重要なお知らせ

OPEN
大束忠司の「オーバーヘッド上達テクニック」~レシーバーのタイミングをずらし、主導権を握るための5つのショット~
大束忠司の「オーバーヘッド上達テクニック」~レシーバーのタイミングをずらし、主導権を握るための5つのショット~
  • 大束忠司の「オーバーヘッド上達テクニック」~レシーバーのタイミングをずらし、主導権を握るための5つのショット~
  • 大束忠司の「オーバーヘッド上達テクニック」~レシーバーのタイミングをずらし、主導権を握るための5つのショット~

大束忠司の「オーバーヘッド上達テクニック」~レシーバーのタイミングをずらし、主導権を握るための5つのショット~

バドミントン初心者でもすぐに実践できる、相手が反応できないほど速く、強烈なオーバーヘッド系ショット上達法を公開。
  • 送料無料
  • 14,980円税込

獲得ポイント:149 ポイント

数量:

カートに追加されました。

閉じる

閉じる

ここ5年~10年ほどのあいだで、バドミントンの常識が大きく変わったことを知っていますか?

それは、ラケットの素材やストリングの質が向上したことによる、ラリーのスピードです。

スマッシュの初速だけを見ても、5年前とくらべると、50~100kmほど速くなっています。

これだけスピードが速くなると、当然、従来の技術だけでは対処することができません。

つまり、スピードの速く、攻撃的な現代のバドミントンでは、これまで使われてきた古い技術だけで勝つことは、かなり難しくなっているのです。

だからこそ、あなたも、コンパクトなスイングから、強烈なショットを打てるオーバーヘッド系のショットを練習しているかもしれません。

しかし、元日本代表選手で日本体育大学男子バドミントン部監督の大束監督によると、スピードの速い現代バドミントンで勝つには、大事にしなくてはならないポイントが、「3つ」あるといいます。

1つは「ラケットの上げ方」。シャトルの軌道に沿ってラケットを引き上げ、胸と肩甲骨を大きく動かし、肩の可動域を最大限に使うことが大切です。

2つ目は「ラケット面の作り方」。そのポイントは、「手首」にあります。

決して力を入れ過ぎず、手首を自由に使える力加減で握ることで、手首の可動域が使えるようになり、ラケット面を素早く作れるようになるのです。

そして3つ目が「素早く戻れる身体の使い方」。

スピードの速い現代バドミントンのラリーを制するには、「いかに早くホームポジションに戻れるか」が、とても重要。そのために必要なことが、「体重移動」です。

では、これらをどのように練習すればよいのか? 大束監督が、初級者でもマスターできる、日本最高峰のオーバーヘッド系ショット上達テクニックを公開します。

DVD2枚組(収録時間71分/50分)

  • オーバーヘッドストロークを短期間で習得する「3つのポイント」とは…?
  • 肩の可動域を最大限に使える「ラケットの上げ方」とは…?
  • ラケット面を作りやすくなる「グリップの握り方」とは…?
  • ホームポジションに戻る動作をスムーズにする方法
  • おなじフォームで、色々なショットを打ち分けるには…?
  • クリアが上手く飛ばせない人の共通点と解決法
  • どうすれば、シャトルの落下地点を予測し、素早く真下に入れるのか…?
  • 相手コートの奥深くに沈むハイクリアの打ち方
  • 【ハイクリアの基本練習】グリップとラケット面の作り方
  • ドロップが浮いてしまう原因と、簡単な対処法
  • カット&リバースカットを打ち分けるときの注意点
  • 【ドロップの基本練習】手首の使い方と、ヒジから先の感覚を掴む方法
  • 【カットの基礎練習】面のかぶせ方と、ねらうべきポイント
  • 【リバースカットの練習】 打点とスイング軌道の作り方
  • もっと強くて、速いスマッシュを打てるようになるには…?
  • 相手コートに突き刺さる、角度の鋭いスマッシュの打ち方
  • ハイバックを真っ直ぐ、遠くまで飛ばすテクニック
  • なぜ、ハイバックを親指で押して打ってはいけないのか…?
  • オーバーヘッド系ショット習得の「2つの極意」とは…?
  • アウトしにくいドリブンクリアの打ち方
  • ハイクリアとドリブンクリアは、どう使い分けるのが効果的なのか…?
  • 相手に構えるスキを与えないジャンピングスマッシュの打ち方
  • スマッシュのスピードをアップさせるラケットの使い方
  • コンパクトなスイングで、強力なカウンタースマッシュを決める方法
  • オーバーヘッド系ショットに、さらに磨きをかける応用練習
元・日本代表選手/日本体育大学 男子バドミントン部監督

大束 忠司(おおつか ただし)

7歳でバドミントンをはじめる。中学時代は、シングルスで全国優勝。高校時代は、インターハイでシングルス準優勝、ダブルス優勝。大学時代は、インカレ、全日本総合で優勝を飾るなど、多くの輝かしい成績を残す。大学卒業後、トナミ運輸に入社。2000年のインカレを最後にダブルスに専念するようになり、日本体育大学の同期でダブルスのパートナーでもある舛田圭太と共に優秀な成績を残し、アテネ五輪代表に選ばれるなど、日本を代表する選手となった。2008年、現役引退後は、母校の日本体育大学バドミントン部のコーチに就任。現在は、監督を務める。

大束忠司の「オーバーヘッド上達テクニック」~レシーバーのタイミングをずらし、主導権を握るための5つのショット~

大束忠司の「オーバーヘッド上達テクニック」~レシーバーのタイミングをずらし、主導権を握るための5つのショット~

バドミントン初心者でもすぐに実践できる、相手が反応できないほど速く、強烈なオーバーヘッド系ショット上達法を公開。
  • 送料無料
  • 14,980円税込

獲得ポイント:149 ポイント

数量:

カートに追加されました。

閉じる

閉じる

この商品のレビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿する

レビューを投稿するにはログインしてください。

大束忠司の「オーバーヘッド上達テクニック」~レシーバーのタイミングをずらし、主導権を握るための5つのショット~

この商品は、次のカテゴリにも関連付けられています。

DVD教材

DVD教材 > バドミントン > 大束忠司

大束忠司の「オーバーヘッド上達テクニック」~レシーバーのタイミングをずらし、主導権を握るための5つのショット~