Facebook Twitter

商品詳細

レギュラーの獲得を狙う、お子さんの前に必ず立ちはだかる「壁」


あなたがこれから教える「スイング軌道矯正法」。

これで、お子さんの打撃力が見違えるよう向上することは、間違いありません。

いままで試合でヒットを打てなかったことがまるでウソのように、バッティングで活躍できるようになるでしょう。

しかし、お子さんがメキメキと打撃力を向上させたとしても、 野球を続ける限り「必ず直面する問題」があることには、お気づきでしょうか?

それは、「守備」です。

試合では、必ず守備につかなくてはなりません。

例え、どれだけお子さんのバッティングが上達したとしても、守備でトンネルや送球ミスなどのエラーをするようであれば、レギュラーの座を手に入れるのは難しいでしょう。

監督によっては、守備が悪すぎると、それだけで試合に出させてくれないこともあります。

せっかく打撃力がついても、ベンチを暖めているだけでは元も子もありませんよね。

だからこそ、お子さんを試合で活躍させ続けるには、 安定した「高い守備力」を身につけさせる必要があるのです。

どうすれば、守備で活躍できるのか?


少年野球の試合を考えた場合、 お子さんを活躍させる一番手っ取り早い練習は、「ゴロの処理」です。

少年野球のヒットは、ほとんどの場合がゴロ。

また、捕球・送球ミスなどのエラーをする場合も、ほとんどがゴロになります。

ですので、ゴロを確実に処理できるようになれば、 お子さんが守備で活躍できる機会は、グーンと増えるようになるのです。

では、具体的にどうすれば、ゴロを上手く処理できるようになるのか?

大切なポイントは「2つ」あります。

第一のポイントは、「動きだし」です。

動きだしで一番大切になるのは、速く動けること。

一般的に守備のときは「低く構えなさい」と教えられます。

しかし、脚力のない子どもが低く構えると、 動きだしに頭が上がってしまい、動作が遅れる原因になります。

ですので、ヒザに余裕があり、 ボールがきたときに速く動けるのであれば、高く構えても問題ありません。

大切なのは、構えが高い、低いということではなく、 お子さんが一番速くスタートを切れるポジションを見つけることなのです。

そして、もう一つのポイントは「フットワーク」です。

フットワークで大切になるのは、捕球するときに右足を伸ばさないこと。

なぜ、右足を伸ばしてはいけないのかと言うと、 「送球時に無駄なステップを踏んでしまう」からです。

どういうことなのか、簡単にご説明しましょう。

捕球時に右足が伸びてしまうと、左足に体重がかかります。

左足に体重がかかると、 通常2ステップで送球できるはずが、4ステップ踏まなくては送球できなくなります。

ワンステップを無駄に踏むと、その間にランナーは約2メートル進んでしまいます。

結果的に、慌てて暴投をしてしまったり、 アウトを取れない確率が上がることになります。

お子さんが守備で活躍できるようになるためにも、必ずマスターさせてあげてください。

でももし、ここであなたが、

「どうやって守備を教えたらいいのか」
「どんな練習方法が効果的なのか知りたい」

このように思われたのなら、ここからの話は大切です。

遊撃手の連続無失策記録を樹立しsた高橋雅裕が、
お子さんに「鉄壁の守備力」を身につけさせます!


実は今回、高橋コーチに守備の基本を教えていただき、DVDに収録して公開する準備が整いました。

高橋コーチは、現役時代の1988年~1989年にかけて、 「遊撃手の連続無失策記録」を樹立したほど、守備の上手い選手でした。

DVDには、お子さんに「鉄壁の守備力」を身につけさせるための指導法が、 高橋コーチのわかりやすい説明とともに、ぎっしりと収録されています。

また今回は、守備の動作を

1.構え 2.動き出し 3.バウンドの合わせ方 4.捕球体勢 5.ステップ 6.握り替え 7.体重移動 8.腕の使い方 9.フットワーク~送球
このように「9段階」に分け、 それぞれの動作における大切なポイントを詳しくご説明しています。

ですので、

「お子さんの守備動作のどこに問題があるのか?」
「その問題を、どのように修正すればいいのか?」

ということが、すぐにわかるようになっており、 カンタン、確実に守備力を向上できる仕組みになっています。

さらに、守備の基本だけでなく、 試合で活躍するための効果的な「練習方法」も合わせて収録しています。

例えば、先ほどお話したフットワークで右足が伸びてしまう欠点を改善する方法。

この右足が伸びてしまうクセは、実は、遊び感覚でカンタンに修正できるのです。

暴投や送球ミスも激減しますので、ぜひ、実践してみてください。

もちろん、お父さんとお子さん、二人で実践できる練習方法です。

例え、いま守備が苦手なお子さんでも、 カンタンに捕球スキル、フィールディングを上達できることは、間違いありません。

では、DVDには、具体的にどんな内容が収録されているのか?

DVD収録内容の一部をご紹介しましょう…

野球経験のないお父さんでもできる!
お子さんに「鉄壁の守備」を身につけさせる方法




これで、お子さんの守備動作がグンと速くなる! 守備動作の速い選手と遅い選手、その構え方の違いとは?
なぜ、バウンドに合わせるときに、ボールを見てはいけないのか?
「グラブに当てる」「お手玉をする」などのミスを、 カンタンに防げる捕球体勢とは?
アウトの取れない、こんなステップを踏んでいませんか?
お子さんを内野手として活躍させる上で、一番大切なこととは?
送球ミスを激減させる、カンタンな練習方法とは?
動作が遅くても大丈夫!俊敏に動けるようになる「2つのポイント」
ゴロが苦手を「得意」に変える!ゴロ捕球の秘訣を教えます!
注意!守備のフットワークで、絶対にやってはいけないこととは?
お子さんは、バックホームへの送球で、こんな間違いをしていませんか?
※ご紹介したのは、DVDに収録されている内容のほんの一部です
いかがでしょうか。

DVDには、守備における構えから、動きだし、ボールへの合わせ方など、 お子さんが守備で活躍するためのノウハウがぎっしりと収録されています。

あなたも、このノウハウをお子さんに教えてあげることで、

  • 打撃も守備も、両方で活躍できる選手になれる!
  • 監督、コーチ、チームメイトから頼られる選手になれる!
  • 飛んできたボールへの恐怖感がなくなり、積極的にプレーできる!
  • キャッチから送球までのスピードがグンと速くなり、アウトを量産できる!
  • ゴロ、バウンドなど、どんな球でもしっかりキャッチできる!
  • レギュラーの座を不動のものにできる!
  • いまより、もっと野球が楽しくなる!


など、さらにお子さんの成長をサポートしてあげられるでしょう。

ぜひ、あなたも一度限りのこのチャンスにDVDを手に入れ、 お子さんに「鉄壁の守備力」を身に付けてあげてください。

鉄壁を目指す!内野守備動作 ~基礎から始める守備上達法~
  • 鉄壁を目指す!内野守備動作 ~基礎から始める守備上達法~

鉄壁を目指す!内野守備動作 ~基礎から始める守備上達法~

5,980円(税込)

加算ポイント:59 ポイント

ポイント:利用可能

数量:

この商品は0人がお気に入りに登録しています。

Facebook Twitter

この商品のレビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿する

レビューを投稿するにはログインしてください。

この商品は、次のカテゴリにも関連付けられています。

野球

野球 > 高橋雅裕