Facebook Twitter

商品詳細

もし、こんな悩みを抱えているなら、あなたのお子様をヒーローにしてみせます。

  • 投球フォームがぎこちない
  • 他の子と比べて球速が遅い
  • 球は遅くないのによく打たれる
  • 試合で四死球・暴投を連発する
  • 投げ方が自己流で肩や肘を痛めそう

これらは、小学生や中学生で起きるできごとです。

なぜ、「できごと」かと言うと、問題ではないからです。

実は、これらはある2つの動きに問題があって起こっているのです。

つまり、2つの問題の原因を追究して解消すれば…

しなやかなフォームで体に負担をかけず打者を打ち取れるのです。

元広島東洋カープ/現広島東洋カープ投手コーチ

佐々岡真司(ささおかしんじ)

高校2年生から本格的に投手を始め、島根県屈指の好投手として注目を浴びる。 卒業後、社会人野球(NTT中国野球部)に進み、都市対抗野球に出場。 1989年のドラフトで1位指名を受け、広島東洋カープに入団。 1年目から得意のスライダーを武器に二桁勝利二桁セーブ(13勝17セーブ)をマーク。 当時のプロ野球新記録17試合連続セーブポイントも記録するなどチームの中心として活躍する。 その後、先発と抑えという異なる役割を担い、現役18年で570試合に登板し138勝108セーブという大記録を残す。 特に1991年は、17勝で防御率2.44をマーク。最多勝利、最優秀防御率、MVP、沢村賞などのタイトルを総なめにする。 また1999年には史上67人目のノーヒットノーランを達成。 2007年に引退後は、野球評論家、解説者を務め、2014年からは広島の二軍投手コーチとして若手投手の育成に尽力し、高い育成手腕が評価されている。

【タイトル】

  • 最多勝利:1回 (1991年)
  • 最優秀防御率:1回 (1991年)

【表彰】

  • MVP:1回 (1991年)
  • 沢村賞:1回 (1991年)
  • ベストナイン:1回 (1991年)
  • 最優秀投手:1回 (1991年)
  • 最優秀JCB・MEP賞:1回 (1991年)
  • 優秀JCB・MEP賞:2回 (1990年、1999年)
  • オールスターゲーム優秀選手賞:1回 (1996年第3戦)など多数

【記録】

  • オールスターゲーム出場:9回 (1982年~1989年、1991年)

実は多くの指導者が、ピッチングを教えるときにある2つの問題を引き起こしています。もし、気づいていないとすると…

子どもが間違いやすい「下半身を使って投げる」ピッチングとは?

ピッチング指導で「下半身を使え!」と声を掛ける指導者がいます。そんな声を掛けたくなる気持ちも理解できます。

しかし、言われた子どもは「どうやって?」と疑問が湧きます。

そして、自分なりに下半身や腕を動かそうとします。

ところが、自分なりに動かすと、こんな風に動かします。


踏み出す足で下半身を動かすとバランスを崩して軸足に力がたまりません
踏み出す足を大きく動かすと、バランスが崩れて軸足(写真の右足)に力が溜まりません。

すると、球速が落ちてしまうわけです。

さらに、バランスを崩すと、踏み出す足(写真の左足)の着地する場所が、投げるたびにバラバラになります。

すると、コントロールが一定しないわけです。

試合はマウンドで投げますが、足場がデコボコのマウンドもたくさんあります。

そんなマウンドでは、もっとバランスが崩して球速とコントロールが低下するわけです。

だから、バランスよく下半身を使うためには踏み出す足ではなく、 軸足で下半身を動かす方法が必要なのです。

子供が間違いやすい「腕を振って投げる」ピッチングとは?

「もっと腕を振って投げろ!」と声を掛ける指導者もたくさんいます。

でも考えてみてください。

「腕を強く振る」ことを意識すると力が入りますよね。

力を入れて腕を振ればどうなるか?

こんな風に腕と体が離れてしまいます。


力を入れて投げると手と顔が離れてコントロールが不安定になります 力を入れて腕を振ると、手と体が離れてしまい力の向きが一定しません(赤い矢印)。

すると、コントールが不安定になるわけです。

さらに、力を入れて腕を振る意識が強いと、早い段階で体が開いてしまうのです。

すると、球の出所が打者から見えて、打たれる確率がグンと上がってしまうわけです。

コントロールが悪い子ども、球は速いのによく打たれる子どもの多くは、これが原因です。

だから、腕を強く振るのではなく、 頭の近くで腕を振る方法が必要なのです。

この方法でノーヒットノーランを達成しました

ノーヒットノーランとは…1本のヒットも打たせないピッチングです。

私も1999年5月8日にノーヒットノーランを達成しました。

100年近いプロ野球の歴史で78人(2017年末時点)しか達成していない記録です。

何も自慢したいわけではありません。

あなたのお子さんにもノーヒットノーランの感動と喜びを味わっていただきたいのです。

ノーヒットノーランは簡単ではありません。

しかし、打者を一人ずつ打ち取ってアウトを積み重ねることで達成できる記録です。

そのために私が取り組んだのが打者の体感速度を上げること。

剛速球ではなく、球速を落として打者が打ちにくいフォームを作り上げました。

この取り組みを始めた翌年にノーヒットノーランを達成。

さらに40歳までの18年間で大きな故障なくプロ野球で活躍できたわけです。

今回、そんなノウハウをDVDにまとめ上げました。

下半身と上半身を正しく動かす投球フォームを作り上げる方法、 さらに、自宅で簡単にできる強化トレーニング法を伝授します。

プロの世界でも通用するピッチングフォームがこのDVDには収録されている」WBCで活躍した日本のエースも推薦!



佐々岡流ピッチング指導を受けた子どもたちから喜びの声が続々と届いています。

下半身の使い方を教えていただき、大変参考になりました。
S.K君


一番印象に残ったことは、
下半身の特に腰の動かし方です。
S.H君


野球は下半身が大切だと分かりました。
A.Y君


佐々岡選手の一言で、
子どもの投球が変化していくことに感動しました。
T.M君のお母さん


頭と手が離れてしまうクセにも改めて気づき、

とても勉強になりました。
T.M君


いままで教えてもらった事のないことを
色々教えてもらいました。
F.S君


とてもわかりやすく、無理なく続けられそうです。
F.Y君


「佐々岡流ピッチングの極意」のココがスゴイ!
3つの特徴

佐々岡流のここがスゴイ1
キャッチボール、遠投、ピッチング、トレーニング
4つの上達プログラムをこの1つにオールインワン

【メリット】ピッチングの基礎から発展まで
一貫した理論で鍛え上げるから上達が速い

ご紹介するプログラムはただのピッチングプログラムではありません。

キャッチボール、遠投、ピッチング、そしてトレーニングまで、一連の練習を佐々岡理論で徹底して行うことで上達効率を高めます。

最初にキャッチボールと遠投でピッチングフォームの基礎を作り上げます。この内容は、投手だけでなく野手も学んでいただきたい技術です。

次に、ピッチングではキャッチボールと遠投で固めた基礎を応用し、傾斜のあるマウンドとプレートを有効活用した打者の体感速度を高めるノウハウを学んでいただきます。

そして最後はトレーニング。佐々岡さんから教わったピッチングを発展させて、さらに球速とコントロールアップを目指します。

トレーニングは自宅で簡単にできるものばかり。毎日コツコツと実践することで大きな成果を生み出します。



佐々岡流のここがスゴイ2
解説だけでなくプレー動画が満載

【メリット】打者の体感速度を上げるフォームとテクニックをすぐに実践できる

理論だけでは伝わりにくい細かな動きも、実際のプレー動画を見ることで理解が早まります。

このDVDは、全てのプログラムを佐々岡さん自らが実演します。

つまり、プロ野球選手のピッチングテクニックとノウハウの解説を聞きながら、実際のプレーを確認できるわけです。

脳で理解して体の動きを真似ることができるため、迷いなく上達できるわけです。

トレーニングも佐々岡さん自身が実演するので、正しい方法を、即、実践できます。


佐々岡さん本人の実演指導をご覧いただくことで、正しい方法を学んでいただけます


佐々岡流のここがスゴイ3
現場で使えるケーススタディーを収録

【メリット】あらゆるタイプの投手にピッチング指導ができる

DVD教材でよくあるのが、内容がわかっても教え方がわからないという悩み。

でもご安心ください。

キャッチボール、遠投、ピッチング、トレーニングに至るまで、全てモデルさんに対して佐々岡さんが指導を行います。

実演に台本はありません。佐々岡さんのリアルな指導をご覧いただけます。

佐々岡さんが、小学生、中学生、右利き、左利きのタイプ別モデルを指導します。

これにより、現場で使える指導ノウハウを学び、子どもの特性に応じた指導ができるようになります。


小学生、中学生、右投手、左投手の指導方法を学んでいただけます

「佐々岡流ピッチングの極意」DVD
その内容を少しだけお伝えすると…

DISC1キャッチボール編(収録時間54分)


どうやって佐々岡真司はプロ野球界の激しい競争を勝ち抜き18年もの間、第一戦で活躍できたのか?
佐々岡さんがチーム内のライバルとの競争に勝ってエースとして18年間プロ野球で活躍した秘訣をお伝えします。このプログラムを小学生から実践して球速・コントロールをアップしてプロ野球選手の未来を手に入れてください!
コントロールを高めて威力のあるボールになる下半身の90度とは?
この方法によって強い球をコントロール良く投げることができるようになります。下半身のある場所を90度のポジションにしてから投げると相手に真っすぐ投げることができます。安定してボールを真っすぐ投げれば、ピッチングや送球の楽しさがグンと増します!
リリースポイントを安定させて抜け球と引っ掛けボールを無くす方法とは?
この方法によってコントロールアップするだけでなく、球離れが遅くなって打者からボールの出どころがわかりにくいフォームを作ることができます。ボールが見えない打者はタイミングが取りにくくなり、打ち取る確率が劇的に上がります!
小学生が一人で実践できる腕の軌道を最短化する練習法とは?
この方法によって、簡単に楽しく腕の開きを矯正して鋭い腕のスイングを作ることができます。腕が開いてしまう投手の矯正や、腕のスイングスピードが遅い投手をレベルアップさせるキャッチボール前のルーティンとして導入してください!
〇〇から相手を見て投げるとコントロールアップできます!
この方法は、制球力を高めるピッチングフォームテクニックです。ピッチング動作の中である場所から相手を見るように投げるとコントロールの悪い投手は制球力が高まります!
なぜ、「胸を張れ」と指導すると下半身を使って投げなくなるのか?
胸を張って投げろ!とよく言われますが、胸を張ることでフォームが崩れて下半身の力が出なくなります。なぜ胸を張ると下半身が使えなくなるのか、そのメカニズムを解説します。メカニズムがわかれば、最短で正しいフォームを作ることができます!
下半身が使えるようになり投球パワーを最大化する方法
この方法によって、重心が下がって下半身が使えるようになります。下半身が自然と使えるようになるとボールに力が伝わってスピードが増します!
腕の動きが一定になってコントロールが良くなる上半身の動かし方とは?
この体の動かし方を身に付けると、上半身の動きがコンパクトになり動きが安定します。すると、腕の動きが一定になりコントロールアップするのです。
下半身が使えているかどうか選手自身で確認する方法
最短で上達するには選手が自分自身をチェックできる力が必要です。なぜなら、指導者が見ていなくても一人で修正をできるからです。下半身が使えているとある感覚を得ることができます。その感覚があるかどうかを選手自身にチェックさせてください。
しなやかなフォームで下半身の力を引き出す方法
美しくしなやかなフォームを作るためには上半身のある動きが重要です。この動きを作ることでバランスよくきれいなフォームになって、下半身が使えるようになります。この動きを習得すればコントロールは安定して力強い球を投げることができま
遠投でフォームを乱さず投げるために指導者が見るべき3つのポイントとは?
長い距離になると遠くに投げたいと言う意識が強くなって、短い距離でのキャッチボールよりもフォームが崩れてしまいます。崩れるポイントは3つ。このポイントを注意してみてあげることで、正しいフォームで遠投ができて、球威とコントロールがアップします。
フォームを安定させて強い球になる遠投方法とは?
この方法によって、力のない子どもでも遠投で強いボールを投げることができるようになります。力の出し方を覚えると、ピッチングの球威がグングン増します。
遠投でライナー性のボールを投げて球威を出す方法とは?
この方法によって、遠投で表れやすいある動きなくして、ライナーで勢いのあるボールを投げれるようになります。遠投で威力のあるライナー性のボールを投げるようになると、ピッチングでも同じように力強い球になります。

DISC2ピッチングフォーム編(収録時間:59分)


腕を振る力が増して威力のあるボールを出すテクニックとは?
このテクニックはある部分の動かし方を少し変えることによって、一瞬で腕のパワーが増してボールの威力を強めます。球速が遅い投手、もっと球威を出したい投手はこのテクニックを使ってください!
タメを作ってピッチングのパフォーマンスを安定させる方法とは?
この理論は、投げ急ぎをなくしてピッチングフォームとパフォーマンスが安定させます。キャッチボールでは良い球を投げているのに、マウンドではフォームを崩したり、球威が落ちたり、制球が乱れたりする投手は、体のある部位が主導するピッチングになっているのです。この理論でマウンドに立ったときのパフォーマンス低下が解消されます。
球速が遅くても、打者の体感速度を上げて打球を詰まらせる方法とは?
この方法は遅い球速でも打者が体感するスピードを上げます。さらに、打者のスイングするタイミングを狂わせて詰まらせます。この方法を身に付ければ、球速が落ちてくる試合終盤でも安定して打者を打ち取ることが可能になります。
投手のタイプ別プレートの有効活用術
投手には速球派、コントロール派、技巧派など様々なタイプがいて、プレートの有効な使い方も変わります。プレートの基本的な使い方と、投手のタイプに応じた力を引き出すためのプレートの活用術を伝授します。
コントロールを安定させて正しいフォームにするプレートの使い方とは?
この方法はプレートに対する軸足を正しい置き方にして、コントロールを安定させます。指導者は試合中に投手のプレートの使い方を確認することはできません。子ども自身がプレートの使い方を確認できるようになる必要があります。
マウンドの傾斜を活用してピッチングパフォーマンスを最大化させる方法とは?
この方法は傾斜のあるマウンドで上半身の突っ込みを無くして、マウンドの傾斜をスピードとコントロールに還元します。ある動作によって頭が前に倒れず、下半身が使えてピッチングのパフォーマンスを高めることができます。
ピッチング中の作業を減らしてコントロールアップするピッチングイメージとは?
この方法はイン・アウトコースへのコントロールを調整する作業を無くして思い通りに投げるフォームを作ります。これにより高低のコントロールだけを意識することに集中できるようになり、高低の制球力もアップします。
なぜ、腕の動きは最短の軌道でないといけないのか
佐々岡さんはキャッチボールをするときから腕の軌道を最短にすることを繰り返し伝えます。その理由は、ピッチングのある目的を達成させるためだったのです。この目的を達成すれば打者に自分のスイングをさせず簡単に打ち取ることが出来るのです
体の捻りを高速化して球速アップさせる方法とは?
同じ力で体を捻っても、ある体の動かし方をしているかどうかで、捻りの速さが速かったり遅かったりします。この理論と方法を頭に入れて置けば、体の捻りを速くして球速アップとボールの出どころを打者から見づらくして球速の体感速度をアップさせます
打者にバレることなくインコースとアウトコースを投げ分ける方法とは?
この方法によって打者にバレることなく左右の制球力をアップさせます。さらに、この方法なら、腕と体が離れてボールが抜けることを防ぎます。左右の投げ分けができれば、打者を打ち取る確率がグッと上がります。
ピッチングのタメの有無を見抜いてすぐに修正できる指導法とは?
佐々岡さんが実際の小学生と中学生のピッチングを指導します。この指導法は、現場で見るべきポイントがはっきりとわかり、即、現場で実践できる指導法です。超一流の感覚を持つ佐々岡さんが見ているポイントを学んでいただけます。
体の開きを抑えてシュート回転を防ぐ足の135度とは?
この方法は踏み出す前に、踏み出す足をある角度で捻る動作を加えて体の開きをなくします。体の開きがなくなれば、シュート回転することは解消します。超一流のプロの見えない場所でのマル秘テクニックを伝授します
なぜ、軸足主導にすると体の動きが縦回転になって開きが直るのか?
体が開いてしまう投手の多くは、踏み出す足の動きが体の動きを作り出しています。軸足主導で体を動かすと動きが縦回転に変わり体の開きがなくなります。実際の中学生のピッチングをモデルにして、体が開くメカニズムを学んでいただけます。
上半身を縦回転にして打者を打ち取る方法とは?
あるコースに投げることで体を開かなくして上半身を縦回転の動きにして打者を打ち取ることができます。ボールが抜け出したときや疲れて体が開く試合終盤に意識して投げることで、ボールに勢いと制球力を取り戻せます。
ご紹介した投球ノウハウは全体の数%に過ぎません!

DISC3トレーニング編(収録時間56分)


股関節をしなやかな動きにして球速をアップさせるトレーニングとは?
このトレーニングによって、股関節の柔軟性を高めてピッチングでの股関節のしなやかな動きを作ることで球速アップさせます。股関節を思い通りに動かすことができれば、ピッチングだけでなくバッティングのパフォーマンスもアップします。
なぜ、プロ野球選手が行う伸脚は、柔軟性を高めるだけでなく下半身を強化できるのか?
この伸脚はあるポジションと動きを意識することで、内転筋と股関節の柔軟性を高めるだけでなく下半身を強化します。この方法で伸脚を行うことでウォーミングアップの時間がスピードアップのトレーニングにもなります。
プロ野球選手に必要な屈伸の柔軟性を高めるトレーニングとは?
あなたが指導する子どもはこの屈伸ができるでしょうか?高いパフォーマンスを発揮してプロ野球選手になるための屈伸トレーニングを伝授します!
なぜ、マエケン投手は試合前やイニングの間に体操をするのか
メジャーリーグで活躍する元広島東洋カープの前田健太投手が行うことで有名な通称マエケン体操。マエケン体操の目的がわかれば、トレーニングに対するモチベーションもグイっと高まります。
肩甲骨の動きを鍛えて腕のしなりを作る3つの方法とは?
この方法によってしなやかな肩甲骨の動きを作って腕のしなりを作ることができます。肩甲骨や肩周りを柔らかく動かせるようになると球速が増します。
軸足1本でバランスよく立つためのトレーニング法とは?
このトレーニングを行うことで軸足の股関節に体重が乗っている感覚を身に付け安定して立てるようになります。軸足で立つ動作が安定するとフォームが一定になり制球力やスピードがアップします。自宅でも簡単にできて段階的に強化する方法を伝授します!
股関節と腕の連動性を高めて腕の振りを速くするトレーニングとは?
この方法は、股関節の素早い動きによって腕が付いてくる感覚が身に付きます。股関節から腕の動きが連動すると腕のスイングが速くなります。さらにある手の動かし方を入れることで腕を振る威力が増します。
タオルを使わず強い球を投げる感覚が身に付くシャドーピッチングの方法とは?
このシャドーピッチングは、ボールを投げて実戦と同じ感覚を身に付けることができます。この方法を使えば、親子二人で付きっきりのピッチング練習や室内でひとりでも練習が可能です。
球離れが遅くて打者から球が見えにくいフォームを作るトレーニングとは?
このトレーニングによって、テイクバックを取り体重移動までのフォームを固めることができます。体重移動をすることで球離れが遅くなり、打者はタイミングを取りづらくなります
まだまだ球速アップトレーニングのノウハウを収録しています。

「動きを習得する大切な時期だから正しい方法で生涯の基礎を作って欲しい…」

小学生、中学生の時期は、体に動きを書き込む時期です。

この時期に正しいピッチングの動きをインプットすればグングン上達します。さらに体に負担を掛けず故障のリスクを減らすことができます。

さらに、高校生になって体が成長すると、いっきに球速も上がります。

ところが、インプットを誤った投球フォームを書き込んでしまうと、大きな結果は見込めません。

そんなフォームで練習を繰り返すと、肘や肩の故障も心配です。

体が成長しても劇的な球速アップは期待できません。

なぜなら、基礎の投球フォームが体の力を活かせないからです。

最速最短で上達して打者を打ち取るために… このノウハウをあなたのお子様に書き込んでください。

無料でこのスペシャルビデオ(非売品)を受け取ってください


今、DVDをお申込みいただいた方に限り佐々岡さんへの特別インタビュー動画(非売品 3,000円相当)をプレゼント。

どうやって佐々岡さんが小学生の時期を過ごしたか?プロ野球でどんなことを考えてパフォーマンスを高めてきたのか?

超一流選手になるためのテクニカルな部分を語っていただきました。

小中学生のピッチングスキルと指導をワンランクアップさせる内容です。

では、その内容は…

特典ビデオ(非売品)
どうやって故障をすることなくプロ野球で18年間
活躍し続けることができるのか?

  • 狭い空間の中で体を動かして投げるメリットとは?
  • 現役時代に体の開きを抑えるために意識していた左肩の動きとは?
  • 股関節の柔軟性が生むスピードと制球力アップに直結する上半身の動きとは?
  • 投げた分だけ成果を出すピッチングの取り組み方とは?
  • モチベーションを上げて成果を出す小学生の指導方法とは?
  • プロ野球選手になるために小学生のうちにやっておくべきトレーニングとは?
  • 効果を上げてピッチングを上達させるトレーニングの取り組み方とは?
  • どうやって様々な変化球を身に付けていくのか?
  • パフォーマンスを最大化して結果を出すブルペンでの調整方法とは?
  • 先発、中継ぎ、抑えの調整方法は違うのか?
  • プロ野球選手はどうやって好調・不調の波を小さくするのか?
  • 未来のプロ野球選手を育てるあなたへ佐々岡さんからの大切なメッセージ
*特別インタビューはDISC3に収めてプレゼント致します。

ではあなたが得られるものをまとめます。

今回のご提案は以下のとおりです。

1.正しい体のフォームで打者を打ち取る
佐々岡流ピッチングノウハウ

下半身と上半身の正しい動きを身に付けて、打者が球速以上にスピードに感じてしまうピッチングノウハウを解説します。さらに自宅で簡単にできる球速アップと故障予防のトレーニングを伝授します。(キャッチボール、遠投、ピッチング、トレーニングの全てをこのDVDで学んでいただけます)

2.佐々岡真司特別インタビュー動画
(非売品 3,000円相当)

どのメディアでも聞くことができない佐々岡さんのテクニカルなインタビュー動画をあなたにお届けします。どのような考えで練習して、トップパフォーマンスにするための調整法など、お子様のピッチング指導やスキルをワンランクアップさせる情報が満載です.
これが今回のご提案です。

最後に、佐々岡さんから大切なメッセージ

今までやってきた取り組みとトレーニングに間違いはなかった…私はそう確信しています。

故障もなく40歳まで18年間、プロ野球で投げ続けたことが、それを証明しています。

正しいフォームで投げれば、体に負担は掛かりません。

下半身を使って、肩の柔軟性を高め、良いフォームを作れば、結果を出し続けることができます。

そんなノウハウを今回のDVDでご提案しました。

お子様がDVDのノウハウを身に付けて良いフォームで速い球を投げる姿を、心から楽しみにしております。

追伸1

最後までお読みいただきありがとうございます。

大切なことなので、最後に繰り返しお伝えします。このDVDは、以下の3つをお届けします。
1.ピッチングの基礎から発展まで一貫した理論で鍛え上げるから上達が速い!
2.打者の体感速度を上げるフォームとテクニックをすぐに実践できます!
3.あらゆるタイプの投手にピッチング指導ができます
この方法で、あなたのお子様が打者をポンポン打ち取っていくのが本当に楽しみです。

追伸2

今なら、お申込みいただいた方だけに、佐々岡真司特別インタビュー動画(非売品 3,000円相当)をプレゼント致します。

佐々岡さんに超一流選手になるための秘訣を語っていただきました。お子様のピッチング指導やスキルをワンランクアップさせる情報が満載です。

ぜひこの機会に超一流の投手になる方法を手にしてください!

佐々岡流 ピッチングの極意~体感速度をアップさせるフォーム作り~
  • 佐々岡流 ピッチングの極意~体感速度をアップさせるフォーム作り~

佐々岡流 ピッチングの極意~体感速度をアップさせるフォーム作り~

14,800円(税込)

加算ポイント:148 ポイント

ポイント:利用可能

数量:

この商品は0人がお気に入りに登録しています。

Facebook Twitter

この商品のレビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿する

レビューを投稿するにはログインしてください。

この商品を買った人は、こんな商品も買っています

ビーレジェンド ジュニアプロテイン すくすくチョコ風味【500g】

ビーレジェンド ジュニアプロテイン すくすくチョコ風味【500g】

お子様の成長に必須な成分を豊富に配合したジュニア向けプロテイン

1,980円

タンパク質やカルシウム等、お子様の成長に必須な成分を配合。お子様の健やかな成長をサポートします!

カートに入れる
ビーレジェンド プロテイン 激うまチョコ風味【1kg】(WPC)

ビーレジェンド プロテイン 激うまチョコ風味【1kg】(WPC)

高品質で飲みやすく、それでいて低価格を実現したビーレジェンドプロテイン

3,100円

ビーレジェンドの違いが分かる!とにかく激うまなフレーバー!

この商品は、次のカテゴリにも関連付けられています。

野球

野球 > 佐々岡真司