Facebook Twitter

商品詳細

コロナ渦でもテニスが伸びた人と伸びなかった人の違い


コロナによりテニスが制限された2020年


2020年。新型コロナウイルスの影響により、テニスの活動が制限される事態となりました。公共コートが使えない、スクールが休講になる、サークルがやりにくくなる…想像だにしなかった事態に私たち愛好家は「テニスロス」に陥りました。楽しみにしていた大会やイベント中止や延期など、今は我慢の状況が続いています。そんな中、テニス愛好家の中に、ある変化が起きています。それは…。


異変が起きている、草トー大会


少しずつ大会などが開催されるようになってきている中で、実はコロナ前とコロナ後で、各大会で「番狂わせ」が起きてきています。「えっあの人が?」という今まで常勝だった人が負けたり、また今まで万年1回戦負けだった人が勝ち上がる。コロナ前とコロナ後で、各地域で小さな異変が起きてきているのです。


コロナで強くなった人、弱くなった人


新しい生活様式によってリモートワークや家ですごく時間が増えた中、あなたはどのように過ごされていましたか?実は、コロナという機会の中で、テニスが上手くなった人にはある共通点があります。この秘密を知れば、なぜ、あなたがコロナ明けに身体が鈍っているのか、まだ本調子に戻れていないのか、また「いつも通りの自分に戻っているだけ」なのか。その正体がわかります。それがわかれば、今後もコロナと上手く付き合いながらも、あなたは今までよりもさらに上達できるようになるでしょう。もしかしたらビジネスや家庭でもこの「上手くいく法則」は非常に重要なものだと思います、、、


2020年、テニス界に起こったオンライン化


コロナの影響でテニス界にもある大きな変化が起こり、誰でも大きなチャンスを手にできるようになったのはご存知でしょうか?

あなたの周りにも、その影響が及んでいると思います。その大きな変化とは「技術指導のオンライン化」です。身近な例でいうと、ネットで注文して届けてくれるデリバリー宅配や、オンライン飲み会などが注目を浴び、今まで対面でしかできないと思われていたことが、次々に「オンライン化」されています。テニススクールも休講をきっかけに指導の仕組みがSNSを使用したりと、様変わりしました。

そんな中で、あるジャンルの市場だけが、このコロナ禍で爆発的に伸びました。
それはYouTubeです。

遠征に行けないプロやレッスンができないコーチたちがYouTubeを始め、高いレベルの情報が動画配信されることが起き始めています。そしてテニスコートに行けない欲求を、自宅でテニスを学ぶというオンラインで知識をつけ、技術を向上させるという新しい流れができてきました。

コロナ禍の中、上達した人、乗り遅れた人。その違いは、時代を反映した「オンライン化の流れ」に乗り遅れた人と上手く流れに乗って情報を集めて、技術を自宅で向上させた人との違いだと言われています。新しいこと=良いもの、というわけではありませんが、時代や環境の変化にうまく応じながらやることもテニスを上達するために必要な能力の一つです。

この「適応能力」はビジネスや家庭、人間関係などに必要になってくる、うまくいっている人の共通点だといえるでしょう。


動画で学ぶ時代


自宅にいながら、動画で学べる。実際のコートでのようにボールを打つことはできませんが、情報を整理することができます。何を学び、どこにヒントを得て、何に注意をするのか。これらをコート外で整理することで、オンコート上での時間がより充実した濃厚なものとなります。戦術や戦略などの頭の中で組み立てだけではなく、実際のスイングや身体の動きなども自宅で確認することが可能です。この「コート外の時間をうまく使って動画で学習した人」と「動画でテニスは上手くならないとオンコートにこだわった人」その違いが明暗を分けたと言っても過言ではありません。

菅首相の発言の中でも「脱ハンコ」があったように今後様々なサービスや業態の中で、オンラインや電子化の流れはどんどん広がっていくでしょう。そこに上手く対応していくことで、今まで限界だと感じていた技術の向上にもまだまだ可能性が見出せることだと思います。


ではどのYouTubeを見るのか?


鈴木貴男プロを始め、トッププロからコーチまで様々なユーチューバーと呼ばれる方が高いレベルの情報を配信しています。一昔前までは、一般人が視聴者と同じ視線で情報配信をするのが面白いYouTubeという流れから、今ではプロや企業が予算を投入し本気で参入する時代になってきました。それほど今、動画で情報を得よう、勉強しようという熱心な方が増えているのです。そしてその数多くのYouTubeチャンネルの中で、私たち(株)Real Styleが自信を持ってお届けしたいと思うチャンネルがあります。それは「いなちん先生」こと稲本昌之さんが発する情報です。

稲本昌之(いなもとまさゆき) 通称:いなちん先生


大学在学中から江坂テニスセンターでテニスコーチとして働く。26歳の時にスペイン、バルセロナへテニス留学。2013年より江坂テニスセンター内に、ジュニアテニスアカデミーを立ち上げるプロジェクト開始。2015年、同アカデミーのヘッドコーチになる。現在は江坂TCを退職し、日本と海外を結ぶため、ジュニア海外遠征をスタート。YouTubeやブログで情報発信もしている。
今回のDVDの講師である稲本さんは、名門クラブ江坂テニスセンターのヘッドコーチを退職後、育成に関わった経験から、海外と国内のジュニアを繋ぐ活動をすべくプロジェクトをスタートさせるために活動されています。 その中でYouTubeというメディアと出会い、自分の持っているノウハウを、YouTubeを通じて発信していくという活動を始めました。しかし最初はアクセスも集まらず、選手としての輝かしい実績があるわけでもなく、またYouTubeウケするパフォーマンスもなく、どちらかといえば地味な存在で、誰も見てくれない中で、上達アドバイスを動画にして日々発信する。その繰り返しだったといいます。

しかしいつしかじわじわと状況が変わってきました。周囲は輝かしい経歴や魅力的なタレント性があるチャンネルの中でも、特に笑える場面もなく、目立つパフォーマンスもなく、また見栄えするテクニックを披露するわけでもないのに、上達のコツを真面目にアップすることでファンを拡大し、今では視聴回数900万回を超えるYouTube界で指折りの影響力を持つようになったのです。

こうしたコーチや選手としての実績も持たない人が、成功を収めるためには、他のやり方を批判して逆説の方法でファンを拡大するという手法がありますが、稲本さんは他人のやり方や、今その人が取り組んでいるやり方を否定はしません。「これはダメ、こうしてください」という表現ではなく、「もし今のやり方でうまくいかなければ、このやり方もいいかもしれません」というような具合です。


中高年に支持される「ゆるい感じ」


また稲本さんのチャンネルは中高年の視聴者が多いのも特徴です。若い世代はうまく思考を切り替えられ、まだまだゼロから取り組む時間と体力が残っているかもしれませんが、経験年数が長くなると、頭ではわかっていても、今のやり方を否定されたり、またゼロから取り組むことは年々億劫になってきます。ハッキリと答えを言って欲しい、という人にとっては物足りないかもしれませんが、この「今の自分を否定されないゆるい感じ」がYouTube開始後、たった2年半で900万回も視聴される人気の秘訣なのかもしれません。

稲本さんのレッスン動画のファンは2020年10月現在2万6000人が「いなちん先生」のYouTube動画を楽しみに待っています。その動画の種類は…

フォアハンド、バックハンド、ボレー、サーブなどの基本ショットから始まり、ハーフボレー、ドロップショット、パッシングなどの応用技術から、ダブルスの戦術、立ち位置、陣形、そして初級、中級、上級とレベル別の動画、男性、女性などの性別によるダブルス、プロやジュニアなどの指導まで幅広く人気が集めています。

これらも、またごく一部に過ぎません。特に何かに偏るわけではなく、オーソドックスに基本に忠実な指導法で、多くの人の上達を導くことに成功してきました。
それでは、このたった2年半で900万回も再生されたレッスン動画に関する内容の一部を見てみましょう。

テニスのいなちん先生
フォアハンド編

5,980円(税込)

       

総収録時間 3時間16分

フォアハンド編

Disc1 フォアハンド編


■1 ゆったり振っても伸びるボールを打つには?
・力を抜いて腕のしなり、手首のしなり感じる方法
・ボールを打つ直前で最後に力を入れるコツ

■2 左手の使い方が理解できる素振り …
・左手の薬指と小指の間にコインを挟む
・右手を加速させるための役割がある

■3 ボールとの距離が近くなるのはなぜ?…
・前後左右の距離が取れると近い感覚がなくなる
・ボールの高さで打点の前後の感覚が変わる

■4 厚い当たりのレーザービーム
・下から上の動きより左右の動き
・しゃがんで素振りをする(ラケットの動きを覚える)

■5 「つまる」「差し込まれる」を改善する
・ボールをポケットに入れる
・ボールが出たら1歩下がる習慣をつける

■6 ラケットダウン
・ラケットを下げるためにまず上げる
・身体が回る動きとラケットダウンの動きを連動させる方法

■7 膝の曲げ方のコツ
・膝が足首よりも前に出ると膝を痛めやすい
・体重の乗っていない方の膝を曲げないとバランスを崩す

■8 早くテイクバックするコツと、良い点、悪い点
・フォアなら右足、バックなら左足のつま先を素早く出す
・早くテイクバックすると遅いボールに合わせにくい
(テイクバックはボールの速度に合わせて大きさを変える)

■9 深いボールへの処理、下がり方
・身体は横向きでも、顔をボールの方に向けておく
・打点を高くし、地面と平行にボールを打つ意識

■10 ボールを待ち、打点を作る練習
・自分の好きな打点を作る
・テイクバックが大きくなりやすい原因

■11 アジリティステップの詳しい説明
・相手のボールに対して細かいステップを入れて最後にタイミングを合わせる
・調整しながらではなく、まずボールの方に行ってから調整する

■12 スイングの加速を妨げる動き
・左足の開きを抑えてブレーキをかけるとよい
・足が浮いても身体は回らない

■13 厚い当たりで安定する秘訣
・押す、運ぶは各プレイヤーの感覚
・ボールを押せる時間は1000分の3秒~1000分の6秒
(長さにして約11㎝~22㎝)

■14 振り遅れを減らす
・手だけで振ると、振り遅れはおこらない
・腰の回転後にラケットがついてくるタイムラグを意識

■15 縦振り、横振りどっちがいいの?
・上級者は横振りに見える
・大切なのは縦振りの要素と横振りの要素を混ぜること

Disc2 フォアハンド編


■16 フォアハンドの素振り
・最下点でラケット面を入れ替える
・素振りでインパクト面を残す

■17 身体が開く
・自分が振り遅れているかどうかがわかる
・手の動かし方が原因なのか、体の開きが原因なのか?チェック

■18 膝ってどれくらい曲げれば一番パワーが出るのか?
・オープンスタンスの下半身のスタンスや構え方
・自分の中で膝の曲がり具合をチェックする方法

■19 グリップを握りなおす
・インパクト時のグリップの感覚 
・ラケットコントロールがしやすい握りの強さ

■20 当たった後のラケットの振り出し方
・ボールがうまく飛ばない場合の対処法
・インパクト後の振り出し方

■21 ストロークスピンのコツ
・手首の少しの脱力と腕のしなりを作る
・自然と回転がかかるスイングと作る

■22 ラリーでのリズムとリラックス法
・腕に力が入るとスイングが止まる
・上半身の力を抜くには膝を抜く

■23 振り抜くコツ
・振り抜いたポジションを作る(フィニッシュの形を作る)
・1度覚えると振り抜く機能は残る

■24 ボールを見るとは?
・顔を残すとショットの安定感が増す
・本当にボールを見るわけではない

■25 ボールの見方
・ボールが飛んでいる過程を見る
・ボールを見るより顔を残す

■26 タイミングをとる方法
・後ろのボール、横のボール、前のボール…どれが下半身を使えるか?
・フォロースルーで飛ばすスイング
90日間返金保証
まずは、今日、このDVDを試してみてください。 そして、この中のたくさんのテクニックを試してみてください。そうすれば、練習の結果が今まで以上になることが期待できるでしょう。もし、この商品を試してみて、気に入らないようでしたら、どんな理由があろうと、購入日より90日以内に、商品を返品して頂ければ、代金はお返しいたします。


何度も繰り返し視聴された後でも、返品が可能


物心ついた時からネットがあり、スマホを使う若い世代はともかく、中高年の方にとってはオンラインと聞くだけで不安や抵抗が残りますよね?そんな方を対象に、今回「テニスのいなちん先生」の情報をDVD化してお届けすることにしました。これならば自宅のデッキやパソコンで視聴が可能ですよね。

もし今回のDVDの内容が「合わなかった」「身にならなかった」と思う方は、DVDを何度ご覧いただいた後でも、返品が可能です。このDVDには、「返金保証」をお付けいたします。

DVDの内容にご満足いただけない場合は商品到着後90日以内にご連絡ください。何度ご覧いただいたあとでも理由を問わず、手数料735円を差し引いた金額をご返金させていただきます。ですので、90日間、じっくりとDVDをご覧いただき、あなたの買い物が正しかったかどうかをご判断ください。これは、教材のクオリティに本当に自信があるからできるお約束です。


いなちん先生へのご質問、ご相談はこちらからお寄せください。いなちん先生へのご質問・ご相談はこちらをクリック!

テニスのいなちん先生 フォアハンド編
  • テニスのいなちん先生 フォアハンド編

テニスのいなちん先生 フォアハンド編

  • 5,980円税込

加算ポイント:59 ポイント

ポイント:利用可能

数量:

この商品は0人がお気に入りに登録しています。

Facebook Twitter

この商品のレビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿する

レビューを投稿するにはログインしてください。

この商品を買った人は、こんな商品も買っています

この商品は、次のカテゴリにも関連付けられています。

DVD教材

DVD教材 > テニス > テニスのいなちん先生