商品詳細

バスケットボール、ドリブルスキルを教えたくても、教えられないあなたへドリブルを思い通りに操るセンスと試合で使えるテクニックを身に付けて、例えビギナーでも経験者を追い抜く方法とは?この下にある答えにあなたはきっと驚くことでしょう…ドリブルすれば…ボールが手に付かない、すぐに相手に取られる…「ドリブルを上達させたいけれど、何をすればいいかわからない」そんな選手の手のひらを“ボールが吸い付く吸盤”にして、経験者に「上手い」と言わせるドリブルスキルを身に付ける練習法があります。本場アメリカもうなるドリブルを武器に今も活躍する現役バスケットボーラーが実践し続ける“ドリブル上達の秘訣”を公開します。

この問題の正解を知れば、
あなたのドリブルに対する考え方が
ガラリと変わるかもしれません。

Q:あなたは、どんなドリブルが本当に上手いドリブルだと思いますか?
  1. 鋭く切り返してディフェンスをかわすドリブル
  2. 圧倒的なスピードでディフェンスを抜き去るドリブル
  3. リズムよく機敏に動き回るドリブル
  4. ディフェンスの体勢を崩すテクニカルなドリブル
  5. 素早くターンしてディフェンスをかわすドリブル
  6. ディフェンスの意表を突くトリッキーなドリブル
  7. 冷静に周りの状況を確認しながらゲームメイクするドリブル
答えを言います。実は、正解はこの中にはないのです。決してダマそうとした訳ではありません。

あなたのドリブルに対するイメージをリセットしていただきたいのです。

もちろん、これらドリブルも素晴らしいプレーです。

でも、本当に上手いドリブルは別の場所にあります。それができれば、どんなドリブルも簡単に身に付きます!

では、本当に上手いドリブルとは何か?それは…

ボールが手に付く時間の長いドリブル


想像してください。もし、ピタリとボールが長い時間手に吸い付けば…

素早い切り返しやターン・ドリブルで間を作ってフリーの選手へピンポイントでパス、というように、あなたの思い通りにドリブルできると思いませんか?

今回ご紹介するのは、そんなドリブルを身に付ける練習法。

しかも、普通のドリブル練習法ではありません。

アメリカABA(American Basketball Association)で、そのドリブルが認められた現役プレーヤー、岡田卓也選手が実践するドリブル練習法。

今から10分だけお時間をください。この練習法を知れば、潜在的な能力を目覚めさせる可能性があります。

なぜなら、ご紹介する教材が、あなたのドリブルスキルを格段に高め、「まるで手にボールが吸い付いたかのような」状態にする力を秘めているからです!
“米プロバスケットボール挑戦のパイオニア”
岡田 卓也(おかだ たくや)  
プロバスケットボール選手/静岡ジムラッツ 代表

1978年生まれ 静岡県出身
身長178cm体重78kg
ポジション:ガード

【アメリカバスケットボールとの出会い】
小学四年生からバスケットを始め、以来中学と高校のバスケ部で活動し、日体大バスケ部へ入部。大学在学中にNBA選手が主催するキャンプに参加しMVPに選出される。

【アメリカバスケットボール挑戦の先駆者として】
日体大卒業後、NBAを目標に単身渡米。カリフォルニア州プロリーグに参戦して2000年に準優勝、2001年には3位の好成績を収め、マジック・ジョンソンのオールスターにも出場。2002年日本リーグさいたまブロンコスに入団。2005年には再渡米し、ABAプレーヤーとして活躍する。

【日本から世界で通用する選手とチームを】
2010年GYMRATSを立ち上げ、アメリカで培った経験を活かしクリニックを通じて若手選手の育成にも力を入れている。GYMRATS は「SHIZUOKA GYMRATS」としてABAに参加しており、自身もプレーヤー兼コーチとして活躍中。

【略歴】 
1996年  日本体育大学入学(在学中に数回渡米)
1999年  日本体育大学卒業
2000年  “Real Run”サマーリーグ参戦
     NAIA(カリフォルニア州日系人リーグ)参戦
2002年  さいたまブロンコス(日本リーグ優勝)
2003年  さいたまブロンコス(日本リーグ優勝)
2004年  さいたまブロンコス(日本リーグ準優勝)
2005年  “REALRUN” Summer League参戦
     ABA Summer League参戦
     ABA イングルウッド・コブラーズ
2006年  ABA フレズノ・ヒートウェーブ移籍
     帰国後、各学校や個人向けにクリニック開催
     NY Kingdom 参戦
     ABA サクラメント・ヒートウェーブ
2007年  ABA サンフランシスコ・ランブル
     TPBL レイクジャクソン・レイカーズ
2008年  ABA サクラメント・ヒートウェーブ
     ABA サンフランシスコ・ランブル
2009年  ABA テキサスシティ・レンジャーズ
     ABAサンフランシスコ・ランブル
2010年  ABA サンフランシスコ・ランブル
2011年~ ABA シズオカ・ジムラッツ

【メディア出演】
  • 雑誌 月刊バスケットボール、DUNK SHOOT、HOOP
  • TV:スポーツBEAT
  • TV:関ジャニ(バスケットの講師として出演)
  • TV:NHK BSベストスポーツ 第94回 
  • TV:「米国で武者修行!バスケット日本人プレーヤーの夢は?」
  • ラジオ:NACK5
  • ラジオ:L.Aラジオ
  • 広告:NIKE 02 SPRING in USA
  • 広告:NIKE 02 FALL in USA
  • 広告:FOOT LOCKER 01 in USA
など、他多数

多くの選手がドリブル練習をするとき、
こんな間違いをしています。
しかも、この間違いに気づかないと…

結論から言います。

ドリブルするとき、苦手な選手の多くがこのような間違いをしています。

「どうやったら、上手くボールをつけるか?」

断言しても構いません。この考え方ではドリブルは上達しません。手に吸い付くようなドリブルを手に入れるには…「どうやったら、上手くボールをつけるか」ではありません。

「どうすればボールを上手く受け取れるか?」

と考えるのです。理由はこうです。
  • ボールをつく意識が強すぎると、ドリブル毎の力加減が不均等になる
    【結果】高低のあるドリブルになってボールを受け取りにくいためファンブルの原因になる
  • ドリブル毎の高低をなくすため毎回強く力を入れると、ボールを受ける位置が腰より高くなる
    【結果】相手に奪われやすいドリブルになる(ミニバスでは腰より低くつくよう指導されます)
  • 上手くボールを受け取れない選手は、ボールを下から“すくって”受け取る
    【結果】ダブルドリブルを取られる
  • ボールを強くつこうとする選手は、つく位置を確認するため下を向く癖が染みつく
    【結果】周りの状況を把握できない
  • ボールをつく意識が強すぎると、ドリブル間の時間が長くなって素早いドリブルができない
    【結果】1vs1で抜けない可能性が高くなる
  • ボールをつく意識が強すぎると、次のドリブルで上手く出力できない
    【結果】(腰も上がって)スピードをだせずにディフェンスに守られてしまう

つまり、“どうすればボールを上手く受け取れる”ドリブルになるか?という結果からプレーを逆算して、力を調節してボールをつくのです。

ボールを上手く受け止めれば、思いのままにボールをコントロールできて、意識しなくても自動的にボールが手に吸い付く状態を作り出せるわけです。

では、具体的に、一体どうすればいいのか?

ドリブルの練習法やテクニックは、たくさんあります。

でも、「手に吸い付くほどのドリブル感覚」を見つけるには、使えないテクニックの練習に時間を奪われてはいけません。

ディフェンスを抜き去る重要なドリブルテクニックは、たったの3つ。その3つのテクニックを使うだけで、苦手なドリブルが得意なプレーに変わるのです。

では、3つのドリブルテクニックとは、一体何でしょう?

今回ご紹介するのは、この3つのドリブルテクニックを、集中してマスターして実際の試合で成果を出せるテクニックに仕上げる方法を収録したDVDです。

チームですぐに実践していただけるように、使えないテクニックやムダな練習を削り落として、本当に必要な上達ノウハウと、現役プロのドリブルテクニックをマスターしていただきます。

一体どんな練習法で、思いのままにボールを操る
ドリブルスキルが手に入るのか?

DVD
ご紹介する教材で収録しているのは…

手に吸い付くようなドリブルへの最短アプローチ

30分間ドリブルテクニック習得法

岡田選手は、アメリカでプレーをして分かったことがあります。それは、ドリブルを上達させるには、たった3つの方法を実行するだけだということ。

この3つの方法を実践するだけで、選手自らが、ドリブルを上達させる感覚を見つけることができます。一人で簡単に取り組めるドリブルテクニック習得法を公開します。

さらに、この3つの方法をチームで使えば、競争意識が生まれさらに上達を加速させることができいます。

DVDイメージ
実戦で決定的な差を生み出すテクニックを徹底的に鍛え上げます!

両腕を利き腕にしてシュート・パス・筋力も引き上げるドリブル練習法

29種の「2ボール練習」とは?

相手を置き去りにするドリブルを習得する秘訣は、ただ高等テクニックを使うことではありません。相手を抜けるかどうかは、両手で精度の高いドリブルテクニックを使えるかどうかで決まります。

ボディーコントロールを高めて、ボールを自在に操るハンドリングが身に付く練習法が「2ボール練習」です。

この2つのボールを使う練習によって、動きの激しい試合の中でもバランスを崩さずに高等テクニックをスムーズに繰り出すことができます。そんな29種の2ボール練習を公開します。

DVDイメージ
2つのボールを使って思い通りにボールを操る潜在する感覚を呼び起こします!

ドリブル上達が実証された8つのクリニック定番メニューを遂に公開

間合いとコンビネーションのチューンアップ練習法

ドリブルの上手な人は、単にテクニックが上手いだけではありません。①相手との距離を図って、②複数のドリブルテクニックを組み合わせて、ディフェンスを抜き去ります。

ドリブルの苦手な人は、間合いを把握して、その距離に応じたドリブルテクニックを組み合わせができないのです。

そこで、プロのバスケットボーラーが実戦で使い、クリニックで指導して多くの選手が成果を上げている8つのプログラムを、実戦を想定したシーン別に公開します。

例えば…
  • 相手ディフェンスとの距離が近い時に有効なドリブルコンビネーションは?
  • 遠い場合に機能するコンビネーションは?相手ディフェンスの裏をかくには?
  • ドリブルで抜き去った後シュート精度を高めるには?
  • ドリブル中、的確に状況を判断するには?など…
このように実戦でよくあるシーン別に、使うべきテクニック・コンビネーションと、その練習法やポイントを解説します。

DVDイメージ

ドリブル上達を加速させる練習法を公開

3つのツールを使った裏技ドリブル練習法

短期間で圧倒的な成果を出すには限界があります。しかし、道具を使って練習すれば、生身の練習では刺激できない感覚を呼び起こし、強制的に上達させてくれます。

例えば、下を向いてドリブルする選手…無意識にボールを見る癖がついています。

一度染みついた癖を矯正するには、“意識する”だけでは足りません。意識がないのですから当然です。

そこで、道具の出番です。無意識な行動をすぐに気づかせれば、行動を修正して正しいフォームを身に付けることができます。

道具によって生み出される行動がすぐに習慣化すると、気づけばあっという間にドリブルが格段にレベルアップしているというわけです。

DVDイメージ

目の肥えた米国ファンもうなるドリブル。
そんなテクニックを生み出す練習法が満載
その内容を少しだけ公開します。

【DISC1ドリブルの基礎編】

まるでボールが手に吸い付くようなハンドリングで、 試合で使えるテクニックを究める練習法とは?

ドリブルミスに関する真実
もしあなたがドリブルを上達させたいのなら、この真実を知らないと将来的にかなりの不利な状況を作ってしまう可能性があります。
プロバスケットボーラーがドリブルミスを無くして上達するために持っている思考プロセスとは?
このプロバスケットボーラーの上達思考プロセスを頭に置いて練習することで、あなたのチームの選手が持つ潜在意識の上達スイッチをONにして、ミスを糧にしてドリブルを上達させる方法をお伝えします。
注意すべきはここ!ターンオーバーが起こる7つの場所
シュートミス以外でオフェンス権を相手に渡してしまうと得点できないばかりか、チームの士気も下がってしまいます。ターンオーバー(シュートミス以外でオフェンス権が相手に変わること)が起こる場所を理解すれば、後は注意を払うだけ。ミスが起こる場所やタイミングをチームで共有することで、シュート本数を増やして得点率が上がります。
ディフェンスにボールを奪われることなく正確に状況を見定めるドリブル方法とは?
もしあなたがドリブルを上達させて相手ディフェンスを回避してドリブルで切り込ませたいなら、この方法はきっとあなたの役に立てるでしょう。なぜなら、たった4つのテクニックでドリブルを成功に導く方法をお伝えするからです。しかも、今すぐチームで実践できる方法です。指導法も至ってシンプル。バスケット経験は必要ありませんし、あなたが専門的な知識を持っているかどうかも関係ありません。まずは、この方法をチームで実践して浸透させてみてください。安定したドリブルプレーができるようになります。
ディフェンスを置き去りにしてボールをゴールに近づける4つのドリブル
この4つのドリブル方法を使えば、たとえ優れたディフェンスでもあなたは一瞬であなたに向かってくるディフェンスを横目に抜き去ることができます。
ディフェンスを回避して速攻ドリブルを決めるテクニックとは?
このテクニックによって、進路をディフェンスに塞がれることなく、ドリブルでゴールに向かって進めます。ドリブルで進めれば、シュートやパスなど選択肢が増えて相手ディフェンスにプレーを予測されず、成功確率がグッと高まります。このテクニックで選手の目にはスッとドリブルで進むべき道が見えるでしょう。
ディフェンスのボールカットを回避して密集地帯から素早くドリブルで脱出するテクニックとは?
このテクニックによって、例えディフェンスに囲まれたとしてもボールをカットされることなく、いち早くドリブルで抜け出すことができます。密集地帯から抜け出せば、後は空いたスペースにドリブルでボールを運ぶだけ。思い通りのプレーを自由に実行できるようになります。このテクニックで、面白いくらいスムーズにボールを運べるようになるでしょう。
不公平なほどにディフェンスを抜ける、ちょっとオシャレなドリブルテクニックとは?
もしあなたが、大きな体格を活かしてゴリゴリとパワフルなドリブルを求めているならこの方法はあなたのチームには合わないかもしれません。でも、もしあなたが小柄な選手や力のない選手が多いチームの指導者なら、この方法はおすすめです。あるテクニックを身に付けていれば、高度なテクニックですが早く身に付けることができます。指導者であるあなたにテクニックは必要ありません。どんな選手でも身に付けさせられるコツを解説します。
ボールが手に吸い付くハンドリングが身に付く4ステップとは?
この4つのステップによって、思い通りにボールを操作できるハンドリングが短期間で身に付きます。ハンドリングが身に付けば、ドリブル力は自然とレベルが上がります。この方法によって、まるでボールが手に吸い付くかのような感覚を手に入れることができるでしょう。
指先タッチの感覚を磨きながら練習や試合前のウォームアップをする裏技
この方法によって、ドリブルに必要な指先の感覚を研ぎ澄ませ絶妙な力の入れ具合を身に付けることができます。さらに練習や試合前に行えば、指先を温めてパフォーマンスをアップさせます。この方法で時間をムダなく使ってドリブルを上達させることができるでしょう。
試合でディフェンスを回避して速攻ドリブルを決める練習法
この練習法によって、試合でたとえ相手ディフェンスが進路を塞ごうとしても、ディフェンスの位置を把握して正確な状況判断からドリブルでディフェンスを抜き去るボディーコントロールが身に付きます。
バスケットボールを全く知らなくても、ドリブルが上達するかどうかを一瞬で見抜いて的確な助言ができるサンプルとは?
このサンプルを見れば、例えバスケットを全く知らない素人でも、選手がドリブルを上達させられない原因を一瞬で見抜いてアドバイスできるようになります。原因がわかれば後は対処するだけ。このサンプルを確認するだけで選手に的確な指導をできるようになります。
前を向いてドリブルせざるを得ないちょっと楽しい練習法
この練習は、“あるモノ”を使って下を向いてドリブルする癖のある選手でも前を向かざるを得なくします。前を向いてドリブルできれば、状況判断ができてディフェンスをドリブルで交わせるようになります。今、この瞬間にあなたが手にしているかもしれない“あるモノ”を使って楽しく取り組めるこの方法で、チームの雰囲気を明るくしてドリブルを上達させてください。
やみつきになる!空いた時間で視界を広げるドリブル個人練習法
この練習によって、下を向いてドリブルする癖が改善できます。簡単に手に入る“あるモノ”を使って一人で簡単にできるこの練習法は、場所や時間を選ばずサッとプレーを改善できます。楽し過ぎてやみつきになるこの練習法によって、前を向いてドリブルする感覚が自然に身に付いてしまうでしょう。
以上はほんの一部の内容です!

【DISC2ドリブルの応用練習メニュー編】

圧倒的ドリブル感覚が見つかる方法。この感覚を身に付けた時、相手ディフェンスは、「見送る」以外の選択肢はありません。思い通りに体を操る練習法を公開

両手を利き手にして圧倒的ボール操作感を体にインプットする29の練習法とは?
これら29の練習法によって、ハンドリング能力とバランス感覚が身に付いて、苦手とする手にも自由自在にボールを操作するドリブル感覚インプットしていきます。個人だけでなくチーム練習としても実践できるこれらの練習法は、選手の潜在的なドリブル感覚を呼び起こしてしまうでしょう。
指先のタッチセンスを研ぎ澄まし、左手と右手のハンドリングを思い通りにコントロールさせる3つのドリブル練習法とは?
この3つの練習法は、指の先まで感覚を磨き上げて、利き手かどうかに関係なく、両方の手のハンドリングを上達させるドリブル練習法です。この3つの練習法によって、ドリブルで進めるエリアが格段に広がって確実で素早いオフェンスが実現できます!
ドリブルを上達させるのに、とりあえず押さえておくべき“5つのハンドリング練習法”
ドリブルとってハンドリングテクニックは必要不可欠。左右どちらの手も同じように使いこなせなければいけません。でも、ただドリブルをつくだけでは決して効率の良い練習とは言えません。というか、あまり上達しません。しかし、この練習法をおさえておけば、左右どちらの手でも吸い付くような感覚を効率的に鍛え上げることができます。DISC2ではこの5つの練習が土台になります。5つの練習を習得すれば、簡単に応用展開できるでしょう。
フロントチェンジやビハインドバック、相手ディフェンスを一瞬でぶっちぎる切り返しを手に入れる練習法
フロントチェンジやビハインドバックといったドリブルテクニックに欠かせないのが、切り返しのスピード。テクニックがあってもスピードが無ければディフェンスに追いつかれてしまいます。この練習法によって、ドリブルにおけるスピーディーな右手左手のボール受け渡しを鍛え上げて、一瞬で相手ディデンスを置き去りにするスピードが手に入ります。
手首の返し・インサイドアウトドリブルを同時にゲットして実戦のフェイントテクニックを身に付けるドリブル練習法
この練習法によって左右のハンドリングテクニックを上達させ、手首の返し、難易度の高いインサイドアウトドリブルを習得させて、実践で使えるフェイントテクニックが身に付きます。
指先感覚を繊細に磨き上げてハンブルをなくす2ボールドリブル練習法とは?
もしあなたのチームが、試合中にハンブルをしてチャンスを潰すことが多いなら、この練習法はあなたのチームにおすすめです。なぜなら、このドリブル練習法は、指先まで意識を集中させてタッチの感覚を研ぎ澄ませて効率的に指先をウォームアップするからです。練習や試合の前のウォーミングアップに導入してパフォーマンスをアップさせてください。
ドリブルテクニックを実戦で使えるテクニックに磨き上げる5つの基礎練習法とは?
いくら難易度の高いドリブルテクニックを身に付けても、実戦で使えないテクニックでは意味がありません。この練習法によって、動きのある実戦でも感覚とバランスを維持してドリブルテクニックを発揮させます。この5つの練習法で基礎を作りあげれば、実戦でスムーズに応用展開できます。
ドリブルテクニックの切り返しをさらに素早くするドリブル練習法とは?
この練習法は、フロントチェンジやビハインドバックの切り返しのスピードをさらに高めて、実戦でディフェンスを抜き去るためのドリブル力を鍛えます。難易度を段階的に上げて、確実にドリブルテクニックを向上させます。
ボディーコントロールを高めて思い通りにボールを操るドリブル練習法とは?
この練習法は、左右の手に異なる動きを与えボディーコントロールを高めます。体をコントロールできれば、ボールを手に引っ付けたように自在に操ることができます。
ボールを体の一部にしてボールを自在に操るハンドリングを体に染み込ませるドリブル練習法とは?
この練習法はハンドリングテクニックの総仕上げとなる練習法です。この練習法を実践し続ければ、まるでボールが体の一部になったかのようにボールをさばける感覚を手に入れることができるでしょう。
効率的にハンドリングを上達させてドリブルテクニックに磨きをかけるチームドリルとは?
もし、あなたが実戦で使えるハンドリングをチーム全体で上達させたいなら、この効率的なドリルはおすすめです。進め方は簡単。フリースローエリア程のスペースがあれば、様々なバリエーションで選手を飽きさせることなくハンドリングを鍛え上げることができます。
バランス感覚を手に入れてなめらかな動きのドリブルを作りあげる3つのドリルとは?
レッグスルーなど、ドリブルテクニックを使って切り返したとき片足に体重が乗ります。そのときバランスを崩して踏ん張りが効かなくなると、素早く次のドリブルが行えません。この3つのドリルを実践することで、バランスを崩すことなく踏みとどまって次のドリブルをスピーディーに行えるようになります。
反応と切り替えを素早くして俊敏で状況判断に優れたドリブルを身に付けるドリルとは?
このドリルは、2つのボールを使ってドリブルのスタート・ストップ・切り返しの反応を高めます。反応が速ければスピードに乗ったドリブルをストップさせて状況判断できる状態が作れます。このドリルで、敏捷性と状況判断に優れたドリブルを一気に作りあげることができるのです。
効果は既に実証済み!掛けて練習するだけでハンドリングスキルが上達する “ドリブルメガネ”とは?
このメガネはただのメガネではありません。バスケットのハンドリングを上達させるために開発され、岡田選手のクリニックでも使用され、岡田選手自身も使用して効果は実証済みです。そんな“ドリブルメガネ”と実際の活用法をあなたにお伝えします。
2ボール練習に関する真実
もしあなたが、ドリブルやハンドリングだけでなく、シュート・パス・キャッチ力も上達させたいと思うのなら、この真実を知っておかないと今後損をしてしまう可能性があります。
この他にも紹介しきれないほどのノウハウがあります!

【DISC3 椅子を使ったドリブル練習メニュー編】

密集地帯でも一瞬でスペースを抜けてシュート・
パス選びたい放題の状況を作る方法。たとえ個人
練習でも実戦シーンを作り出す練習ドリルを公開

ディフェンスとの距離が近い時、あるいは遠い時に使うドリブルテクニックとは?
もし、フロントチェンジやレッグスルーなど、ドリブルテクニックを有効に使って相手ディフェンスを置き去りにするドリブルを実践したいなら、このパートはきっとあなたの役に立てるでしょう。なぜなら、近い距離あるいは遠い距離で使うドリブルテクニックと、相手ディフェンスとの間合いを把握する方法を公開しているからです。
相手ディフェンスに間合いを詰められることなく、素早く抜き去るドリブルを身に付けるドリル
このドリルは、フロントチェンジのテクニックを使ってディフェンスの左右両方から抜き去るドリブルを鍛え上げるドリルです。このドリルによって、ディフェンスとの間合い、反応、素早い切り返しを身に付けることができます。
ドリブル中でも優れた状況判断を下せる能力を身に付けるドリル
このドリルは、簡単な“ある問題”をドリブル中に解かせることで、素早くドリブルをしている最中でも優れた状況判断でプレーできる力が身に付きます。チームで実践すれば選手は楽しみながら、ドリブルテクニックと状況判断能力を同時に高めることができます。
ディフェンスとの間合いが近くても、ボールをカットされることなく素早く抜き去るドリブルが身に付くドリル
このドリルを実践すれば、相手ディフェンスとの間合いが数センチでも、体でボールを守って素早く方向を切り替えてドリブルで抜き去るスキルが向上します。
動きを観察しながらベストな方法を選択して優秀な相手ディフェンスでも簡単に抜き去ってしまうドリブルが身に付くドリル
このドリルによって、相手ディフェンスの前でピタリと止まって、動きを確認して確実に抜き去るドリブルが身に付きます。相手ディフェンスのレベルが高ければ高いほど、このドリルで身につくドリブルスキルの重要度と有効性が高まります。
2つのドリブルテクニックでディフェンスを抜き去ってレイアップシュートの成功率を高めるドリル
このドリルは、ビハインドバック、フロントチェンジのコンビネーションでディフェンスを抜き去ってレイアップシュートを決めるまでの精度を高めます。異なるドリブルテクニックを連続するスキルは密集地帯に切り込むのに有効です。また、コンビネーションからすぐレイアップシュートに持ち込めば、ファールを誘いやすくフリースローをもらいやすいシュートになります。つまり、コンビネーションからのシュートを身に付ければ得点力を一気に強化できます。
2つのドリブルテクニックでディフェンスを抜き去って3人目のディフェンスが来ても交わしながらジャンプシュートの成功率を高めるドリル
このドリルは、ビハインドバック、フロントチェンジのコンビネーションでディフェンスを抜き去ってジャンプシュートを決めるまでの精度を高めます。ドリブルからジャンプシュートに切り替えるのが苦手な選手、ジャンプシュートの精度が低い選手のボディーコントロールを高めて素早く正確なジャンプシュートを成功させるのに有効な練習法です。
3つのドリブルテクニックで3人のディフェンスを置き去りにしてシュートの成功率を高めるドリル
このドリルは、ビハインドバック、フロントチェンジのコンビネーションでディフェンスを抜き去って、さらに3人目のディフェンスをロールターンで交わしてシュートを決めるまでの精度を高めます。実際の試合では、せっかくドリブルでゴールに近づけても背の高い3人目のディフェンスにシュートを阻まれるケースがよくあります。このドリルによって、実戦の密集した状況を打開できる個人スキルを高めることができます。
カットを防いでディフェンスを置き去りにするロールターンを成功させる秘訣
1対1で接触が起こるくらいディフェンスとの距離が近づいたのなら、ロールターンのテクニックが有効です。ロールターンは高等なテクニックですが、このDVDで基礎を身につけた選手なら成功させるだけの技術が身に付いています。後はこの秘訣を知って練習するだけ。
どんなテクニックを使うのか一瞬でベストな判断をして実行させるために身に付けておくべきたった1つの動作とは?
実際の試合では、プレーがパターン化すると相手ディフェンスに動きを読まれてしまいます。動きを読まれないようにするには、場面ごとにベストなテクニックを選択しなくてはいけません。しかし判断が遅いと、カットされたり選択肢を狭められたりします。しかし、ある動作を徹底するだけで素早くベストな判断を下すことができます。そんなたった1つの動作を伝授します!
その他にもここでは紹介しきれない程のテクニックがあります!

初心者を上級者に変えて、一度習得すれば、
一生体に染みつく練習法。しかも…

ご紹介した成果を上げているのは、それまで売上げ増に悩んでいた経営者達自身です。あなたも、ご自身の力で、このような成果を出していただけます。
個人で、チームで、すぐに実践できる!
このDVDは、ドリブルテクニックを習得して実戦で使えるテクニックに磨き上げるための練習法を収録しています。つまり、ノウハウを一から学ぶのではなく、DVDの練習を実践すれば、テクニックの基礎が身に付き応用展開できるわけです。あなたが指導者であっても選手であっても、この練習法を導入するだけでドリブル上達にアプローチできます。
誰にでも、簡単にできる!
この練習法はとてもシンプルで、すぐに実践していただけます。合計47種類のメニューを収録しているのも特長です。リプレイ、スローを使って何度もプレーを見直せるので、すぐに理解を深めてテクニックを盗んでいただけます。他にツールを使って簡単で効率的にドリブルを上達させるメニューがあります。ツールは簡単に用意できるものばかり。さらに今回、ツールを手に入れる手間を省けるように、特別なプレゼントもご用意。後ほど詳しくお伝えします。
しかも、パス・シュート・筋力も鍛えて練習時間を短縮できる
バスケットボールの練習はドリブルだけではありません。パス・シュート、さらには筋力トレーニングにも時間を割かなくてはいけませんが、この練習法なら、ハンドリングと筋力アップができるので、効率的な練習が可能になります。つまり、練習時間を短くして結果を出せるというわけです。
ドリブル指導が誰でもできる
この練習法を知った人は、誰でも簡単にドリブル指導ができるようになります。というのも、ドリブルの上達に何が必要なのか?がすぐに理解できるからです。すると、周りにいる選手を見たとき、その選手の上達を妨げる原因が一目で把握できます。原因がわかれば、練習法を伝えるだけ。後は、練習法が原因を取り除き、その選手に足りないものを自動的に伝授して、「言われたとおりにすれば上手くなった」と驚いてくれるはずです。

本当に必要なテクニックに集中して、
とことん精度を高めて磨き上げる練習法だから、
やればやるだけドリブルが得意になる。

一般的なドリブルプログラムは、ディフェンスを抜くことばかりに集中しているものが、ほとんどだと思います。

しかし、20年近くプロの世界で活躍を続ける岡田選手は、「ディフェンスを抜く前で勝負が決まる」ことを肌感覚で知っています。

今回ご紹介している、ドリブルテクニック習得法・2ボール練習法・間合い・コンビネーション・ツールは、そんなプロの世界で活躍するノウハウを凝縮した練習法。

結果が出なければ、即、クビになる厳しいプロの世界。無駄な練習をしている余裕はありません。

岡田選手の身長は178cm。決してプロの中では大きくない体格で、2m級の海外選手と対等、いや、それ以上に戦うためにはすぐにドリブルを上達させなくてはいけません。

そんな熾烈な環境を生き抜くために磨き上げてきたからこそ…

本物の使える練習法が生まれたのです。

無料でこの3つのプレゼントを
受け取ってください。

今、DVDをお申し込みいただいた方に、特別なプレゼントをご用意。ドリブルをさらに上達していただける特典です。

【特典その①】
自動的にハンドリングが上達してしまうアイテム

ドリブルメガネ


DVDで収録しているメニューに登場する“ドリブルメガネ”(通常価格 1,500円)を、1本プレゼント致します。

ドリブルメガネは、下側のフレームが受け皿になっています。メガネを掛けるとドリブル時に手元が見えないので、ドリブルのハンドリングを強化するアイテムとしてアメリカで広く使われています。

岡田選手も自身のトレーニングで使用し、クリニックでも多くの選手が身に付けてハンドリングを上達させています。
「ドリブルメガネの使い心地は?」
  • フレーム部分は柔らかいゴム素材なので快適にプレーできます!
  • サイズ調整できて、大人から子どもまでフィットさせてご使用いただけます!
  • 前方(手元)の視野は狭めないので周囲の状況は視認できます!
【教材返品時のお願い】
ドリブルメガネはアイテムの性質上、ご返品いただけません。万が一DVDにご満足いただけない場合、DVDのみご返品いただき、ドリブルメガネ代金(1,500円)と手数料(735円)の合計、2,235円を除いた金額をご返金します。予めご了承ください。

【特典その②】
やるべきことを明らかにして必要な練習を漏らさない

コミュニケーションチェックシート


シートは何枚も印刷できるPDFファイル形式でダウンロードいただけます!(写真はイメージです)

この“コミュニケーションチェックシート”は、ドリブルのプレー上達度をチェックして、やるべきことを明確にします。やるべきことがわかれば後はDVDの練習法を実践するだけです。

また、ドリブル上達に必要な取り組みを把握すれば、練習が不足することもありません。つまり、このチェックシートを使えば、確実にドリブルが上達するわけです。

指導者の指導チェック、選手の練習記録として、ぜひ上達にお役立てください。

このコミュニケーションシートは、すぐにプリントアウトして何度もお使いいただけるよう、PDFファイルとしてお渡しします。

【特典その③】
いつでも疑問と悩みを解消。迷いなく練習に取り組める。

岡田選手ダイレクトメールサポート


岡田選手ダイレクトメールサポート

これから、岡田選手のアドバイスを直接受けることが出来るとしたら…

あなたの指導やプレーの質を高められるでしょうか?

正しくドリブルできているのか、指導のポイントは合っているか、独りよがりの指導になっていないか、フォームが間違っていないか、こんな選手にどうやって指導すればいいか、など…

気になることをいつでも好きなときに質問できるとしたら?

今回ご紹介した練習法は、どうやってドリブルテクニックをマスターし、試合で使えるものに磨き上げて、手に吸い付くほどのドリブルでディフェンスを抜き去るのか、ということに集中しています。

でも、練習を始めてすぐの時期はピンと来ないこともあるかもしれません。

ですから、練習法を実践した後いつでも気が付いたときに、DVDの練習内容に対して岡田選手に直接ご質問いただけます。

尚、多くの方にメールサポートをお届けするため、応援メッセージなどDVDの内容以外に岡田選手から返信はできませんので、あらかじめご了承ください。

では、あなたが得られるものをまとめます。

今回のご提案は以下のとおりです。
手に吸い付くようなドリブルへの最短アプローチ「30分間ドリブルテクニック習得法」
ドリブルを上達させるには、たった3つの方法を実行するだけ。この3つの方法を実践すれば、ドリブルを上達させる感覚が見つかります。そんな一人でも簡単に取り組めるドリブルテクニック習得法を収録したDVDをお届けします。
両腕を利き腕にしてシュート・パス・筋力も引き上げる「2ボール練習法」
相手ディフェンスを抜き去れるかどうかは、両手どちらでも精度の高いドリブルテクニックを繰り出せるかどうか。イメージした通りに体を操縦して、ボールを思い通りに操るハンドリングが身に付く29種類の「2ボール練習」のやり方と指導ノウハウを収録したDVDをお届けします。
間合いとコンビネーションをチューンアップする8つの練習法
相手との距離を図って、複数のドリブルテクニックを組み合わせ、ディフェンスを抜き去る…プロが実戦でここぞという場面で繰り出すテクニックを高める実戦シーン別8つのプログラムを解説するDVDをお届けします。
ドリブルメガネ(通常価格1,500円)を無料でプレゼント
岡田選手がドリブル・ハンドリング練習で実際に使用しているドリブルメガネを無料でお届けします。このドリブルメガネによって上達のスピードが格段に上がります。
コミュニケーションチェックシート
上達度を見える化して確実かつ効率的に練習を進めていただけるコミュニケーションチェックシート。何度も印刷してお使いいただけるよう、PDFファイルをダウンロードいただく方法でお届けします。
岡田卓也選手のメールサポート
正しくDVDの練習法を実践できているか、選手タイプによってどう指導すればいいか、など…気になることをいつでも好きなときにご質問していただけます。岡田選手の直接アドバイスによって、あなたの指導やプレーの質を高めてください。
これが今回のご提案です。

岡田選手から最後に大切なメッセージ

私にはこんな夢があります。

「世界で通用する選手を育てる」

まだまだ海外と日本の実力には差があるのも事実です。

でも、海外でプレーして気づいたのは、その差は必ず埋めることができる、ということ。

そのためには、こんなことが重要だと実感しています。
  1. 自分で考え判断すること
  2. 基礎技術とバランスを大切にすること
  3. そして、バスケを楽しむこと
今回ご紹介した練習法はこれらの要素を詰め込んで凝縮したものばかりです。この練習法を実践すれば、様々な応用プレーに展開できるスキルが身に付いているはずです。

この練習法を実践した選手が、手に吸い付くようなドリブルで相手ディフェンスを抜き去る姿を見るのが今から楽しみで仕方ありません。

追伸1

大切なことなので、繰り返しお伝えします。

このドリブル上達練習法は、ボールを思い通りにコントロールするために4つの特長を持たせました。
  1. 手に吸い付くようなドリブルへの最短アプローチ“30分間ドリブルテクニック習得法”
  2. 両腕を利き腕にしてシュート・パス・筋力も引き上げる29種の“2ボール練習”
  3. 成果実証済み!“間合いとコンビネーション”の練習法
  4. ドリブル上達を加速させる3つの“ツールを使った裏技練習法”
この練習法は、個人で、チームで、すぐ簡単に実践できて、練習時間も短縮できるようプログラムしています。この練習法を実践すれば、誰でもドリブル指導ができるようになります。

追伸2

最後に大切なお知らせです。

今、お申込みいただいくと、こんな3つの特典が手に入ります。
  1. 「ドリブルメガネ(通常1,500円)」を無料でプレゼント
  2. 「コミュニケーションチェックシート」(使いまわせるPDFファイル)をプレゼント
  3. 岡田卓也メールサポート権
ぜひ、これら特典が手に入る今のうちにご連絡ください。

Q&A ご不明な点があればこちらをご覧ください

Q. 本教材“Greatest Dribble”は、他のバスケ指導教材とどのように違うのですか?
一言で言うと「ドリブル、ハンドリングを上達させる教科書」です。北米独立リーグ(ABA)で活躍し、そのドリブルが認められた岡田卓也選手解説のもと、ドリブル・ハンドリングを上達させるノウハウを収録しています。マジック・ジョンソンをはじめNBA選手らと交流した経験による、楽しみながら、ノウハウやテクニックを上達させる方法が満載です!
Q. DVDのプロのテクニックを未経験者が選手に指導できるでしょうか?
ご安心ください。あなたが細かいテクニックを指導する必要はありません。全てDVDで解説します。ドリブル上達は体をコントロールする感覚が重要ですが、感覚を指導するのはプロの指導者でも不可能です。選手自ら感覚をつかませる必要があります。本教材では、選手自身で感覚をつかめるドリルをたっぷりと収録。後はドリルを実践いただくだけです。ポイントや注意点は字幕を挿入していますので、その点をアドバイスするだけの教材に仕上げています。
Q. 運動音痴の息子がバスケ部に入部。そんな子どもでも取り組める内容ですか?
はい。どんなお子様でも取り組める練習法です。もちろん上達するには時間は必要ですが、それはどんなお子様でも同じです。この練習法を毎日実践いただくことで、ボールをさばく感覚、思い通りに体を動かす感覚が確実に身に付きます。
Q. 一人でも練習できる内容ですか?
はい。本教材は、ドリブルとハンドリングを集中的に上達させるプログラムを収録しています。チームの全体練習だけでなく、一人でも個人練習にご活用いただけます。
Q. 大学でバスケ部に所属しています。ある程度のドリブルテクニックを身に付けている上級者でも役立つ内容は収録されていますか?
確実に身に付けておくべき基礎的テクニックを上達させるプログラムのため、上級者の場合は簡単なプログラムに感じるかもしれません。しかし、ABAでプロとして活躍している岡田選手が現在も実践されているプログラムですので、トッププレーヤーを狙う選手にとってもベースとなる基礎力のチェックと強化に役立てていただける内容です。
Q. シュートテクニックは収録されていますか?
はい。シュートテクニックも収録しています。本教材は、ドリブル・ハンドリング専門ですが、ドリブルとシュートのコンビネーションドリルもご用意しています。その中で、ドリブルからどのようにレイアップシュートやジャンプシュートに持ち込んでシュートを打つか解説します。実際の試合を想定した実戦練習としても本教材をご活用いただけます。
Q. ミニバス指導者です。小学生のチームでも実践できる内容ですか?
はい。本教材は、プロの選手が行っているハイレベルな練習を、基礎から応用へと徐々にステップアップさせたプログラムです。簡単ですが重要な基礎から徐々に難易度を上げて着実に上達させる教材に仕上げているので小学生の選手でも取り組みやすく、気づけばレベルの高いドリブルテクニックが身に付いていることを実感いただけます。
Q. DVDの内容について岡田選手に質問できますか?
はい。本教材は、メールサポートをお付けしています。DVDでご紹介するプログラムを「こんな選手には、どう指導すればいいのか教えてほしい…」などお気軽にメールでご相談ください。
Greatest Dribble
  • Greatest Dribble

Greatest Dribble

17,800円(税込)

加算ポイント:178 ポイント

ポイント:利用可能

数量:

この商品は0人がお気に入りに登録しています。

この商品のレビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿する

レビューを投稿するにはログインしてください。

この商品は、次のカテゴリにも関連付けられています。

バスケ > 岡田卓也