商品詳細

「レシーブからの展開」でも有利に戦いたいと思いませんか?あなただけに、三田村コーチが、実際に試合で使っている「11のレシーブからの戦術」を教えます。

レシーブからの展開では
何が重要になるのか…?

それは、「相手に3球目攻撃をさせないこと」です。

レシーブから展開する戦術では、3球目に弱いボールを返球させ、4球目、または6球目攻撃で得点を奪いにいくことが基本になります。

そのためには、相手の回転やコースを予測し、常に相手の逆を考えて「待ちを外す」ことが大切です。

たとえば、「フォア前にきたサーブ」の場合は…

相手が、フォア前にサーブを出してきた場合。

この場合のレシーブは、相手のフォア側にフリックを出しますが、ここに大事なポイントがあります。それは、サイドスピンを掛けるようにフリックを出すこと。

なぜなら、大きくサイドを切るようにフリックを出すことで、3球目で相手に強打されるのを防げるからです。

そして、その弱いスマッシュをバック側へシュート回転を掛けて返球すると、相手はバランスを崩し、弱い球をフォア側へ返すのが精一杯になります。

すかさずそこを狙って、スマッシュを打ちこめば得点を奪うことができます。

今、ご紹介したのは、三田村コーチに教えてもらったレシーブから展開する戦術のほんの一つですが、大事なことは…、

「知っているか、どうか」

ただ、これだけです。

サーブの戦術と同じように、レシーブからの戦術も「知っているかどうか」、それだけの違いで試合の流れを大きく変えます。

そして、サーブとレシーブ、どちらからの展開でも有利に戦う方法を知っていれば、あなたの勝率は、今よりも大きくアップすることは間違いありません。

もし、ここであなたが、

「他にどんな戦術があるのか?」
「もっと具体的にレシーブからの戦術を知りたい。」

など、こう思われたとしたら?ここからの話は大切になります。なぜなら…、

実際に、三田村コーチが実践している
「11種類のレシーブ戦術」を、
特別に公開いたします!

このDVDには、
  • レシーブ戦術の考え方とポイント
  • ポジショニングの取り方
  • 相手のサーブ回転に合わせた対処法
  • 自分から攻めたいときの戦術
  • 相手に強打をさせない方法
  • 予測の立て方と、予測に合わせた戦術
  • 相手のボールを利用して有利に戦う方法
  • 打球点を変えて、相手の裏を突く戦術
など、レシーブからの展開を有利に戦うための戦術が、合計11種類収録されています。

あなたも、ぜひ、三田村コーチのレシーブ戦術を学んでください。そうすれば…、
  • レシーブからの展開でも、サクサク得点を取れるようになる
  • レシーブのコースに迷うことがなくなる
  • 相手にチャンスボールを送ることがなくなる
  • 実力が上の相手でも、戦術を武器に勝てるようになる
  • 苦手なプレー、弱点などを克服できる
  • 常に自信をもって試合に臨めるようになる
など、今よりもっとラージボールの試合を楽しめるようになるはずです。

では、このDVDには、具体的にどんな内容が収録されているのか?

収録内容の一部をご紹介しましょう…

「11種類のレシーブ戦術」相手を思いどおりに動かし有利に戦えるレシーブ戦術とは…?
“超攻撃的なフォアハンドの応用技術がわかりやすく学べます”
レシーブ戦術の考え方と、そのポイントとは?
戦術を実践する前に、まずは、その考え方を知ることが大切です。どうすれば有利な状況を作り出せるのか、そのポイントをお伝えします。
バック前に下回転サーブがきた場合の戦術
バック前に下回転サーブがきた場合のポイントは、自分があまり動かず、相手を動かし台から離していくように戦うことです。いったい、どこを狙えばいいのでしょうか?
相手のサーブが長いことを予測したときには?
自分から攻めることのできるチャンスになります。この戦術なら、相手の動きを封じ込めながら、スマッシュで得点を奪うことができます。
バック側へロングサーブがきた場合の対処法
これは、ラージボールでは使う場面の多い戦術です。浅めに返球されたボールをスマッシュで決めて得点を奪いましょう。
攻撃的なレシーブで相手の動きを封じる戦術
相手が苦しまぎれに返球したボールを、相手の体めがけてスマッシュする攻撃的な戦術をご紹介します。
相手がフォア側に戦術を変えたときに裏を突く方法
相手が、「バックサイドへの攻撃が有効でない」と判断したとき、フォア側へ攻撃を変えてくる可能性が高くなります。そんなときでも、この戦術なら有利に戦うことができます。
フォア前に下回転サーブがきた場合の戦術
この戦術のポイントは、4球目のバックドライブに入る形にあります。上手く形を作れることで、6球目にスマッシュを叩き込めます。
自分が劣勢、緊張しているときに有効な戦術
この戦術は、まず相手に仕掛けさせて、守りからのカウンターで得点を奪う方法です。緊張したときの対処法として、ぜひ、知っておいてください。
バック側にロングサーブがきた場合の戦術
この戦術では、短いボールで相手を前に寄せ、そこからカウンターでスマッシュを叩き込みます。相手を前後に揺さぶれる、とても有効な戦術です。
相手の強打を防ぎながら、得点を奪う方法
フリックを上手く使えるようになると、相手の強打を防ぎながら、有利な展開を作り出せるようになります。
【特典映像】試合形式プレー&解説
このDVDには、特典映像が収録されています。三田村コーチのわかりやすい解説を交えながら、実戦形式の試合で戦術を使って戦います。

※ご紹介したのは、DVDに収録されている内容のほんの一部です。

いかがでしょうか。

このDVDには、三田村コーチが実際に試合で使っている「11のレシーブ戦術」が、三田村コーチのわかりやすい解説とともに、ぎっしりと収録されています。

大事なことなのでくり返しますが、あなたも、この方法を知ることで、
  • レシーブからの展開でも、サクサク得点を取れるようになる
  • レシーブのコースに迷うことがなくなる
  • 相手にチャンスボールを送ることがなくなる
  • 実力が上の相手でも、戦術を武器に勝てるようになる
  • 苦手なプレー、弱点などを克服できる
  • 常に自信をもって試合に臨めるようになる
など、たくさんのメリットが手に入れられるのです。

ぜひ、あなたも一度限りのこのチャンスにDVDを手に入れ、レシーブからの展開でも有利に戦えるようになってください。

「特典映像」を無料でプレゼントします

このDVDには、特典映像が収録されています。

それは、「試合形式プレーの中で、実際に戦術を使うシーン」を収録した映像です。

“試合形式で、より実戦的な戦術の使い方が学べます”
“試合形式で、より実戦的な戦術の使い方が学べます”

この映像では、試合形式プレーの中で実際に戦術の使い方を学べるだけでなく、そのポイントや使いどころなど、三田村コーチのくわしい解説も収録しています。

ぜひ、覚えた戦術の実際の使い方を、この映像から学んでください。
ラージボール必勝戦術~レシーブから得点をとるための戦術パターン~
  • ラージボール必勝戦術~レシーブから得点をとるための戦術パターン~

ラージボール必勝戦術~レシーブから得点をとるための戦術パターン~

12,980円(税込)

加算ポイント:129 ポイント

ポイント:利用可能

数量:

この商品は0人がお気に入りに登録しています。

この商品のレビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿する

レビューを投稿するにはログインしてください。

この商品を買った人は、こんな商品も買っています

この商品は、次のカテゴリにも関連付けられています。

卓球 > 三田村宗明