Facebook Twitter

商品詳細



こんにちは、お父さんのための野球教室の桜井です。

今回のご案内は、野球をがんばるお子さんを「本気でサポートしたい!」とお考えの、 お父さん、お母さんに限定させていただきます。

一生懸命にがんばるお子さんに応援をするために、
いま、あなたにできることはなにでしょうか?


少年野球は、大切なことをたくさん学べます。

挨拶や礼儀はもちろん、集団で行動することや、目標に向かって努力することなど、 大きく成長してからも役立つことばかりです。

少年野球ほど、親子で一つのことに夢中になれるものはないでしょう。

もしかすると、お子さんが野球チームに入団したときには、多少の不安もあったかもしれません。

でも、きっと嬉しい気持ちの方が大きかったことでしょう。

朝早くから泥まみれになってがんばるわが子のために、何か手助けできないかと、 専門書を読んでみたり、ネットで勉強したり、さまざまな努力をされていると思います。

たまの休日は、一緒にバッティングセンターに行ったり、キャッチボールをしたり、 お父さん、お母さんの支えがあるからこそ、お子さんは野球に夢中になれるのです。

お子さんとの接し方は、家庭環境などによりそれぞれだと思いますが、 私たちに共通するのは、

  • もっと野球を好きになって欲しい
  • レギュラーを勝ち取って欲しい
  • 試合で活躍して欲しい
  • 親子で一つになってがんばりたい
  • 野球を通じて、人間的にも大きく成長して欲しい
  • 監督、チームメイトから信頼される選手になって欲しい
などの思いではないでしょうか。

楽しく取り組んでくれるのが一番ですが、野球は競争の世界です。

例え、同じ時期にチームに入り、同じ指導者から教えられたとしても、 上手くなるスピードは違いますし、ほかの選手と比べられることもあるでしょう。

まわりの選手よりも体が小さければ、不利に感じるかもこともあるかもしれません。

一生懸命に練習しているにもかかわらず、なかなか上手くならないお子さんの姿を見て、「どうすればいいのか…」と頭を悩ませている方もたくさんいます。

お子さんの喜びは、お父さん、お母さんの喜びそのものです。

「もっと、上手くさせたい!」
「レギュラーを勝ち取って、活躍して欲しい!」


あなたの気持ちは、よくわかります。

できることなら、試合でミスをして落ちこむ姿や、 目の前で選手交代をさせられる姿は見たくありませんよね。

見たいのは、試合で活躍し、嬉しそうに今日の試合のことを話すお子さんの姿でしょう。

もし、あなたが、

「一生懸命にがんばる子どもをサポートするには、どうすればいいのか?」
「もっと上手くなって、試合で活躍させるいい方法はないか?」


このように悩んでいるのなら、いまから大切なことをお伝えします。

あっという間に上手くなる選手と、
なかなか上手くならない選手の違いとは…?


あなたは、同じ環境、同じ指導者のもと、メキメキと上手くなる選手と、 なかなか上手くならない選手の差は、どのように生まれると思いますか?

「センスがないから…。」
「運動オンチだから…。」


など、一生懸命にがんばっているのに、なかなか上手くなれない選手たちは、 まるで生まれつき才能がないかのように言われてきました。

確かに「運動センスがある」と言われる選手は、同じことを教えられても、 すこし練習するだけで、まわりの選手たちよりもぐんぐん上手くなっていきます。

一方で、「運動センスがない」と言われる選手は、 同じように練習しても、なかなか上達を実感できません。

「同じことをさせてダメなんだから、もって生まれた才能の差だろう。」

と考えがちですが、実はそうではありません。

「運動センス」は、スポーツが苦手なお子さんでも、 少しのトレーニングで、かんたんに養うことができる能力です。

「本当に…?!」
「でも、どうやって…?」


と思われたのなら、ここからが、面白い話になります。

運動センスの正体とは?


一般的に「運動センス」と言われるものの正体は、「野球の技術」のことではなく、 運動をするための「基本的な体の動かし方」です。

一言でご説明すると、「上達するための土台」になります。

驚かれるかもしれませんが、これは、もって生まれた能力ではありません。

誰でも少しの努力で身につけることのできる能力なのです。

上達する土台が、まだしっかり固まっていないのであれば、 その上に技術を積み重ねようとしても、無理があるのはご想像のとおりです。

  • 投げ方がおかしい
  • 走るのがおそい
  • ボールがキャッチできない
  • 空振りばかりしてしまう
など、教えられたとおりに体が動かせないのは、当たり前のことなのです。

まだ、「体を動かす」という土台ができていないのですから。

しかし、ひとたび「基本的な体の動かし方」を覚えてしまえば、教えられた技術をスッと習得できるようになり、見違えるように野球が上手くなります。

さらに、体を無理に動かさなくなるため、怪我をする心配も少なくなります。

やはり、怪我や故障の心配なく練習して欲しいですよね。

あなたも、かんたんな体の動かし方を覚えるだけで、 ぐんぐん上手くなるお子さんの姿を想像すると、何だかワクワクしてきませんか?

とは言え、一体どうすれば運動センスを身につけることができるのか?

では、いまから、もって生まれた才能と思われていた、 「運動センス」を身につける方法をご紹介しましょう。

運動センスを身につける方法


結論からお伝えします。

お子さんが、運動センスを身につけ、思いどおりに体を動かせるようになる方法。

それは、「筋肉が弾む感覚」を覚えることです。

どういうことなのか、くわしくご説明しましょう。

「投げる」、「打つ」、「走る」など、野球におけるすべての動作は、筋肉をゴムのように曲げたり、捻ったりして、その反動を活かして、体を「バネ」のように動かしています。

例えば、「投げる」動作で考えてみましょう。

筋肉の弾む感覚が掴めると、投げる動作に「しなり」が生まれます。

しかし、筋肉を縮めるだけでは、どうしても「腕の力」だけでしか投げられません。

スローイングなら「手投げ」、 バッティングなら「手打ち」の選手に見られる体の動かし方です。

バネのようにしなやかに動けるようになるには、 体を揺り動かし、「筋肉が弾む感覚」を身につけることが大切です。



この「筋肉が弾む感覚」を覚えると「運動センス=運動の基本」が身につき、上手い選手の運動感覚とおなじ、「バネ」のようなしなやかな運動感覚が覚えられます。

「投げる」動作は、しなやかに弾むように、 「打つ」動作は、インパクトの瞬間に最大の力をバットに伝えられるようになります。

無理なく体を動かせるので、怪我や故障のリスクも少なくなるでしょう。

「運動センスがある」、「スポーツ万能」と言われる選手は、 誰に教えられるわけでもなく、自然にこの動作ができています。

少年野球の指導者の多くも、自然に「筋肉が弾む感覚」で運動ができる方です。

ですので、上手くできない選手が「なぜ、上手くできないのか?」がわからないのです。

そのため、選手にわかりやすい言葉で教えてあげることができず、

「もっと、練習しろ!」

という指導をしてしまうのです。

その結果、指導者は、いくら教えても選手が上手くならないことに悩み、 選手は、教わってもなかなか上手くなれないことに悩んでしまいます。

でも、これは、教える側も教わる側も、一生懸命にお互いを理解しようとした結果ですので、一方が悪い、一方に責任があるというわけではありません。

「体を動かす基本的な仕組み」を理解することで、かんたんに解決できます。

そして、この「運動センス = 筋肉が弾む感覚」という体の法則に従って、 運動センスをかんたんに身につけるために開発された画期的なトレーニングがあります。

それが、「バネトレ」です。

これまで、運動センスがないからと、 野球を続けることをあきらめてしまった子どもたちがたくさんいます。

そんな子どもたちを助けたい一心で、 この画期的なトレーニングを考案されたのが、運動分析の専門家である池上信三先生です。

スポーツ動作分析専門家/プライマリーモーション指導者協会会長/運動能力開発トレーナー/レベルアップスポーツ株式会社代表取締役

池上信三(いけがみしんぞう)

「運動能力を上げるのでなく、運動センスを上げる」 をテーマに「ゴム筋肉・バネ動作」のプライマリーモーションを考案。 筋肉をゴムのように使い、体をバネのように動かすことで、あらゆる運動のパフォーマンスアップを図る独自の運動理論を提唱。 現在、神宮外苑のレベルアップスポーツで、スポーツの種目に関わらず、初心者からプロまでの動作指導を行っている。

【著書】


「体育が嫌いな君たちへ」 ゴルフダイジェスト社
「筋肉を高反発ゴムに変える」 健康ジャーナル社

1日たった7分のトレーニングで、お子さんを「スポーツ万能」の運動感覚に変える、「バネトレ」を一般公開いたします!


今回ご紹介する「バネトレ」は、 お子さんに「運動センス」を身につけさせるトレーニング方法です。

いままで、

「うちの子は、センスがないから…」
「運動オンチだから、上手くならないのは仕方がない…」


とあきらめていた方も、もう心配することはありません。

バネトレは、野球の基礎術を覚える前の「さらに基礎」を正しく学ぶトレーニングです。

一度、スポーツ万能の運動感覚を覚えてしまえば、 例え、これまでと同じ野球の練習でも、見違えるように上手くなることができます。

実践にはもちろん、お子さんの体の大きさ、筋力などは一切関係ありません。

DVDは、池上先生が、実際にモデルの方に教えている風景を収録していますので、 お子さん一人で取り組むことも可能です。

でも、お父さん、お母さんが一緒になって取り組んでいただける方が、 きっと、何倍もお子さんの支えになることでしょう。

ぜひ、DVDをお子さんと一緒にご覧になってください。

では、具体的にどのようなトレーニングが収録されているのか?

DVDに収録されている内容の一部をご紹介すると…

しなやかなバネ動作で、グングン野球が上手くなる!
~「運動センス」を身につけるトレーニングを公開!~


まずは、バネの動きを知ろう!
~「スポーツ万能」になる前に知っておこう!~


お子さんの運動感覚を激変させる、バネトレ「7つの特徴」とは…?
なぜ、バネトレはお子さんの運動感覚を激変させてしまうのか?その理由は、バネトレだけがもつ「7つの特徴」にありました。
見違えるように野球が上手くなる「土台」を作る、かんたんな方法とは…?
お子さんに「上達の土台」さえできてしまえば、今までと同じ練習メニューでもぐんぐん吸収して上手くなっていきます。
形だけを真似しても、上手くなれない本当の理由とは…?
上手い選手の形だけを真似しても、「なぜ、その形でプレーするのか?」理由がわかっていないと、同じようなプレーはできません。ここで、しっかり押さえておきましょう。
たった「3ステップ」で、運動センスを身につける方法
3ステップのシンプルな方法で、バネを活かしたしなやかな動作感覚に変わります。
怪我をしにくい体に変わる!「弾力のある筋肉」を身につける方法とは…?
怪我をしやすい動作との違いをご説明します。バネトレには、無理な筋力トレーニングは不要です。自然な動きのなかで、弾力のある筋肉に変えていきましょう。
なぜ、バネ動作を覚えるだけで、かんたんにスローイング精度がアップするのか…?
ボールのコントロールがバラバラでも心配ありません。「形を止め、揺り動かす」という体の動きを覚えると、体のブレが少なくなり、劇的に投球精度がよくなります。
トレーニングの強度を変え、さらに効果を高める方法
バネトレは、自由自在にトレーニングの強度を変えることができます。お子さんのレベルに合わせて、最適な強度でトレーニングをする方法をくわしくご説明します。
上手くなる選手と、上手くならない選手の「体の使い方」の違いとは…?
ぐんぐん上手くなるには、上手い選手の運動感覚を知ることが大切です。理解するだけで、体の使い方が変わる、とても重要なポイントです。

野球の動作をもっとカンタンに!
~「打つ」、「投げる」動作のいちばん基本を覚えよう!~


「最初は、この動作から!」バットを握る前に覚えたい体の使い方とは…?
バットを握って打つ練習をする前に、かんたんなバネ動作の感覚を覚えましょう。筋肉が弾む感覚を覚えるだけで、バットを握ったときの上達スピードがグンとアップします。
かんたんに「打つ動作」を覚えるための「3つの注意点」とは…?
ここで説明する「3つの注意点」をしっかり確認しながら、体を動かしていきましょう。ピッチャー側から見たときに「どう動いているか」もあわせてチェックします。
あっという間にバッティングが安定する、「強い軸」を身につける方法
バットを振るときに、体がぶれてしまうのを修正する方法をご紹介します。特徴的な「腕の構え方」がポイントになります。じっくりと取り組んでください。
「腰の回転」で、お子さんのバッティングを激変させる方法
このトレーニングで、股関節の使い方を覚えてください。「よい例」と「わるい例」の両方をくわしくご説明しますので、正しい形を意識しながら練習しましょう。
「よい体の使い方ができているか?」をかんたんにチェックする方法
打つ基本となる動作が、正しく身につけられているかどうか、かんたんにチェックできる方法があります。練習のあとには、必ずチェックしてくださいね。
インパクトの瞬間にパワーを爆発させる「トップ」の作り方とは…?
実際にバットを構えて練習してみましょう。ここでは、「トップの位置」と「脇の形」がポイントになります。
小さな体でも、大きなパワーが生み出せる「体重移動」の秘訣とは…?
コツが掴めると、すぐに体が回転する感覚を感じ取れるようになります。「よい例」と「わるい例」の両方から、くわしくご説明します。
ボールを握る前に知っておきたい!バネ動作で「投げる」体の使い方とは…?
投球動作は、上半身と下半身の動きが複雑にからみ合っていますので、わかりやすく分解して教えてあげることが大切です。このトレーニングで、「投げる」動作の基本となる動きを覚えてください。しなやかなバネの動きが身につきます。
筋肉をバネのように反動させて、かんたんに速いボールを投げる方法
ポイントは、上半身と下半身をしっかりと繋げることです。この練習で、しなやかで流れるような投球動作が身につきます。
「投げる」動作をかんたんにレベルアップさせる「3つのポイント」とは…?
投げる動作を分解し、「3つのポイント」に注意しながら覚えていきます。「トップの作り方」、「体重移動と腰の回転」、「上半身と下半身の使い方」、順を追って見ていきましょう。

バネの動きを身につけよう!
~「運動センス」を身につけるトレーニングを公開!~


かんたんに運動センスが身につけられる!「3大バネトレ」とは…?
お子さんと一緒に楽しみながらできる、バネトレの基本を「3種類」ご紹介します。「よい例」と「わるい例」の違いに気をつけながら、正しい方法で取り組んでください。
運動センスが身につく「ジャンプ」の秘密とは…?
バネトレの基本は、ジャンプの感覚を覚えることです。お子さんが「正しく練習できているか?」を、かんたんにチェックできるポイントをくわしくご説明します。
お子さんのレベルに合わせて、運動強度を変える方法とは…?
力の入れ具合で、かんたんに運動強度をコントロールできます。テンポに変化をつけながら、お子さんに適したレベルでトレーニングしてください。
「手投げ」を卒業させる、かんたんでユニークな練習とは…?
「うちわ」の動きを真似するだけで、かんたんに投球動作が覚えられます。脱力させた股関節が動作のポイントですので、しっかりチェックしてあげてください。
即効!弾む筋肉で、バッティングを激変させる2つのバネトレとは…?
さらに実際の「打つ動き」に近づけたバネトレを「2種類」ご紹介します。この動作感覚が掴めると、かんたんに打つ動作がレベルアップできます。
即効!しなやかなバネ動作で、スローイングを激変させる2つのバネトレとは…?
実戦に近いスローイングが動作かんたんに覚えられるバネトレを「2種類」ご紹介します。下半身の使い方に注意しましょう。
体幹を鍛えて、安定した「軸」を手に入れる方法とは…?
少し負荷の高いトレーニングになりますが、バネトレに慣れてきたら、こちらにもチャレンジしてください。
さらに高い「運動センス」を身につける、2つのバネトレを公開します!
バネトレの基本が覚えられたら、こちらにチャレンジしてみましょう。さらにレベルアップできるバネトレをご紹介します。
※ご紹介したのは、DVDに収録されている内容のほんの一部です。

いかがでしょうか。

かんたんなトレーニングで、スポーツ万能な選手の運動感覚を覚えることができ、 バネのようにしなやかに体が動かせるようになります。

例え、これまでと同じ野球の練習メニューでも、見違えるようなスピードで吸収し、 ぐんぐん上達できることは間違いありません。

スポーツ経験がなくても簡単に取り組めますので、お子さんと一緒にトレーニングするのもオススメです。

「バネトレ」を実践することで、

  • 打つ、投げる動作が、強くしなやかになる!
  • 教えられた技術をぐんぐん吸収できるようになる!
  • レギュラーを勝ち取れる!
  • 試合で活躍できるようになる!
  • 監督、チームメイトからの厚い信頼を得られる!
  • 体の使い方のわるい癖がなおる!
  • ケガや故障の心配がなくなる!
  • はやい段階でお子さんの才能が目覚める!
  • お子さんの試合を見に行くのが、もっと楽しみになる!
などなど、いまよりもっと野球が楽しくなることは間違いありません。

さらに今回は、特別なプレゼントをご用意しています。

DVDご購入者限定で、
「豪華2大特典」をプレゼント!


特典1メールサポート


「もしかすると、DVDを見てわからないことがあるかもしれない…。」

もし、このように思われたとしても、ご安心ください。

DVDご購入者さまへの特典として、「メールサポート」をお付けいたします。

わからないことや相談などがあれば、池上先生からアドバイスがもらえます。

期限や回数などに制限はありませんので、お気軽にメールでご相談ください。

お子さんが「運動センス」を身につけられるよう、ぜひご活用ください。

特典2特典映像
(池上先生と一緒にバネトレをしよう!)


特典映像では、実際に池上先生が「バネトレ」を連続して、 ひと通りデモンストレーションしている様子を収録しています。

バネの動作が覚えられたら、映像にあわせて一緒にバネトレをやってみましょう。

トレーニングのなかで「自己流」の動きになってしまわないよう、 大事なポイントをしっかりチェックしながら進めてくださいね。

Q&A(誰でも取り組める内容ですか…?)

Q、体の小さい子どもや、筋力の弱い子どもでも大丈夫でしょうか…?
もちろん大丈夫です。バネトレを実践するのに、体の大きさや力の強さは関係ありません。すでにたくさんの野球少年たちがバネトレを実践していますが、ほとんどの子どもたちがすぐに野球が上手くなることを実感しています
Q、大人が取り組んで効果のある内容ですか…?
もちろんです。バネトレは子どもだけではなく、草野球を楽しむ大人であっても充分にその効果を実感できるものです。実際に、このDVDの撮影に立ち会った社会人野球経験者から、撮影後、「動きが変わりました!」と感想をいただきました。
Q、教えられたことは、すぐに取り組むことができますか…?
もちろんすぐに取り組めます。このDVDに収録されている内容を実践するのに、たくさんの時間は必要ありません。必要なのは「いますぐやろう!」と思う気持ちだけです。
「バネトレ」 ~野球センスを向上させる方法~
  • 「バネトレ」 ~野球センスを向上させる方法~

「バネトレ」 ~野球センスを向上させる方法~

17,800円(税込)

加算ポイント:178 ポイント

ポイント:利用可能

数量:

この商品は1人がお気に入りに登録しています。

Facebook Twitter

この商品のレビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿する

レビューを投稿するにはログインしてください。

この商品を買った人は、こんな商品も買っています

ビーレジェンド ジュニアプロテイン すくすくチョコ風味【500g】

ビーレジェンド ジュニアプロテイン すくすくチョコ風味【500g】

お子様の成長に必須な成分を豊富に配合したジュニア向けプロテイン

1,980円

タンパク質やカルシウム等、お子様の成長に必須な成分を配合。お子様の健やかな成長をサポートします!

カートに入れる
ビーレジェンド プロテイン 激うまチョコ風味【1kg】(WPC)

ビーレジェンド プロテイン 激うまチョコ風味【1kg】(WPC)

高品質で飲みやすく、それでいて低価格を実現したビーレジェンドプロテイン

3,100円

ビーレジェンドの違いが分かる!とにかく激うまなフレーバー!

この商品は、次のカテゴリにも関連付けられています。

野球 > 池上信三