Facebook Twitter

商品詳細

あなたのお子様に、その練習法は、本当に合っていますか?どんな教材を試しても、体が開く、突っ込む、打球が飛ばない…なら、試してみませんか?バットの快音が止まらない本物の練習法を。遂に、関西で「行列ができるバッティングコーチ」が上達の秘訣を公開。これがスイングスピードを速くしてフェンス直撃の弾丸ヒットを打つバッティングフォームの作り方です

あなたは、お子様のバッティングを見て、
涙を流した経験はありますか?

バッティングセンター写真

こんにちは。お父さんのための野球教室の桜井です。

今回ほどワクワクして撮影に参加したことはありません。

なぜなら、ご紹介するバッティングレッスンは“泣ける”バッティングレッスンだと、事前に事務局から聞いていたからです。

もちろん、「やっぱり打てない…」とか、「すごく厳しいレッスン」だから泣けるのではありません。

「うちの子がこんなにも打てるのか?!」と、
嬉し泣きする、お父さん・お母さんが続出する
バッティングレッスン。

ウソだと思いますか?でも本当なんです。

私も参加するまで、「少し大げさ過ぎでしょ?」と、どこかで疑っていたのですが、撮影開始まもなく…想像を超えるレッスンに、そんな考えは吹き飛び…

同時に、こんな残念な気持ちが込みあげてきます。

「どうして、現役の時にやらなかったのか…」と。

どうやって、涙がこぼれるほどのバッティング上達ができるのか?今から私が撮影に参加して学んだありのままの事実をあなたにお伝えしますが

一体どんなコーチが、数々の「打ちたいのに打てない」子どもたちを、「涙が出るほど打てる」打者へと変貌させるバッティングレッスンを展開するのか…気になりませんか?

これからレッスン内容をお伝えする前に紹介します。

わかる!できる!打てる!
行列のできる至極のバッティングレッスンで
最短最速の成長に結びつける
打撃上達のエージェント


野球教室BBC(ベースボールコミュニケーション)ヘッドコーチ
西本正明
(にしもと まさあき)

「バッティングの動きは、今すぐ、大きく伸ばせます」
奈良・香芝高等学校を卒業後、山口・東亜大学に進学。創部15年で3度の全国制覇を成し遂げた大学野球の名将・中野監督のもとで指導を受け、全日本大学野球選手権大会に出場。自身が得た経験をもとに、少年野球や高校野球の臨時コーチとして多くの選手を指導。何百人ものあらゆるタイプの選手に触れ、“バットヘッドを走らせて強い打球を打てば”ヒットが劇的に増えることを確信。そのバッティング理論が関西で口コミによって広がり、飛ばない・当たらないとバッティングに悩む多くの選手たちが絶え間なくレッスンに訪れる。現在は、関西のバッティング上達エージェントとして、BBC野球教室・伊丹校のアシスタントコーチを歴任し、4つのスクール(東淀川校・四條畷校・八尾校・宝塚校)のヘッドコーチとして小学生から高校生まで幅広い層の選手の指導を精力的に行っている。

バットのヘッドを使いこなすだけで、当たる・打てる・飛ぶ
バットヘッドを意のままに操り、
ヒットメーカーの上達基盤を作り上げる

両振り・半身メソッド

イメージ写真

このDVDをご覧になった90分後には、
「どうして、今までやらなかったのか…」と残念に思うかも知れません。

でもご心配は無用です。
このDVDのレッスンを実践すれば、
っという間に、
これまでの時間は取り戻せます。

なぜなら、このDVDのレッスンは
1日わずか5分で、バットヘッドが走るスイング
身に付けることができるからです。


野球解説で、こんな言葉を聞いた経験はないですか?

ヘッドが効いて完璧なホームランでしたね」
ヘッドが走ってますね」

ヘッドが効く・走るとは…
「ヘッドが効く・走る = 結果を出すバッター」
という意味で使われる褒め言葉ですが…


まさに、「ヘッドが効く・走る」のが
バッティングの答えであり…

「ヘッドを効かせる・走らせる」ことこそ、
ヒットを打つ方法そのものだと思いませんか?

しかし、
どうやって「ヘッドを効かせる・走らせる」のか?を
教える指導者はほとんどいません。

なぜなら、バットのヘッドを走らせる方法を知らないからです。

だから、
「バットのヘッド下がってるぞ!」
「バットのヘッドが走ってないぞ!」

と、見たままの結果しか口にしないのです。

これでは、まるで謎解きです。

だから、
子どもたちは悩み、なかなか上達にたどり付けない…

そんな子どもたちが
西本コーチの元で、
バットのヘッドを効かせられるようになり
すぐに結果を出しているですが…

そもそも、なぜバットのヘッド効かせ、
走らせないといけないのか?

結論から言うと…

お子様がバットを振る際、
バットのヘッドを効かせると、

ボールを簡単に捉えることができ、
さらにヘッドを走らせることで、
スイングのスピードが上がる
ようになります。
スイングスピードが上がると…
  • 速い球に振り遅れず打ち返せる
  • 強い打球のライナーやゴロが増えるため
    内野の間を抜ける、あるいは強襲ヒットが増える
  • 角度をつけて振ることができるので、外野を超える長打が打てる
  • ボールを引き付けて打てるので、狙ったところに打てる
  • バットの軌道が安定してボールの芯に強いインパクトを与えるので、
    ボテボテの内野ゴロと力のないフライが減って
    ライナーや低い弾道の打球が増える
  • 遠回りに見えるスイングが、最短距離のスイングに変わる
  • 体が小さくても打球が速くなり長打が打てる
つまり…バットヘッドのスピードを効かせる・走らせることは、

“レギュラーになる”
あるいは、
“主軸を打つ”ための最短ルート

なのですが、自分から“遠回り”をしている選手がいます。なぜなら…

バット全体を強く振ることに
意識と時間を労費している

からなんです。

お子様のスイングを思い出してみてください。

バットをピッチャーに向かって、
バットを押し出すようなスイングをしていませんか?


バット全体を振ることに集中すると、
手首が返らず、単にバットをボールに当てるだけになり、
詰まる、振り遅れる、当たり損ねる。
という結果になるわけです。

大切なことは、バットを押すのではなく、ヘッドが自然に回る動きを作ること。

そうすれば、バットのヘッドが走って
簡単にボールを捉えて強い打球でヒットが打てる
ようになります。

そんなバッティングフォームを作り出すのが
両振り・半身の上達アプローチなのです。


その結果、あなたのお子様も
1カ月後、あるいは7日後、あるいは90分後には…


すでに西本コーチのレッスンを受けて、試合でヒットを量産し始めているこちらの選手たちは、


  • とにかく打てない
  • バッティングフォーム、スイングがぎこちない
  • 試合には出たり出なかったり
  • レギュラーチームになってから打てなくなった
  • コーチによって指導内容が違うので、子どもも親も混乱している
  • 「上体を使って」とか…「腰をグッと回して」とか…漠然とした指導内容は、子どもも親も何をどうすればいいかわからない
  • 打てない日が続くと、帰りの車の中や夕食のときも暗い空気になるし、 「あの時、こうすればよかったんじゃない?」と、反省会になり、子どもはやる気を失ってしまう
ほんの数日前までそんな悩みを抱えていた普通の子どもたち。
でも、今は年上の学年に混ざって、主軸級の中心選手として活躍し始めています

レッスン前とレッスン後(2週間後)

レッスン前とレッスン後(1週間後)

レッスン前とレッスン後(1週間後)

レッスン前とレッスン後(30分後)


保護者の許可を得て掲載をしています。

レッスン初日わずか30分で
打球が
外野の頭上を
超える子どもも。

バットヘッドのスピードを加速させて
打球速度の次元を引き上げる
両振り・半身とは?

両振り・半身…あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、
バッティングフォームの本質を形作るプロセス
だと考えていただいて結構です。

両振り・半身とは、
ボールをドンピシャの位置でとらえて打球速度を劇的に上げる
とても優れたバッティング上達法です。

具体的には、
バットヘッドのスピードを引き上げて、スイング軌道を安定させる
ことでヒット、さらには長打の確率を押し上げるバッティングフォームを作り上げます。

その結果、早くからこの“両振り・半身”を取り入れた選手たちから、
バッティングが変貌し、次々と実践で成果を出すことになるのです。
このレッスンを関西の一部の子どもたちだけでなく
全国で「なぜ、練習しても打てるようにならないのか?」と悩む選手に一刻も早く届け、
ヒットを打てないのはセンスがないからではない
打てる動きと感覚のコツをまだ知らないだけだということを知って欲しい
そして、ヒット・長打を、時間をかけずに量産していただく。
そんな思いで生まれたのが今回の「両振り・半身プログラム」です。


もし、他のバッティングレッスンや教材で上手くいかなくても
絶対に諦めないでください。


「両振り」と「半身」
このたった2つのアプローチ
お子様のカラダの内側から
スイングスピードを引き上げる動きと感覚をインプットさせて
強い打球を“打てる”バッティングフォームを構築します。

「後ろ向きだった息子が、自信満々で
試合に臨めるようになりました」
このメソッドを実践した方々からの
喜びの声をご紹介します。

お名前:K.I様 年齢:42歳、プレー歴:3年、指導歴:2年
今までは、「強く振る」ということを、漠然と意識させて素振りやティーバッティングに取り組ませていましたが、このDVDで、具体的にどこを気にすれば良いのかを、理解することができました。 足や腰の使い方を、一番に気にしながら 練習に取り組んできましたが、脇腹から上をしっかりと捻ることができれば、自然と股関節の動きも良くなる、という話は、とても参考になりました。手の動かし方、足の置き方、胸の向き、など、具体的に詳しく説明をしてくださるので、とてもわかりやすく、子供が見ても理解できる内容だと感じました。どのような意識を持ってバットを振れば良いのか、悩んでいる方にはおすすめしたいと思います。
お名前:Y.E様 年齢:37歳、プレー歴:8年、指導歴:2年
今回DVDを見て一番勉強になったことは、今まで指導の際は強い打球を打つためには、スウィングスピードをあげていくしかないと思っていましたが、両振りをすることによって、ボールを体の前ではらう感覚で打つことによって、強い打球が打てるということです。実際に、子供に指導してみたところ、すぐに効果があり、打球が力強くなりました。実際のピッチャーと対峙したときに、どうなるか今から楽しみです。打っても打球が前に行かない子供がけっこういると思うのですが、このレッスンを通じておへその前ではらうイメージを体にしみこませれば、改善されていくものだと思います。実際、そういった子供がチームにいるので、どのように変わっていくか、粘り強く指導していきたいと思います。
お名前:A.H様 年齢:46歳、指導歴:6年
いろいろなドリル、説明がありましたが、内容はシンプルですので、非常に分かりやすかったです。特に参考になったところは、DVDの中で黒のバットをヨガで使う棒に対して叩きつける際、90度で入れ、棒を少しづつずらす(立てていく)とバッティングに近づくことや、スイング始動からフォロースルーまでを分割にして、おへその前で左手と右手が入れ替わった場所でボールをとらえるように打つと指導されてたところ、スイング時の左手と右手が入れ替わるところを左手の親指を立てて説明されてたところです。あわせて、ヘッドが走るようになるには、下半身の動きよりまずはしっかり上半身が捻じれて振り出す事ができるにようにする、腰を回す為の下半身の動きでなく、脇腹から上がしっかりひねれていれば、バッティングになると説明されていところは、DVDをみていて発想がちょっと変わりました。子供のバッティングを教えている指導者の方は「ボールを前でとらえなさい」と教えている方が多いと思いますが、ボールに対して前すぎでボールを当ていく子が多く、おへその前からゾーンでボールに当てるところがDVDにありますので、特にゆるいボールを待てない子にはオススメです。
お名前:R.S様 年齢:54歳、プレー歴:20年、指導歴:15年
子供たちに多いのは、飛ばそうと思ってピッチャー方向に真っ直ぐの力で バットを押し込むようになってしまうので、ターンをしてヘッドを払うようなスイングにするためにも両振りが有効かと感じました。特に参考になったのは、トップから最初の1/4を早く振ること。右手と左手が入れ替わる間にボールを捉えられるかというのが重要。ということです。
お名前:Y.K様 年齢:43歳、プレー歴:33年、指導歴:9年
・ほとんどの結果が残せない人のスイングというのは前に突っ込んで詰まってしまう。(気付き)
・ヘッドを走らせる為の上の手と下の手の手首の使い方(参考)
・力を入れて強く叩こうとするときの手首の使い方や、ヘッドの角度の説明は分かりやすかった。(参考になったこと)
・スイングの後、つま先立ちになっているのは当てに行っている証拠(気付き)
・逆方向に弱いフライが上がってしまうのは前脇が空いてバットを真っ直ぐに押しに行っているからという事が分かった、ポイントが詰まっているだけじゃなく、バットの軌道が悪かったのですね。(なるほど)
お名前:K.W様 年齢:39歳、プレー歴:0年、指導歴:3か月
息子(小学3年生)が少年野球チームに加入することになり、野球についてはまったく初心者の私が、育成者として練習に参加することになりました。私自身はバスケをしていたので、基礎的な運動方法や、捕球時の足の運びなどは、子供たちに指導することは容易でしたが、一番悩んだのはバッティングについてです。チームの先輩育成者や、テレビの解説、書籍などの情報が多く、何が正しいのか、何が根幹なのかを理解できておりませんでした。レベルスイング、ダウンスイング、身体が開く、カベをつくる、ヘッドが遅い、ヘッドが効いてる。これらの言葉を自分で理解するだけでなく、子供への指導として還元するとなると、かなりハードルが高かったです。このDVDでは、スイングの過程が丁寧に解説してあり、4つ(下半身・上半身・腕・グリップ)の動きの連動性を理解することができます。素振りを往復させることで、この連動性の習得に繋がるのだと思います。この4つをうまくコーディネート出来ていないお子さんや、腕だけで振ろうとするお子さんなど、DVDを見進めていくなかで「原因はこれか!!」「こうやって指導すればいいのか!」「この練習方法が効くな!」というひらめきが、たくさんありました。新米の育成者にとっては、このようなDVDはとてもありがたかったです。これからも謙虚な気持ちを忘れず、このDVDの内容を子供たちにレクチャーし、ヒットや長打の喜びを分かち合いたいと思います。
お名前:N.S様 年齢:47歳、プレー歴:0年、指導歴:3年
私は草野球ぐらいしかやって来なかった為に、我流でしか野球を知らなく、息子が野球を始めてから、野球についてインターネットなどで調べたり本を読んだりして、父親コーチとして指導してきました。中でもバッティングの指導が難しく、どのように教えていいものかと思っていたところ、今回このDVDを見て今まで思っていたバッティングイメージが180度変わりました。今までは下半身が需要で股関節の回転を中心に指導してましたが、このDVDでは胸をひねって回転する。またトップの位置からボールを殴るように打つことで、バットスピードが上がり、ヘッドが効いた早い打球を打つ事ができることを教わり、今後バッティング指導に取り込んでいきたいと思います。ありがとうございました。
お名前:A.T様 年齢:41歳、プレー歴:0年、指導歴:4年
“ヘッドを走らせる”よく耳にする言葉ですが、野球経験のない父親コーチの私は、ぼんやりとしたイメージしか描けませんでした。このDVDを拝見して、指導方法、チェック内容等、分かりやすくご紹介頂き具体的にイメージができるようになりました。私のような経験のない父親コーチには特にお勧めです。一番印象に残る内容は、両振りの練習でスイングが滑らかになってくるとトップの位置でスイング音が聞こえてくることです。息子のスイング音は(表現が適切ではないかもしれませんが)遅れた前の方で聞こえます。是非ともトップの位置でスイング音が聞こえるよう親子で練習しヒットを量産したいと思います。ありがとうございました。
お名前:Y.S様 お子様の学年と年齢:小学5年・11歳
推薦文2

お名前:B.H様 お子様の学年と年齢:小学6年・11歳
推薦文3

お名前:S.T様 お子様の学年と年齢:中学1年・13歳
推薦文1

お名前:S.G様(台湾出身) お子様の学年と年齢:小学4年・10歳
推薦文4

さあ、いっしょに涙を流してみませんか?

お子様の変貌するバッティングフォームに。
ダイアモンドを笑顔で駆けまわる
お子様のキラキラとした姿に。

バットヘッドのスピードを最大化して打球を
速くする
ヒット・長打を量産する
バッティングフォームを築く

このDVDは、関西のバッティングエージェント西本コーチが実際にレッスンで使用している、
“両振り・半身”についての理論・テクニック・ノウハウ・ドリルが詰まった唯一のDVDです。
あなたのお子様が繰り返し実践して吸収できる
数カ月先までキャンセル待ちの秘密のバッティングレッスン。
その内容とは?

レッスン1 両振り(収録時間:53分)

パワフルなスイングと正確なバットコントロールを
手に入る、1日わずか5分で上達。
11の魔法のバッティング練習法とは?


両振りによるヒットへのアプローチ法をじっくりと解説します。
あなたのお子様のバッティングで打球をグイっと速くするための驚くべき秘密?
この秘密を知るだけで、バッティングフォームが変わり、打球のスピードが2段、3段惹きあがる子どももいます。打球の速さはバットのスイングスピードに比例しますが、単に筋力や体力をつければスイングスピードが速くなるわけではありません。もちろん力を入れてスイングしても、逆にスイングスピードは落ちしてしまいます。スイングスピードに重要なのは、バットの“ある部分”を“上手く使いこなせるかどうかなのです。
ほとんどすべての選手がバッティングで間違えてしまう理由とは?
ヒットを打ちたい!と思って練習すればするほど結果が出ない…と感じた瞬間を1度でも経験されたことがあるなら、もしかすると“ヒットを打つためのプロセス”に問題があるかもしれません。
ヒットと長打を量産するためのシンプルな戦略とは?
単にヒットを打ちたいと思うだけではヒットは生まれません。バッティングには結果から逆算した戦略が必要です。もしお子様がヒットを打ちたいのなら、プランAを。そして長打を打ちたいのなら、プランBの戦略が有効です。ヒット、長打、それぞれを打つために常に頭に入れておかなくてはいけない戦略をお伝えします。
パワフルなスイングと正確なバットコントロールを手に入れる!1日5分でできる11の魔法のバッティング練習法。
強く遠くに打球を飛ばすには、ミート力(打率)を落とさなくてはいけない、あるいは、単打を打つにはパワーを落とさなくてはいけない、などと思っていませんか?実は、その考え方がパワーと確実性を落としているのです。パワーと確実性…一見すると相反する能力を同時に高める11の練習法をじっくりと説明致します
たとえ体が小さくても、長距離砲になれる方法とは?
背が低い、あるいは体の線が細い選手はバットを短く持ってコツコツ当てていく…そんな2世代前の野球観は捨ててください。カラダが小さい子どもほど長距離打者になる戦略をお伝えします。
なぜ、ヒットのチャンスを自分で潰してしまうのですか?すぐに打球を強くしてヒットと長打を量産する方法とは?
ヒットを打ちたい!大きなホームランを打ちたい!とは、誰もが持っている気持ちですが、そんな気持ちが打てるチャンスを潰しているとしたら?サードやショートにボテボテゴロになってしまうメカニズム、ヒットと長打を打つための方程式を伝授します!
多くの選手が犯してしまっているド真ん中の球に詰まるスイングミスを回避してヒットを量産する方法
この方法により、バッティングにおける“詰まり”の原因が明らかになります。原因がわかれば、後は対処するだけ。このヘッドスピードと確実に球を捉えるシンプルな方法により、これまで悩んでいた“飛ばない”“当たらない”バッティングの悩みは一気に吹き飛んでしまうでしょう。
お子様が「いま」どんなスイングをしていても、短期間でヒットと長打を打てる打者になるバッティングモーションとは
例えお子様がぎこちなく力の抜けたスイングをしていたとしても、この動きさえ手に入れれば、瞬く間にヒットあるいは長打の確率が2段、3段高まります。そんなバッティングモーション(動き)を細かく説明いたします。
安打を量産するための3つの簡単な条件とは?
そしてこの条件をカラダに備える方法とは?(これは西本コーチが最も重視しているノウハウです)。まずはこの3つの条件を整えてください。
体に強烈なうねりを作って鋭いスイングを作るシンプルな動きのイメージとは?
速い打球を打つ、バットコントロール(軌道)の安定性を高めるには、“力”が必要なのですが、“力み”になるとスイングスピードの低下、不安定なスイング軌道になり、ボテボテのゴロ(あるいは空振り)になってしまいます。しかし、このシンプルなイメージでカラダを動かすと、カラダに強い捻りが生まれパワフルで巧みなスイングが自然に作れるようになります。
打球を速くしてヒットを打つために、知っておかなければならない、たった1つのポイントとは?
バッティングを教える際、何をどのようにチェックすれば良いかわからない、という方はこのポイントだけ抑えておいてください。そして、この1つのポイントさえ上手く動かすことができれば、またたくまに打球に勢いが生まれます。
バットヘッドの正しい使い方(ほとんどの人はバットヘッドの本当のバットヘッドの動かし方を間違えています)
バットに振り回されていませんか? もし心当たりがあるなら、まずはこの正しいバットヘッドの使い方を試してみて下さい。バットがお子様を振り回すことはなくなるでしょう…なぜならバットがカラダの一部になったかのように鋭く思いのままにスイングができるからです。
どんな子どもも自動的にベストなトップ(スイングを開始する場所)の位置を見つけて、スムーズでスピードの出るスイングに変わる魔法の練習法
この方法によって、お子様に最適なトップの位置が簡単にわかります。バットを振り始める最初の位置(トップ)が、自分にフィットしていないと、その後のスイングに力が出ない、あるいは思うようにバットヘッドが出ません。この簡単な方法により、10秒も経たないうちに、ベストなトップの位置をモノにしてしまうでしょう。
一振りで外野が後ろに下がって守りたくなるスイング軌道になる、強力な“ヘッドの走り”の作り方
この方法によって、ヘッドスピードが格段に速くなり打球速度を引き上げます。多くの選手が“ある動き”を体から離れた位置で行ってしまうことで、バットヘッドが遅れてしまい、ド真ん中でも打球を詰まらせてしまいます。そんなバットヘッドの遅れを回避して、強烈な打球を放つ方法を伝授します!
コーチがいなくても子どもが自動的にヘッドスピードをグイグイ上げてしまうシンプルな練習法とは。
この方法は、お子様一人のバッティング練習でも確実に正しいフォームで練習させて、正確なスイングを癖づけるのに有効です。お忙しいあなたがお子様に付きっきりで練習できる時間は限られています。そこでバッティングを上達させるのに有効な練習法が“置きティー(スタンドティーを利用したバッティング練習)”。しかし、お子様一人での練習では正しいフォームをチェックするのも限界があります。そこで、確実に打球を速くするフォームが身に付く置きティーの方法を伝授します。これで、あなたが忙しくても自動的にお子様は上達のエスカレーターに乗り込めます。
ほとんどの選手が失ってしまっているスイングに必要なパワーの漏れを回避して、バットヘッドにパワーを集約して圧倒的スイングスピードを生み出す強力な「ターン」をする方法とは?
多くの選手は力が溜まっていない状態でスイングを開始することで、バットヘッドに十分なスピードを作り出せていません。この方法によって、力が抜けることなくバットに伝わりスイングスピードを最速化させます。最速化されたスイングから放たれる打球は、これまでとは比較できないほどの勢いになり、きっとその結果に驚かれるに違いありません。
バットヘッドがトップスピードでボールを捉えることができる、事実上誰にも知られていないゾーン“四分の一”とは?
そしてこのゾーンを試合で都合よく利用する方法!ほとんどの選手は、力を出すゾーンを間違えていてパワーをバットに伝えきれず損をしています。“ある場所”に力のピークを持ってくれば、バットが走り鋭いスイングでボールを捉えることができるのですが…。
下半身を使って打つのは止めて下さい
動きと感覚の伝え方とは本当にむずかしいものです。バッティングのパワーは下半身を使って鋭いスイングを生み出すのですが、「下半身を使う」ことを意識すればするほど下半身が使えなくなるという事実…。このパートでは、子どもが下半身を使ってバットヘッドを走らせる“魔法のコトバ”を伝授します!
胸を使って、ダイナミックでパワフルなスイングをすばやく簡単に作り出す方法
この方法によって、バットを振り切らない(浅い)スイングを、大きく深くダイナミックなスイングを作り出すことができます。スイングが大きくなれば、カラダのぎこちなさが解消し、バットコントロールしやすくミート確率も格段に上がります。この方法により、縮こまっていたバッティングフォームが解放されて、間もなく長打が出るはずです。
スイングの軌道を大きくして、長打の確率を劇的に上げる、強力な「フルスイング」を作り出す方法
この方法は、バットヘッドの走る軌道をより大きくして、バットヘッドを加速させることにより、ダイナミックなフルスイングから外野への強烈な打球を飛ばすのに有効です。手とバットを一体化させることでバットヘッドの軌道を大きくするのですが、その方法を詳しくお話しいたします。
バッティング指導で決して信じてはいけないこと
野球には歴史があり、これまで積み上げられた指導法が数多く存在しますが、その中にはスポーツ科学が発達までの“迷信”も含まれていることに注意しなければいけません。バッティングの上達を阻むよくある“間違った”指導法に終止符を打ちます。
100%のチカラが自動的に出力されて、バットヘッドのスピードが格段に上がる動きのテクニックとは?
このテクニックを使えば、例え力を入れなくてもカラダは一瞬でバットのヘッドスピードを上げる強い捻りを生み出すことができます。
多くの打者が犯してしまっているバットヘッドのスピードを落とすグリップ回りのひどいミスとは?そしてその解消法とは?
バットをスイングする際、重要になるのが手首・グリップですが、“打てない”打者が共通してやりがちなミスを明らかにします。あなたのお子様には絶対にそんなミスをして欲しくありません。
カラダをドリフトさせて、圧倒的なスイングスピードを出力させる、強力な「体のスピン」を作り出す方法
もし、あなたが車を運転されるなら、こんな経験はありませんか?バックしながら前進のギアに切り替える…そこには大きなエネルギーが発生しますが、これと同じように、バッティングでも大きなエネルギーを体に発生させて爆発的なスイングスピードを生み出す方法があるのをご存知でしょうか?そんな大きなスピンを生み出す方法を伝授します!
リスト(手首)を使って、バットヘッドをすばやく簡単に100%走らせる方法
この方法は、このディスクの総仕上げになる方法で、これまで取り組んできた方法を集約して、バットのヘッドスピードをこれまで感じたことのないレベルへと引き上げます。この方法により得た動きと感覚を体にインプットすることで、勢いのあるボールにも力負けすることなく、最大インパクトではじき返すことができるでしょう。
なぜ、脇が開いて窮屈なスイングをする選手でも、スイングが美しくなり簡単にヒットを打てるのか?この1日わずか5分のメソッドを実践するだけで。
この方法により、バッティングの際、脇が開くメカニズムと原因がわかります。打てない…スイングが遅い…その原因が明らかになれば、後の対処は簡単です。このパートでは、脇が開いて窮屈なスイングを解消するあらゆるノウハウを吸収いただけます。

レッスン2 半身(収録時間:41分)

バットのヘッドスピードが速くなる動きと感覚を
実戦のバッティングフォームに溶かし込んで
強烈な打球の化学反応を起こす
バッティングテクニック「半身」の秘密

DVDイメージ
バットのヘッドスピードが速くなる動きと感覚を実戦のバッティングフォームに溶かし込んで強烈な打球の化学反応を起こすバッティングテクニック「半身」の秘密とは?
そしてその「半身」を試合で都合よく利用して結果を出す方法!(この技術をそのまま利用して、試合で結果を出す子どもたちが後を絶えません)
プロ野球選手たちはそのスイングをどうやってスピードアップさせているのか?
このシンプルな“バッティング理論”を頭に入れるだけで、バッティングフォームは格段に美しくなります。このパートでは、上半身のねじりを作ってヘッドスピードを二つも三つも上のステージへ引き上げるシンプルな理論を説明します!
バッティング上達の兆候を把握する簡単な方法とは?
練習を続けていると、その成果を早く実感したくなると思います。もちろん最終的な成果は試合でヒットを量産することですが、その前に上達しているかどうかを簡単に確認できる“ある簡単な”方法があります。まずはこの方法で上達を実感して、さらに練習のモチベーションを上げて上達を加速させてください。
筋トレをすることもなく、より力強いスイングスピードを手に入れる方法
この方法を使えば、筋力トレーニングをしなくても、一瞬で力をつくり出してスイングスピードを高めることができます。筋力アップにはある程度の時間が必要ですが、この方法ならすぐに成果を出していただけます。
90%以上の打者が気づかずに、ファーストフライ、セカンドフライを打ち上げてしまっているボールの捉え方とは?そして、ドンピシャでボールを捉える方法
「また、力のないフライを打ち上げた…」と一度でも思ったことがあるなら、この方法はきっとお子様のお役に立つはずです。なぜなら、この方法によって、バットヘッドがボールを的確にとらえる軌道を描き、ドンピシャのタイミングでボールにインパクトを与えるからです。
サード・ショートへのボテボテゴロを解消して、飛距離のある打球を打つ方法
お子様の打球が、サードあるいはショートにボテボテのゴロが飛ぶなら、この方法は有効です。この方法を使えばボールに強烈なスピン回転を与えて外野まで打球を運べます。もちろん、簡単なテクニックではありませんので、習得までにある程度の期間を必要とする選手もいますが、コツをつかめば即、習得も可能です。
バットのグリップが先に出てしまう“こねる”打ち方の簡単な修正法
この方法により、お子様のバットを動かす手元に何らかの悩みを持っていたとしても、その具体的な原因が浮き彫りになります。原因を知ればすぐにその悩みは解消できます。「リストターン練習法」により、お子様のスイングはみちがえるように滑らかで力強いものになるでしょう!
外角の球も圧倒的ヘッドスピードでスムーズなスイングを作り上げる練習法とは?
このメソッドまで進んでいれば、すでにバットのヘッドスピードが上がり、メソッドを始める前とは比較できないほどのスイングと感覚が身に付いていることでしょう。このパートでは、そんなスイングと感覚を、あなたのお子様のバッティングフォームに溶かし込み、実戦で結果を出すための自力をつけるための方法を詳しく解説します。
カラダの捻りが十分にできているかどうかを見分ける簡単な方法とは?
バットのヘッドを走らせてスイングスピードを上げるには体の捻りが必要不可欠ですが、バッティングフォームを見るだけでは十分な捻りが生まれているかどうかを確認するのは非常に困難です。しかし、この方法を利用すれば、野球の経験がなくても簡単に見極めることできます。
ヒットを量産するためにやっておかなければならないシンプルな3つの準備とは?
「仕事は段取りが八分」という言葉がありますが、野球でも同じように結果を出すために、事前の準備がとても重要です。試合の準備をキッチリしておけば、そのパフォーマンスの8割は確実に発揮できるでしょう。そんな重要な最低限やっておくべき3つの準備についてお話したいと思います。
誰にも気づかれずに打席数を9倍にして、投手のタイミングを盗み取るテクニック…非常に簡単な方法なのですが、その方法とは?(ルール上全く問題なく、逆に監督やコーチからは称賛されるに違いありません)
ピッチャーのタイミングがつかめない…試合で打てない…という悩みを抱えているなら、この方法は本当に使えます。もちろんルール違反ではありませんし、むしろヒットを量産するには“やらなくてはいけない”方法です。
打席に立った際、バットヘッドを正しい動きに引き寄せるシンプルな方法とは?
バッターボックスに立てば、コンマ何秒で到達するボールに“考えてカラダを動かす”ことは非常に困難です。そんなバッターボックスで役立つのが「自動的に正しい動きに誘導」する方法です。どんな緊張した場面でもバットヘッドを正しく動かしてボールを捉える方法を伝授します!
バッティングの上達を見極める基本法則
今回ご紹介するメソッドはバットヘッドのスピードを速くする動きと感覚を身に付けるものですが、メソッドを始めてすぐに“ある変化”が出れば確実に上達をしています。その変化を把握すれば、迷うことなく上達を加速させ、間もなくヒットの確率が右肩上がりになるでしょう!
子どもの目標意識を外側から刺激して、自動的に上達のモチベーションを上げるシンプルな方法とは?
「練習!練習!」と言っても子どものモチベーションは高まりませんが、ある簡単な方法で目標に対する意識を刺激することで練習のモチベーションを高めることができます。
自分のタイミングに投手を引きずり込んでドンピシャのフルスイングする方法
ルール上問題なく、投手との対戦を増やして投球タイミングを盗み取る方法とは?球の速い投手、遅い投手、モーションが速い投手、遅い投手…様々なタイプの投手がいますが、この方法を使えば、どんなタイプの投手でも、こちらのタイミングでバットをスイングすることができます。
紹介しきれないほどのノウハウがまだまだあります!

これ以上、バッティングを本質から
鍛え上げるレッスンはありません。
このレッスンは“最後の砦”です。

野球は努力の積み重ねで上達する。これは間違いのない真実です。しかし…バッティングの動きは今すぐ大きく伸ばせます

野球は、サッカーのように指導指針が一本化されていません。そのためチームに古くからいる監督やコーチの「前で打て!」「コンパクトに!」「もっと腰回せ!」というバッティング上達に急ブレーキを掛ける2世代前の指導が、今も尚、まき散らされている状態が続いています

さらに、プロ野球選手のノウハウであれば“間違いない”という風潮も野球界にはあります。もちろん実績を残したノウハウですが、全ての子どもに最適なノウハウかどうかは別問題です。そんな野球界の状態の中で、伸びる可能性があるのに伸ばしきれず野球を終えてしまう選手が後を絶ちません。

そんな野球界をなんとかしたい、西本コーチはそう強く考えています。正しいバッティング理論を、心からバッティングが楽しいと思えるノウハウを。そのためには、(今すぐに伸ばせるという)バッティングの本質を知っていただかなくてはいけません。そして、この「両振り・半身」理論は、お子様の打球のスピードを2段、3段引き上げて、次々とヒットを放つバッティングフォームを再現させるプログラムでなくてはいけないのです。

だから、本物のバッティングレッスンを収録しています。

この「両振り・半身」レッスンでは、これまで膨大な時間をかけて研究結果を積み重ねた“バッティングモーション(動作)を体と感覚にインプットするレッスンを収録しています。西本コーチのレッスンはほとんどが新規レッスン…リピーターはほとんどいません。なぜなら、数回の指導で打てるようになり、レッスンを受ける必要がなくなるのです。このレッスンにより、速い打球でヒットを打つことは言うまでもありませんが、バッティングの本質を吸収することで、どんな指導者でも、その指導の中から自分に合った上達法、そうでないものを選別し、必要なものだけを吸収して、上達を加速させる能力も高めていただける。そう強く思っています。

至極のバッティングレッスン
でしか聞けない上達のヒントをお子様に。
【特典レッスン】をお届けします。

今回、私はDVDの撮影にただ参加したわけではありません。
DVDのレッスン効果を2倍、3倍に高めていただくために
西本コーチからバッティングの本質について
約50分にわたりインタビュー。

バッティング上達エージェント 西本コーチの
もはやレッスンともいえる濃密なインタビュー映像
ぜひお子様の上達にお役立てください。

数々の失敗と挫折を
経験したからこそ見つけた
“打てない”から“打てる”に変わる
突破口とは?


- インタビュー収録内容 -
(収録時間 48分01秒)
  • 打てない、打球が飛ばない子どもの共通点とは?
  • バッティング指導で見るべきシンプルなポイントとは?
  • コミュニケーションミスを引き起こして、子どものバッティングを惑わすNGワードとは?
  • 子どもを伸ばす最短ルートの練習アプローチとは?
  • 両振りを練習する目的は?
  • 半身スイングを練習する目的は?
  • 打球の速い打者に共通する手首の動きとは?
  • 立ち位置を変えずに詰まらず打つための方法とは?
  • 子どもの迷いを取り除き短期間でバッティングを上達させる方法とは?
  • 100%子どものバッティングが変貌するバッティング動作とは?
  • なぜ、両振り・半身を実践すると、飛距離だけでなくミート力が上手くなるのか?
  • 手打ちのバッティングフォームを修正する方法とは?
  • 下半身を使う理想のバッティングフォームを作り上げる逆算の指導法とは?
  • 理想のスイングはレベルスイング?ダウンスイング?(両振り・半身スイングを行うときのスイングは?)
  • 両振り・半身のバッティングドリルを始める時期はいつ?どのくらい練習すればいいの?
  • なぜ、西本コーチの指導を受けるとわずか1日でバッティングが劇的に上達するのか?
  • 子どもに上達のきっかけを与えてヒットの確率を上げるコーチング術とは?
  • 今回のバッティングメソッドを始めて、試合で結果が出るようになるまでの期間は?
  • 試合で実力を発揮できない子どもを試合で活躍させるたった2つの方法とは?
  • 数々の失敗と挫折したからこそ見つけた“打てない”から“打てる”に変わる突破口とは?

レッスンでしか聞けないバッティング上達のヒントをあぶり出します
レッスンでしか聞けないバッティング上達のヒントをあぶり出します。

「あなたの涙を見るまでレッスンは
終われません」
バッティング上達エージェント西本正明が
直接メールでレッスンします。

動画を送って西本コーチからレッスンを受けることもできます!
動画を送って西本コーチからレッスンを受けることもできます!

もし、西本コーチからアドバイスを直接受けることが出来るとしたら…
さらに、お子様のプレーとあなたの指導の質を高めることができると思いませんか?

正しく練習できているのか?
教え方は間違っていないか?
フォームが間違っていないか?
こんなタイプの選手にどうやって指導すればいいか?
など…

気になることをいつでも好きなときに質問できるとしたら?

今回ご紹介したメソッドは、
どうやってバットのヘッドを上手く使って、速い打球を打つか
ということに集中しています。

でも、練習を始めてすぐはピンと来ないことがあるかもしれませんし、
試合で試すと個別の疑問も湧いてくるかもしれません。

ですから、
このDVDを実践した後、いつでも気が付いたときに、
西本コーチにご質問をしていただけます。

これを質問していいかな?など深く考えず、お気軽にご活用ください。

西本コーチはあなたのお子様が上達するまでを
1つのレッスンと考えています。


動画を送って西本コーチからレッスンを受けることもできます!
※メールサポートはご購入後にinfo@1baseball-club.comまで、件名に『質問』と入れて、質問したい内容や動画をお送り下さい。

※ご質問下さった内容は個人が特定できないよう編集し、弊社Facebook、メルマガ、ブログ等で掲載させていただくことがございます。

※本編と関係の無いご質問や不適切なご質問には、お答えできかねますので何卒ご了承下さい。

それでは、今回のご提案をまとめます。
今回あなたが得られるものは以下のすべてです。

  • 【両振り】打球を速くしてヒットを打つバッティング動作を作るメソッド
    バットのヘッドスピードを最大に高速化してボールを捉えれば、鋭い打球でヒットの確率を簡単に2段、3段引き上げることができます。そんなバットのヘッドスピードを出力するためのメソッドを収録したDVDをお届けします。
  • 【半身】あらゆる投手に対応してヒットを量産する実戦力を作るメソッド
    両振りで手に入れたバットのヘッドスピードを引き上げるモーションと感覚に、実戦でもドンピシャのタイミングでボールを捉える技術を肉付けして、ヒットを量産させる。そんなバッティングフォームを作り上げるメソッドを収録したDVDをお届けします。
  • 【特典】西本正明スペシャルインタビュー動画(非売品 収録時間 約48分01秒)
    本編では語られない、上達の秘訣。実際のバッティングレッスンでしか聞けない上達の突破口となるヒントをあぶり出したインタビューDVD(2,000円相当)で、本レッスンの効果を2倍、3倍高めてください。
  • 【特典】西本正明のメールレッスン
    正しくDVDの練習法を実践できているか、お子様のタイプ(打ち方)によってどう指導すればいいか、など…気になることをいつでも好きなときにご質問していただけます。西本コーチのメールレッスンによって、お子様の上達はもちろん、あなたの野球指導の質をさらに高めていただけます。
これが今回のご提案のすべてです。

このメソッドを届けさせてください。そして
お子様のバッティングを体の内側から変えてください!

本DVDは、目指すべきフォームを最初に見て、
その後、動作と感覚をマスターするメソッドに取り組む
レッスン方式のDVD

何度も繰り返しご覧いただけるので、
レッスン1回以下のコスト
何度もレッスンを受けて
お子様のバッティング上達が加速します。

バッティングの動きは、
このDVDによって、
今すぐ、大きく伸ばせます。

2、3世代前の古い指導、その人自身しか成果の出ない理論など
様々なノウハウが入り混じる野球界。
バッティングフォームの本質をどのように作り上げるか?

その核となるのが、今回ご紹介したDVDです

誰にでも当てはまるが、誰も上達しない
平均化されたバッティング指導になりつつある今。

あなたのお子様の特性、個性を
最大限に活かしたバッティングフォームの作り方を伝授します

追伸、

すでにこのメソッドを始めたバッティングに悩んでいたお子様は、
今はほとんどがチームの中心選手。
そしてレギュラーへ。

同じ時間を練習するなら、まずはこのメソッドを試し、このメソッドが引き出すバットのヘッドスピード、バットコントロール、そして強烈な打球の違いを体感してください。

お子様のバッティングは見違えるほどの変貌を遂げることができます。

追追伸、

発売キャンペーン中につき、今お申込みいただくと、DVD効果を2倍、3倍に引き上げる2つの特典を手に入れていただけます。
【特典1】西本正明スペシャルインタビュー動画(非売品 収録時間 約48分01秒)
実際のバッティングレッスンでしか聞けない上達のヒントがたっぷり詰まった48分をあなたに。
【特典2】西本正明のメールレッスン
DVDの内容はもちろん、DVD以外の指導法もメールで特別レッスンを受けることができます。
特典を手に入れていただける、今、ご連絡をください。

Q&A ご不明な点があればこちらをご覧ください

Q. 他社のバッティング教材であまり成果を感じられませでした。このDVDは、他のバッティング教材とどのように違うのでしょうか?
一般的なバッティング教材と本教材の決定的な違いは、上達までのプロセスです。一般的なバッティング教材は、(元プロ野球選手などの)テクニックとノウハウを解説した教材がほとんどです。実績のあるテクニックとノウハウなのですが、その人だけにフィットするケースが多く、お子様が上達するかどうかは別物です。本教材では、強い打球を打てる動きと感覚を、「両振り」「半身」のたった2つのシンプルなプロセスでお子様自身がつかんで自力をつけていただけます。今まで、他者様の教材を実践しても上達を実感できなかった方ほど実践いただきたいプログラムだと考えております。
Q. 両振り・半身とは何ですか?
詳しくはDVD本編で解説をしておりますが、簡単に言うと、「両振り」とはバットのヘッドスピードを上げるための練習法。「半身」とは両振りで手に入れたヘッドスピードで、ボールを捉える精度を高める練習法です。まずは、バットのヘッドスピードを高める動作と感覚を両振りで習得し、次にその動きと感覚でボールをベストタイミングでとらえることにより、確実かつ最大インパクトをボールに与えて強い打球を生み出します。その結果、低い弾道なら内野を抜ける(または強襲して)ヒットになる。高い弾道なら、外野を抜ける(または頭上を越す)長打になります。そんなバッティング動作を作り上げる練習法が両振りと半身です。
Q. 体も小さく体力がないのですが、そんな子どもでも実践できる内容ですか?
はい。本教材は、ハードなトレーニングは一切ありません。むしろ、体力がないお子様ほど実践いただきたいプログラムです。なぜなら、筋力ではなく“動き”によって強い打球を打つプログラムだからです。さらに、本教材のメソッドを繰り返し行っていただくことで、自然に無理なく体力・筋力も付けていただけます。
Q. 野球経験がありませんが、子どもに指導することができますか?
はい、ご安心ください。本教材はバッティングレッスンのプロ西本コーチが、練習のポイントはもちろん、指導ポイントもわかりやすく説明いたします。西本コーチは普段から小学生から高校生まであらゆるタイプの選手を指導しているので、選手の悩むポイントを熟知しております。そういった点を踏まえて、どのように伝えれば選手が腹落ちして納得・理解できるかを本教材のメソッドと解説にプログラムしております。さらに、良い例、悪い例を比較した映像、テロップを挿入していますので、簡単にプログラムを吸収して指導に活かしていただけます。
Q. 一人でも練習できる内容ですか?
一人で実践できるプログラムがほとんどです。二人で行うメニューは、ティーバッティングと通常のバッティング練習です。ティーバッティングは置きティー(スタンドを置いたティーバッティング)でお子様一人でも実践いただけます。通常のバッティングはあなたがお時間のある時にいっしょに練習、あるいはチーム練習で取り組んでいただきたいプログラムです。ご自宅や平日には、普段はお一人でできるプログラムに取り組み、休日やチーム練習に二人で行うプログラムを実践いただくことで効率的に上達いただけるプログラム構成となっています。
CORE OF THE BATTING
  • CORE OF THE BATTING

CORE OF THE BATTING NEW

12,980円(税込)

加算ポイント:129 ポイント

ポイント:利用可能

発売日時:2018年 08月 23日 00:00

数量:

この商品は0人がお気に入りに登録しています。

Facebook Twitter

この商品のレビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿する

レビューを投稿するにはログインしてください。

この商品を買った人は、こんな商品も買っています

ビーレジェンド プロテイン 激うまチョコ風味 スプーン付き【1kg】(WPC)

ビーレジェンド プロテイン 激うまチョコ風味 スプーン付き【1kg】(WPC)

高品質で飲みやすく、それでいて低価格を実現したビーレジェンドプロテイン

3,100円

ビーレジェンドの違いが分かる!とにかく激うまなフレーバー!

ビーレジェンド ジュニアプロテイン すくすくチョコ風味 スプーン付き【500g】

ビーレジェンド ジュニアプロテイン すくすくチョコ風味 スプーン付き【500g】

お子様の成長に必須な成分を豊富に配合したジュニア向けプロテイン

1,980円

タンパク質やカルシウム等、お子様の成長に必須な成分を配合。お子様の健やかな成長をサポートします!

ビーレジェンド スポーツ&リカバリー すかっとマスカット風味【お試し】

ビーレジェンド スポーツ&リカバリー すかっとマスカット風味【お試し】

198円

試合後半でもバテずに動き続けたいあなたへ

ビーレジェンド スポーツ&リカバリー すかっとマスカット風味 スプーン付き【1kg】

ビーレジェンド スポーツ&リカバリー すかっとマスカット風味 スプーン付き【1kg】

試合後半でもバテずに動き続けたいあなたへ

2,980円

シトルリン配合!エネルギーの供給に着目した高品質スポーツドリンクパウダー。

この商品は、次のカテゴリにも関連付けられています。

野球

野球 > 西本正明