重要なお知らせ

OPEN
小峯秋二の「ソフトテニス進化論」~ネットプレーの常識を覆す!前衛指導の極意~
小峯秋二の「ソフトテニス進化論」~ネットプレーの常識を覆す!前衛指導の極意~
  • 小峯秋二の「ソフトテニス進化論」~ネットプレーの常識を覆す!前衛指導の極意~
  • 小峯秋二の「ソフトテニス進化論」~ネットプレーの常識を覆す!前衛指導の極意~

小峯秋二の「ソフトテニス進化論」~ネットプレーの常識を覆す!前衛指導の極意~

ソフトテニス界随一の理論派で元全日本女子ナショナルチーム・小峯秋二が、ネットプレーヤーの指導において必要な技術、さらに言語化された「コツ」を公開。
  • 送料無料
  • 29,800円税込

獲得ポイント:298 ポイント

数量:

カートに追加されました。

閉じる

閉じる

もしあなたが、「ポーチのタイミング」や「打球方向の判断」「間合いのとり方」などを、感覚や曖昧な言葉でしか教えられなければ、選手が試合に勝てないのは、普段の練習にあるかもしれません。

例えば、ボレー、スマッシュ、サービス、レシーブ、ストロークなどの技術は「こう打ちなさい」と指導はできるかもしれません。

しかし、練習ではうまく打てても、試合では間合いのとり方や打球方向の判断が必要になるため、思うように試合を展開できないのです。

とはいえ、これらをどうやって指導すればよいのか?

ソフトテニス界随一の理論派指導者で元全日本女子ナショナルチームの小峯秋二氏は、例えばネットプレイヤー間合いのとり方に「3種類の音」を指導していると言います。

これによって、今何が起きているのかを正確に分析でき、どんな選手でも瞬時に適切なプレーを判断できるようになるのです。

また、音を聞き、タイミングが合いはじめると適切に間合いが取れ、相手の後衛がショットを打つ前に、前衛の姿が相手の視界に入ります。

すると、相手の後衛には迷いが生まれるので、効果的にプレッシャーを与えられるようになる…

一見すると難しそうですが、小峯氏によると、小学生でもすぐに理解できるほど、わかりやすい理論に落とし込んで教えられるとのこと。

他にも、オープンコートの作り方、ポーチに出るタイミング、相手の打球方向を見極める方法、フォワードスイングの方法など、さまざまな技術がありますが…

あなたも、小峯氏の指導法を取り入れたいと思うなら?

ソフトテニス界随一の理論派で元全日本女子ナショナルチーム・小峯 秋二が、ネットプレーヤーの指導において必要な技術、さらに言語化された「コツ」を公開します。

Disc1 前衛理論?導入編?(収録時間58分)

  • ネットプレーヤーが、理解しておくべき重要なポイント
  • なぜ、ネットプレーヤーは、「音を聞くこと」が大切なのか?
  • 「3種類の音」と、ネットプレーヤーが起こすべき行動の関係とは?
  • ネットプレーヤーが、常に考えておくべき「2つのポイント」とは?
  • どうすれば、ペアのショットと相手前衛の動きを正確に予測できるのか?
  • 相手後衛にプレッシャーを与える「間合いの取り方」とは?
  • オープンコートを作り出す「4つのポイント」とは?
  • 相手にだまされないための「2種類の予測」とは?
  • どうすれば、どんなボールが飛んでくるかを予測できるのか?
  • ネットプレーヤーが、スタートを切るタイミングとは?
  • 自然に相手の動作が見えるようになる方法

Disc2 ネットプレー指導の基礎(収録時間61分)

  • ネットプレーの動作を改善する「5つのポイント」とは?
  • ネットプレーにおける上半身の使い方
  • ラケットの持ち方とグリップ操作は、どう指導すればいいのか?
  • 一番リラックスした状態でラケット操作ができるようになる方法
  • テークバック動作の基本と指導テクニック
  • なぜ、フォアボレーもバックボレーも同じ動作で打てるのか?
  • スムーズなインパクトが迎えられる身体の使い方とは?
  • ネットプレーにおける下半身の使い方
  • 猫背でプレーしてはいけない本当の理由とは?
  • なぜ、下から上に体重を伝えてはいけないのか?
  • ターン動作を素早くする「足のアーチの使い方」
  • ボールを飛ばすために、選手が知っておくべきこと
  • ネットプレーにおける上半身と下半身のバランスの取り方
  • フットワークは、右足と左足、どちらから出るのが正解なのか?

Disc3 7種類の実践練習法(収録時間61分)

  • 理想的なインパクトを迎えるための「足首の使い方」とは?
  • 足首を効率良く強化できるトレーニング
  • ラケットに下半身の力を伝えるためのトレーニング
  • インパクトのタイミングをはかる練習
  • なぜ、カカトをまわすと、ボールのズレに対応できるのか?
  • 回転動作を入れながら、切り替えし動作を作る練習ドリル
  • 予想外のところに来たボールにも対応できる「身体さばき」を習得する方法
  • 身体のバランスの取り方を覚える練習ドリル
  • 左右へ動きながら、中に入ってきたボールをさばくテクニック
  • 股関節のねじりを活かし、強烈なインパクトを迎える方法
  • フットワークのリズムで、ボールとのタイミングを合わせる練習ドリル
  • どうやって、最初のステップインのタイミングを指導すればいいのか?
  • 相手のシュートとロブを見極めて、素早く前後へ動く練習ドリル
  • シュートとロビングの判断は、どこを見ればいいのか?
こみねしゅうじ
元全日本女子ナショナルチーム/元全日本女子U20チーム監督/富山県立高岡西高等学校 ソフトテニス部監督

小峯 秋二(こみね しゅうじ)

選手時代は、全日本選手権大会優勝、全日本シングルス選手権大会優勝、全日本インドア大会優勝をはじめ、国内タイトルの全てを獲得したトッププレーヤー。さらに、国際大会では、4大会全てに出場し、日本チームのメダル獲得に貢献。全日本チームとして12年間の選手生活を引退し、指導者に転向。以来、指導者として10年間全日本チームに関わるだけでなく、1,000人を超える選手を指導。現在も、さまざまな角度からソフトテニスを追求し「ソフトテニス界随一の理論派」として活躍している

小峯秋二の「ソフトテニス進化論」~ネットプレーの常識を覆す!前衛指導の極意~

小峯秋二の「ソフトテニス進化論」~ネットプレーの常識を覆す!前衛指導の極意~

ソフトテニス界随一の理論派で元全日本女子ナショナルチーム・小峯秋二が、ネットプレーヤーの指導において必要な技術、さらに言語化された「コツ」を公開。
  • 送料無料
  • 29,800円税込

獲得ポイント:298 ポイント

数量:

カートに追加されました。

閉じる

閉じる

この商品のレビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿する

レビューを投稿するにはログインしてください。

小峯秋二の「ソフトテニス進化論」~ネットプレーの常識を覆す!前衛指導の極意~

この商品は、次のカテゴリにも関連付けられています。

DVD教材

DVD教材 > ソフトテニス > 小峯秋二

小峯秋二の「ソフトテニス進化論」~ネットプレーの常識を覆す!前衛指導の極意~