Facebook Twitter

商品詳細

あなたも自分のサービスキープのプレッシャーを消し去り1setマッチの試合の中、自分のサービスゲームだけはキープし続ける、心理的に優位なかけひきを知りたくありませんか・・・?DVDをお申し込み頂いたあなただけに、「1セットマッチの試合中に、プレッシャーがかかってもサービスキープが出来る心理的なコツ」その答えを特別に教えます。

4-5の場面で自分のサービスをキープするための
「必須条件」


ダブルスの試合を有利に運べる、 「必勝戦術パターン」を習得しても あなたがこれから戦術を覚え、実際にコートでプレーするにあたり、 「必ず直面する問題」があることにはお気づきでしょうか?

それは、「試合中、どの場面で、どの戦術をチョイスすればいいのか」ということ。

少し考えてみてください…


“画像内容”
試合中は、常に相手との「かけひき」がおこなわれます。

さらに、メンタル的なプレッシャーもかかる中で、 あなたは、「適切な場面」で「適切な戦術」を 選ばなくてはならないのです。

例えば、1セットマッチを想像してみてください。

4-5で回ってくる自分のサービスの時の戦術と 5-3で回ってくる自分のサービスゲーム。

プレッシャーが違いますよね? プレッシャーが違えば、当然、戦術も変わってきます。

もし、戦術の使いどころを間違えたら、どうなるでしょうか?

自分でサービスキープのチャンスを台無しにしてしまうばかりか、 逆に相手にブレークチャンスを与えてしまうことになる可能性もあります。

また、そのサービスダウンがきっかけで、相手をペースに乗せてしまったり、 試合の流れを悪くしてしまうこともあるかもしれません。

せっかく後は、自分のサービスゲームをキープしたらゲームセット。

という場面で、味方も期待している中、サービスゲームが悪い流れになり あげくの果てに、ダブルフォルト。

あと1つ、サービスキープしていれば勝てたのに その大事な場面で、自分のサービスゲームを落として負ける。

そんな悔しい経験ありませんか?
自分のサービスゲームだからこそ 「あのとき、こうしておけばよかった…。」なんて後悔したくありませんよね。

だからこそ、ただ戦術を覚えるだけでなく、試合の中で適切な場面で、適切な戦術を選べるよう、 「戦術の使いどころ」を、あらかじめ知っておくことが大切になるのです。

しかし、戦術の使いどころが重要とは言っても、
「具体的にどう学べばいいのか?」
「どう戦術を使いわければいいのか?」
こう思うかもしれませんが、ご安心ください。

なぜなら今回…、

1セットマッチの中でキープし続けるための方法を
鈴木プロが解説してくれます。


今回、真剣にダブルスに勝ちたいと願うあなたのために、 「もう一枚の特別なDVD」をご用意しました。

このDVDは、戦術の使いどころを知りたいあなたのため、 鈴木貴男プロが、「1セットマッチを徹底解説」してくれています。

1セットマッチとなると当然、 試合の中で、色々な心理面の変化もあらわれてきます。

その中で、いかに相手の心理を利用した有効な戦術を選択するか。

今回のDVDでは、実際の試合をとおして、 ポイントとなる場面ごとに鈴木プロがわかりやすく解説してくれます。

例えば一例を見てみると

パートナーも、自分も悪くない!と思える
「ストレス分散法」


あなたにも経験があると思いますが、ダブルスはシングルスと違い 自分のミスが続くと、「パートナーに悪い」と思ってしまいます。

これがストレスになり、連続してポイントを落とすと
「なんで、そこに打つの・・・」
「ここでダブルフォルトはないよな・・・」
「それをどうしてミスるのかな・・・」
と知らず知らずのうちに「ネガティブな独り言」 が増えてしまっていることはありませんか?

鈴木プロはこの原因を、「正しく分析できていない」のが理由だと言います。

プレッシャーに負けて、サービスを落とす人のダブルスを見ていると、自分を責める人が多い。

しかしプロの試合で、自分に向かって悪い言葉や 自分が悪くなっていく言動を取る人は、あまりいません。

その違いはとても大きいといいます。

試合で勝つ人は、「自分が良い流れ」にもっていけるようにサービスゲームを作っていきます。


悪い言葉を吐いたり、自分を責めたりすることが マイナスしか呼ばないことも知っています。

多くの人は知っていますが、分析力がないため、全て 自分が悪い、と思ってしまいます。

特に最後のボールの印象が強く、 そこまでの経緯を考えずに、最後のショットだけで評価をします。

例えば足元にきた簡単なローボレーをミスすると
「足!足!」
と数回、素振りをしますが、その発想は、トーナメントを勝ち抜けない人の発想だと言います。

トーナメントで良いプレーを続ける人は ローボレーをミスしたことよりも
「なぜ、相手は足元に沈めることができたのか?」
という分析を行います。

最後のショットをミスした自分よりも、それまでの経緯を見て 冷静に次の戦術を選んでいきます。

これこそ鈴木プロが、最も伝えたかった、試合の中での心理的な「駆け引き」なのです。

どうしたら、自分へのストレスを減らして
1セットマッチを戦えるのか?


特に大事な場面で迎える、自分のサービスゲーム。

じぶんにストレスやプレッシャーを与えるようなゲーム展開ではなく
「ま、相手のナイスショットだし、仕方ないか。」
と思える1セットのマッチの中での試合に対する考え方。

これを知れば、あなたももうネガティブな独り言とは決別できるでしょう。

プロのように、「今のは仕方がない!相手が上手かっただけ!」
と冷静に分析して、次のポイントに移れる そんな「前向きな気持ち」でサービスゲームを進めることが出来るでしょう。

“画像内容”
“鈴木プロが「戦術の選択」をわかりやすく教えてくれます”


あなたも、このDVDから戦術の使いどころを知ることで、
  • 自分のサービスゲームがチャンスの場合でも、ピンチの場合でも、適切な戦術で、落ち着いてプレーできる
  • 出だしでサービスゲームを落とすことがなくなる
  • リターンの心理的な駆け引きが読めるので、キープが楽になる
  • サーバー側の前衛が積極的な動きになり、相手のリターンをプレッシャーでミスさせることができる
  • プレッシャーの切り分け方がわかる
  • ワンセットマッチのペース配分がわかる
  • どこでブレイクを狙いにいくのか、その流れを支配できる
など、たくさんのメリットを手にすることができます。

では、DVDには、具体的にどんな内容が収録されているのか?

収録内容の一部をご紹介しましょう…

“画像内容”
ワンセットマッチであらわれる心理面の変化とは?
ボディへのサーブで、相手に的を絞らせないテクニック
ファーストサーブがネットになった場合の対処法
ダブルスのリターンにおける正しいラケットの使い方
相手に強打される可能性の高い危険なボールとは?
ワンセットマッチの中で、かけひきの出てくるポイントとは?
アドバンテージサイドに回りこむのが得意な選手の対処法
下回転のボールを全てフォアドライブで返球する練習
相手の「バック側にくる」という心理を逆手にとった攻撃パターン
相手の「劣勢になっている」という心理を利用した攻撃パターン
※ご紹介したのは、DVDに収録されている内容のほんの一部です
いかがでしょうか。

このDVDには、実戦で適切な戦術を選択するための、 鈴木貴男プロの解説とアドバイスが、ぎっしりと収録されています。

大事なことなのでくり返しますが、 あなたも、このDVDから戦術の使いどころを知ることで、

  • 自分のサービスゲームがチャンスの場合でも、ピンチの場合でも、適切な戦術で、落ち着いてプレーできる
  • 出だしでサービスゲームを落とすことがなくなる
  • リターンの心理的な駆け引きが読めるので、キープが楽になる
  • サーバー側の前衛が積極的な動きになり、相手のリターンをプレッシャーでミスさせることができる
  • プレッシャーの切り分け方がわかる
  • ワンセットマッチのペース配分がわかる
  • どこでブレイクを狙いにいくのか、その流れを支配できる
など、今まで以上にテニスを楽しめるようになるでしょう。

ぜひ、あなたもDVDを手に入れ、 ゲームを支配する戦術の選択方法を学んでください。

鈴木貴男の TOP GUN TECHNIQUE 16【ダブルス・サービス】1setマッチのサービス側のゲームプラン
  • 鈴木貴男の TOP GUN TECHNIQUE 16【ダブルス・サービス】1setマッチのサービス側のゲームプラン

鈴木貴男の TOP GUN TECHNIQUE 16【ダブルス・サービス】1setマッチのサービス側のゲームプラン

9,800円(税込)

加算ポイント:98 ポイント

ポイント:利用可能

数量:

この商品は0人がお気に入りに登録しています。

Facebook Twitter

この商品のレビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿する

レビューを投稿するにはログインしてください。

この商品は、次のカテゴリにも関連付けられています。

テニス > 鈴木貴男