Facebook Twitter

商品詳細

シングルスでは勝てない格上が相手でも勝てる!!ダブルス必勝戦術。相手にチャンスボールを返球させ、得意なショットで得点を決められる、ダブルスの「必勝戦術パターン」

今回お伝えする「ダブルス必勝戦術」は
こんな方にオススメです

  • ダブルスの試合で勝てない、もっと勝てるようになりたい
  • パートナーとのペアリングが上手くいかない
  • できるだけパートナーに迷惑をかけたくない
  • 相手を思いどおりに動かして、有利に試合を運びたい
  • 頭を使った賢いプレーで、試合に勝てるようになりたい
  • ダブルスの試合で「相乗効果」を生み出す方法を知りたい
  • シングルスでは敵わない、格上の相手に勝てるようになりたい
日本の卓球を変えた男
元・日本代表選手 / upty卓球ステーション 代表

坂本 竜介(さかもと りゅうすけ)

卓球の名門、青森山田高校出身。2002年に岸川聖也とともにドイツのデュッセルドルフへ渡り、ブンデスリーガで活躍。1部リーグでプレーするなどの実績を残す。バッククロスでのシュートドライブなどのドイツ仕込みのプレーは、全国の選手たちへ大きな影響を与える。青森大を卒業後は、協和発酵キリンに入社。全日本選手権ではランク入り(ベスト16)すること6回を数え、2005年度にはベスト4の成績を残す。平成24年度の全日本選手権を最後に、20年間の選手生活を終える。また、平成25年には「upty卓球ステーション」を東京にオープン。多くのアマチュア選手の指導にあたっている。現在は、松平健太選手の専属コーチとしても活躍している。


【主な戦績】

  • 2001年 世界選手権代表
  • 2002~2006年 ドイツ・ブンデスリーガでプレー
  • 2003年 世界選手権代表
  • 2004年 全日本選手権混合ダブルス優勝(福原愛ペア)
  • 2005年 全日本選手権シングルス第3位 / 世界選手権代表
  • 2006年 全日本選手権混合ダブルス優勝(福原愛ペア)
  • 2012年 全日本社会人選手権男子ダブルス優勝(笠原弘光ペア)/ 全日本選手権男子ダブルス準優勝(笠原弘光ペア)

【メディア出演】

・卓球王国、卓球レポート、PRESIDENT、NHKラジオ、Jスポーツなど多数

【DVD】

・坂本流バックハンド完全マスター教材 ~基本編~
・坂本流フォアハンド完全マスター教材 ~基本編~
・坂本流サービス完全マスター教材 ~回転量の多い「キレたサービス」を打つ極意~
・坂本流レシーブ完全マスター教材 基本編 ~回転の見極め方と返し方~
・坂本竜介が教えるプラスチックボールへの対応策
   ~ボールの特性を活かした打ち方と戦術~
・坂本流バックハンド完全マスター教材2 ~応用編~

なんで決めないんだよバカ

先日、地元でおこなわれた市民大会を観戦していたときのことです。

会場内をぐるりと見渡すと、試合に負けた、
あるダブルスペアが何か言い争っているのが目に入りました。

何の話をしているんだろう、と聞き耳を立ててみると、

「せっかく俺が良いサーブを打っているのに、なんで決めないんだよ、バカ!!」
「あんな打ちにくいボール、決められるわけないだろ!」

と、口論しているではありませんか。

お互いにとてもイライラした様子で、
二人のまわりには、微妙な空気が流れていましたが…、

なぜパートナーと
プレーがかみ合わないのか?

あなたは、その理由を真剣に考えたことがありますか?

自分は良いボールを打っているはずなのに…。
パートナーに迷惑をかけないよう気を使っているのに…。

なぜ、試合になると、お互いの良いところを出せないのでしょうか?

この点について、坂本コーチはこう指摘します。
ダブルスで、上手くいかない原因は、
「ペアがお互いにシングルスの延長線でプレーしていること」。

これが、一番大きな問題だと思います。

まず、ダブルスゲームというのは、
「二人でやっている」ということを理解しなくてはいけません。

ミスをするのも得点を決めるのも、当然、二人の責任です。

ところが試合を見てみると、多くのペアが自分の得意なことばかりするなど、 お互いにエゴを出してしまっています。

お互いがやりたいことをやると、ほとんどの場合上手くいきません。

ダブルスで大事なことは、パートナーの長所を知ったうえで、
「一番打ちやすいボールが返るようにすること」です。

これができるようになると、ダブルスゲームは大きく変わります。

今までは、「1+1=2」でしかなかったものが、相乗効果で3にも、4にもなり、
シングルスでは、とても勝てないような格上が相手の試合でも勝てるようになります。
なるほど。

「やりたいことをやる」という、自分のエゴを抑えること。

そして、パートナーの一番打ちやすいボールを返してあげることが、
ダブルスで格上の相手に勝つうえで大切になるんですね。

しかし、「格上の相手に勝てる」と言っても、
具体的に、どれくらい上の相手に勝てるのでしょうか?

実は、坂本コーチは過去に、こんな体験をしたことがあると言います。

世界ランク180位と300位の選手が
ダブルスで組んだ結果…

2003年のことです。

パリで開催される「第47回世界選手権」への出場を決めた坂本コーチ。

当時、坂本コーチは、大学一年生。
シングルスの世界ランキングは180位でした。

ダブルスのパートナーは、当時、高校一年生で、
シングルスの世界ランキング約300位の岸川聖也選手です。

180位の坂本コーチと、300位の岸川選手がペアを組んだ結果、どうなったか?

「坂本・岸川ペア」は、世界ランキングが一桁、二桁という強豪ペアを相手に、
順調に予選を勝ち上がります。

その結果、なんと、世界選手権パリ大会「ベスト16」に入るという好成績を収めたのです。

普通に考えるとあり得ない結果ですが、
これこそが、ダブルスの面白いところと言えます。

個人の能力やパワー、技術力を超え、
シングルスでは、とうてい敵わない相手にも勝てるのですから。

では…、

どうすれば、ダブルスで、
「相乗効果」を生み出せるのか?

これが問題ですよね。

ダブルスでは、強い選手同士のペアでも、あっさりと負けることがよくあります。
その一方で、弱い選手同士が組んだのに、格上に勝ってしまうこともあります。

いったい、どうすればダブルスで「相乗効果」を生み出せるのか?

坂本コーチは、そのカギとなるのが「戦術」であると言います。

なぜなら、有効な戦術を知っていれば、
相手をこちらの思いどおりに動かすことができるから。

相手を思いどおりに動かせれば、試合は、どう変わるでしょうか?

パートナーのところへ打ちやすいボールを返球させられるので、
得意なプレーで、いっきに決めることができますよね。

さらに、試合中の不利な場面からも、
すぐに状況をひっくり返し、得点を奪いにいくこともできます。

つまり、ダブルスの試合で、格上の相手に勝てるかどうかは、
「どれだけ有効な戦術を知っているか」
で決まると言っても、決して大げさではないのです。

ですが、ひと言で「戦術」といっても、具体的にどんな戦術が有効なのか?

今回、坂本コーチに教わった、
「サービスからの戦術パターン」を一つご紹介しましょう。

ナックルサービスからの戦術
(右・左ペアの場合)

たとえば、あなたがナックルサービス(無回転サービス)を打った場合。

相手は、どんなレシーブを打ってくるでしょうか?

一番確率の高いものが、台上で上回転をかける攻撃である「フリック」です。

なので、ナックルサービスを打つ場合は、フリックに対しての3球目攻撃、
さらに、ボールを打つコースなどを知っておくことが大切になります。

では、具体的にどうすればいいのか?

下の動画を再生し、ナックルサービスからの戦術を確認してみてください。
いかがでしょうか。

この戦術の肝となるのが、「台を分割する」という考え方です。

ナックルサービスの例では、台を4分割して相手のレシーブコースを予測し、
ミドル側(4分の3エリア)なのか、フォア側(4分の1エリア)なのかで、攻め方を変えます。

台のエリアと攻め方イメージ

上の図のミドル側(4分の3エリア)に相手のレシーブが来たときは、
3球目は、クロス(相手のフォア側)に打つことが重要になります。

3球目を打つコース

なぜなら、3球目をクロス(相手のフォア側)に打つことで、
相手の4球目はミスをするリスクの高いストレートではなく、
安全なクロス方向に返球する確率が高くなるから。

4球目を打つコース

つまり、自分たちの5球目を打つプレーヤーは、そのままの位置から動かず、
万全の態勢から強打で決めることができるのです。

他の展開の場合は攻め方も変わりますが、
大事なことは、このような攻め方を知っているかどうか。

今、ご紹介したのは、ナックルサービスからの戦術(右・左ペア)ですが、
あくまでこの戦術は、「基本中の基本」。

ダブルスの試合で勝ちたいと思うなら、
必ず知っておくべきとも言える、代表的な戦術の1つです。
他にもたくさんの戦術がありますが、坂本コーチが教える戦術の特徴は、

  • どんなサービスを出したとき、どんなボールが返されやすいか?
  • 相手のレシーブコースによって、どう動けばいいか?
  • どのコースに打てば、パートナーが打ちやすいボールを返球させられるか?
これらのポイントが、シンプルかつ実戦的な形でまとめられています。

もし、ここであなたが、
  • 「もっと色々な戦術を知りたい。」
  • 「戦術をマスターして、ダブルスで勝てるようになりたい。」
  • 「右・右ペアの場合は、どう攻めればいいのか?」
  • 「自分たちがレシーブからの展開の場合は、どう攻めればいいのか?」
と思われたなら、ここからの話は大切になります。

なぜなら今回…、

試合当日に、初めて組むペアでも使える!
格上相手の試合でも勝てる
「ダブルス必勝戦術」を公開します

今回、坂本コーチから、格上相手の試合でも勝てる、 「ダブルス必勝戦術」を教えてもらえることになりました。

この戦術は、試合当日に初めてペアを組むことになったパートナーとでも、
すぐに実践できるほどシンプルで効果的ですが、一つだけ注意点があります。

それは、「シングルスの基礎」ができている必要があること。

今回の戦術は、ツッツキが打てる、ナックル・下回転サーブが出せるなど、
最低限、シングルスの基礎ができていないと使いこなすには時間がかかります。

ですが、シングルスの基礎さえできていれば、
次の試合からでもすぐに使える有効な戦術ばかり。

DVDには、坂本コーチから教わった、

  • 「右右ペア」の場合の動き方
  • 「右左ペア」の場合の動き方
  • サービスからの戦術パターン (3球目、5球目で得点を決める戦術)
  • レシーブからの戦術パターン (3球目攻撃を防ぎ、4球目で得点を決める戦術)
  • 試合前にペアで話し合うべきこと

など、ギッシリと収録しています。

あなたも、このダブルス戦術を知ることで、
  • ダブルスの基本的な動き方がわかる
  • 格上相手の試合でも、もっと勝てるようになる
  • パートナーに迷惑をかけずに済む
  • 今より有利に試合を進められるようになる
  • 息の合ったプレーで、ガンガン得点を決められる
  • 不利な状況からでも、得点を奪いにいける
  • 過去最高の成績を収めることができる
など、今よりもっと卓球を楽しめるようになることは、間違いありません。

では、今回のDVDには、具体的にどんな内容が収録されているのか?

DVD収録内容の一部をご紹介すると…

【DVD1】(収録時間:54分)

サービスからのダブルス戦術


ペアの良いところを引き出し、相乗効果を生み出す方法
ペアで話し合うべき、大切なポイントとは?
ダブルスの基本的な動き方(右右ペア)
ダブルスの基本的な動き方(右左ペア)
バックハンドの場合、動き方はどう変わるのか?
ナックルサービスからのダブルス戦術、良い例と悪い例
パートナーの動きを最小限に抑えるには?
フォアサイドの厳しいコースに返球された場合の対処法
不利な状況を切り抜けるための戦術
ミドルにフリックされた場合のダブルス戦術
バック側にフリックされた場合のダブルス戦術
5球目攻撃で、確実に決めるためのテクニック
下回転サービスからのダブルス戦術、良い例と悪い例
相手にツッツキで返球された場合の対処法
相手のカウンター攻撃を防ぐために知っておくべきこと

“サービスからの展開を有利にするダブルス戦術を紹介します”
“サービスからの展開を有利にするダブルス戦術を紹介します”


【DVD2】(収録時間:61分)

レシーブからのダブルス戦術


レシーブ戦術における一番大事なポイントとは?
相手の3球目攻撃を防ぐために知っておくべきこと
レシーブしたあとの基本的な動き(右右ペア)
レシーブしたあとの基本的な動き(右左ペア)
例外となる動きと、そのポイント
ナックルサービスを出された場合のダブルス戦術
なぜ、ナックルサービスを打たれると、先手が取れるのか?
高確率で得点を奪われてしまう、絶対にやってはいけない例
相手ペアを重ねて、ポイントを決めるダブルス戦術
下回転サービスを出された場合のダブルス戦術
相手の甘いドライブを誘って、決めるツッツキのテクニック
右右ペアと、右左ペアの動きの違い
相手に簡単に決められてしまう、「3つのボール」とは?
ストップからのダブルス戦術
なぜ、レシーブからの展開では、ストップが重要な技術になるのか?

“この戦術さえ知れば、レシーブからの展開で得点をガンガン決められます”
“この戦術さえ知れば、レシーブからの展開で得点をガンガン決められます”

DVDをお申し込みの方には、
坂本コーチのインタビュー映像をプレゼント

““ダブルスのよくある質問に、坂本コーチが答えてくれます”
“ダブルスのよくある質問に、坂本コーチが答えてくれます”

今回は、DVDをお申し込みの方に「特別なプレゼント」をご用意しました。

それは、坂本コーチのインタビューを収録した特典映像です。(Disc2内に収録)

この特典映像では、ダブルスのよくある質問に対し、
坂本コーチが、わかりやすくアドバイスをしてくれます。

たとえば、
  • ダブルスで勝てないペアがやりがちな、「間違ったこと」とは?
  • どうすれば、シングルスで勝てない相手に、ダブルスで勝てるようになるのか?
  • 格上の相手に勝利するために必要なこととは?
  • 試合当日、はじめてペアを組むパートナーと確認すべきことは?
  • 「サイン」は、どのように決めればいいのか?
  • 「つなぎ役」と「決め役」は、どうやって決定すればいいのか?
  • パートナーの利き手によって、攻め方は変わるのか?
  • 坂本コーチが、現役時代に意識していたことは?
など、あなたが知りたかった疑問を、坂本コーチが回答してくれます。

戦術をマスターするうえで、役に立つことは間違いありません。

ぜひ、この機会に特典映像も手に入れてください。

Q&A(誰でも取り組める内容ですか?)

Q、小さい子どもでも、実践できる内容ですか…?
もちろん大丈夫です。今回ご紹介するプログラムに収録されているのは、ダブルスの試合を有利に運べる「必勝戦術パターン」です。戦術は、シングルスの基本さえできていれば、年齢や体格などに関係なく実践していただけます。また、それぞれの戦術は、元日本代表である坂本コーチのお手本とともに収録されていますので、良いプレーを細部まで見ることで、ジュニアの頃から正しい技術を身につけることができます。
Q、指導者が見ても役に立つ内容ですか…?
もちろん役立ちます。今回のDVDに収録されているダブルスの必勝戦術パターンは、坂本コーチのわかりやすい説明とともに収録しています。ですから、卓球部の顧問の先生や卓球コーチの方が見ても、そのまま選手たちに教えられます。
Q、教えられたことは、すぐに取り組むことができますか…?
もちろん大丈夫です。このDVDに収録されている内容を実践するのに、たくさんの時間は必要ありません。必要なのは「いますぐやろう!」と思う、あなたの気持ちだけです。
Q、返金保証というけど、本当に大丈夫なのですか…?
もちろん大丈夫です。このプログラムに90日間取り組んでも、全く結果がでなかった場合、何度ご覧いただいた後でも理由を問わず、手数料735円を差し引いた金額をご返金させていただきます。
Q、インターネットでの申し込みが不安なのですが…
もし、あなたがインターネットでのお申込みに対して不安をお持ちなら、どうぞご安心ください。お客様のウェブブラウザとサーバ間の通信は SSL暗号通信により、暗号化されますので、ご記入いただく内容はすべて安全に送信されます。お申込みの際、個人情報の漏洩は一切ありません。
坂本流「ダブルス必勝戦術」~基本編~
  • 坂本流「ダブルス必勝戦術」~基本編~

坂本流「ダブルス必勝戦術」~基本編~

17,980円(税込)

加算ポイント:179 ポイント

ポイント:利用可能

数量:

この商品は0人がお気に入りに登録しています。

Facebook Twitter

この商品のレビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿する

レビューを投稿するにはログインしてください。

この商品は、次のカテゴリにも関連付けられています。

卓球 > 坂本竜介