重要なお知らせ

OPEN
小峯秋二の「ソフトテニス進化論」~空中戦を制する!スマッシュ・ローボレー・ハイボレーの極意~
小峯秋二の「ソフトテニス進化論」~空中戦を制する!スマッシュ・ローボレー・ハイボレーの極意~
  • 小峯秋二の「ソフトテニス進化論」~空中戦を制する!スマッシュ・ローボレー・ハイボレーの極意~
  • 小峯秋二の「ソフトテニス進化論」~空中戦を制する!スマッシュ・ローボレー・ハイボレーの極意~

小峯秋二の「ソフトテニス進化論」~空中戦を制する!スマッシュ・ローボレー・ハイボレーの極意~

ソフトテニス界随一の理論派で元全日本女子ナショナルチーム・小峯秋二が、中間ポジションからベースライン付近の前衛処理の指導法をを公開。
  • 送料無料
  • 29,980円税込

獲得ポイント:299 ポイント

数量:

カートに追加されました。

閉じる

閉じる

中間ポジションにおける前衛の処理は、試合の勝敗を左右するとても重要なプレーですが、ネット際のプレーに比べてミスが多くなるのもまた、中間ポジションの特徴です。

たとえば、中間ポジションからスマッシュを叩きこもうとして、ネットに引っかける、アウトする、打点がズレる…など。

ソフトテニス界随一の理論派で元全日本女子ナショナルチーム・小峯秋二氏によると、ミスを減らし、決定力を上げられる指導のポイントは2つ。

1つは、どんなスイングにも使える「体の使い方」。

もし、スマッシュやハイボレー、ローボレー、ヒッティングボレーなど、これら全て「別の技術」として教えているなら、ミスを生む原因のひとつです。

小峯監督は「ひとつの同じ体の使い方」で、 全て打ち分けることができると言います。それが「肩の内旋動作」です。

もう1つのポイントは、ズレても修正できる「ボールの捕らえ方」。

スマッシュを打つ場合、多くはいかに角度をつけられるかを考え、 ボールを上から下に叩きつけるようにスイングしますが、これでは落ちてくるボールに対して「点」でしか捕らえることができず、ミスを生む大きな原因になるのです。

中間ポジションの処理が苦手なままだと、試合の流れを相手に奪われ、 どんどんと悪いサイクルに飲まれはじめてしまい、 得点を奪われる可能性が何倍も高くなってしまいます。

もし、これらの原因を解消したいと思うなら?

ソフトテニス界随一の理論派で元全日本女子ナショナルチーム・小峯秋二が、中間ポジションからベースライン付近の前衛処理の指導法を公開します。

Disc1 中間ポジション~ベースライン付近 前衛の基礎理論(収録時間51分)

  • 中間ポジション~ベースライン付近における前衛指導のポイントと注意点
  • 肩の内旋運動と逆手の使い方
  • 遠心力を生みだし、スマッシュの威力を上げる方法
  • 「ラケットを自分の耳のそばに上げる」ことがNGな理由
  • 打点の幅を正確に調整できる、ヒザの屈伸運動
  • 後ろのボールでも楽に取れる、「体の切り替え運動」とは?
  • 中間ポジションにおける、ボールインパクト時のフットワーク
  • ボールの「打ち出しの高さ」は、どのように変えればいいのか?
  • ボールの回転を理解し、ねらった場所に正確に打つ方法
  • 回転を自由自在に操るラケットワーク
  • 利き腕の正しい軌道を体に覚え込ませる方法
  • パワーを生みだす、軸足と股関節の使い方
  • どうすれば、落下するボールを下から包み込むように打てるのか?
  • なぜ、「利き腕を力いっぱい振り下ろす」スマッシュは無意味なのか?
  • 打ち出しの高さとインパクト面を瞬時に変えるテクニック

Disc2 スマッシュ、ハイボレー、ローボレー、ヒッティングボレーの基本(収録時間68分)

  • ハイボレー、ローボレー、ヒッティングボレーの基本動作(フォアハンド)
  • スマッシュとボレーに共通する、「肩の内旋運動」とは?
  • 踏み込むスペースに余裕がない場合のストローク
  • 股関節と肩の内旋運動を連動させ、ボールに威力を出す方法
  • スライス回転を加える場合の腕の回外運動
  • 前に踏み込むスペースの有無で、どのようにプレーを変えるべきか?
  • 深いボールにも対応できる、ラケット面を前に残すテクニック
  • ローボレーとハイボレーにおける体のバランスの取り方
  • 手首の返し方ひとつで、球質をコントロールする方法
  • スマッシュ、ハイボレーの基本動作(バックハンド)
  • バックストロークにおける、軸足と踏み込み足の角度
  • 股関節のパワーをボールに伝える足の踏み込み方
  • コントロールが効かなくなる、NGな打ち方とは?
  • ローボレーの基本動作(バックハンド)
  • インパクトのタイミングを掴む、指導者の声掛けのポイント

Disc3 ウォーミングアップとフットワーク(収録時間84分)

  • ソフトテニスのためのウォーミングアップ
  • 股関節の動きを改善するエクササイズ
  • 肩関節の動きを改善するエクササイズ
  • ひねり動作を生み出す、胸椎のエクササイズ
  • なぜ、足が外側を向くことが大切なのか?
  • ソフトテニスのためのフットワークトレーニング
  • ステップにメリハリをつけるエクササイズ
  • リラックスした状態で、加速と減速をコントロールするテクニック
  • もっとスマッシュを決めるためのフットワーク
  • インパクト間際の微調整のトレーニング
  • ハイボレー、ヒッティングボレーを決めるためのフットワーク
  • 動きの中で、判断と対応の練習
  • 相手のボールに合わせてステップを変えるトレーニング

特典DVD(収録時間68分)

  • 小峯秋二監督の「ソフトテニス指導理念」
  • 林健太郎「選手のメンタルを強化するコーチング理論」
こみねしゅうじ
元全日本女子ナショナルチーム/元全日本女子U20チーム監督/富山県立高岡西高等学校 ソフトテニス部監督

小峯 秋二(こみね しゅうじ)

選手時代は、全日本選手権大会優勝、全日本シングルス選手権大会優勝、全日本インドア大会優勝をはじめ、国内タイトルの全てを獲得したトッププレーヤー。さらに、国際大会では、4大会全てに出場し、日本チームのメダル獲得に貢献。全日本チームとして12年間の選手生活を引退し、指導者に転向。以来、指導者として10年間全日本チームに関わるだけでなく、1,000人を超える選手を指導。現在も、さまざまな角度からソフトテニスを追求し「ソフトテニス界随一の理論派」として活躍している

小峯秋二の「ソフトテニス進化論」~空中戦を制する!スマッシュ・ローボレー・ハイボレーの極意~

小峯秋二の「ソフトテニス進化論」~空中戦を制する!スマッシュ・ローボレー・ハイボレーの極意~

ソフトテニス界随一の理論派で元全日本女子ナショナルチーム・小峯秋二が、中間ポジションからベースライン付近の前衛処理の指導法をを公開。
  • 送料無料
  • 29,980円税込

獲得ポイント:299 ポイント

数量:

カートに追加されました。

閉じる

閉じる

この商品のレビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿する

レビューを投稿するにはログインしてください。

小峯秋二の「ソフトテニス進化論」~空中戦を制する!スマッシュ・ローボレー・ハイボレーの極意~

この商品は、次のカテゴリにも関連付けられています。

DVD教材

DVD教材 > ソフトテニス > 小峯秋二

小峯秋二の「ソフトテニス進化論」~空中戦を制する!スマッシュ・ローボレー・ハイボレーの極意~