Facebook Twitter

商品詳細

森守洋の「ダウンブロー打法」をより腹の底まで落とし込みたい上級者へ。一般ゴルファーが知りたかった19の疑問に森守洋プロが答えます!

こちらの商品は「永久不変のゴルフ理論」に収録されている内容をご覧いただいたことを前提とした説明も入っているため、「永久不変のゴルフ理論」DVDとセットでのお申込みをオススメします。

森理論を実践したあなたが必ず抱える疑問とは?

あなたが、これから実践する「森理論」。
腕の振りと、フェースの開閉をマスターすることで、飛距離やスライスの悩みなど、全て解決できることは間違いありません。

でも、あなたが、真剣に取り組もうとすればするほど、「ちょっとした部分」で疑問に思うことも出てくるはずです。
たとえば、

  • 握り方で、フェースローテーションのしやすさは変わるのか?
  • 結局、ボディターンで打つことは間違いなのか?
  • なぜ、フェースターンで飛距離がアップするのか?
  • フェースターンは、バンカーショットの場面でも有効なのか?
  • どうすれば、プロのような大きいスイングアークが作れるのか?

など、パッと思いつくだけでも、これだけあります。
当然、これらは全て森理論をマスターするうえで大切なポイント。
中には、あなたが考えている以上に、スイングに影響を及ぼす重要なものもあるでしょう。

「答え」を知っているかどうかで上達スピードは大きく変わります…

森守洋
もし今、例を挙げた質問全てに、あなたが答えられるのなら、何も問題はありません。

ですが、一つでも答えられない疑問があったとしたら?
あなたは、正解を求めて悩み、上達の遠まわりをすることになってしまいます。

なぜなら、答えを知っているかどうかで、「森理論」をマスターするスピードは、大きく変わるから。

でも、できることなら、一切の遠まわりをせず、最短で森理論をマスターしたいですよね。

だからこそ、私たちは、あなたがこれから抱えるであろう疑問をすべて先まわりし、森プロから「答え」を聞いて、あなたにお伝えしようと考えました。

いったい、森プロにどんな質問をしたのか?
今、このページで少しだけお伝えしましょう。

「真っ直ぐのナイスショット」と
「左へのヒッカケ」の差を生むものは?

たとえば、ドライバーで思いきりボールを叩いたとき。
「真っ直ぐのナイスショット」か、「左へのヒッカケ」が出やすくなります。

同じように叩いているつもりなのに、いったい、なぜ、このような差が生まれるのか?
森プロの答えは明確です。

「ヒッカケの出る原因=インパクト時にフェースが左を向いていること」

身体がねばれているときは、ボールは真っすぐに飛びますが、ターゲット意識などでねばれず、早く入ってしまったときは左にヒッカケやすいのです。

これは、左にナイスショットを打ってしまっている状態と言えます。
この身体の使い方を変えるには、まず、自分が「左に対して力を出している」のを認識すること。

そして次に、身体の意識の方向を真っすぐか、または、右寄りにして調整してスイングすることが大事になるのです。


この解決法を知っていれば、左のヒッカケが出たとしても、すぐに調整し、真っすぐのナイスショットが打てますよね。

答えを知っているか、どうか。
これだけで、球筋は大きく変わってくるのです。


では続けて、もうひとつ。
森プロに、こんな疑問にも答えてもらいました。

結局ボディターンは間違った理論なのか?

森守洋
すでに、あなたにもお伝えしているとおり、森理論の肝は、「腕をしっかりと振るスイング」にあります。

これは、腕をロックしたまま、身体の回転を使って打つボディターンとは、 対極にある理論であるとも言えます。

一般的には、「手打ちは悪いこと」と言われることが多いので、これまで、ボディターンで練習してきた人なら、最初は、腕を振ることに違和感を感じるはずです。

しかし、腕を振ることで、明らかに球筋が変わったことを実感したとき、あなたは、こう思うはずです。
「ボディターンで打つことは、結局、間違いだったのか?」と。

森プロは、ボディターンや手打ちというのは、人それぞれの感覚的な表現であると言います。
つまり、手を振って打っている人は、「手打ち」と表現し、回転で打っている人は、「ボディターン」と表現しているのです。

大事なことは、ボディターンなのか、手打ちなのかということではなく、「全身を使っているか」ということ。

考えてみてください。
ボディターンで、上手く打てない人は、どんな人でしょうか?

下半身を切る、手を使わないなどのアドバイスを真面目にやり過ぎた人が、身体の回転を意識し過ぎるあまり振り遅れてしまい、ミスショットを連発しているのです。

ボディターンで振り遅れた結果、最終的に手首でコネて合わせるのですから、この打ち方の方が、よっぽど手打ちと言えるのではないでしょうか。

つまり、正しく全身運動でリリースできていれば、ボディターン、手打ちのどちらであっても何の問題もないのです。

ですが、アマチュアはプロの見た目を真似するのではなく、手の使い方から覚えた方が、良いスイングの感覚も掴めますし、上達スピードも早くなると森プロは言います。


今、ご紹介したのは、今回、「森理論」に真剣に取り組み、最短でマスターしたい方が、遠まわりをせず上達するための「答え」の一部です。

今回は、森理論を実践するあなたが、これから抱えるであろう、そして、絶対に解決したくなるであろう疑問を解決できるDVDを特別にご用意しました。

「森理論」を最速でマスターしたいならこのDVDはマストです。

DVD
今回、あなたにお渡しするDVDは、森理論をもっと短期間で、確実にマスターするためのQ&A集です。

このDVDがあれば、あなたは一切の遠まわりをすることなく、最速で森理論の基礎をマスターすることができるでしょう。

練習する中で、あなたが迷ったときの助けとなることは間違いありません。

では、DVDには、具体的にどんな内容が収録されているのか?
収録内容の一部をご紹介しましょう…

これが知りたかった!
森理論の疑問を完全解決する19の疑問と回答

バックスイングとダウンスイングがズレてしまう。
これは、右脇に問題があるのか?
「先端の意識を持つ」ことは、パターにも共通するのか?
なぜ、サンドウェッジで強い球を打つことを推奨するのか?
サンドウェッジでバンカーショットを打つ場面でも、他のクラブと同じようにフェースターンは必要なのか?
アマチュアは、トップやインパクトで、分割してフェースワークを練習した方がいいのか?
フェースローテーションのしやすいクラブの握り方とは?
「シャフトを回すメカニズム」の正体とは?
「叩く」という感覚は、どのくらいの強さのイメージなのか?
思いきりボールを叩いたときに出る、「真っすぐのナイスショット」と、「左へのヒッカケ」の差を生む原因は何なのか?
なぜ、「叩く」動作を説明するときに、体重移動や下半身の使い方の説明をしないのか?
一般的に言われる「腰を切れ」という表現。
森理論においても、腰を切る意識はあるのか?
結局、ボディターンは間違った理論なのか?
なぜ、フェイスターンでスライスがきれいに改善さえるのか?
コックを使うと手首がグラつくので、ノーコックで打っているが、飛距離を出すためには、コックを使った方がいいのか?
森理論における「ワッグル」とは?
どうすれば、プロのような大きいスイングアークが作れるのか?
加齢で肩の可動域が狭くなり、スイングが小さくなってきた。
やはり、上達には、ストレッチが必要なのか?
森理論の実践に年齢は関係あるのか?
なぜ、フェースターンが、ショットの安定に繋がるのか?
バックスイングとダウンスイングがズレてしまう。
これは、右脇に問題があるのか?
※ご紹介したのは、DVDに収録されている内容のほんの一部です
いかがでしょうか。
このDVDには、森理論を最速でマスターするために必要な、ノウハウがぎっしりと収録されています。
あなたも、このDVDを見ることで、

  • 上達を妨げる疑問をすべて解決できる
  • その結果、最速で森理論をマスターできる
  • 森理論が効果的な理由が、より明確に理解できる
  • より再現性の高いスイングが手に入る
  • まわりに教えることができ、尊敬される
  • もっと、ゴルフを楽しめるようになる

など、たくさんのメリットが手に入れられるのです。
ぜひ、あなたもこのチャンスにDVDを手に入れ、森理論の基礎を最短で完全マスターしてください。
森 守洋の「永久不変のゴルフ理論」~なぜ、脳からの命令を変えれば、スイングは自動的に変わるのか?~Disc3「19の疑問」に対する永久不変の回答~基本理論編~
  • 森 守洋の「永久不変のゴルフ理論」~なぜ、脳からの命令を変えれば、スイングは自動的に変わるのか?~Disc3「19の疑問」に対する永久不変の回答~基本理論編~

森 守洋の「永久不変のゴルフ理論」~なぜ、脳からの命令を変えれば、スイングは自動的に変わるのか?~Disc3「19の疑問」に対する永久不変の回答~基本理論編~

5,990円(税込)

加算ポイント:59 ポイント

ポイント:利用可能

数量:

この商品は0人がお気に入りに登録しています。

Facebook Twitter

この商品のレビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿する

レビューを投稿するにはログインしてください。

この商品は、次のカテゴリにも関連付けられています。

ゴルフ

ゴルフ > 森守洋