重要なお知らせ

OPEN
胴体トレーニング2~「捻じれの可動域」を極限まで広げる方法~
胴体トレーニング2~「捻じれの可動域」を極限まで広げる方法~
  • 胴体トレーニング2~「捻じれの可動域」を極限まで広げる方法~
  • 胴体トレーニング2~「捻じれの可動域」を極限まで広げる方法~

胴体トレーニング2~「捻じれの可動域」を極限まで広げる方法~

これまで数多くのスポーツ選手やダンサー、武道家など、 その道のプロへの指導も行なう、大棗の会主宰の棗田(なつめだ)三奈子が、筋トレなし、3分で、深くねじれるカラダを作り、爆発的なパワーを発揮する方法「胴体トレーニング」を公開。
  • 送料無料
  • 18,980円税込

獲得ポイント:189 ポイント

数量:

カートに追加されました。

閉じる

閉じる

カラダが小さいから、筋力がないからという理由でパワフルなプレーができないと思っているなら…

それは間違いだと断言できます。

なぜなら、「ある簡単な動き」を身につけるだけで、カラダの小さい人でも、 筋力がない人でも、カラダの大きい人顔負けのパワーを発揮できるからです。

それが、深い「捻転動作」です。

ゴルフ、テニス、バドミントンや卓球などのスイング動作、野球のバッティングやピッチングの動作、サッカー、フットサルなどの足を大きく上げて蹴る動作など、あらゆるスポーツの動作は、 カラダを深く「ねじる」ことで力を生みだしています。

あなたが、筋トレなしでパワーアップできる秘密は、ここにあるのです。

ひょっとしたら「それは、プロの話でしょ…」と思われるかもしれませんが、ご安心ください。

なぜなら、体格や筋力はもちろん、年齢、カラダの硬さなどにも関係なく、 深いねじりでパワーを発揮できるカラダは、簡単に作れるからです。

しかし「ただ、深くねじるだけ」では、大きなパワーは発揮できません。

手足や体の外側だけでねじる、上半身と下半身を一緒にねじる、脇を縮めたり腰の反りを作ってねじる…など、これらのねじり方ではパワーを発揮できないのです。

では、どう捻じればよいのか? 実は、たった3分で、深くねじれるカラダを作り、爆発的なパワーを発揮できるトレーニングがあります。

覚える動作も、「たった3つ」だけなので、とても簡単。

あなたも、パワーに自信がなくても、ねじれの力によってスポーツパフォーマンスを向上させたいなら?

これまで数多くのスポーツ選手やダンサー、武道家など、 その道のプロへの指導も行なう、大棗の会主宰の棗田(なつめだ)三奈子が、筋トレなし、3分で、深くねじれるカラダを作り、爆発的なパワーを発揮する方法「胴体トレーニング」を公開します。

DVD3枚組(総収録時間148分)

  • 身体を大きくねじるための柔軟性を身につけるには…?
  • 大きな捻転動作で、爆発的なパワーを発揮する方法
  • 身体のねじれを生みだすための基本の動き
  • なぜ、脇を伸ばすと、背中が動きやすくなるのか…?
  • ストレッチ効果を倍増させるために、一番はじめにやるべきこと
  • 胴体トレーニングにおける、「3つの基本動作」とは…?
  • 肋骨と骨盤を別々に動かし、大きくねじれる身体を作る方法
  • 【注意!】胴体トレーニングで、
  • 絶対にやってはいけない動作とは…?
  • あなたのなかに眠っているパワーを呼び覚ますエクササイズ
  • 骨盤と肩、胸を別々に動かせるようになるエクササイズ
  • 背骨を大きくねじれるカラダの作り方
  • 骨盤の中の大きな筋肉が使えるようになる
  • 「骨盤コロコロ運動」とは…?
  • 骨盤をねじるときに、腰に痛みを感じた場合の対処法
  • さらに大きなパワーを発揮するための「逆ねじれ」の作り方
  • 「股関節のとらえ」を強くし、大きなパワーを生みだす方法
  • 即効でねじれの可動域を大きく広げる「2種類のエクササイズ」
  • 骨盤の力を腕に伝える連動性を作るエクササイズ
  • 胸の柔軟性をアップさせ、最高にねじれるカラダを作るエクササイズ
  • なぜ、脇の筋肉が縮むと、腰が反ってしまうのか…?
  • なぜ、骨盤と肋骨が柔らかくなると、
  • 「蹴る動作」が改善されるのか…?
身体運動研究家

棗田 三奈子(なつめだ みなこ)

10代後半よりジャズダンス・バレエを始め、カラダが上手く使えず故障したのを機に、1988年より身体運動法を武道家・故伊藤昇に師事。武道の動きをもとに身体表現の基となる動きの質を14年間にわたって学ぶ。2002年より骨格、神経、免疫学を株式会社ビュウスの岡本皐蓉氏に師事。1993年より青山倶楽部等のスポーツクラブ・ダンススタジオなどで、胴体トレーニングの指導を開始し、1997年に「大棗(たいそう)の会」を設立、主宰。一般の方はもとより俳優、ダンサー、スポーツ選手、武道家、トレーナー、整体師、ヨガ、ピラティスの指導者など動きのプロへの指導も行い、高い評価を受けている。

DVD視聴者・実践者の声

朝比奈 敏世さん 硬式テニス歴:30年以上


このまま胴体トレーニングを続けて もっと胸や首のあたりが動くようになれば さらにテニスの進化が期待できるような気がします。サービスは自分でできるので、胴体の丸くなる・反る、 脇の伸ばす・縮めるの動きと合わせて捻ると、 サービスにパワーと安定性が出てきたように思います。

R.Sさん 野球歴22年 投手


ピッチングでも球速が上がり、三振率も高くなってきています。また、バッティング時も打球速度が上がったことで、長打を打てるようになり、 歩くことや走ることも以前より楽になりました。身体の捻じれが伴うスポーツに、おすすめのトレーニングです。

鍋田 博さん サッカー歴20年


昔の私を知る人には皆一様に驚かれます。胴体(重心)の動きが先行するので 地面を大きく蹴らない走法(カラダに負担が少ない)も可能になって来ます。低くて早いクロスボールにも 遅れずに合わせられたりもしますし、後ろから来たボールを空中で胸トラップして そのまま左足(利き足ではない)でボレーでゴールしたり。

真田雅之 マラソン選手


捻ることで軸できてブレにくくなったり、動きやすくなりました。トレーニング実践前と実践後で、背中の伸びや骨盤の角度が変わり、より動きやすくなります。私自身は走る前のアップにも取り入れ、より動きやすい体でトレーニングしています。

M.Yさん ジャズダンス・クラシックバレエ


無駄な力を使わずに最大の可動域で動けるようになりました。しなやかで 力強いパワフルな踊りが無理なくできるようになっています。無駄な力が抜けるので広い可動範囲を 最大限に活かした美しいラインで動けるようになります。

N.Nさん 中国武術歴:25年


治療が必要としなくなり、治療前にも増して、 練習量をこなせる身体となってきてました。動きやすい身体だけではなく、 動きにつながる柔軟性が身についてきたことによって、 求める理論的な動きを実践出来る身体になってきたことは事実です。

I.Nさん 水泳(現在は水泳指導を行うコーチ)


トレーニングする事で、自分の身体の感覚がより研ぎ澄まされていくように感じます。胴体トレーニングの動きを基に、 具体的に泳法の説明できるようになったのです。

胴体トレーニング2~「捻じれの可動域」を極限まで広げる方法~

胴体トレーニング2~「捻じれの可動域」を極限まで広げる方法~

これまで数多くのスポーツ選手やダンサー、武道家など、 その道のプロへの指導も行なう、大棗の会主宰の棗田(なつめだ)三奈子が、筋トレなし、3分で、深くねじれるカラダを作り、爆発的なパワーを発揮する方法「胴体トレーニング」を公開。
  • 送料無料
  • 18,980円税込

獲得ポイント:189 ポイント

数量:

カートに追加されました。

閉じる

閉じる

この商品のレビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿する

レビューを投稿するにはログインしてください。

胴体トレーニング2~「捻じれの可動域」を極限まで広げる方法~

この商品は、次のカテゴリにも関連付けられています。

DVD教材

DVD教材 > トレーニング > 棗田三奈子

胴体トレーニング2~「捻じれの可動域」を極限まで広げる方法~