通用するシュートスキルを身に付けていただこうと思うのですが…
セレッソ大阪アンバサダー
森島 寛晃(もりしま ひろあき)  
元セレッソ大阪
元日本代表・ワールドカップメンバー
(1998年・2002年)

【略歴】
1991年: ヤンマーディーゼルサッカー部に入団(セレッソ大阪の前身)。
1995年: 50試合に出場。11ゴールを挙げてJリーグベストイレブンに選出される
1998年: フランスワールドカップ大会のメンバーに選出され1試合に出場。
1999年: セレッソ大阪のキャプテンに就任
2002年: 日韓ワールドカップに2度目のメンバー入り。
グループリーグ第3節チュニジア戦。後半立ち上がりに、 日本初ワールドカップ決勝トーナメント進出を決める劇的な決勝点を挙げる。
2008年: セレッソ大阪一筋に中心選手として活躍し、ファンに惜しまれつつ現役を引退。
2009年: セレッソのアンバサダーに就任。

シュートを決める一番の近道をご存知ですか?
実は、多くの選手がこんな遠回りの考え方で、
なかなかゴールにたどり着いていません。

単刀直入に言います。
多くの選手がシュートを決めるのに、こんな遠回りの考え方をしています。

どうすれば思い通りのシュートが打てるか?

一見、ゴールを決めるのに最短距離の考え方だと思いますよね?でも、違うのです。これでは試合でなかなかシュートは決まりません。
なぜなら、試合では思い通りにシュートが打てる場面はほとんど無いからです。

サッカーは、相手に思い通りのプレーをさせず得点を奪い合うスポーツです。 もう一度言います…相手に思い通りのプレーをさせないのがサッカーです。

つまり、シュートを打つときも、相手に思い通りのプレーをさせないこと

それが、シュートを確実に決める最大のポイントです。

まず、相手のパフォーマンスが落ちる状態を作り上げてから、シュートを実行するのです。

すると、相手は混乱したり、判断を誤ったり、反応できなかったり、遅れたり…

背が低くても、足が遅くても、相手の2歩も3歩も先を行き、最短距離で“思い通りのシュート”を打てるというわけです。

では、相手に思い通りのプレーをさせない
シュートを打つ方法とは?

フェイントテクニックなど、補助的なプレーはたくさんあります。でも、試合で何度も通用しません。それは、あくまでも枝葉のプレーです。

1試合通して、“相手GKに思い通りにプレーさせない”シュートを決めるには…

こんなたった3つのスキルがカギを握っています。
  1. 狙った場所にシュートを打つ(GKが届かない)
  2. シュートコースの選択肢を増やす(GKが判断に迷う)
  3. シュートアイディアを複数持つ(GKが予測できない)
この3つのスキルを手に入れれば、相手GKを予測不能におとしいれ、たまたま勘が当たっても、コントロールされた遠くのボールに追いつけず、思うようにプレーできなくするわけです。

では、どうやって3つのスキルを身に付けるのか?

今回ご紹介するのは、この3つのスキルを集中してマスターするドリルを収録したDVD。

誰でも簡単に、一人でも実践できる練習法です。
すぐに実践いただけるよう、余分なぜい肉は落として、シンプルな練習法にまとめあげたので、ゴールを挙げるために必要なノウハウだけを集中して学んでいただけます。

一体どうすれば、重要な場面で…
試合を決めるシュートを打てるようになるのか?

DVD
ご紹介する教材で収録しているのは…

ドリル1

シュートインパクトの集中力を最大化して
シュート精度を高める練習法


だから、“狙った所に蹴れる!”テクニックと自信を手に入れて “ここぞな場面”でゴールが決まる

1対1のビッグチャンスを外す瞬間を見たことがありませんか?そして、なぜ決められないのか?と思ったことはありませんか?

実は、多くの選手は簡単に見えるプレーほどミスショットをします。なぜか?
確実に決めないといけない、と自分でプレッシャーをかけて“あるもの”を見てシュートを打ってしまうからです。

このドリルでは、キックとボールがぶつかるインパクトの瞬間に意識を集中させて、狙った場所にコントロールする感覚が見つかります。

インパクトの瞬間に集中を最大化すれば、どんな大舞台でも重要なシーンでも、プレッシャーを吹き飛ばすことが可能です。
そんなテクニックとノウハウをこのドリルを通じて学んでいただきます。

DVDイメージ
シュートインパクトに集中できる状態を作り上げればシュート精度を劇的に向上できます!

ドリル2

角度を作り出して
シュートコースの選択肢を増やす練習法


だから、GKにコースを読まれずゴールが決まる



このドリルでは、角度のない場所からでも角度を作り出して狙った場所にシュートを打ち込む方法を伝授します。

実際の試合では、いつも角度がある場所でボールを持てるとは限りません。FWがサイドに流れてボールを受けるシーンはたくさんあります。

そこで、角度がない場所からシュートを打てば、GKにコースを読まれて簡単にセーブされてしまいます。

このドリルでは、自ら角度を作り出して、左右に打ち分けてゴールを決めるテクニックと集中してマスターしていただきます。

どうすれば左右のコースを生み出せるのか?そして、どうやってそのコースにシュートを打ち込むのか?

世界の強豪ですら手も足も出せず、シュートを見送らざるを得なかった“森島戦略”のすべてをマスターしていただきます!

DVDイメージ
世界から何度も得点した角度を作り出してゴールを決める“シナリオ”を公開しています!

ドリル3

一瞬でシュートアイディアをひらめかせ、
シュートの選択肢を増やす練習法


だから、ゴールの確率がグイっと上がる


このドリルは、脳の創造力をはたらかせる場所に情報を与え、様々なシュートアイディアを一瞬でひらめかせる練習法です。

例えば、「足元にパスをもらって反転してシュート」…そんなプレーをイメージしても、試合ではボールが足元に来ないことはよくあります。

そんなとき、一瞬でプランを切り替えないと、シュートを打つことさえできないわけです。

でも、一瞬でシュートアイディアが湧いてきたら?どんなシーンでもシュートに持ち込んでゴールを決めることが出来るはずです。

そんな一瞬でシュートアイディアを導き出し、実行に移すための情報の取り方、方法、哲学をこのドリルを通じて伝授します!

DVDイメージ
ゴール前のインスピレーションが湧き出して止まらない…そんな練習法をお伝えします!

「あいつが味方で良かった…」
GKが右往左往…そんなシュートを身に付ける
森島ドリルの内容を少しだけお見せすると

【DISC1 ゴールチャンスを確実に得点するためのシュート練習法】

不公平なほどに決定力が上がる、即実践できる
シンプルな3つのシュートドリルとは?

DVDイメージ
もしあなたが、チャンスを逃さずゴールの狙ったところにシュートを決める本物のストライカーを目指すのであれば、この一人でも簡単に実践できるドリルはおすすめです。このドリルを繰り返し行えば、重要な場面でも尻込みすることなくあなたに潜在するシュートセンスを呼び起こします。
7日前にサッカーを始めたビギナー選手でさえも、目標を見誤ることなく、狙った場所にシュートを打つドリル
この方法によって、シュート決定力であなたが何らかの悩みを持っていたとしても、その原因が明らかになります。原因がわかれば後は対処するだけ。この“シュート精度を高めるドリル”で、あなたの悩みは吹き飛んでしまうでしょう!
なぜワールドカップで得点を決める男はチャンスを逃さずシュートを決めることができるのか?
ストライカーに求められるのは得点を取ることではありません。重要な場面で得点をチームにもたらすことです。そんな本物のストライカーに覚醒させてゴールを決めるために必要な唯一無二の方法とは?
プロの世界から学んだとシュートの決定力を高めるポジショニングとシュート動作とは?
プロとアマチュアは全く別世界の人間なのでしょうか? いいえ、同じ世界の人間です。 プロはアマチュアにはない“動き”を持っているだけ!つまり、その動きを手に入れることができればプロの世界でも戦えるのです。
狙った場所にシュートを決めたいなら、目標を見るのは止めて下さい
シュートを決めるにはある程度コース(目標)を狙って蹴らなくてはいけません。しかし、プロを目指すのならばそれ以上に“ある場所”に集中しないと先へは進めません
選手の深層心理に潜んでいる精神的な弱さを完全に払拭して、周囲が一瞬で気が付くほどの自信をもって試合でシュートを打つ方法
もし、シュートを打つ際に不安や恐れを一度でも感じたことがあるなら、この方法を実践してみてください。この方法は誰でも簡単に始めることができますが、実践し続けることができるのは本物のストライカーになれる人のみ。断言しますが、誰でもできる方法です。
サッカーを始めたばかりのビギナーでさえも、角度のない所から角度を作り出してシュートに持ち込む方法とは?
この方法は、角度のないところからでも角度を作り出してシュートの精度と決定力を高める方法です。角度を作り出せれば、後は狙った場所にシュートを蹴り込むだけ。シュートする時の迷いは吹き飛んでしまうでしょう。
角度のない所からシュートを打つ際、ゴールの枠を外してしまう瞬間は無いですか?
シュートが決まるかどうか不安な時に、絶対に思い浮かべなければいけないイメージとは?
プロ現役18年間で学んだシュート決定力を高めるのに、練習で手に入れておくべき2つの成果とは?
プロで活躍する選手とあなたは同じ人間です。しかし決定的な違いが2つあります。この2つの違いは生まれ持った才能?テクニック?いいえ違います。しかし、多くの選手は才能やテクニックだと勘ちがいしています。だから試合でゴールが決まらないのです。この2つの違いは練習で簡単に手に入れることができます。そして誰にでも手に入れることが出来るのです。
アイディアの幅を広げてシュートの決定力を高めるドリル
いつも同じパターンでシュートを止められる、失敗するという経験はありますか?もしそんな経験が一度でもあるなら、このドリルを試してみてください。固定化されたシュートのパターンを溶かして、新たなシュートアイディアをあなたに運んできてくれるでしょう。
えっ?創造が止まらない!一瞬でシュートアイディアをひらめかせる方法。
シュートアイディアが浮かばない、と悩んでいるなら、この簡単な方法をぜひお試しください。考える必要はありません。“あるものを見る”だけ。あなたにシュートの創造性がないのではありません。創造をかきたてる情報が足りないだけなのです。
シュート決定力の低い選手がゴール期待値上げる戦略
(この方法は、女性の男嫌いの理由を正確に把握する事で逆算するやり方です)
シュートを打つ際、絶対に犯してはいけないたった1つの過ちとは?
(私はこの6つの過ちの存在に気付くまで多くの女性に「拒絶」されました。あなたにはこの痛みを経験してもらいたくありません)
GKとの1対1で簡単に止められてしまう選手を目撃した事はありますか?
そして、それを見て泣きたくなった経験はありますか?わかりました、それではゴール前でGKとの距離感を把握して適切な距離を保つためのテクニックについてあなたにお話ししましょう。
プロ生活18年で完全に実証済み!上手くいかない時でも、チャンスをつかんで重要な場面で決定的なシュートを決める思考プロセスとは?
この本物のストライカーの思考プロセスを完全に理解すれば、モチベーションを保つ「やる気スイッチ」を刺激して、どんな場面でも諦めないメンタルを作り上げることができます。
点取り屋になるために絶対に練習で押さえておくべき”プレーの心得”
試合で思い切ってシュートが打てないと悩んでいませんか?そうですか、もしかするとあなたはゴールに向かってシュートを打っているのかもしれません。もしゴールを狙ってシュートを打っているのなら、この心得を頭に置いて練習してみてください。あなたの蹴ったところにゴールがあるはずです。
その他にもここでは紹介しきれない程のノウハウをたくさん収録しています!

これでチーム一の点取り屋!
身に付くのは、得点力と揺るぎない自信。
さらに…

ご紹介した成果を上げているのは、それまで得点力に悩んでいた指導者や選手たちです。あなたも、このテクニックで、こんな成果を出し続けていただけます。
  • 一人でもすぐに実践できる!
    このDVDで紹介するドリルは、一人でも実践できるドリルです。チーム練習が終わった後や、ご自宅での練習でじっくりシュートスキルを身に付けることができます。さらに、パートナーがいれば、効率的に上達できる練習をすすめていただけます。
  • 誰でも、簡単に実践できる!
    このDVDで紹介するドリルは、とてもシンプルで簡単な方法です。つまり、あなたにサッカー経験がなくても、お子様のシュートスキルを高めることができます。特別な道具は必要ありません。ご自宅で練習する際もボールと的になるものがあれば簡単に実践いただけます。繰り返しお伝えしますが、このドリルは誰でも実践できる方法です。
  • さらに、どんなポジションにも役立つ!
    このDVDで紹介するドリルは、シュートにスポットを当てて、コントロール・アイディア・コースづくりの精度を高めるドリルです。つまり、このドリルを繰り返し実践すれば、自然にボールコントロール(精度)が身に付き、創造性とパスコースを見つける能力が備わるというわけです。これらは、守備的ポジションの選手にも必須の能力。もし、ポジションが変わっても威力を発揮するドリルなのです。

このシンプルな練習が、点取り屋を育てる“ミソ”
なのですが、実は…

はっきりと言います。

得点を取るノウハウと練習法を知るだけでは、シュートを決めることはできません。シュートを実行しないとゴールは生まないわけです。

試合でプレーを実行する唯一の方法は何か?それは繰り返し練習すること。
何百回、何千回、何万回と…繰り返しボールに触れば絶対に上手くなります。

私が自信を持って保証します!

では、たくさんボールに触って繰り返し練習するにはどうすればいいか?

すぐに、簡単に、一人でもできるシンプルな練習法の引き出しを持っておくこと。

今回ご紹介したドリルは、相手GKに思い通りのプレーをさせないノウハウを凝縮して、これ以上にない程シンプルに磨き上げた練習法です。

このドリルを使えば、目的を持って練習を実行し、チェックと改善を繰り返して、シュートの決定力をグイっと引き上げていただけますが…

「優しい子どもはフォワードに向いています」
最後に森島寛晃から大切なメッセージ

「うちの子、おっとり優しい性格だからフォワードに向いてないかも」

そう、おっしゃるお父さんやお母さんがいます。

でも、実は、優しい性格の子どもは“フォワード向き”なんです。

なぜなら、相手の弱点をよく知っているから。

優しい子どもは、相手のことを思いやって、嫌がることをしません。でも、裏を返せば、相手の嫌がることを知っている、ということです。

だから、周りの状況をしっかり観察して“嫌がるプレー”で得点を決める潜在的な力を秘めていると思います。

このドリルによって、あなたのお子様に潜むフォワードの能力を引き出して、GKが呆然と立ち尽くすシュートを決める瞬間を見るのが本当に楽しみで仕方ありません。

追伸

私はつながりを大切にしたいと思っています。だから、これからあなたとの出会いを大事にしたい…そう考えています。
だからこそ、このDVDを「買うか買わないか」は、今すぐにお決めになる必要はありません。

まずは、このDVDを取り寄せて、ドリルを90日間じっくりと試してみてください。

そこで、成果が出るものかどうかご判断していただければと思います。

今回ご紹介したドリルは、私がこれまで積み上げてきた“点を取る”ストライカーになるための要素を詰め込んでいます。
【ドリル1】 シュートインパクトの集中力を最大化してシュート精度を高める練習法
【ドリル2】 角度を作り出してシュートコースの選択肢を増やす練習法
【ドリル3】 一瞬でシュートアイディアをひらめかせて、シュートの選択肢を増やす練習法
小柄な選手、足があまり速くない選手は言うまでもありませんが、体格の良い選手・足の速い選手も、試合で確実に役立つノウハウです。

Q&A ご不明な点があればこちらをご覧ください

Q. このDVDは、どのように活用すれば良いですか?
まずは一通りDVDをご覧になって、ドリルとポイントを確認してから実践されることをおすすめします。なぜなら、ある程度ドリルのポイントを知って練習されるほうが効率よく上達いただけるからです。また、前回お申込みいただいた~チームで一番の『点取り屋』になるための3つの方法~を実践する際にも、今回のDVDでご紹介するノウハウを取り入れて実践いただくことで、さらに上達効率を高める練習にしていただけます。
Q. このDVDは、別DVDの「チームで一番の『点取り屋』になるための3つの方法」と、どのような違いがありますか?
今回ご紹介した「ゴールチャンスを確実に得点するためのシュート練習法」は、シュートそのものに焦点を当てて、シュートスキルを高めていただくドリルです。一方、前回のDVDは、シュートチャンスを生み出すノウハウやテクニックを収録したDVDです。どちらもゴールを決めるという目標は同じですが、「シュート前のスキルアップ」と「シュートのスキルアップ」という違いがあります。両方のDVDを実践することで、得点を取るスキル全体をレベルアップしていただけます。
Q. このDVDは、他のサッカー教材とどのように違うのですか?
一言で言えば、“得点をチームにもたらすストライカー”を目指す選手向けの教材です。一般的な教材は、“いかに自分がゴールを決めるか”に焦点を当てて、インサイドキックなどから学びますが、このDVDはそういった技術は収録していません。どうやって得点を取るかだけでなく、どうやってチームに得点させるかにまで焦点を当てて、チームを勝利に導くストライカーを育てる専門教材です。「なぜ、森島コーチのストライカー理論を実践するとチャンスを量産できてシュートが決まるのか?」 ぜひ本物のストライカーに必要な資質が身に付くこのDVDを一度ご覧ください。
Q. サッカーはあまり詳しくありません。そんな私でも理解できる内容ですか?
はい、ご安心ください。このDVDはシュートドリル、つまり練習法を収録したDVDです。サッカー経験、サッカーのノウハウの有無に関係なく、シュートを打つための方法を学んでいただけます。前回のDVD同様に、ポイントになるプレー・ノウハウ・テクニックは全て森島コーチのやさしくわかりやすい解説とテロップでご説明します。また、リプレイ編集を施していますので、森島コーチのお手本プレーをじっくりとご確認いただけます。
Q. 一人でも練習できる内容ですか?
はい。DVDのドリルや練習内容によっては、2人いるほうが効率的なものもありますが、お一人でも実践いただけるドリルです。例えば、選手にパスをしてシュートをするドリルがございますが、リフティングからのシュートや、壁を利用して跳ね返ったボールをシュートするなど、応用展開してご紹介するドリル以上の成果を出していただけます。
Q. このDVDの通りに実践すれば試合でシュートを決めることができますか?
はい。もちろんサッカーは相手がいるので、いつも思い通りにプレーできるとは限りません。しかし、このドリルを繰り返し練習することで、“決まるシュート”の動き、感覚、アイディアが身に付き、ゴールの確率を格段に引き上げていただけます。
Q. 小学生の子ども(チーム)でも実践できる内容ですか?
はい。このドリルはとてもシンプルで簡単に実践いただけるものに仕上げています。このドリルを繰り返し実践することでシュートの基礎的な動きが身に付き、実戦での難しいシーンでも応用展開できる能力を高めます。
Mr.セレッソ森島寛晃のエースストライカー育成理論~得点のチャンスを確実に決めるための3つのシュート練習法~
  • Mr.セレッソ森島寛晃のエースストライカー育成理論~得点のチャンスを確実に決めるための3つのシュート練習法~

Mr.セレッソ森島寛晃のエースストライカー育成理論~得点のチャンスを確実に決めるための3つのシュート練習法~

5,980円(税込)

加算ポイント:59 ポイント

ポイント:利用可能

数量:

この商品は0人がお気に入りに登録しています。

Facebook Twitter

この商品のレビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿する

レビューを投稿するにはログインしてください。

この商品は、次のカテゴリにも関連付けられています。

サッカー > 森島寛晃