商品詳細

相手が羽根を打つよりも先に「返球コースを正確に判断する秘密の指導法」を、先生も知りたくはありませんか・・・?
先生がダブルスの指導の際に、
スムーズなローテーションの方法を教えることで
試合に勝てる強いダブルスペアに成長することは間違いありません。

しかし、ご注意していただきたいのは、
いつも必ず試合の流れを掴めるとは限らないということ。

相手の予想外の返球に慌ててしまったり、思いがけないミスをしてしまったり…。

そうならないためには、どんな練習をしておけばいいのでしょうか?

答えは、「返球予測」です。


要するに、「どこに打てば、どこに返球されるのか?」ということを、
あらかじめ知っておくことが重要なのです。

これは、ある程度は「パターン化」して覚えることもできますが、どんな羽根にでも柔軟に対応できるようになるには、ちょっとした「コツ」を覚える必要があります。

「返球予測か…」

「何だか、むずかしそうだな…」


と思われたとしても、ご安心ください。

これは、バドミントン指導経験の浅い先生でも、かんたんに指導でき、
バドミントン経験の浅い選手でも、少しの練習でマスターできる方法です。

続けてご説明しましょう…

どうすれば
正確に相手の返球を予測できるのか?


驚かれるかもしれませんが、ダブルスで相手の羽根を返球するとき、
相手の後衛がスマッシュを打ってから反応し、動くのでは遅すぎます。

これでは、走らされたり、手を伸ばしても届かなかったり…、
さらには、ゲームの主導権まで、相手に握られてしまうでしょう。

そこで、相手がどこに返球してくるかを予測する必要があるのですが、
これには、ちょっとしたコツがあります。

それは、味方後衛が打った羽根が、

「前衛の頭上を通り過ぎるとき、左右どちらを通るのか?」です。


実は、頭上の左右どちらを通るかで、返球されるコースは、ほぼ決まります。

つまり、前衛は、頭上を羽根が通り過ぎる感覚が掴めると、
ほぼ正確に相手の羽根の返球予測ができるようになるのです。

正確に返球予測ができると、プレーに余裕ができ、
ゲームを有利に進められることは言うまでもありませんよね。

では、具体的にどうやって指導すればいいのか?


どんな練習をすればマスターできるのか?


実は今回、有田コーチに返球予測の秘訣をわかりやすく教えていただき、DVDに収録して公開させていただくことが決まりました。

選手たちをもっと楽に勝たせてあげられる「秘策」として、
先生もぜひ、練習に取り入れてください。

それでは、収録内容の一部をご紹介しましょう…

相手の返球コースを一瞬にして予測し、
ゲームを有利に進める方法


相手が打つより先に、返球コースを見抜く方法
ここに打てば、100パーセント正確な返球予測が立てられます!
相手にほぼ確実にクロスを打たせる方法とは?
相手にほぼ確実にストレートを打たせる方法とは?
前衛のミスを後衛が確実にフォローするには?
ここを狙え!相手が一番打たれたくない返球コースを公開!
なぜ、頭の上をとおる羽根で、返球コースがわかるのか?
相手のスマッシュを「前で取る」かんたんな方法
前衛の動きをさらにレベルアップさせる練習メニューとは?
【ケーススタディ】一試合すべてのプレーを解説します!

※ご紹介したのは、DVDに収録されている内容のほんの一部です

いかがでしょうか。

このように、DVDには、強いダブルスペアを育てる上で、必須のテクニックがギッシリと収録されています。

先生もこの実戦的なメニューを練習に取り入れることで、

  • 選手たちに正確な返球予測が教えられる!
  • 相手の手の内が面白いように読める!
  • 前衛の動きが、見違えるように良くなる!
  • 前衛がミスしたときにフォローの仕方がわかる!
  • さらに実戦的なローテーションが覚えられる!
  • 選手たちがグングン上達するのを実感できる!
  • もっとバドミントンの指導が楽しくなる!
など、嬉しい体験をすることができるでしょう。

ぜひ、あなたも一度限りのこのチャンスにDVDを手に入れ、
どんな相手にも通用する「返球予測」を指導できるように頑張ってください。

ゼロから始める!ダブルスのフォーメーションと攻防 実践編
  • ゼロから始める!ダブルスのフォーメーションと攻防 実践編

ゼロから始める!ダブルスのフォーメーションと攻防 実践編

5,980円(税込)

加算ポイント:59 ポイント

ポイント:利用可能

数量:

この商品は0人がお気に入りに登録しています。

この商品のレビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿する

レビューを投稿するにはログインしてください。

この商品は、次のカテゴリにも関連付けられています。

バドミントン > 有田浩史