Facebook Twitter

商品詳細

ボレーはとにかく大振りするな、足を出せ、横向け…それでもやってしまう人は?


センターへのドーン!というフラットサービス。スカッとエースで決めたいと思うのが私たちの願望。願望はあるけれど、実際にはスピードもそこそこで、さらに狙えない。もし苦しい場面で、1本でポイントをしのげればどれほど楽か…と思ったことはありませんか?

サーブは大事。わかってはいるけど、サーブだけ練習をする機会もなく、大幅なスイングを改造することもできない。私たちは学生テニスとは違い、テニスをする時間の中で地味なサービス練習をかごいっぱいに練習できる機会はなかなかありません。でもサービスはなんとかしたい。そんなとき、どうしますか?YouTubeで900万再生されているいなちん先生に聞いてきました。

トスを変えてみたらどうですか?

週末のテニス、2時間くらいの貴重な時間をサーブだけで終わるよりもラリーやゲームをする気持ち、わかります。でもサービスはキープしたい。そんなときに、スイングを変えるのではなく、トスのリズムを変えてみるだけでも十分に打点を高くすることは可能です。
打点が高くなればフラット系のサービスも入りやすいですし、基本的なスイング動作は変わっていないのでフォームやリズムが崩れるというような影響も少ないでしょう。トスのリリースするタイミングをわずかにずらすことで、かなり時間に余裕がでる方法をお伝えしますね。

※DVD限定映像ですので、途中までとなっております。


クイズ


さて、次は回転系サービスについてのクイズです。

スピンサービスであれ、スライスサービスであれ、回転をよりキレさせるためにはどちらの方法がいいでしょうか?

① 身体に近いスイング
② 身体に遠いスイング

さあ、①と②どちらが回転のキレがいい、サービスになると思いますか?自分のサービスに照らし合わせて真剣に考えてみてください。






正解は、②身体に近いサービスです。
テニスの知識が深い、あなたにとっては簡単だったかもしれませんね!②を選ばれた方でも、基本的なことでもさきほどのフラット系の打点を高くするサービスを打っていると、どうしてもトスが高くなってボールを持ち上げるスイングから自然と打ち下ろすような動作でスイングをしている場合は、キレが悪くなっているので再度見直してもいいかもしれませんね。

また①を選ばれた方、ぜひ試してみてください。スピンにしても、スライスにしても身体から近い位置で打つことで、自然と身体ごとボールに向かってスイングができるようになります。簡単なアドバイスですが、意外とスピンサービスの打点が前すぎたり、スライスで前に流れていたりという方も多いので、一度チェックしてみてください。

また緊張したり、身体が固い人も回転のキレが悪くなる要因になっているみたいですよ。動画でまとめたので一度ご覧ください!

※DVD限定映像ですので、途中までとなっております。



動画で学ぶ時代


自宅にいながら、動画で学べる。実際のコートでのようにボールを打つことはできませんが、情報を整理することができます。何を学び、どこにヒントを得て、何に注意をするのか。これらをコート外で整理することで、オンコート上での時間がより充実した濃厚なものとなります。戦術や戦略などの頭の中で組み立てだけではなく、実際のスイングや身体の動きなども自宅で確認することが可能です。この「コート外の時間をうまく使って動画で学習した人」と「動画でテニスは上手くならないとオンコートにこだわった人」その違いが明暗を分けたと言っても過言ではありません。

菅首相の発言の中でも「脱ハンコ」があったように今後様々なサービスや業態の中で、オンラインや電子化の流れはどんどん広がっていくでしょう。そこに上手く対応していくことで、今まで限界だと感じていた技術の向上にもまだまだ可能性が見出せることだと思います。


ではどのYouTubeを見るのか?


鈴木貴男プロを始め、トッププロからコーチまで様々なユーチューバーと呼ばれる方が高いレベルの情報を配信しています。一昔前までは、一般人が視聴者と同じ視線で情報配信をするのが面白いYouTubeという流れから、今ではプロや企業が予算を投入し本気で参入する時代になってきました。それほど今、動画で情報を得よう、勉強しようという熱心な方が増えているのです。そしてその数多くのYouTubeチャンネルの中で、私たち(株)Real Styleが自信を持ってお届けしたいと思うチャンネルがあります。それは「いなちん先生」こと稲本昌之さんが発する情報です。

稲本昌之(いなもとまさゆき) 通称:いなちん先生


大学在学中から江坂テニスセンターでテニスコーチとして働く。26歳の時にスペイン、バルセロナへテニス留学。2013年より江坂テニスセンター内に、ジュニアテニスアカデミーを立ち上げるプロジェクト開始。2015年、同アカデミーのヘッドコーチになる。現在は江坂TCを退職し、日本と海外を結ぶため、ジュニア海外遠征をスタート。YouTubeやブログで情報発信もしている。
今回のDVDの講師である稲本さんは、名門クラブ江坂テニスセンターのヘッドコーチを退職後、育成に関わった経験から、海外と国内のジュニアを繋ぐ活動をすべくプロジェクトをスタートさせるために活動されています。 その中でYouTubeというメディアと出会い、自分の持っているノウハウを、YouTubeを通じて発信していくという活動を始めました。しかし最初はアクセスも集まらず、選手としての輝かしい実績があるわけでもなく、またYouTubeウケするパフォーマンスもなく、どちらかといえば地味な存在で、誰も見てくれない中で、上達アドバイスを動画にして日々発信する。その繰り返しだったといいます。

しかしいつしかじわじわと状況が変わってきました。周囲は輝かしい経歴や魅力的なタレント性があるチャンネルの中でも、特に笑える場面もなく、目立つパフォーマンスもなく、また見栄えするテクニックを披露するわけでもないのに、上達のコツを真面目にアップすることでファンを拡大し、今では視聴回数900万回を超えるYouTube界で指折りの影響力を持つようになったのです。

こうしたコーチや選手としての実績も持たない人が、成功を収めるためには、他のやり方を批判して逆説の方法でファンを拡大するという手法がありますが、稲本さんは他人のやり方や、今その人が取り組んでいるやり方を否定はしません。「これはダメ、こうしてください」という表現ではなく、「もし今のやり方でうまくいかなければ、このやり方もいいかもしれません」というような具合です。


中高年に支持される「ゆるい感じ」


また稲本さんのチャンネルは中高年の視聴者が多いのも特徴です。若い世代はうまく思考を切り替えられ、まだまだゼロから取り組む時間と体力が残っているかもしれませんが、経験年数が長くなると、頭ではわかっていても、今のやり方を否定されたり、またゼロから取り組むことは年々億劫になってきます。ハッキリと答えを言って欲しい、という人にとっては物足りないかもしれませんが、この「今の自分を否定されないゆるい感じ」がYouTube開始後、たった2年半で900万回も視聴される人気の秘訣なのかもしれません。

稲本さんのレッスン動画のファンは2020年10月現在2万6000人が「いなちん先生」のYouTube動画を楽しみに待っています。その動画の種類は…

フォアハンド、バックハンド、ボレー、サーブなどの基本ショットから始まり、ハーフボレー、ドロップショット、パッシングなどの応用技術から、ダブルスの戦術、立ち位置、陣形、そして初級、中級、上級とレベル別の動画、男性、女性などの性別によるダブルス、プロやジュニアなどの指導まで幅広く人気が集めています。

これらも、またごく一部に過ぎません。特に何かに偏るわけではなく、オーソドックスに基本に忠実な指導法で、多くの人の上達を導くことに成功してきました。
それでは、このたった2年半で900万回も再生されたレッスン動画に関する内容の一部を見てみましょう。

 

テニスのいなちん先生
サーブ編

5,980円(税込)

       

総収録時間 3時間13分

サーブ編

サーブ編 Disc①


■1 サーブがレベルアップするグリップの握り
・サーブの構えを作ってから握りなおすコンチネンタルグリップ
・構えの手首の角度が変わるので注意

■2 肩をスムーズに回す方法
・直立状態で肩を回すイメージとは違う
・肘、肩の角度を90度に固定して上下に動かす動作

■3 サーブ、スマッシュの調子が上がる素振り
・フィニッシュでグリップエンドが上に向く
・頂点の前後でスイングスピードを変化させる
(頂点より前はフラットやスライス、後ろはスピンのイメージをつけやすい)

■4 速いサーブを打つトスアップの位置は?
・以前は右前だったが、現在の理論は頭の真上
・スライスは右前の方がかかりやすい

■5 サーブの打点とトスの高さ
・トスは可能な限り、低くした方がリズムを作りやすい
・落ちてくるのを待つとタイミングがずれる

■6 サーブが速くなる反りを生み出す練習
・反りのトレーニング
・肩甲骨を動かすトレーニング

■7 打点を高くするサーブ
・胸を上に向けて伸び上がる
・トスアップはボールの高い場所で打つ場所に置く

■8 サーブの打点が低くなる理由
・トスアップ後に目をつぶる練習
・トスに合わせるスイングではなく、スイングにトスに合わせる

■9 初球から学ぶ回転サーブ
・サーブは右から左にしかラケットは抜けない
・ボールの捉え方を変えれば球種が変わる

■10 羽子板サーブ卒業計画
・トスを前に上げるとボールの後ろが見える
・正面から見た時に手よりも左側にラケットがあるように

■11 羽子板サーブ完全攻略
・トロフィーボーズでボールを後ろに投げる
・打点の頂点で真下にボールを投げる

サーブ編 Disc②


■12 セカンドサーブの確率UP方法
・リストワークは、バイバイの動き
・トスアップは身体の近くが確率を上げる

■13 スピンサーブも厚く当てよう!薄い当たり改善!
・回転をかけ易いのは、右肩の上
・右肩をコートの内側くらいの気持ちで

■14 スピンサーブの回転量を高めるトスアップ
・後ろの人にパスするイメージ
・ラケットヘッドを走らせる方法

■15 セカンドサーブ① 美しいトスアップで確率UP
・高い所でボールをはなすコツ
・ボールを3球でトスアップする練習法

■16 セカンドサーブ② タメを作るトスアップ
・上半身と下半身を分離させる
・手首は谷折りがいい

■17 セカンドサーブ③ やってはいけないトロフィーポーズ
・3つのためを作るポイント
・後方への反り方(膝から反るイメージ)の方法

■18 セカンドサーブ④ 3つのためで最高のトロフィーポーズを作ろう
・右肩を下げて、回転軸をイメージ
・傾いた軸に対して肩を垂直ターンさせる

■19 セカンドサーブ⑤ 2種類のテイクバックから自分流を作ろう
・2種類のテイクバック方法
・肘は両肩の延長線上へ!が流れを作りやすい

■20 セカンドサーブ⑥ 加速するスイングで回転をかけよう
・肘を張ることで腕が使いやすくなる
・肘を高い位置でキープできるかが鍵

■21 セカンドサーブ⑦ たかが左手されど左手
・右手に合わせて左手は動かす
・窮屈な状態くらいがスピードを出しやすい

■22 セカンドサーブ⑧ これだけ簡単スピンサーブ!綺麗なスピンがかかる練習方法
・当てる場所を変えてみることも大切
・スピンサービスはボールの左下に当てるイメージ

■23 セカンドサーブ⑨ スピンとスライスを両立させよう
・トスの位置は変えるべきか、どうか
・同じ動きで当て方を打ち分けるための方法

■24 セカンドサーブ⑩ 大きく曲げるデュースサイドのスライスサーブ
・面の角度でコースを狙う方法
・前に飛びながら打ち、背中側に打つイメージ
90日間返金保証
まずは、今日、このDVDを試してみてください。 そして、この中のたくさんのテクニックを試してみてください。そうすれば、練習の結果が今まで以上になることが期待できるでしょう。もし、この商品を試してみて、気に入らないようでしたら、どんな理由があろうと、購入日より90日以内に、商品を返品して頂ければ、代金はお返しいたします。


何度も繰り返し視聴された後でも、返品が可能


物心ついた時からネットがあり、スマホを使う若い世代はともかく、中高年の方にとってはオンラインと聞くだけで不安や抵抗が残りますよね?そんな方を対象に、今回「テニスのいなちん先生」の情報をDVD化してお届けすることにしました。これならば自宅のデッキやパソコンで視聴が可能ですよね。

もし今回のDVDの内容が「合わなかった」「身にならなかった」と思う方は、DVDを何度ご覧いただいた後でも、返品が可能です。このDVDには、「返金保証」をお付けいたします。

DVDの内容にご満足いただけない場合は商品到着後90日以内にご連絡ください。何度ご覧いただいたあとでも理由を問わず、手数料735円を差し引いた金額をご返金させていただきます。ですので、90日間、じっくりとDVDをご覧いただき、あなたの買い物が正しかったかどうかをご判断ください。これは、教材のクオリティに本当に自信があるからできるお約束です。


いなちん先生へのご質問、ご相談はこちらからお寄せください。
いなちん先生へのご質問・ご相談はこちらをクリック!

テニスのいなちん先生 サービス編
  • テニスのいなちん先生 サービス編

テニスのいなちん先生 サービス編 NEW

  • 5,980円税込

加算ポイント:59 ポイント

ポイント:利用可能

発売日時:2020年 11月 17日 00:00

数量:

この商品は0人がお気に入りに登録しています。

Facebook Twitter

この商品のレビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿する

レビューを投稿するにはログインしてください。

この商品は、次のカテゴリにも関連付けられています。

DVD教材 > テニス

DVD教材 > テニス > テニスのいなちん先生