Facebook Twitter

商品詳細

サービス回転が読めず、レシーブミスをしてしまう人へ。「レシーブ基礎マニュアル」なぜ、「4つのポイント」を知るだけで、相手のサービス回転を簡単に見抜き、先手を取って得点を決められるのか?

日本の卓球を変えた男
元・日本代表選手 / upty卓球ステーション 代表

坂本 竜介(さかもと りゅうすけ)

卓球の名門、青森山田高校出身。2002年に岸川聖也とともにドイツのデュッセルドルフへ渡り、ブンデスリーガで活躍。1部リーグでプレーするなどの実績を残す。バッククロスでのシュートドライブなどのドイツ仕込みのプレーは、全国の選手たちへ大きな影響を与える。青森大を卒業後は、協和発酵キリンに入社。全日本選手権ではランク入り(ベスト16)すること6回を数え、2005年度にはベスト4の成績を残す。平成24年度の全日本選手権を最後に、20年間の選手生活を終える。また、平成25年には「upty卓球ステーション」を東京にオープン。多くのアマチュア選手の指導にあたっている。現在は、松平健太選手の専属コーチとしても活躍している。


【主な戦績】

  • 2001年 世界選手権代表
  • 2002~2006年 ドイツ・ブンデスリーガでプレー
  • 2003年 世界選手権代表
  • 2004年 全日本選手権混合ダブルス優勝(福原愛ペア)
  • 2005年 全日本選手権シングルス第3位 / 世界選手権代表
  • 2006年 全日本選手権混合ダブルス優勝(福原愛ペア)
  • 2012年 全日本社会人選手権男子ダブルス優勝(笠原弘光ペア)/ 全日本選手権男子ダブルス準優勝(笠原弘光ペア)

【メディア出演】

・卓球王国、卓球レポート、PRESIDENT、NHKラジオ、Jスポーツなど多数

【DVD】

・坂本流バックハンド完全マスター教材 ~基本編~
・坂本流フォアハンド完全マスター教材 ~基本編~
・坂本流サービス完全マスター教材 ~回転量の多い「キレたサービス」を打つ極意~
・坂本流レシーブ完全マスター教材 基本編 ~回転の見極め方と返し方~
・坂本竜介が教えるプラスチックボールへの対応策
   ~ボールの特性を活かした打ち方と戦術~
・坂本流バックハンド完全マスター教材2 ~応用編~

試合に勝てる人、負ける人の
「決定的な違い」とは…?

試合で、相手のサービスからはじまる展開。

あなたは、レシーブを打つとき、
  • 狙っても、レシーブが上手く入らない
  • 相手に先手をとられ、常に攻められっぱなし
  • 高く浮いたレシーブを強打されてしまう
  • 厳しいコースを狙ってミスをしてしまう
など、こんな経験をしたことはありませんか?

あなたもきっと、レシーブのミスが原因で試合に敗れ、
悔しい思いをした経験が、一度や二度はあるのではないでしょうか。

そう。

試合に勝てる人と、負ける人の決定的な違いは、「レシーブ力の差」。

試合で負けてしまう人は、
「レシーブができないことが負ける原因である」と、坂本コーチはいいます。

なぜなら、レシーブからの展開で点を取れないと、
自分のサービスのときに2点を取れないとタイに持ち込めないからです。

それだけではありません。

レシーブで点が取れなければ、当然、
サービスのプレッシャーも大きくなるので、ミスの確率も高くなりますよね。

だからこそ、あなたもレシーブの腕を磨くため、自己流で練習をしていると思いますが、
何をどう練習するのが一番の上達の近道なのかわからずにいるのではないでしょうか?

レシーブで最も重要なこと…

あなたは、レシーブにおいて、何が一番大切なのかをご存じですか?

それは、「相手が体勢を崩してしまうような厳しいコースを攻めること」のまったく逆。

「無理に攻めないこと」であると、坂本コーチは言います。

そう、無理に攻撃的なレシーブを入れようとする必要はないのです。

まずは、ミスをしないことを第一に考え、
相手のコートにしっかりと入れることが大事になるのですが…、

どうすれば、レシーブのミスを無くせるのか?

その答えは、とてもシンプルです。

それは、サービス回転を正確に見抜けるようになることです。

なぜなら、レシーブが上手く入らない原因は、
相手の「サービス回転がわからない」ことにあるから。

サービス回転がわからなければ、レシーブでミスをしてしまうのは当然のこと。

つまり、サービス回転が読めるようになれば、
レシーブは、もっと簡単に入るようになるのです。

でも、こうお話すると、

「そんな簡単にサービス回転がわかれば苦労はしないよ…」

と思うかもしれませんが、悩むことはありません。

サービス回転を正確に見抜く、
「4つのポイント」とは?

相手のサービス回転を見抜くには、どうすればいいのか?

「簡単には見抜けないのでは?」と思うかもしれませんが、
「4つのポイント」さえ知れば、簡単に見抜けると坂本コーチはいいます。

そのポイントは、以下の4つです。

サービス回転を見抜くポイント(1)
「構え~バックスイングまでの動作」

サービス回転を見抜くとき、一番はじめにチェックすべき大事なポイント。

それが、「相手の構えからバックスイングまでの動作」です。

なぜなら、相手がサービスを打つときの
  • どのようにトスを上げるのか?
  • どのようにバックスイングをするのか?
という2点を見れば、サービス回転が先読みできるから。

サービス回転を読む基本中の基本となりますので、
まずは、ここから確実に覚えてください。

““トスの上げ方とバックスイングから、サーブの種類が見抜けます”
“トスの上げ方とバックスイングから、サーブの種類が見抜けます”

サービス回転を見抜くポイント(2)
「バックスイングの方向」

相手が構えた動作だけでは、サービス回転がわからない。

そんなときにチェックすべきポイントは、「バックスイング」です。

チェックする点は、
「バックスイングをどの方向へもっていくのか?」ということ。

上なのか、下なのか。または、後ろなのか?
このバックスイングの方向から、サーブ回転を見抜くことができます。

““どの方向へバックスイングをもっていくかで、回転を見抜きます”
“どの方向へバックスイングをもっていくかで、回転を見抜きます”

サービス回転を見抜くポイント(3)
「ラケット角度」

サービス回転を見抜く、3つめのポイントは「ラケット角度」です。

なぜなら、相手のラケット角度が寝ているのか、
または、立っているのかでサービス回転の種類は限られてくるからです。

どんなサービス回転のボールがくるかは、ラケット角度を見ればわかります。

““ラケット角度が寝ているか、立っているかで回転を見抜きます”
“ラケット角度が寝ているか、立っているかで回転を見抜きます”

サービス回転を見抜くポイント(4)
「ボールの飛び方」

相手のレベルが上がってくると、構えた動作やバックスイングでは、
なかなかサービス回転を見抜けないことも増えてきます。

なぜなら、相手は、フェイクを使って騙そうとしてくるから。

では、どうやって、フェイクを使ってくる相手のサーブ回転を見抜けばいいのか?

答えは、飛んでくる「ボールの飛び方」を見ること。

卓球のボールには、かならず「ロゴマーク」が書かれていますが、
実は、このロゴマークが、どんな見え方をするかで回転を見極められるのです。

上でご説明した3つのポイントで回転が見抜けないときは、
最終判断として、「ロゴマークが、どんな見え方をしているのか?」。

これを見ることで、見極められます。
飛んでくるボールのロゴマークの見え方から、回転を見抜きます

““飛んでくるボールのロゴマークの見え方から、回転を見抜きます”
“飛んでくるボールのロゴマークの見え方から、回転を見抜きます”
サービス回転を見極めるポイントは、以上の4つ。

これさえ知れば、「回転が読めない」という問題はカンタンに解決できるのです。

つまり、上記の4つのポイントさえ知れば、
あとは、回転にあわせたレシーブのテクニックを習得するだけなのですが…、

キレたサーブにも負けない
「最先端のレシーブ技術」

サービスの技術は、用具、ラバーなどの進化により
、 この10年で、大きく進歩しました。

その結果、サービスは、より速く、回転量の多いボールが主流になったのです。

そして、その回転量の多いサービスに対応するために、
レシーブの技術も大きく進歩しました。

たとえば…、

レシーブの基本である「ツッツキ」ですが…

一昔前のツッツキは、バックスイングを大きくとって打っていました。

打球点は遅く、落ちてくるボールをとらえるのが主流でした。

しかし、現代のツッツキはまったく違います。

現代のツッツキは、打球点が早く、
バックスイングをとらず、早いタイミングのショートスイングが主流なのです。

小さい振り幅で打球することで、相手のコートに早くボールがいくだけでなく、
バウンドの直後をとらえることで、回転に影響されにくいという利点もあります。

このように、一昔前のツッツキは守りの技術でしたが、
現代のツッツキは、とても攻撃的なツッツキに変わったのです。

今、ご説明したのはツッツキの例ですが、ストップやフリックなど、
あらゆるレシーブ技術が、一昔前とくらべるとより攻撃的になってきています。

ですから、ひと言で「レシーブ」といっても、
一昔前のレシーブ技術では、現代の卓球では通用しません。

あなたが試合に勝つために必要なのは、サービス回転を見極めるテクニックと、
サービス回転にあわせた最先端のレシーブのテクニックです。

この2つを練習することが、レシーブ上達の一番の近道になるのですが…、

「いったい、どんな練習をすればいいのか?」
「どんなポイントに注意して練習すればいいのか?」

こう思われたとしたら、ここからの話は大切になります。

サービス回転を正確に見抜き、
「回転ごとのレシーブテクニック」を、
坂本コーチに教えてもらいました。

今回、あなたにお渡しするDVDは、
完璧な「レシーブ基礎マニュアル」と呼ぶにふさわしいものです。

DVDには、レシーブにおけるグリップや基本姿勢、
回転の見抜き方をはじめ、具体的な回転ごとのレシーブ方法も、
  • 下回転サービス
  • ナックルサービス
  • 横下回転サービス
  • 横上回転サービス
  • YGサービス(下回転)
  • YGサービス(逆横上回転)
  • ロングサービス
など、あらゆるサービス回転への対処法が、
坂本コーチのわかりやすい説明とともに収録されています。

レシーブの基礎は、もうこれ一つあれば完璧でしょう。

右利き、左利き問わず実践できます

今回のノウハウは、利き手に関係なく実践することができます。

収録されているテクニックのなかには、右利きと左利きで立ち位置などが
変わるケースもありますが、その場合は、両方の解説を収録しています。

ですので、右利き、左利き、どちらの方も実践可能です。

あなたも、今回のDVDからレシーブの技術を学ぶことで、
相手のサービス回転を正確に見抜ける
回転が読めることで、レシーブが安定する
その結果、レシーブのミスが激減する
余裕が持てるので、厳しいコースにもレシーブできる
フォアハンド、バックハンド、両方のレシーブ精度が高まる
おなじフォームから、違う種類のレシーブが打てる
短期間で、最先端のレシーブ技術をマスターできる
先手をとって、試合を有利に進められる
今より、もっと試合に勝てるようになる
など、もっと卓球を楽しめるようになります。

では、今回のDVDには、具体的にどんな内容が収録されているのか?

収録内容の一部をご紹介すると…

「レシーブ基礎マニュアル」
相手のサーブ回転を正確に読み、
先手を取って得点を決める方法…

レシーブで、一番大切になる考え方とは…?
レシーブは、どんなグリップで握るのがベストなのか…?
バックハンドをよく使う選手にオススメの構え方
相手がトスを上げた瞬間にやるべきこととは…?
相手のサーブ回転を見極める「4つのポイント」とは…?
相手のバックスイングから、サーブ回転を見抜く方法
ラケット角度から、サーブ回転を見抜く方法
ボールのロゴマークから、サーブ回転の種類を判断する方法
下回転サービスに対する、レシーブの基本テクニック
バランスを崩しやすい、間違った足の入れ方とは…?
キレた下回転サービスを正確にレシーブするラケットの使い方
今と昔で、レシーブ技術は、どう変わったのか…?
下回転サービスのレシーブは、フォアハンドとバックハンドでどう違うのか…?
三球目攻撃を防ぐ、攻めのツッツキレシーブを習得する方法
同じ打球点で、ツッツキとストップを打ち分ける方法
無回転サービスに対する、レシーブの基本テクニック
横下回転サービスに対する、レシーブの基本テクニック
相手のサービス回転を利用して、安定したレシーブを打ち込む方法
なぜ、横上回転サービスには、フリックで返球するのがベストなのか…?
YGサービス(下回転)に対する、レシーブの基礎テクニック
YGサービス(逆横上回転)に対する、レシーブの基礎テクニック
ロングサービスを簡単なサービスだと勘違いしていませんか…?
前進回転と変化形の2種類のロングサービス対処法
※ご紹介したのは、DVDに収録されている内容のほんの一部です。

このDVDで、相手に強打を許さない、
「正確なレシーブ技術」を学んでください!

想像してみてください。

もし今回、坂本コーチからレシーブの技術を学べたとしたら、
あなたのプレーには、いったいどんな変化があらわれるでしょうか?

まず、今まで見極められなかった回転が読めるようになり、
正確なコントロールでレシーブできるようになります。

また、ボールが浮かないことで、相手の強打を防げるので、
試合の主導権を握り、ガンガン得点を決められるでしょう。

何よりも、最先端のレシーブ技術が習得できることで、
あこがれのプロ選手のようなレシーブが打てるようになるのです。

それだけではありません。

大事なことなのでくり返しますが、
あなたも、坂本コーチのレシーブテクニックを習得すれば、
  • 相手のサービス回転を正確に見抜ける
  • 回転が読めることで、レシーブが安定する
  • その結果、レシーブのミスが激減する
  • 余裕が持てるので、厳しいコースにもレシーブできる
  • フォアハンド、バックハンド、両方のレシーブ精度が高まる
  • おなじフォームから、違う種類のレシーブが打てる
  • 短期間で、最先端のレシーブ技術をマスターできる
  • 先手をとって、試合を有利に進められる
  • 今より、もっと試合に勝てるようになる
など、たくさんのメリットを手に入れることができるのです。

Q&A(誰でも取り組める内容ですか?)

Q、右利き、左利きに関係なく実践できるノウハウですか…?
もちろん大丈夫です。今回ご紹介するテクニックは、右利き、左利き関係なく実践していただけます。ただ、一部のテクニックに関しては、立ち位置やまわりこむポジションが利き手によって変わるものもあります。このような利き手でポイントが変わるテクニックに関しては、右利きの場合と左利きの場合の両方を解説していますので、ご安心ください。
Q、小さい子どもでも、実践できる内容ですか…?
もちろん大丈夫です。今回ご紹介するプログラムに収録されているのは、レシーブの基礎的なテクニックです。なので、年齢やカラダの大きさに関係なく実践していただけます。また、それぞれのテクニックは、元日本代表である坂本コーチのお手本とともに収録されていますので、良いプレーを細部まで見ることで、ジュニアの頃から正しい基礎を身につけることができます。
Q、指導者が見ても役に立つ内容ですか…?
もちろん役立ちます。今回のDVDに収録されているレシーブの基礎や、さまざまなテクニックは、坂本コーチのわかりやすい説明とともに収録しています。ですから、卓球部の顧問の先生や卓球コーチの方が見ても、そのまま選手たちに教えられます。
Q、教えられたことは、すぐに取り組むことができますか…?
もちろん大丈夫です。このDVDに収録されている内容を実践するのに、たくさんの時間は必要ありません。必要なのは「いますぐやろう!」と思う、あなたの気持ちだけです。
Q、返金保証というけど、本当に大丈夫なのですか…?
もちろん大丈夫です。このプログラムに90日間取り組んでも、全く結果がでなかった場合、何度ご覧いただいた後でも理由を問わず、手数料735円を差し引いた金額をご返金させていただきます。
Q、インターネットでの申し込みが不安なのですが…
もし、あなたがインターネットでのお申込みに対して不安をお持ちなら、どうぞご安心ください。お客様のウェブブラウザとサーバ間の通信は SSL暗号通信により、暗号化されますので、ご記入いただく内容はすべて安全に送信されます。お申込みの際、個人情報の漏洩は一切ありません。
坂本流レシーブ完全マスター教材 基本編~回転の見極め方と返し方~
  • 坂本流レシーブ完全マスター教材 基本編~回転の見極め方と返し方~

坂本流レシーブ完全マスター教材 基本編~回転の見極め方と返し方~

12,990円(税込)

加算ポイント:129 ポイント

ポイント:利用可能

数量:

この商品は0人がお気に入りに登録しています。

Facebook Twitter

この商品のレビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿する

レビューを投稿するにはログインしてください。

この商品は、次のカテゴリにも関連付けられています。

卓球 > 坂本竜介