重要なお知らせ ■社員研修に伴う特別営業のお知らせ
重要なお知らせ 消費税増税に伴う、価格改定について
重要なお知らせ 一部 beLEGEND商品 計量スプーン変更のお知らせ
Facebook Twitter

商品詳細

思い通りのところに、思い通りのボールを蹴れる!キックの新常識“試合でうまく蹴れない”のは、実は理由がありました。パス、シュート、プレースキックを成功させるために必要なたったひとつの方法とは?

「気が付いたら、キックが上手くなっている!」
今回もたくさんの指導者から
ご推薦をいただきました。

推薦文1

推薦文2

推薦文3

推薦文4

推薦文5

チームで替えがきかない
ゲームメーカーになる

パス、FK、CK、PK、そして、シュートも…
監督がすべてのキックを蹴らせたくなる!
鈴木陽二郎コーチの蹴り方新レッスンDVDが完成


セットプレー、監督はお子様にキッカーを任せたくなるでしょうし、
試合中、仲間はお子様にボールを集めたくなるでしょう。

なぜなら、お子様のキックが起点となって、
多くのチャンスや得点を生むことになるからです!


このレッスンでは、第一弾のDVDでご紹介した
「目的地の認識」を
試合で使うための具体的な方法を公開します。

試合ではヒトとボールが絶えず動きますよね。
相手はボールを奪おうとやってくるし、
味方は空いたスペースへと動きます。

ヒトとボールが動く状況で
どうすれば、思い通りのボールを蹴れるようになるのか?


プレッシャーのかかる本番で
一体どうすればうまく蹴れるようになるのか?


それが、このDVDのテーマであり、
具体的には、こんな蹴り方をマスターしていただけます。

・インサイド、アウトサイド、インステップのキックの体得法
・ロングキックを浮かせて飛距離を伸ばす方法
・実戦ドリブルシュートの体得法
  などなど。

どのポジションからでも
実戦でワンランク上のキックを生み出す
そのためのレッスンを公開します!

講師プロフィール

鈴木 陽二郎

(株)エフネットスポーツ
蹴り方教室主宰
FFCカレッジフットサルリーグ担当


概念を変えてキックを上達させる
蹴り方を変えるプロ
鈴木コーチの理論、概念を変えて上達させるアプローチはプロにも評価されていて、現役Jリーガーからのサポート依頼は絶えない。2014年から主宰する「蹴り方教室」は、数時間で「ボールの球筋が格段に変わる」「メニューをこなしていくと、自然に技術が身につく」など、即、圧倒的な結果が出ると評判に。「概念を変えてプレーを変える」上達アプローチは、多くの指導者に影響を与え、日本代表の長友佑都選手の専属コーチである鬼木祐輔コーチなど、多くの優秀な指導者から絶大な支持を受けている。

「目的地の認識」は
日本代表レベルで広がっています
  • 「目的地がやっぱりゴールなのでね。」
  • 「(日本人は)目的地であるゴールへの意識が途切れてしまう…」
  • 「(海外選手は)まず目的地があって、ゴールを取るためにポジションを取って、
    ゴールを取るためにランニングをする。」
これは、日本代表・長友佑都選手の言葉です。今、長友選手はメディアを通して「目的地の認識」の重要性を口にしています。「目的地の認識」は、世界でのスタンダード。ようやく日本を代表する選手のスタンダードとして追いついてきたということ。そして、「目的地の認識」は、日本サッカーの新しい常識として急速に広がっています

鈴木コーチの「蹴り方教室」は、
5年間で1,000人以上もの
キックの上達に貢献しています!

鈴木コーチが主宰する蹴り方教室。参加した選手たちは「こんなに変わるものか!」と声を上げる
鈴木コーチが主宰する蹴り方教室。参加した選手たちは「こんなに変わるものか!」と声を上げる

試合でうまく蹴れない選手たちが知らない
「現在地」の概念とは?

概念を変えれば、蹴り方が変わる
それが、鈴木コーチのレッスンの本質。

第一弾のDVDでは、意識をボールから目的地に変えると、
思い通りのボールを飛ばせる蹴り方が身につくことを学びました。

今回ご紹介するのは、その超実戦編。

試合の中で、思い通りにボールを蹴るための新しい概念
――「現在地」の概念です。


ちょっと説明させてください。


単にボールを上手く蹴るだけなら
目的地を認識するだけでOK。

だけど、人もボールも動く試合で上手く蹴るには
もうひと工夫必要。

試合では、蹴る場所はいつも変わります。
右サイド、中央、左サイド
蹴る場所が変われば、蹴り方を変えないといけないし、

相手選手の立ち位置が変われば、
蹴り出すボールのコースだって変えないといけない。


なのに、同じように蹴ってしまうから上手くいかないわけです。

たとえば、アウトサイドで蹴れば、早く正確にパスできるのに、
インサイドで蹴ってパスが遅くなって、ボールを奪われる…みたいな。

だったら、「アウトサイドキックを練習すればいいんだな」って思うよね。

でも、「この場所では、アウトサイドキックで蹴ってね」
「この場所では、インサイドキック使おうね」って
全部教えられますか?ってこと。

うん、ムリ。不可能だよね。

試合では、
色んな場所から、色んな体勢で、色んなところへ
ボールを蹴らなくちゃいけない。

試合では、とっさに、自分で、臨機応変に、
最適なキックを実行しなきゃいけない。

仕事場に向かう途中、電車が動かないとする。

違う電車に乗り換えるのか、バスで行くか、タクシーで行くか
とっさに対応しなきゃいけない。

でも、自分が今どこにいるのかわからないと
とっさに対応ってできないよね。

それと同じ。

蹴りたい場所を認識するだけじゃ足りない。
自分のいる場所――つまり「現在地」を認識しないと

蹴り方、コースを変えることができない。
いつでもどこでも同じ蹴り方しかできない。

それでは、いくらキックを練習しても、
試合で結果は出ませんよね。

だから試合で上手く蹴るには、どこに自分がいるのか?
「現在地の認識」をする

目的地を認識して、現在地を認識すれば、
様々なルート選択ができるようになる
つまり、自動的に様々な蹴り方ができるようになるのです。

このDVDのノウハウを実践することで
高精度のキックを手に入れる

蹴り方の知識を覚えるのではなく、
状況に応じたキック
蹴れるようにする練習上達の鍵です。


目的地の認識が、狙った場所にキックできるフォームを
自然に作り出すことはわかった。

現在地の認識が、試合中のベストなキックを
自動的に選択をさせることもわかった。

でもこう思いません?
「で、具体的にどうすればいいの…?」と。

「『目的地、現在地の認識』って言うけれど、
認識するだけでいいわけないよね?」
と思いますよね?

もちろん、頭の中で考えているだけでは
何も変わりません。

「目的地」「現在地」それぞれを認識したうえで、
一体どうすれば試合で上手く蹴ることができるのか?


その具体的な練習法を体系的にまとめたのが
今回ご紹介する
「親子で学ぶ!まったく新しいボールの蹴り方2
~実戦的な蹴り方とロングキックを極める~」です!

このレッスンを実践することで…
なぜ試合で思い通りのボールを蹴れるようになるのか…?
その秘密を知ることができます!

えっ…!?ウソっ…!?
「こんなに蹴れるようになるのか!?」
「目的地」と「現在地」を認識して、
飛距離と精度を速攻上達!

論より証拠
その実績の一部をご覧ください!



他にも続々!
レッスンを実践した人の声を紹介します。

M.A様 年齢:50歳、プレー歴:30年、指導歴:2年


① キックフォームへの詳細な分析
欧州トップ選手のキックフォームを詳細に分析し、気付けなかった様々なポイントが理解できました。特に、キックに関するハウツー本やDVDもいくつか拝見していますが、本作のようなキックのフォームに拘った教材は初めてでした。このフォームをマスターできれば、楽に強いボールが蹴れると思います。

② 固定概念の払拭
私は50歳で、固定概念の塊ですが、若い方についてもキックに関する考え方もそこまで変わらないように思えます。本作では、キックに対する意識を根本的に考え直すことを促されます。何のためにボールを蹴る(動かす)のか、その目的を意識する必要性を強く感じました。どうしても目の前のボールを蹴ることを意識してしまい、いろいろな弊害があることに気付かされます。

広瀬 真也様 年齢:38歳、プレー歴:12年、指導歴:7年


自身も小学生の頃からプレーしていましたが、それほどキックは上手な方ではありませんでした。また小学生を指導するようになってもキックが得意な子とそうでない子がいる事は気にはなっていましたが体格や力の差によるものだと思っていました。このDVDを見てその概念が180度覆されました。カラダの使い方、呼吸など体格差やパワー以前に蹴る力がボールにうまく伝わっていないことが理解できました。力任せに蹴るのではなく、上半身と下半身がうまく連動し呼吸をうまく活用し力の入れ方に注意する事でしっかり蹴れるようになるんだという気づきがありました。そしてそのフォームを習得するためのトレーニング方法も丁寧に解説されており日々の取り組みで改善する事ができるような内容になっていると思います。早速自チームの選手たちの指導に取り入れたいと思いました。

H.S様 年齢:49歳、指導歴:27年


ボールを蹴るというサッカーにおいて基本中の基本といえる動作であるが、頭の位置であったり、軸足の位置であったり、ボールの見方であったり、人それぞれだよなとの思いもあり今まであまり細々としたことを指導してきませんでした。今回のDVDを観ることにより、トップ選手たちのきれいなフォームが、身体動作としていかに効率よくボールにパワーを伝えるかということから、自然に形作られているものなのか、知ることが出来ました。われわれ指導者の「ボールの横に軸足を置く」という言葉でであったり、「足首を固定する」という言葉であったりを、しっかり聞いて実行するがゆえに不自然な動作になり、自分が思ったようなキックが出来ない選手をこれまでも何人もみてきました。いろいろな指導書を読んでアドバイスしながらも、何か引っかかる感じがしていました。「移動の概念」「呼吸」「歩く歩幅」「軸足の上にお尻」「頭・膝・足」など,選手のフォームに対して分かりやすいアドバイスをする「言語」を得たような感じがします。「利き足のキックは得意だけど,反対の足はぜんぜん使えない」という選手に対しても「移動の概念」を活かしながら,キックをすることを身につけさせれば,キック技術の左右差を解消することにもつながりそうです。
子どもに限らず,サッカーやフットサルに取り組み始めた大人の人にも,「いつもの動作の延長上にキック動作がある」ということが分かると思うので,観て頂いてボールを実際に蹴ってもらいたいと思います。

T.M様 年齢:41歳、プレー歴:20年、指導歴:15年


普段、何気なく行っている動作でも目的地の意識と移動の概念を備えることで身体が勝手に最適な動作になるというところが勉強になりました。ボールと戦わないというフレーズが印象的で、力みをぬくための面白い表現だと思います。初心者から上級者までサッカー・フットサルを長く楽しみたい方にお勧めの内容です。

中谷 研太様 年齢:26歳、プレー歴:12年、指導歴:8年


私は少年サッカーの指導に関わらせていただいています。子どもたちは、ボールを蹴る姿勢やフォームにバラつきがあります。体が思うように動かない選手が多いため、蹴れない選手が多いように思います。そのような悩みを持っている方は、ぜひこのDVDを観ていただければと思います。日本人選手と海外の選手の蹴り方を比較し、目的、姿勢、軸足、蹴り足、体の使い方などロジカルに説明しておられるので、聞いていて納得がいきます。普通のことが普通にできていないことを実感しました。また、サッカー経験者でない方が、モデルになられているので、上達しているのがすぐに分かります。また、キックで使う体の柔軟・体幹のトレーニング紹介があります。この筋肉・この部位を使っているのかが理解でき、ボールを蹴るときに生きてくると思います。今すぐにでも実施できることが多くさっそくチームで活用できます。是非、試してみてください。

小倉 庵志様 年齢:13歳、プレー歴:7年

お喜びの声

A・K様 年齢:8歳、プレー歴:4年

お喜びの声

M・Z様 年齢:10歳、プレー歴:5年

お喜びの声

N・K様 年齢:10歳、プレー歴:4年

お喜びの声

K・H様 年齢:8歳、プレー歴:6年

お喜びの声

K・I様 年齢:9歳、プレー歴:6年

お喜びの声

H・K様 年齢:45歳、プレー歴:0年、指導歴:0年

お喜びの声

R・H様 年齢:47歳、プレー歴:3年、指導歴:5年

お喜びの声

R・H様 年齢:11歳、プレー歴:7年

お喜びの声

J・I様 年齢:44歳、プレー歴:15年、指導歴:1年

お喜びの声

他のサッカー教材と、
何が違うのか?

キックの何を教えてくれるレッスンなのか?
↓ ↓ ↓
DVD
サッカー選手なら、「上手く蹴りたい」と思うのは当たり前。
でも、「上手く蹴りたい」という気持ちが、
上手く蹴れない原因だったとしたら?

上手くなろうとすればするほど、
練習すればするほど下手になる。

人の動きは意識によって作られる。
ならば、上手く蹴れる意識をインストールすればいい。

鈴木コーチがあなたにお届けするのは、
「自動的に良いボールが飛ばせるキック」
蹴れるようにするレッスンです。

そして、どんな場面でも
スムーズに、美しく、それでいてパワフルなキックを
自然に打てるようになっていただきたいと考えています。

自動的にキックが変わる実戦レッスン
試合を決めるのに必要十分な
3種キック&ロングキック
完全マスター

キック動作をモタつくことなく、なめらかにする!
思い通りのボールを、思い通りの場所に蹴る!

Vol.1
キック上達のためのフォーム改善法

体をひねれば上手く蹴れる!は大間違い。
試合でパスを通せる選手ほど、
体をひねらず蹴っています。


う体をひねって蹴るのはやめましょう。試合で上手く蹴れない選手に共通するのが、体をひねるキック。ボールを巻き込むように蹴るキックです。なぜ、キックは体をひねってはいけないのか?理由は3つ。①内転筋のケガにつながりやすいこと ②蹴った後すぐに走れないこと ③相手ディフェンスに対応できないこと。体を不自然にひねると、体に負担がかかり、バランスが崩れ、視野が狭まって相手に気づきにくいのです。でも安心してください。実は、目的地を正しく認識することで、捻りの動作をキックの動作から排除することができます。


上手く蹴れない原因をいかに取り除くかが、
ゲームで活躍するためのポイントです。


ールが飛ばない、浮かない、狙ったところに蹴れない原因は、体をひねって蹴るだけではありません。他にたくさんあります。でも、上手く蹴るために抑えておくべきポイントは残り3つ。その3つのポイントを改善するだけで、キックの問題のほとんどは吹き飛ぶのです。では3つのポイントとは、一体なんでしょう?「後ろに後ずさりしていませんか?」「手を回していませんか?」「ボールをしっかり見てキックしていませんか?」。DISC1では、上手く蹴れない原因をわかりやすく解説。実演といっしょに上手く蹴るためのフォーム改善に取り組んでいただけます。

Vol.2
実戦キック上達のための感覚と技術の習得法

トラップ→キック→ランの
「連続性」と「接続性」を高めて、
速く正確にボールを届ける。


「目的地の認識」がキックの上達の鍵を握ることは、これまでたくさん学びました。でも、試合で上手く蹴るには、目的地の認識だけでは足りません。なぜなら、試合ではいつも同じ場所からボールを蹴る、なんてことはないからです。真ん中、右サイド、左サイド、蹴る場所はいつも変わります。なのに、蹴り方はいつも同じ、では上手くいかないのです。だから場所によって蹴り方は変わる。だけど、インサイドで蹴るか、アウトサイドで蹴るか、一瞬でも迷えば相手にボールを奪われる。だから瞬時に最適な蹴り方を選択しなくてはいけない。そのためには、「目的地の認識」にくわえて、自分がどこにいるのか…つまり、「現在地の認識」が必要なのです。この現在地の認識をして練習を重ねることで、自動的に目的地までのアプローチ(ボールの蹴り方、ボールの軌道)が変わり、様々な状況に対応できるキックの自力が身につきます。


「どうやって蹴るか?」ではなく、「どこに立つか?」

手く蹴れないのは、蹴り方が悪いからだと思っていませんか?遠くにボールを蹴りたいのにボールが浮かず、ゴロになるのは蹴り方が悪いからだ!だからボールのいい所を蹴れないんだと思っているのなら大間違い。ボールをうまく蹴るにはどうすればいいでしょう?ボールをよく見る?足を振り上げる?いいえ違います。上手く蹴れる場所に立つことです。極端な話、いくら美しいフォームでも、足がまったくボールに届かないところだとボールを蹴れないですよね。実は、試合で上手く蹴れないのは、「立ちどころ」が悪いからなんです。どこに立てばよいか?どのように立てばいいか?「立ちどころ」がわかると、キックはガラリと変わります!

Vol.3
パスに必要な感覚と技術の習得法
パス&ゴーに必要な感覚と技術の習得法

味方がどんどんパスをくれる!
だから、どんどんパスを出せる!
だから、どんどん活躍できる!


うすれば良いパスをバンバン出せるようになるか?簡単です。たくさんパスをもらえばよいのです。パスをたくさんもらえば、それだけ多くのパスを打てる!でも、ほとんどの教材はパスの出し方しか教えません。だから練習ではうまくいっても、試合になるとパスを出せない。当然です。そもそもボールが回ってこないからパスを打てないのです。だから「蹴った後に空いたスペースに移動して、次のパスを出すためにパスをもらう」。そんな実戦の考え方が抜け落ちているから、本番でパスを出せないのです。DISC1では、実戦で力を発揮する「パス&ゴー」に着目したレッスンを公開。これによりチームの攻撃を躍動させます!


パス&ゴーを同時に行えるようにする“分身の術”

ペースを作って、攻撃の選択肢を増やす「パス&ゴー」。現代サッカーでは非常に重要なプレーです。パスを出した後に走り続けることで、もう一度パスをもらったり、こぼれ球が目の前にきてシュートしたり、多くのチャンスを作ることができます。そして、単に走るのではなくこのDISC1で教える「分身の術」を使うと、パス&ゴーを驚くほどスムーズに素早く行えるようになります。これにより、空いたスペースをどんどん使えるようになると、さらにたくさんのチャンスを作り出せるようになります!

Vol.4
実戦で使う3種類のキックの解説と習得法

なぜ、試合でキックミスが起こるのか?
それは、状況に応じて
適切なキックを選んでいないからです。


合では、自分の蹴りやすい蹴り方、体勢、タイミングでボールを蹴らしてはもらえません。相手ディフェンスのチャージ、パスコースのカット…このような状況で、どうすればミスをすることなく上手く蹴ることができるでしょうか?状況に応じたキックができなければ、パスやシュートはできません一体どうやって状況に応じた最適なキックを行うか?目的地、現在地、中継点、この3つを認識して、初めて最適なキックをスムーズに行うことができます。そのキックセンスと技術を、ここで身につけてください!


インサイド、アウトサイド、インステップを完全マスター!
素早く、強く、正確に蹴り出すキックセンスを手に入れる


のレッスンでは、試合で結果を出すのに必要十分な3つのキック(インサイド、アウトサイド、インステップ)をレッスンします。たった3つで大丈夫か?そう思いますよね。でも、大丈夫。この3つのキックを使って、距離、方向、高さ、を自在に使いこなせるようになれば、蹴り方の選択肢は無限大。ピンポイントのセンタリング、針の穴を通すようなスルーパス、ミドルレンジからの強いシュートなど、理想のキックを実現するためのレッスンを公開します!

Vol.5
ロングキックに必要な感覚と技術の習得法

なぜ、ロングキックが飛ばないのか?
それは、足で飛ばそうとするからです。


ングキックを蹴ることができれば、遠くの味方へパスを通すことができるし、ゴールから離れた場所からでもシュートを打って得点することができる。ロングキックはサッカーの魅力です。でも、ボールを転がしてしまうとパスやシュートは決まりにくい。つまり、ボールを地面から浮かせることができないとカットされたり、止められたりしてしまいますよね。では、一体どうしてボールが浮かないのか?それは足でボールを飛ばそうとするからです。もちろんボールは足で蹴るものですが、足でボールに強いインパクトを与えて飛ばそうとすると、目的地の認識はボールに集中します。すると、体が回ってしまってボールを引っ掛けてしまってゴロになる。ボールが浮かずに飛距離が出なくなるわけです。


「足の長さ」を活かして飛ばす!キックの飛距離を手に入れる。

ングキックは、現在地から目的地までの距離が長くなっただけ。何も変える必要はありません。ただし、一つだけ注意しなければいけないことがあります。それは、蹴り足の長さを活かせる軸足とボールの距離。ボールを正面から真っすぐに蹴ろうとすると、軸足がボールに近すぎて、蹴り足をまっすぐ振り切れなくなります。だから、蹴り足の長さを活かせる軸足とボールの距離がロングキックの鍵となります。その距離感さえつかめば、ボールが浮いて、飛距離の出るロングキックをものにすることができるでしょう。

今回DVDをお申込みいただくと、ドリブルシュートレッスン動画をお届けします。


鈴木陽二郎の「ドリブルシュートレッスン」をプレゼント

この特典「ドリブルシュート」では、これまでのレッスンで学んだ「目的地の認識」、「現在地の認識」、「移動の概念」、「中継地点」の概念を、どうやってドリブルシュートへ展開するのかをまとめています。動くボールに対して、どうやって足の長さを活かすか、どうやってコントロールするのか、ドリブルとシュートの接続のやり方を、実際のドリブルシュートのドリルを通じてわかりやすく解説します。ドリブルシュートの練習でどのようなポイントに注意して練習すればよいかを学んでいただけます!※DISC2に収録されています。

目次・章立て

【DISC1】

Introduction
人間は認識した形になる

1.目的地の認識
目的地の認識をキックに入れ込む!
・移動するパートナーを目的地とする
・キックした足でそのまま歩く
・蹴り終わったつま先・軸足・へそをパートナーに向ける
・力まずリラックス
…etc

2.よく見る悪い例①
軸足をパートナー方向に向けず捻るように蹴る
・捻って蹴ってはいけない理由
・つま先が外に向くと捻って巻き込む
…etc

3.よく見る悪い例②
後傾姿勢
・目的地の認識がある時、ない時
・蹴り終わったら後ろに下がる
・後傾姿勢になる理由
・キックフォームの改善法
…etc

4.よく見る悪い例③
手を大きく動かす
・手を動かすとキックが上手くいかない理由
・目的と手段のすり替え
…etc

5.よく見る悪い例④
目的地がボール
・ボールだけしか見ていないと…
・力が出ない理由
・フットボールに適さない姿勢
・下目遣いでボールを見る
…etc

6.現在地の認識、ルート選択、中継地点
自動的にプレーが変わる
・現在地の認識
・自動的にアプローチ法が変わる
・ミスが起きるシンプルな理由
・ボールは、目的地に行くための中継地点
…etc

7.ルート・中継点の変更
ボールスピード・立ち所
・ボールスピードや立ち所によって、ルートや中継点が変わる
・目的地に対して自分がどう立ち振る舞うか
…etc

8.目的地・現在地の認識、ルート選択の実技
実戦でのキックの自力を身につける
・目的地方向にトラップする
・へその向きを変える
・目的地を認識しやすくする方法
・目的地・現在地・中継地点を揃える
・バックステップで時間を作る
…etc

9.分身の術
パス&ゴーを同時にやる
・連続性・接続性・継続性
・良い選択肢=良いイメージ
・パスミスが出る理由
・2つの目的地とは
…etc

10.分身の術
状況に応じたルート変更
・現在地を把握する
・常にルートは変わる、変える。
・DFの動きを見てトラップ方向を変更する
…etc

【DISC2】

11.様々なキック
インサイドキック、アウトサイドキック、インステップキック
・まっすぐ移動する
・軸足とボールの間は一歩分
・歩幅を利用する
・蹴った後に歩ける動作にする
・目的地に向けておくべき体のパーツ
・ボールを置く位置ではなく、自分の立ち位置
…etc

12.ドリブルによる移動
キックもドリブルも同じ
・体→ボールの順番で移動する
・ドリブルのリズムはキックのリズム
・行きたい方向に移動する形
…etc

13.実技(キック)
3種のキックとロングキック
・トラップは軸足を動かす
・トラップでやってはいけないこと
・上手く蹴れない選手がやっている「止める」と「蹴る」の分離
・低いボールは窮屈になりやすい
…etc

14.ロングキックが飛ばない理由
足で蹴ろうとするとミスが多くなる
・軸足とボールの距離
・蹴り終わりはパートナー方向を向く
…etc

不自然な蹴り方を
苦労して覚えるのはやめましょう。

自然で美しい蹴り方を
自動的にマスターする

試合で上手く蹴れるための鍵は、「目的地」と「現在地」の認識
ところが、思うように蹴れない選手は、それに気づけていない。


だから、蹴り方ばかりに意識を奪われて…
だから、不自然で、モタついて、力が出ない
だから、「ボールが浮かずにゴロになる…」
だから、「飛距離が伸びない…」
だから、「思い通りに蹴れない」
だから、キックに困るわけです。

でも、キックの悩みは今日で終わり!

この約160分のレッスンでは、
蹴り方を本質からわかりやすく教えてくれます。だから…



「日本人の悪いクセを直せば
思い通りのボールが蹴れる」
最後に鈴木コーチからのメッセージ

鈴木陽二郎

最後までお読みいただきありがとうございます。

日本人の悪いクセとは、
できないのは自分のせいだと考えること。

いやいや、違うんです。できない理由は、
ただ、やり方が間違っているだけ

で、やり方は、
人によって合う、合わないがある。

だから、成果が出ているなら、そのやり方を続けるべきだし、
成果が出ていないなら、やり方を変えればいいんです。

やり方を変えるだけで、
まったく思いもしなかった上達に出会うのは
本当に感動です。

このDVDに詰め込んだのは、
これまでの蹴り方指導とは全く違うやり方

もし、今までのやり方で成果が出ないなら、
もし、圧倒的な上達を手に入れたいなら、

今すぐ、このやり方を実践してください!
鈴木陽二郎

Q&A ご不明な点があればこちらをご覧ください
本教材に寄せられたご質問と回答をまとめました

Q. この講義の対象年齢は、どのくらいですか?
本プログラムの対象年齢は6歳以上です。小学生、中学生、高校生のサッカー選手を対象にしています。本プログラムでは小学生のモデルを起用していますので、どの年代でもわかりやすく学んでいただけます
Q. 前作との違いは何?
前回は、蹴り方を学ぶ(変える)レッスン。今回は「前回学んだ蹴り方を試合で使うためのレッスン」だとお考えください。試合では止まったボールを決まった場所に蹴るのは、セットプレーしかありません。人、ボールが動く中で、思い通りのボールを打てるようにするためのやり方を学べるのが今回のレッスンの内容です。
Q. 「目的地の認識」をもっと学びたいのですが
ありがとうございます。「目的地の認識」をもっと深く学んでいただける「『ボールを蹴る』という概念を変えるだけで、フットボールが上手くなる方法」がおススメです。この講座は鈴木コーチの指導の核となる「目的地の認識」を集中的に学べる講座です。また「移動の概念」「力まない概念」など、体の使い方を最適化するノウハウが満載。弊社ホームページにて案内しています
https://real-style.co.jp/item/CFSY01ADF.html
Q. 練習には道具が必要ですか?
いいえこのDVDのレッスンでは特別な道具は一切必要ありませんのでご安心ください。ボールと本DVDを再生できる機器だけご準備ください。
Q. 全くの初心者で運動音痴な子どもでも、実践できる内容ですか?また上手くボールを蹴れるようになりますか?
はい。お任せください。このDVDは概念を変えることで、自然に上手く蹴る動きを導くレッスン。だからこそ運動が苦手なお子様に、実践いただきたい内容です。またサッカーをしなくても、ボールの飛距離を伸ばすことは可能です。ぜひ実践してください。
Q. サッカー経験がありません。そんな私が見ても理解できる内容ですか?
はい。ご安心ください。本編の重要な部分にはテロップ、スローモーション、比較映像などの編集をしているので理解を深めていただけます。また協力いただいた小学生モデル、モニター、ユーザー様からも「わかりやすい!」とご好評の声をいただいています
Q. このDVDは指導者が見ても役立ちますか?
はい、もちろんです。このプログラムにより、どうすればキックを上達させることができるか?あるいは、なぜキックが上手くならないか?がわかりますので、キックの効率的な指導ができるようになるはずです

追伸

「キックで思い通りにボールを操る」
と聞くと、ファンタジスタ…サッカーセンスが
必要だと思ってしまいますよね。

でも、ボールが「浮かない」「飛ばない」「力がない」…そんな
「どうすれば上手く蹴れるようになるのか?」と悩んでいた選手たちが、

「こんなに蹴れるようになるのかぁぁぁ!」と、
次々と成果を出しています。

今すぐ思い通りにボールを蹴れるようになるには
センスはもちろん、筋力だって必要ありません。

今まで教わらなかったから、やり方を知らないから
上手く蹴れなかっただけなんです。

あなたもぜひ
「こんなに蹴れるようになるのかぁぁぁ!」
という感動を体験してください。


{font-size:2em; font-weight:bold;}
親子で学ぶ!まったく新しいボールの蹴り方2~実戦的な蹴り方とロングキックを極める~
  • 親子で学ぶ!まったく新しいボールの蹴り方2~実戦的な蹴り方とロングキックを極める~

親子で学ぶ!まったく新しいボールの蹴り方2~実戦的な蹴り方とロングキックを極める~ NEW

16,980円(税込)

加算ポイント:169 ポイント

ポイント:利用可能

発売日時:2019年 10月 25日 00:00

数量:

この商品は0人がお気に入りに登録しています。

Facebook Twitter

この商品のレビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿する

レビューを投稿するにはログインしてください。

この商品は、次のカテゴリにも関連付けられています。

サッカー

サッカー > 鈴木陽二郎