商品詳細

これを知らずにトレーニングをさせるのはやめてください!トレーニングを頑張ったぶんだけ、確実に球速をアップできる方法を教えます。

なぜ、10キロ以上の劇的な球速アップが可能なのか?


それは、ピッチング動作解析のスペシャリストである川村監督が、人間の体の構造をベースに、球速をアップさせることだけを目的に開発した特別なトレーニングだから。

たとえば、一般的なウエイトトレーニングを考えてみてください。

筋肉を大きくする効果はありますが、それは、必ずしもピッチングに必要な筋肉だけを鍛えることにはなりません。余計な筋肉まで肥大させた結果、逆に球速が落ちるという話もよく聞きます。

これでは、せっかくのトレーニングもムダになってしまいますよね。

川村監督の教える球速アップトレーニングは、

  • ピッチングに必要な筋肉だけを効果的に鍛えられる
  • 下半身で生み出したパワーを上半身にムダなく伝える動作が身につく
  • ケガや故障のリスクが少なく、安全にトレーニングできる
など、一般的なトレーニングにはないメリットがたくさんあります。

では、具体的にどんなトレーニングなのか?
少しだけご紹介しましょう。

球速アップのための「ランジ」


下半身を鍛える効果的なトレーニング種目である、「ランジ」。

とてもポピュラーな種目ですが、ただ普通にやっていたのでは、球速アップにつながりません。
実は、球速アップを目的としたランジには、ちょっとしたコツがいるのです。


“ポピュラーな種目のランジですが、どうすれば効果的になるのでしょうか?”


まず、意識しなくてはならないのが、足を前に出したときにピタっと止まること。よくグラグラと体が不安定になる選手がいますが、それはNGです。

ちょっとした違いに感じるかもしれませんが、この姿勢が取れないと、どんなトレーニングをしてもたいした効果は得られません。

なぜなら、球速をアップさせるには、下半身で生み出したパワーを上半身に伝えることが大切になるから。片足を前に出したときのバランスが悪いと、下半身で生み出したパワーを上手く上半身に伝えることができないのです。

また、ランジのときに腕でバランスを取ろうとする選手もよく見かけますが、これもNG。

なぜなら、ピッチングは、速く腕を振ることが大切になりますが、ランジのときに腕でバランスを取る選手は、バランスを取るために腕を使ってしまい、速く振ることができないから。

腕は、速く使える楽な姿勢のまま、片足のバランスを取れることが重要なのです。

ポピュラーな種目のランジでさえ、球速アップのためのトレーニングとしておこなうには、これだけのポイントを押さえないといけません。

これを知っているか、どうか


今、ご紹介したのは、「球速アップのためのランジのやり方」です。普通にランジをやる場合とは、意識すべきポイントが変わることがお分かりいただけたと思います。

他にもたくさんのトレーニングがありますが、ピッチングにつなげるためには、 「どうすれば効果的なのか?」、その方法を知っているかどうかが大切になります。

もし、これを知らずにトレーニングをしたら、どうなるでしょう?

せっかく時間をかけて頑張ったとしても、たいした効果は得られません。
「ただ、キツいだけ」、「ただ、疲れるだけ」で、
お子さんが努力したぶんの成果は得られないのです。


これって、スゴくもったいないと思いませんか?

トレーニングのコツと、最適な種目を知ってさえいれば、
お子さんはトレーニングを頑張ったぶんだけ、
どんどん球速をアップできるのですから。


もし、ここであなたが、

「でも、具体的にどんなトレーニングをすればいいのか?」
「どんな点に注意すれば、ピッチングにつながるトレーニングになるのか?」


と思われたとしたら?

ここからの話は大切になります。

川村監督に教えてもらった、
「球速アップトレーニング」を、
特別に公開いたします!


今回、川村監督に教えてもらった、「23種目の球速アップトレーニング」は、
  • もっと球速をアップさせたい
  • 安全で、効果の高いトレーニングを知りたい
  • お子さんの上達のサポートをしてあげたい
など、こう思われている人のためのものです。

もし、あなたが、本気でお子さんの球速をアップさせたいと思うなら、迷うことなく、今回のトレーニングを教えてあげてください。

そうすれば、あなたも、

  • 劇的に球速をアップできる
  • 速いボールを武器に、たくさんの三振を奪える
  • 美しく、理想的なピッチングフォームが身につく
  • チームメイトや監督から頼られる選手になれる
  • まわりの選手の中で、一番速いボールが投げられるようになる
  • ケガや故障の心配がなくなる
  • 夢のプロ野球選手に近づける
など、たくさんのメリットを手にすることができます。

では、DVDには、具体的にどんな内容が収録されているのか?

収録内容の一部をご紹介しましょう…

球速アップトレーニング(収録時間 Disc1:51分 Disc2:52分)

爆発的なパワーを生みだす下半身と
しなやかな上半身の動きを作る方法


トレーニングの前に知っておくべき、「球速アップ理論」
速いボールを投げられるようになるには、どうすればいいのか?まずは、ここでご説明する体の仕組みを理解することが大切になります。高いトレーニング効果を得るためにも、必ず知っておいてください。
ヒザを高く上げたピッチングフォームを習得する方法
ヒザを高く上げられるようになると、股関節のパワーを使って速いボールを投げられるようになります。ここでは、腰よりも高い位置に足を上げられるようになる方法をお伝えします。
ピッチングに繋がるサイドステップのやり方
実は、ピッチングに効果のあるサイドステップをするには、ちょっとコツが必要なんです。骨盤と背中の形に注意しながらやってみてください。
球速アップに効果的なランジのやり方
ランジもポピュラーな種目ですが、ピッチングに繋げるには、いくつかのポイントがあります。どうすれば効果的なランジができるのか?くわしくご説明します。
投球時の安定感をアップさせるトレーニング
ピッチング動作は、片足から片足への体重移動をおこなうため体のバランスを崩しやすくなります。そんなときはこのトレーニングで、抜群の安定感を養ってください。
上半身へ伝達するパワーを大きくする方法
速いボールを投げるには、下半身で作り出したパワーをロスさせることなく上半身へ伝達することが大切です。このトレーニングをおこなうことで、上半身へ伝えるパワーを大きくできます。
コンパクトな腰の回転を身につけるトレーニング
体の回転も、速いボールを投げるために欠かせないポイントです。このトレーニングをすることで、体全体のしなりと回転をピッチングに活かせるようになります。
体を前に押し出していく力を鍛えるトレーニング
グイッと前に押し出すような体の使い方を身につけるには、このトレーニングが一番です。鍛えるのが難しい体の奥にある腹筋を効率良く鍛えられます
タメの状態でバランスが崩れるのを防ぐには?
「エイミングホップ」と呼ばれる、このトレーニングがオススメです。タメの状態でのバランスが安定することで、投球時の安定感も良くなります。
下半身トレーニングの最終目標、「ピッチングランジ」とは?
ここまでご紹介した下半身トレーニングは、全てこの種目をできるようになるためと言っても大げさではありません。このトレーニングをおこなうことで、どんどん球速をアップできます
上半身のトレーニングにおけるポイントと注意点
球速アップに繋がる上半身のトレーニングは、どんな点に注意しながらおこなえばいいのか?ここでご説明することは、トレーニングに取り組む前に必ず知っておいてください。
指導者が知っておくべき、上半身と肩の構造
トレーニング効果を最大限に得るためにも、体の仕組みを理解することは欠かせません。ここでは、上半身と肩の構造をわかりやすくご説明します。
胸郭の可動性を活かして、速いボールを投げる方法
下半身で生み出したパワーを上半身に伝えるときにポイントとなるのが、胸郭です。このトレーニングで胸郭の可動域を広げることで、さらに速いボールを投げられるようになります。
肩の安定性を作るトレーニング
肩の安定性を高めることは、そのまま球速アップに直結します。では、どうすれば肩の安定性を作れるのか?ここで、くわしくご説明します
球速をアップさせる指の使い方を覚えるドリル
球速の速いピッチャーは、ボールのリリースをどうしているのか?このドリルをおこなうことで、上手なピッチャーの指の使い方が身につけられます。
※ご紹介したのは、DVDに収録されている内容のほんの一部です。

DVD実践者の声

匿名希望
指導歴:5年、お子様の学年【中学1年生】


・息子は小学生の時にはピッチャーを本格的にやっていませんでしたが、シニアでピッチャーに挑戦しています。ライバルが非常に多い中、今回のDVDは息子のピッチングフォーム安定に大いに貢献する内容と確信しています。

・ボールの放し方(切り方)を改善するトレーニングは即効性がありました。息子のボールの質が明らかに変わりました。

・足を上げる高さとスピードには相関が無いという発想は私にはありませんでした。これから実践して確認しようと思います。

・グローブ側の手を引くトレーニングはこれから取り入れるつもりですが、このようなトレーニングの存在は存じ上げませんでした。 効果をとても期待しています。

白滝 聡様
指導歴:工学院大学附属高校野球部元監督 15年
プレー歴:工学院大学附属高校→日本体育大学 内野手としてプレー


・投球動作における内転筋・股関節の重要性、肩の可動性、上肢と下肢の連動性。また、それら以前に、立ち方、歩き方、走り方と言った基本動作の重要性とそのトレーニング方法を学べる、投手づくりの教科書と言えるDVDです。

・DVD内容で一番印象に残ったのは、シャドーピッチング。グラブ目掛けてタオルを当てることによって、フォームづくりだけでなく、制球を付けていくための実践的シャドーピッチングなる 。

・ぜひ、中高生の投手や指導者には視聴してもらいです。レベルアップを図ることももちろんですが、ケガ防止しに繋げ、野球生命をながくし、更なるステージでの成長・活躍を期待したいと思います。

匿名希望
指導歴:2年、お子様の学年と年齢【小4年生 9歳】


このDVDで、参考になったのは、コントロール向上の為に、再現性を高くするという所です。それを実現する為には、「何をどの位、どの様になるまですればいいのか?」その答えが明確に分かる内容でした。また、下半身のバランスが悪いと、上半身に力が入り腕が振れなくなると、論理立てて説明が成されているので、野球経験のない私でも良く理解できる内容となっており、とても勉強になりました。全編を通して印象に残ったのは、目的ごとのドリルが紹介されており、すぐに試してみたいものばかりです。やはり上達には、目的に合わせてた反復練習が必要であり、球速アップには効果的なトレーニングを継続できるかが重要であると再確認できました。ただ、地道なトレーニングを続けるには、これを続ければ上達するという信念が必要です。論理が明確なこのDVDを見れば、その信念を確かに持つことができます。気づきとしては、球速アップは1日2日で出来るような魔法はないと実感できた事です。ただ、その最短距離の努力の道しるべとして、紹介されているドリルを、子供たちに実践させていきたいと思いました。
いかがでしょうか。

このDVDには、お子さんの球速をさらにアップさせる効果的なトレーニングが、川村監督のわかりやすい解説とともに、ぎっしりと収録されています。

大事なことなのでくり返しますが、あなたも、この練習を取り入れることで、

  • 劇的に球速をアップできる
  • 速いボールを武器に、たくさんの三振を奪える
  • 美しく、理想的なピッチングフォームが身につく
  • チームメイトや監督から頼られる選手になれる
  • まわりの選手の中で、一番速いボールが投げられるようになる
  • ケガや故障の心配がなくなる
  • 夢のプロ野球選手に近づける
など、たくさんのメリットを手に入れることができます。

三振の山を築く「剛速球投手育成法」~球速アップトレーニングプログラム~
  • 三振の山を築く「剛速球投手育成法」~球速アップトレーニングプログラム~

三振の山を築く「剛速球投手育成法」~球速アップトレーニングプログラム~

17,980円(税込)

加算ポイント:179 ポイント

ポイント:利用可能

数量:

この商品は0人がお気に入りに登録しています。

この商品のレビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿する

レビューを投稿するにはログインしてください。

この商品は、次のカテゴリにも関連付けられています。

野球 > 川村卓