Facebook Twitter

商品詳細

経験が浅くても子どもたちの上達を願う勉強熱心なバスケ部顧問のあなたへ もし、経験のなさが子どもを成長させると信じてくれるのであれば、子どもたちが自動的に上達し、試合でシュートが決まる練習法をお伝えしますが…これまで10,000万人以上が実践し、上達を実感ではなく確認したシシューティング専門コーチの指導法と実践的ドリルを公開します。子どもが勝手にシュートスキルを身に付けてくれるある方法をこれからお伝えします。最後までじっくりお読みください。

先生、これは最高の瞬間じゃないですか?

残り時間1秒……シュートを打った瞬間に静まり返る会場……
美しいアーチを描きリングに吸い込まれるボール…

その瞬間、ベンチと会場が歓声に沸き、子どもたちと抱き合って勝利を喜ぶ……

そんな感動を味わうためにも、シューティングスキルは必要不可欠。

でも、この手紙を読むあなたは、もしかすると

「子どものシュートスキルを上達させたい」けれど、「子どものシュートスキルを上達させられない」と考えているのかもしれません。

試合でシュートが簡単に決まらない原因は3つあります。

この3つの理由をチームで対策すれば、子どものシュートスキルが劇的に上達し、シュートがバンバン入り出すのです。

では、今からその3つの理由をご説明します。

試合でシュートが簡単に決まらない3つの理由

原因その1 シューティングフォームを再現できない



試合では正確なシューティングフォームを再現する方法が必要です。

なぜなら、シュートが決まるフォームを再現しにくい状況の連続だからです。

試合でシュートをする状況では…

・ミート
・フリーラン、オフ・ザ・ボール
・ディフェンスプレッシャーへの対応

など、様々な動きと連動してシューティングを行います。すると、フォームがブレてシュートコントロールが乱れるわけです。

そもそも、フォームが不完全な場合もあります。

バスケット経験が浅い子どもは、再現性がないため、同じ状況で同じようにシュートを打てない ということ。

シュートが入らないのは、センスがないわけではなく、

シューティングフォームを再現する方法、ブレたときに調整する方法をマスターしていないだけです。

フォームが安定しない一番の原因は、様々な試合の動きによって、体勢が崩れることでフォームがブレてしまうこと。

つまり、どんな状況でも固まったフォームで打てる方法を習得する必要があるのです。

原因その2 シューティング戦略がない


シューティング戦略を簡単に言ってしまうと、どのようなシュートを打つのか先に考えておくということです。

戦略がないと、ディフェンスの動きに対して、どのようなシュートを打つかを選択しないといけません。

すると、プレーが後手に回って動きを読まれてしまうわけです。

つまり、ディフェンスに打たされているシュートのため、試合になった途端に入らなくなってしまうのです。

先手を打ち、ディフェンスに動きを読ませず、思い通りにプレーするには、いくつものシューティング戦略が必要なのです。

原因その3 シューティング判断が遅い



試合で相手ディフェンスは簡単にシュートを打たせてくれません。シュートを止めるべく素早い動きでシュートを阻んできます。

ディフェンスが来る前にシュートをするのか?ディフェンスを交わしてからシュートするのか?

判断が一瞬遅れるだけでシュートを止められてしまいます。

誰でも判断はしますが、そのスピードがとても重要です。

試合でシュートを決めるには、相手に時間を与えない素早い判断が必要不可欠なわけです。

もし、子供達自身がシュートを
バンバン決めるテクニックを学べたら


試合でシュートが決まらない原因は…
  1. シューティングフォームを再現できない
  2. シューティング戦略がない
  3. シューティング判断が遅い

この3つの原因を解消すれば、劇的にシュートの成功率が高まるわけです。
しかし、日頃から指導されているあなたは、このように思っているかもしれません…

「問題は、原因を解決する方法を選手にどうやって指導するかなんだよ…」
「解決策を見つけるには多くの時間が必要、でも今は校務が忙しくて時間が足りない…」

こんなモヤモヤを胸に抱えたまま、今日も体育館に向かわれたかもしれません。

そこで、あなたに一つ提案があります。

もし、あなたが長い時間取って勉強の必要もなく、さらに選手たちに見せるだけで「試合中のシュート成功率」が、何倍にも跳ね上がる、シューティングドリルがあるとすれば…?

今すぐ手に入れたいと思いませんか?

実は今回、シューティング指導のスペシャリストが持つノウハウを、実践的ドリルにまとめあげたのです。
シューティング指導のスペシャリスト関谷悠介(せきやゆうすけ)写真

中学校からバスケットをはじめ、日本シュート指導の第一人者である日高哲朗氏に師事。現在は、株式会社ERUTLUC バスケットボールの家庭教師において年間300回以上の指導(2015年428回、2016年312回)にあたり、保護者からの信頼も厚い。2007年からは約5年半、千葉大学医学部男子バスケットボール部のヘッドコーチを務めている。技術指導やジュニアの育成強化事業の講師として全国を回るなどジュニア育成に貢献している。

【技術指導書籍】

・バスケットボールシュートテクニック 基礎編―自分のシュートフォームを作るためのチェックポイント(2014年ベースボール・マガジン社)技術指導
・バスケットボール実戦に役立つ「1対1」シュートテクニック(2014年 ベースボール・マガジン社)

【指導理念】

私は、バスケットボールを通じて、人に感動を与え、人と感動する事が出来る選手を育てたい

【取得免許】

・小学校教員免許
・保健体育科中学校教諭一種免許
・保健体育科高等学校教諭一種免許
・日本バスケットボール協会公認コーチ

【出演DVD】

・「シュートマジック」 ~試合で“落とさなくする”シュートの打ち方~

「シュートマジック」 ~試合で“落とさなくする”シュートの打ち方~
関谷コーチが所属するエルトラックって?


2002年に「バスケットボールの家庭教師」をスタート。出張指導、定期教室、クリニック、キャンプ、海外交流など多数実施。2007年に株式会社ERUTLUCを設立。また、「子どもの指導研究会」を発足、指導者育成のための研究会を主催。2017年1年だけで年間6,257件の指導実績を誇るバスケットボール指導の専門集団です。
「シュートマジック」 ~試合で“落とさなくする”シュートの打ち方~

【技術指導書籍】

・バスケットボールを愛する子どもたちに、バスケの楽しさ、奥深さを伝えること
・子どものスポーツの専門家として、勉強、研究を進めていく活動にすること

【監修・連載】

・「はじめてのミニバスケットボール(DVD付)」成美堂出版
・「コーチングクリニック」ベースボール・マガジン社
・「バスケットボール1人でもできるトレーニングブック」
・「ビジネス書から学ぶジュニアのコーチング」連載担当
など多数
「シュートマジック」 ~試合で“落とさなくする”シュートの打ち方~

ただのドリルではありません。
あなたに代わってコーチをするドリルです…

この実践的ドリルは関谷コーチから直接子どもたち自身で学べるよう、実際の中学女子バスケ部に協力のもとチーム練習の映像を収録しました。

実践的ドリルの映像を子どもたちに見せることで、子どもたち自らがシューティングスキルアップに取り組める構成に仕上げています。

言ってしまえば、実戦的ドリルがあなたに変わってコーチとして練習を進めてくれるわけです。

つまり、この実践的ドリルによって、あなたが手に入れる価値は……

・子どもたちのシューティングスキルが上がり、試合に勝てる
・子どもたちにとってバスケットが、より楽しいものになる
・あなたに対する子どもたちの評価が180度ガラリと変わる
・練習を効率化し、あなたの時間が2倍になる

ということ。

しかし、まじめなあなたはこのように思うかもしれません…

子どもに映像を見せるだけで
指導になるのか?

もちろん、この実践的ドリルは、あなたが子どもたちにシューティングスキルをフィードバックできるようになるプログラムです。

そして、見て学ぶことで子どもたちが自分自身にフィードバックできるプログラムでもあるわけです。


そして、フィードバックには2種類あります。
  1. 外的フィードバック:あなたから子どもに対して行うフィードバック
  2. 内的フィードバック:子どもが自分自身に行うフィードバック
まだ幼い子どもには外的フィードバックはたくさん必要です。

しかし、中学生や高校生で外的フィードバックが多いと、依存してしまい自己成長できなくなるわけです。

大きな声で怒鳴り散らして外的フィードバックをするバスケットボール経験がある指導者がいますが、外的フィードバックが多すぎて、子どもたちの成長を阻害する要因になっています。

中学生や高校生を成長させるには、自分自身で原因を探して修正させる内的フィードバックが必要不可欠です。

あなたはバスケットボール経験がないことを、短所だと思っているかもしれません。

ところが、あなたの短所が子どもたちの内的フィードバックを引き出せる長所になるわけです。

だから、迷うことなくこの実践的ドリルを子どもたちに見せてください!

ここまでお伝えしたとおり、この実践的ドリルは、あなたをシューティングコーチにするだけでなく、子どもたちが自ら成長し、試合でシュートを決めることが目的です。

その目的を達成するため、この実践的ドリルには5つの特徴があります。

それがこちらです!

Skill up Shooting drill(スキルアップシューティングドリル)の5つの魅力

魅力その1
基礎と応用、個人とチームで取り組むドリルと指導ノウハウが満載


[メリット]個人練習とチーム練習の全ての指導ポイントがわかる

練習風景写真

バスケでは個人能力とチーム連携力ふたつを高めることが重要です。個人の基礎と応用、チームでの基礎と応用をこの実践的ドリルひとつで学べます。

魅力その2
指導現場で使える練習の組み立てノウハウがたっぷり!


[メリット]全ての子どもたちへの上達アプローチ

練習風景写真

例えば、1on1では体格やスピードの異なる子どもとペアを組ませることで様々なシチュエーションを作ることができ、判断力や経験値が増します。

魅力その3
進歩を実感ではなく一瞬で把握できる体系的ドリル


[メリット]子どもの課題を明確にできるので、的を射た指導ができる

練習風景写真

例えば、個人シュート練習で練習時間と距離を見れば子どものレベルが一目でわかります。

魅力その4
段階的にレベルアップさせるドリルを満載!


[メリット]取り組むべき課題を集中的に取り組めて、上達スピードが上がる

練習風景写真

例えば、キャッチ&ショットでは、2人組でのキャッチ&ショットから、3人組でのキャッチ&ショット、さらにディフェンスのスピードアップというように、段階的にドリルの難易度を引き上げます。それによって、指導者も子どもたちもレベルを把握し、取り組むべき課題(ドリル)がより具体化します

魅力その5
チームのドリル実践シーンをみっちり収録!


[メリット]子どもたちも練習の意図や流れをしっかり理解できる

練習風景写真

例えば、3メン3ポイントというドリル。3人の子どもの動き、ボールをパス、シュート方法、サポートする子どもの役割など本来は多くの説明が必要になります。しかし実践シーンを子どもに見せて理解をさせることで細かな説明の必要はなく練習効率を上げることができるわけです。

たった90分で決まるシューティングスキルを手に入れる!
メキメキ上達する実践的ドリルを公開します

DVDパッケージ

【DVD1】
一人でできるシュートドリル
意識するだけでここまで上手くなる!シューティングスキルをグッと高める個人練習法とは?
(収録時間:40分)

0.はじめに
動画内画像

まずは関谷コーチがどういう人物なのかを知ってください。
これからどのようなステップでシュート練習をすすめていくのか、練習方法をどのように活用するかをご説明します。


1-1.シューティングフィンガーチェック(第1段階)

シューティングスキルがアップする絶対に意識すべき、あるポイントとは?


ワンハンド、ツーハンド、それぞれのシューティングで、あるポイントを意識してシュートを打つことで成功確率をグッと高めることができます。子どものレベルを一目で把握できる練習の進め方も解説します。
1-2.シューティングフィンガーチェック(第2段階)

取り組むべき課題が明確になる子どもの体に出るあるものとは?


この段階でシュート精度が落ちると、〇〇に問題があるとすぐに把握することができます。さらに子どもの構え方を見て、あるものが出ているかどうかで子どものシュート精度レベルを見抜くことができるのです。それがなければすぐに基本姿勢から見直してあげてください。
1-3.シューティングフィンガーチェック(第3段階)

シュートを打った後に〇〇できていると良いバランスでシュートが打てています!


この練習をすることで、ボールをキャッチしてから素早くシュートできるようになります。第三段階でシュートの確率が落ちる場合の原因と対策を解説します。指導者は子どもがシュートを打った後の〇〇をチェックしてあげてください。
1-4.シューティングフィンガーチェック(180度回転+シュート)

シュートを打つ前のバランスの良しあしを判断する方法とは?


第1段階、第2段階よりも実戦に近い形で、ボディバランスを保つことがむずかしい状況をつくります。シュート後のある動作を見ることで、シュートを打つ前のバランスの良しあしを判断でき、シューティングの改善点が理解できます。その方法と練習の進め方を解説します。
1-5.シューティングフィンガーチェック(360度回転+シュート)

バランスが崩れたときでもシューティング精度を落とさない方法とは?


シューティング時のバランスを鍛えながら、バランスを崩したときでもシューティング精度を落とさないための方法を解説します。
1-6.シューティングフィンガーチェック(360度回転2連続+シュート)

バランスを維持してシューティング精度を高める方法とは?


この章を締めくくる最後のドリルです。これまでの中で最もバランスを保つことが難しいドリルです。シュート精度を落とさないためにバランスを崩しにくくなる方法と練習の進め方を解説します。
2.1人台形シューティング
動画内画像

どこからでも確実にシュートを決める!指先の力の使い方が劇的に上達するドリル!

試合では同じ場所からシューティングすることはありません。常に状況が変わりシューティングの位置も変化します。距離が変化してもすぐに対応できる指先の力の感覚を身に付けるドリルを紹介します。試合の前にシュートタッチ感覚を確かめる練習にもなり、1分以内で11カ所からのシュートを決めることを目標にチャレンジしてください。
3.99ersシューティング
動画内画像

難易度の高い場所からでも高いシューティング精度を身に付けるためのるドリル!

ボードを使わず直接リングを狙わせることで、難易度の高い場所からでも高いシュートを決めるためのドリルです。クリアする制限時間を短くしたり、ゲーム形式で行ったりするなどアレンジ性が高いドリルでチーム内で楽しく競わせながらシューティングスキルを高めることができます。ドリルの進め方と指導ポイントを説明します。
4.タップ10
動画内画像

空中に浮いて最高到達点でシュートを打つ能力が身に付く上級ドリル!

このドリルの中には難易度が10段階設定されています。徐々に難易度が上がり、全てクリアしたときには、体幹が鍛えられ、空中での姿勢、バランスが身に付いています。ドリルで子どもに意識をさせるポイントと練習の進め方を説明します。
5.ひとりリバウンドシュート
動画内画像

シュート後の子どものある動きでシュートバランスの良しあしが一発でわかります!

試合ではリングまでの距離感を瞬時に把握して、その距離に応じたシューティングをしなければいけません。その能力をこのドリルで高めることができます。バンクショットを使うかどうかのスピーディーな判断力、リバウンドの予測能力を高める練習にもなり、個人でできる実践的なドリルです。指導者は子どもがシュートを打った後の〇〇を見て、良いバランスでシュートを打てているかを判断しフィードバックしてあげてください。
6.まとめ
動画内画像
個人で練習する場合に子ども自身が意識すべきポイント、良いフォームと良いアーチでシューティングするためのポイントをドリルを振り返って説明します。
 
 
 
 

その他にも、ここでは紹介しきれない程のノウハウやテクニックがあります!


【DVD2】
チームでできるシュートドリル
ディフェンスを置き去りにし、確実にシュートを決めるシューティングテクニックとは?
(収録時間:52分)

2-1.はじめに
動画内画像
ゆっくり正確にシュートを打つ練習では試合でシュートを決めることはできません。そのためにどんなことを目的として、どのような練習に取り組めば良いのかをご説明します。
 
 
 
 
2-1.二人組 クイックシューティング
動画内画像

ディフェンスが反応できないノーモーションシューティングを成功させる方法とは?

試合ではディフェンスがいる中で素早くシュートを打つ能力が必要です。そのためにはディフェンスの動きを上回るスピードで素早くノーモーションでのシューティングが成否を決めます。予備動作や反動動作を行わないために、指導者が見るべきある動作とは?指導者は子どもに何を意識させればシューティングの再現性が高まるのか?練習の進め方と指導者の見るべきポイントを解説します。
2-2.二人組 連続ジャンプ+クイックシューティング
動画内画像

シューティングスピードレベルアップのコツはこれ!

シュートを打つスピードが遅い選手もこのドリルを実践するとノーモーションの素早いシューティングする能力が高まります。ディフェンスをする子どもの取り組みも重要なドリル。素早いジャンプ動作にするためのある動作、ドリルの進め方、子どもに意識させるべき動作を解説します。
2-3.二人組 パスキャッチ&クイックシューティング
動画内画像

ディフェンスのブロックが追い付けないシューティング!

パスキャッチ後にボールを持ち替えるとシュートが遅れてディフェンスにブロックされてしまいます。持ち直さなくてもシュートが打てるようにキャッチすることが重要。これができればシュートの成功率がグッと高まります。そのために意識すべき動作、指導者がフィードバックすべきポイント、ドリルの進め方を解説します。
2-4.二人組 パスキャッチ&(クイックシューティングor ワンドリブル)
動画内画像

ディフェンスを置き去りにする判断とスピード!ドリブルからシュートのスピードが段違いに速くなるある方法とは?

キャッチ後シュートを打つのか、ドリブルをしてからシュートをするのかという判断力の速さがを確率良くシュートを決めるには重要です。このドリルではその判断力と、ドリブルからスピーディーなシューティングをするためのある方法をお伝えします。
2-5.三人組 パスキャッチ&(ワンドリブルor ツードリブル)
動画内画像

ヘルプディフェンスも置き去りにする判断とスピード!

ディフェンスを1人増やし、状況判断を高めるドリルです。このドリルができるようになれば、ヘルプディフェンスとの距離感によって技術を変える練習へとステップアップすることができ、パスキャッチからのシューティングの総仕上げと言えるドリルです。
2-6.ナバーロステップ
動画内画像

大型ディフェンスや俊敏なディフェンスも難なくかわせるシューティングスキルを伝授!

スペインのプロバスケットボーラー、ファン・カルロス・ナバーロが得意なステップを伝授。このシューティングをマスターすることでどんなディフェンスが来てもシュート確率がグッと高まります。
3-1.パワードライブ1on1
動画内画像

シュートテクニックを一瞬で選択する基準とディフェンスとの主導権争いに勝つためのポストプレーテクニックを伝授!

ディフェンスと競り合いながらレイアップシュートをするのかターンシュートを打つのか正確な判断と速さが求められます。その判断は、ある状態をもとに行うことで正確かつスピーディーに行うことができるのです。またリング下でのディフェンスとの主導権争いに勝てば得点の確率はグッと高まります。ディフェンスを後手に回すポストプレーの重要テクニックをお伝えします。
3-2.ターンショット1on1
動画内画像

シュート成功率をグイっと高めるシューティング戦略とは?

ターンショットを打つのか、ステップインするのかを判断するのに重要なのが、判断のタイミングです。いつ、どんなステップインを使えばシュートの成功確率が高くなるのかをご説明します。さらに、ディフェンスとの駆け引きで常に先手を打つための戦略を伝授。また、ターンに持ち込んだときに注意すべきはトラベリングです。トラベリングを防ぐ体の使い方もこのドリルの中で解説します。
3-3.1on1総合ドリル
動画内画像

相手ディフェンダーを抜き去り、確実にシュートを決めるドリルの総仕上げ!

高い確率でシュートを決めるために、どういったシュートに持ち込むかの判断能力と技術を高めるドリルの総仕上げです。繰り返し練習することで、ディフェンスに対しどういった状況でどのような技術を使えば良いかが身に付きます。
4.2メンシューティング
動画内画像

速攻で確実に決めるシューティングスキルを習得!

速攻から確実にシュートを決めるために重要なのが、ランニングからのパスキャッチ、ストップ、シューティングの精度を高めること。速い動きの中でのシューティングではフォームのブレが起こります。このドリルによってプレー全てのレベルを高め、ブレないフォームを作ることできます。指導者がフィードバックすべきポイント、子どもが意識すべきポイントをじっくりと解説します。
5.3メンシューティング
動画内画像

速攻から確実に3ポイントを決めるシューティングスキルを習得!

さあいよいよシューティングスキルアップの最終総仕上げです。速攻から3ポイントを決めることは、リードしている状況をさらに引き離し、残り時間わずかでも大逆転が狙える重要なプレーです。そんなシューティングスキルをこのドリルによって高めることができるのです。全国レベルの中学生は5分間で100本の3Pを決めると関谷コーチは言います。高い目標を設定してチームで取り組んでください!
6.まとめ
動画内画像

シューティングの成功率を高めるために必要な、ある考え方とは?

シュートを決めるために必要なのは基礎ですが、試合では様々なシチュエーションに応じてシューティングしなければいけません。いわば、常に応用を求められるのが試合でのシューティングです。そんな中で成功率を高めるには、ある考え方が必要です。関谷コーチから最後に最も重要なシューティング理論を伝授します!

その他にも、ここでは紹介しきれない程のノウハウやテクニックがあります!


このDVDを見終えた後…
バスケ指導に対する不安は消えている。


あなたはこんなことを手に入れたいと思いませんか?

・シューティングスキルアップと試合で再現する方法
・ディフェンスを置き去りにするシューティング戦略
・ディフェンスの先手を打つシューティングの判断方法
・成功率が劇的に高まるシューティングスキルアップ指導法
・子どもが自らシューティングスキルを高めていく練習

“Skill up Shooting drill”は、これらを余すことなく収録しました。

シューティング指導のプロが持つシュートを成功させるためのノウハウを実践することで、段階的で確実にこどものシューティングスキルアップをさせることができるわけです。

このDVDがお手元に届いたら、まずは全体をざっと流してみてください。

そして要点を確認したら、子どもたちといっしょに見ることをおすすめします。

しかし、見るだけではシューティングスキルはアップしません!

DVDを見たあとすぐに実践することで大きな成果を得られるのです。

あなたの熱い気持ちをお待ちしています。


ここまで読んでくださったあなたは、心から子どもたちの成長を願う方なのだと思います。

先日、バスケ部を卒業したある男の子と話す機会がありました。そのとき、彼は私にこう言ったのです…

「先生のおかげで上達したやつもがたくさんいます。僕たちのために一生懸命に勉強してくれた先生を見て、マジで頑張ろうと思えましたよ。」

彼の顧問もバスケットボール未経験だったそうです。

指導とは、経験ではなく正しい熱意を伝えること、

それこそが、“Skill up Shooting drill”の真の目的です。

熱意をもって正しく指導することこそ、子どもたちを劇的に成長させます。

そのために、あなたが“何をするべきか”の答えをご提案しました。

あなたが心から子どもたちの成長を願い、チームを強くしたいという熱い気持ちを心からお待ちしています。

Q&A(ご不明な点があればこちらをご覧ください。本教材に寄せられたご質問と回答をまとめました。)

Q、本教材“Skill up Shooting drill”は他のバスケ指導教材とどのように違うのですか?
本教材の特徴は、シューティングスキルの指導に特化した教材です。バスケ指導の専門家集団の中でもシューティング指導を専門とする関谷コーチが、シューティングスキルアップに必要な練習方法、指導方法を解説します。また本教材は、技術解説に留まらず、選手が教材を見て練習内容、目的、意図、練習の流れを理解できる構成を採用しています。指導者が細かく指示をしなくてもすぐに実践できるプログラムに仕上げていますので、他の教材に比べて指導効率が格段に上がる教材となっています。
Q、【中学バスケ部女性顧問】バスケット未経験で顧問を任されました。そんな私でも子どもたちを指導できるノウハウが身に付きますか?
はい。もちろんです。本教材はバスケット経験が浅い指導者が選手をシューティングコーチにすることをコンセプトに企画開発しました。どのように基本プレーを指導して身に付けさせるのか?そして、基本プレーを試合でどのように発揮させるのか?を関谷コーチが持つノウハウを余すことなく収録しています。ぜひ本教材をご活用いただきシューティングコーチになってください。
Q、【高校バスケ部男性顧問】バスケットの経験はありますが、指導方法に悩んでいます。バスケット経験者の指導教材として活用できますか?
はい。経験があってもどのように指導すれば伝わるのかと悩まれている方はたくさんいます。バスケ指導のプロフェッショナルである関谷コーチが、指導する際の見るべきポイント、選手へのフィードバックポイントを全ドリルにわたって説明致しますので、ご指導にご活用ください。
Q、【小学生保護者】小学生の子どもが見ても理解して実践できる内容ですか?
はい。関谷コーチは多くの小学生指導実績がありとてもわかりやすく説明をしてくれます。小学生のお子様が見てもすぐに理解いただける内容となっています。ご注意いただきたい点もございます。DISC1は1人で実践できる練習ドリルで、DISC2は2人または3人で行うドリルを収録しています。DISC2のドリルをご自宅で実践される際は、保護者の方が練習に協力してあげて頂ければと思います。そうすればドリルの内容をより効果的にご活用いただけます。
Q、【高校バスケ部男性顧問】フォーメーションや戦術は収録されていまか?
申し訳ございません。本教材は、シューティングスキルアップに特化した指導教材のため、フォーメーションや戦術は収録しておりません。弊社では他にバスケットボールの戦術やフォーメーションを収録した教材がございますので、大変お手数ですが下記ページにてご確認ください。

弊社バスケットボール教材の専用ページ: http://www.real-style.co.jp/basketball/

追伸

最後までお読みいただきありがとうございます。

本教材「Skill up Shooting drill」は、バスケットボール指導ERUTLUCのシューティング専門コーチの関谷悠介コーチによる、シューティングスキルアップの指導法を解説します。

本教材で指導法を学ぶことで…

  1. シューティングスキルアップの全ての指導ポイントがわかる
  2. 全ての子どもたちへ上達アプローチが実現
  3. 子どもの課題を明確にできるので、的を射た指導ができる
  4. 取り組むべき課題を集中的に取り組めて、上達スピードが上がる
  5. 子どもたち自身も練習の意図や流れをしっかり理解できる

高いシューティング指導ノウハウと効率の良いチーム練習が実現できます。
スキルアップシューティングドリル
  • スキルアップシューティングドリル

スキルアップシューティングドリル

12,800円(税込)

加算ポイント:128 ポイント

ポイント:利用可能

数量:

この商品は0人がお気に入りに登録しています。

Facebook Twitter

この商品のレビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿する

レビューを投稿するにはログインしてください。

この商品は、次のカテゴリにも関連付けられています。

バスケ > 関谷悠介