重要なお知らせ

OPEN
濱中流【指導の幹】指導者としての考え方と心構え
濱中流【指導の幹】指導者としての考え方と心構え
  • 濱中流【指導の幹】指導者としての考え方と心構え
  • 濱中流【指導の幹】指導者としての考え方と心構え

濱中流【指導の幹】指導者としての考え方と心構え

中学校ソフトテニス全国制覇通算39回を誇る濱中嘉彦が、全国常勝を支える指導者の考え方と心構えを公開。
  • 送料無料
  • 7,980円税込

獲得ポイント:79 ポイント

数量:

カートに追加されました。

閉じる

閉じる

中学校ソフトテニス全国制覇通算39回を誇る濱中嘉彦監督が、どのような練習を行ない、試合でどのような戦術を使っているのか、私たちもこれまでに数多くのプログラムを企画してきました。

それらによって、あなたの選手たちは強くなることができますが、あくまで目に見えている部分の模倣に過ぎません。

本当に強くなるには、選手たちが何を考え、どうしたいのか、そしてどう寄り添えばよいのか…これらを根底に持って指導しなければなりません。

「指導者としてどうあるべきか?」

もしあなたが、迷いや不安を感じているなら、全国常勝監督がどのようなことを考え、言葉を発し、選手たちに寄り添っているのかを、徹底インタビューしましたので、ぜひお聞きください。

オーディオCD(総収録時間55分)

  • 指導者として絶対に押さえておかなければいけない3つのポイントとは?
  • 既成概念は悪いものではない!?
  • 「こう打たなければならない」というアドバイスがもたらす悪夢とは?
  • 指導者が伝えるべき「基準」とは?
  • 既成概念に気づくために指導者が意識すべきポイント
  • 当たり前の風景から劇的な視点変えを行うヒントとは?
  • いい意味で「疑ってみる」その極意とは?
  • 「指導の幹」を持つことの重要性
  • 「回転」と「膝の曲げ」の関係性
  • 変化を嫌う「頑固な人」と、新しいことを取り入れる「柔軟な人」の関係性
  • 頑固な指導者に濱中流を実践してもらうには?
  • 年配の指導者に濱中流を実践してもらうには?
  • 外部コーチが既存の監督に濱中流を実践してもらうには?
  • 「どうしたら上手くなりますか?」という指導者からの質問への回答
  • 「縛られた事から解放する」のが「教える」ことである
  • 何を教えて何をイメージさせるのか、その考え方
  • 「なぜその形が生まれるのか?」『幹』を意識した指導とは?
  • そもそも『幹』とは?
  • 「指導(考え方)の幹」と「体(運動)の使い方の幹」
  • 色んな『幹』を見極める
  • 濱中先生が「教えすぎた」失敗談~賢者も木から落ちる~
  • 「なぜ、早く引くのか?」その理由をしっかりと伝えることで得られる効果とは?
  • デモンストレーションに1時間以上かけるその理由
  • 「待てない指導者」へのアドバイス
  • 指導者は選手が最も成長する方法を探し選択しなければならない
  • 何年も集中して最高の指導を続ける方法
  • 精神論で追い詰めない「やる気ないのか?」に変わる声かけとは?
  • 気持ちがプレーに影響している時の選手への具体的なアドバイスは?
  • アドバイスや物事の見方を科学する
  • 弱気になっている選手への具体的なアドバイスとは?
  • 緊張してサービスが安定しない選手に対するアドバイスは・・・
  • 試合で選手が劇的に変化する「魔法の言葉」とは?
  • 追いつかれてファイナル、追いついてファイナルの時にどういう声かけをするか
  • 緊張でラケットが振れない選手へのアドバイスは・・・
  • 格下の相手と試合をする前、後のアドバイスと注意点
  • 濱中監督が指導者の方にどうしても伝えたい「あること」とは?
濱中先生
元 奈良市立 都跡中学校/元 奈良県宇陀市立 大宇陀中学校/現 奈良県宇陀市立 榛原中学校 奈良USJ監督

濱中嘉彦(はまなか よしひこ)

奈良県に生まれる。王寺中学校、奈良高校、神戸大学とソフトテニスを続ける。 大学卒業後すぐの4月、奈良市立都跡中学校へ講師として赴任。 男子顧問としてスタートし、翌年の9月から、男女とも指導。その翌年、全中に初出場。さらに2年後には初優勝を成し遂げる。この時から下記の「主な戦績」にあるような華々しい戦績を残す。平成11年大宇陀中学校に赴任。平成12年テニスコートがないところからソフトテニス部を発足させる。 平成14年大宇陀中学校は、全国中学校ソフトテニス大会で初出場、準優勝という快挙を成し遂げる。 平成15年大宇陀中学校は、ついに全国王座優勝で日本のトップに躍り出る。濱中嘉彦監督は、全国大会の優勝39回。全国王座、全国ジュニア・JOCなど、その中で全中での優勝8回。 研修大会での優勝は数え切れず、3位など多数。 特に平成8年の全国中学校ソフトテニス大会では、男子団体、男子個人、女子個人の3部門で優勝し、4冠のうちなんと3冠を獲得。全国中学校ソフトテニス大会には、平成2年に初出場し、平成4年からは連続出場。

濱中流【指導の幹】指導者としての考え方と心構え

濱中流【指導の幹】指導者としての考え方と心構え

中学校ソフトテニス全国制覇通算39回を誇る濱中嘉彦が、全国常勝を支える指導者の考え方と心構えを公開。
  • 送料無料
  • 7,980円税込

獲得ポイント:79 ポイント

数量:

カートに追加されました。

閉じる

閉じる

この商品のレビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿する

レビューを投稿するにはログインしてください。

濱中流【指導の幹】指導者としての考え方と心構え

この商品は、次のカテゴリにも関連付けられています。

DVD教材

DVD教材 > ソフトテニス > 濱中嘉彦

濱中流【指導の幹】指導者としての考え方と心構え