商品詳細

“練習法やノウハウを伝えるだけで、お子さんが、あなたの期待通りに成長するとおもいますか?”今から桜井が贈る“最初で最後のアドバイス”は、お子さんの今後の野球人生にかかわります…

今からお子さんが、メキメキと野球が上手くなったとしても、
あなたが指導を続ける限り、必ず直面する問題がありますので、
今回はその話をさせてください。

それは、「指導の在り方」です。

「どういうこと?」

と思われたなら、よくお聞きください。

あなたが的確な野球指導をできるようになり、お子さんが上達したとしても
人に物を教えることは、そんなにカンタンなことではありません。

この件については、これまでの人生経験で、あなたもよくご存じのはずです。

正直に言えば、優れたテクニックや、優れた練習方法が手元にあるだけでは、
あなたは、お子さんの良き指導者としては、不完全です。

お子さんの夢や期待を、本当に叶えてあげようと思うならば、
良き指導者として、「指導の在り方」を、しっかりと心得る必要があります。


とはいっても、「指導の在り方」と聞いて、あなたは、
それが何か、いまいち、ピンとこないかもしれませんね。

何せ、とても、抽象的な言葉ですから。

「指導の在り方」とは何なのか?

それを、ご理解頂くために、具体的な例を1つあげますが、
「コーチや監督などの接し方」について、
あなたは、何か確固たる信念をお持ちでしょうか?

あなたは、お子さんが所属するチームの、コーチや監督と、どのように接していますか?

もし、あなたが、彼らに何かの不満を持っていたなら、
あなたはその時、どう対処しますか?

もし、お子さんが、監督やコーチについて不満を言いだしたら、
あなたはその時、お子さんへ、どのような言葉を投げかけますか?

実に、難しい問題ですよね。

そうです。

野球は、1人でできるスポーツではありません。

特に、少年野球となると、子供のチームメイト、保護者の方々、
監督やコーチなど、様々な人間が関わり合って、チームの勝利を目指します。

だからこそ、人間関係のトラブルは、どこから発生するか分かりません。

また、誰の意見が正しいかも分かりません。

このような環境で、お子さんがしっかりと野球を上達し、
そして、野球を通して人間的な成長を遂げるためにも、
やはり、親であるあなたの存在は大きいのです。

子供ではどうしようもならないトラブルから、お子さんを守り、
常に、適切な道へ、あなたが導いてあげなくてはなりません。

そのための判断基準として、あなたは、お子さん専属の指導者として、どうあるべきか?
明確な基準を、常に、心にとどめておく必要があります。

実は、私が運営する「お父さんのための野球教室」では、
この「指導の在り方」について、これまでたくさんの質問を頂いています。

たとえば…
  • 「野球経験が無い親が、どのような気持ちで子供の指導に取り組めばよいのか?」
  • 「保護者同士の人間関係で、悩んでいます…。」
  • 「監督が、他の子ばかり熱心に指導している気がするのですが…。」
  • 「うちの子は集中力がすぐ切れるような気がしますが、どうすればよいでしょうか?」
  • 「最近、子供のやる気が減っているような気がします…。」
など、みなさん、本当に悩まれています。 もちろん、私自身も、「指導の在り方」については、何度も頭を抱えたことがあります。
親が指導者となれる時期の、少年野球において、
あなたの存在は、思っている以上に大きいものです。

だからこそ、本気でお子さんの野球上達を願うならば?

そして、これからも野球を楽しんでもらいたいならば?

お父さん、お母さんが「指導の在り方」について、
しっかりと、学ぶ必要があると思いませんか?

もし、この意見に共感していただけたならば、今回は、特別な案内をさせて頂きます。

存亡の危機に瀕していたチームを、わずか2年で、リトルリーグ世界一位へ導いた、
亀山先生から、今回、特別に「指導の在り方」について、
その秘訣を公開して頂けるようになりました。


みなさまから、よく頂く質問を、私が代りに亀山先生へ直接、質問させて頂きました。

つまり、あなたが知りたい「指導の在り方」について、
経験豊富な亀山先生が、一問一答してくれたのです。

その内容は、私との対談形式で、DVDに収録させて頂きました。

収録内容の一部をご紹介しますと・・・
「野球経験が無い保護者が、子供にしてあげられることとは?」
これは、本当によく頂く質問ですが、亀山先生の回答は、
思わず目からウロコが出そうになるくらい的確で、奥深いものでした…
「チームにおける、保護者同士の人間関係で悩んでいます…」
この悩みを解決するには、あなたの視点を、
本来、在るべき方向へ向けることが重要でした…
「コーチや監督との人間関係で悩んでいます…」
亀山先生は、逆に、保護者との人間関係で悩んだことがあります。
つまり、亀山先生の回答を聞けば、あなたが指導者に対してどうあるべきか?
その答えがハッキリと分かります…
「上から物を言うのは、やっぱりダメでしょうか?」
良くありません。しかし、多くの方が、知らない間に上から物を言いがちです。
あなたはお子さんへどのようにして、物事を伝えるのがベストか、
その答えが分かりますか?…
「言えば言うほど、やる気が無くなっているような気がします…」
それは、どのようなニュアンスで物事を伝えているかが重要です。
間違えても、「○○しなさい!」という言い方をしてはなりません。
では、どう言えばよいのか?…
「うちの子は、集中力がすぐに切れてしまうようです…」
あなたのお子さんは、TVゲームで、2~3時間夢中になったことはありませんか?
子供がゲームに集中する原理を知れば、お子さんの集中力は維持できます。
そして、それは練習の在り方で全てが決まります…
「硬式と軟式ですが、どちらをさせるべきですか?」
それは、あなたとお子さんの状況、そして目的次第です…
「自分の考えが、なかなか子供に伝わりません…」
子供に物事を説明するには、ちょっとしたコツがあります…
以上が一部になります。

断言します。

この対談DVDには、あなたのお子さんがもし小学生ならばぜひ、
今すぐ知って頂きたい内容が盛りだくさんです。

亀山先生が教えてくれた「指導の在り方」を、あなたが知っているかどうかで、
お子さんの野球上達だけではなく、野球人生に大きく影響するでしょう。


なぜなら、この先、あなたが、お子さんへの指導で悩むであろうことへの
答えのほとんどが、今回の対談DVDで語られているからです。


亀山流効率的努力野球 指導者編
  • 亀山流効率的努力野球 指導者編

亀山流効率的努力野球 指導者編

3,980円(税込)

加算ポイント:39 ポイント

ポイント:利用可能

数量:

この商品は0人がお気に入りに登録しています。

この商品のレビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿する

レビューを投稿するにはログインしてください。

この商品は、次のカテゴリにも関連付けられています。

野球 > 亀山努