Facebook Twitter

商品詳細

森守洋プロが、遂に公開。ドライバーやFWのフェースローテーション・テクニック!アイアンのフェース・ローテーションを「ドライバーに変換」し、ガッツリ芯を食い厚い当たりで+20ヤード飛ばす方法とは…?

森 守洋(もり もりひろ)

JGTOツアーメンバー。95年に渡米し、サンディエゴにてミニツアーを転戦しながら腕を磨く。帰国後、陳清波プロに師事し、ダウンブロー打法を身につける。現在は、ツアープロのコーチを務めるかたわら、東京都三鷹市で「東京ゴルフスタジオ」を主宰し、原江里菜、竹末裕美ら複数のツアープロコーチを務め、多くのアマチュアの指導にも当たっている。

【著書】

  • ゴルフ プロのダウンブロー最新理論 (青春新書プレイブックス)
  • 森守洋のゴルフの王道 ダウンブロー (GAKKEN SPORTS MOOK パーゴルフレッスンブック)
  • インパクトから考えるとゴルフは急にうまくなる!(青春新書プレイブックス)
  • 森守洋のダウンブロー革命1 (パーゴルフ)
  • 森守洋のダウンブロー革命2 (パーゴルフ)
  • 森守洋のダウンブローで覚えるドライバーショット (GAKKEN SPORTS MOOK パーゴルフレッスンブック)
  • 森守洋のダウンブローで覚えるショートゲーム (GAKKEN SPORTS MOOK パーゴルフレッスンブック)
  • ゴルフ 「勘違い」に気付けば100を切れる!(池田書店)
  • 森守洋の"腕振り"で飛ぶ、つかまる! (SAN-EI MOOK 別冊ゴルフトゥデイ)
など多数
著書

【DVD】

  • 「永久不変のゴルフ理論」~なぜ、脳からの命令を変えれば、スイングは自動的に変わるのか?~
  • 「永久不変のゴルフ理論」~なぜ、道具の使い方を変えれば、スイングは自動的に変わるのか?~
  • 「永久不変のゴルフ理論」~なぜ、体の使い方を知れば、スイングは自動的に変わるのか?~
  • 「永久不変のゴルフ理論」~脳からの命令、道具と体の使い方を落とし込む実践レッスン~
など多数
著書

もう、これを試しましたか…?

森プロの提唱する「フェースローテーション理論」。あなたは、もう実践してみましたか?

質問するまでもありませんでしたね。あなたほど、真剣にゴルフに取り組んでいる人のことですから、すでに何度も森プロのDVDを見て練習しているはずです。

これまでにお伝えした、ショートアイアンで寝ているロフトを立てて使う動き。そして、「クラブフェースは回りたがっている」という特性を活かしてフェースを回転させることで、「ボールをとらえている」という感覚がつかめるようになってきていると思います。

では、そんな真剣なあなたに、もうひとつだけ質問をさせてください。
ショートアイアンで学んだフェースローテーションを
ドライバーやFWで試しましたか?
どうでしょうか?もし、すでに試したことがあるとしたら、

  • ショートアイアンとロングアイアンは、同じスイングでいいのか?
  • ロングアイアンでロフトを立てると、今より弾道が低くなるのではないか?
  • ショートアイアンとドライバーでは、ヘッドの形状もサイズも違うけど、打ち方をどう変えればいいのか?
  • ウッド系のクラブもショートアイアンと同じように打ち込んでいいのか?

など、こんな疑問が出てきたのではないでしょうか?

そして、そんな疑問を抱きながらも、ショートアイアンで学んだことを、自己流でロングアイアンやドライバーに変換してみた結果、

  • ロングアイアンを振ると、よくダフる
  • FWを使うと、トップして地を這う弾道でボールが転がる
  • ドライバーを持つと、飛ばしたい気持ちが出てすくい打ちになる
  • ドライバーの弾道は高いが、ボールがすぐに失速する

など、このようなエラーに悩まされているのではないでしょうか?もし、あなたに心当たりがあるのなら、今からお伝えすることを無視するのは、損でしかありません。

なぜなら、今お話したようなエラーに悩んでいるあなたは、どんな番手でも迷わずに、芯を食うショットが打てるようになる一歩手間のところまで来ているから。

つまり、今回、森プロが初公開するノウハウを知ることで、ドライバーはもちろん、ユーティリティやサンドウェッジなど、どんなクラブでも正しいフェースターンで打てるようになるのです。

「本当にそんなことができるのか?」と思うかもしれませんが、こう断言できるのには、ある理由があります。それは…、

アイアンで習得した
フェースローテーションが
今、全てのスイングにつながる…

これまで練習してきたことを思い出してみてください。
森プロのレッスンでは、主に「ショートアイアン」を使ってフェースローテーションの練習をしてきましたよね。

では、数あるクラブの中でも、なぜ、ショートアイアンを使って練習してきたのか?あなたは、その理由を考えたことがありますか?

その答えは明確です。
なぜなら、短い距離を打つショートアイアンからクラブの扱い方を覚えるのが、全ての番手を上手く扱えるようになる一番の近道になるから。

球が上がりやすいロフト角があるクラブをフェースが閉じる方向に回しながら、ディロフト方向に扱うことは、フェースローテーションの動作に直結しています。

そのため、ロフト角があるクラブを使って低い弾道で強い球を打つ練習は、スイングを身につける最適な方法なんです。

つまり、はじめにショートアイアンでクラブフェースを閉じる動きができなければ、他のどのクラブを使ってもヘッドの後ろ側にある重心を前方へと移動させることができず、低く強い弾道の球は打てないのです。

だからこそ、森理論では、ショートアイアンを使ってフェースローテーションの動作を正しく習得することからスタートしました。

そして、先ほどもお話したとおり、ある程度フェースローテーションをマスターしたあなたは今、どんな番手でも迷わずに芯を食うショットが打てる一歩手間のところまで来ていると言えます。

なぜなら、あなたがこれまで練習してきたことに、「あること」をプラスするだけで、ドライバーはもちろん、どの番手でも迷わずに芯を食うショットが打てるようになるからです。

では、具体的に何をプラスすればいいのか?
森理論におけるドライバーの打ち方とは、どのようなものなのか?

今回、多くのゴルファーの感じている疑問を、直接森プロに質問してきましたので、じっくりとご覧ください。

Q1. アイアンとドライバーでは
打ち方はどう変わるのか?

- リアルスタイル川手
「今までの森理論では、ショートアイアンを使って練習してきましたが…」
「ショートアイアンとドライバーでは、打ち方はどのように変わるのでしょうか?」


森守洋
ショートアイアンとドライバーの打ち方にどのような違いがあるのかということですね。
いくつかポイントがありますので、順を追ってご説明しましょう。

まず、ショートアイアンとドライバーの違いを考えたとき、一番大きな違いと言えるのが、「長さ」ですよね。

クラブの長さが変わるということはスイングの時間、アドレスの段階での地面とシャフトの角度、体が前傾する角度、が変わります。

ドライバーはクラブが長いので、スイングは横振りになると表現される場合もありますが、ドライバー専用の打ち方があるわけではありません。

あくまで、物体が変わるという認識です。
スイング自体は同じ動きなのですが、全く同じ[感覚」ではなくてよいということです。

他にも、ヘッドの形や重心、質量などにも違いがあります。
このような違いよりも、もっと注目して欲しいポイントがあるんです。

それはどちらのクラブも「L字型の形状」であるということ。ボールの高さやヘッドの形こそ違いますが、「L型の形状のものをスクエアに使うこと」が重要なのは、ショートアイアンもドライバーも全く同じなんです。

上級者やプロゴルファーにアイアンとドライバーの打ち方の違いを質問したときに、「同じ打ち方をしています」と回答することが多いのは、「どちらもL字型の形状のものなので、同じように扱う」という理由があるからです。

大事なことは、ドライバーをスクエアに扱うために、正しいフェースターンでボールの芯をとらえられるようになることです。

Q2. どうすれば、ドライバーを
スクエアに扱えるのか?

- リアルスタイル川手
「ショートアイアンとドライバーには、ヘッドの形や重量にも違いがありますが…」
「ドライバーをスクエアに扱うコツはありますか?」


森守洋
もちろん、ありますよ。
ここは、大切なポイントになりますので、まずは、スクエアに扱えない原因から説明しましょう。

ドライバーをスクエアに扱えない人は、ボールがつかまらず、フェースに当たる位置がいつもバラバラになりがちです。

また、ドライバーが飛ばないからこそ「上げたい欲」が強く、低い弾道のボールを打つことを怖がる人が多いと思います。

このような人は、ショートアイアンはスクエアに扱えるのですが、ドライバーをはじめ、フェアウェイウッドやロングアイアンなど、ロフトの立ったクラブを使うと、上手くいかないケースが多いようです。

では、なぜ、ショートアイアンは上手く打てるのに、ドライバーになると打てなくなると思いますか?
答えは、「上げたい」と思えば思うほど、フェース角を寝かせてインパクトする意識が生まれるから。

こうなると、何が起こるでしょうか?
ドライバーは、アイアンよりも後ろにクラブの重さがありますので、重心が後ろに残ったまま、ヘッドがどんどん上にあがっていってしまいますよね。これは、フェースターンとは真逆の動きです。


“上げたい意識が強くなると、重心が後ろに残ったままヘッドが上昇します”

このようにクラブの重さが後ろに残ってしまうと、クラブヘッドが最下点を通る時間は短くなりますので、上下のインパクトゾーンはほんの一瞬になります。これでは、ボールが飛ぶわけがありませんよね。

つまり、クラブの重さが後ろに残ったままインパクトを迎えていることが、ドライバーが飛ばない一番の原因なんです。

では、どうすれば上手くドライバーを扱えるのか?
答えは、ご存知の通り、クラブフェースを閉じる方向にしっかりと回転させることです。


“回転させることで、クラブヘッドは上昇しなくなります”

クラブフェースをしっかりとローテーションさせればクラブヘッドは上昇しなくなるので、ドライバーでも、長いインパクトゾーンでスクエアにボールをとらえられるようになります。

Q3. フェースローテーションも
アイアンと同じように回すのか?

- リアルスタイル川手
「ドライバーのフェースローテーションは、アイアンと同じで良いのでしょうか?」
「アイアンとの違いがあれば教えてください。」


森守洋
ドライバーはヘッドの重さがあるぶんシャフトを倒したときの負荷がアイアンよりも大きくなります。

ですから、掛かる負荷が大きいぶん、戻りも自然に強くなりますので、ローテーションにはちょっとしたコツが必要です。

どういうことかと言うと、ドライバーが飛ばない人のほとんどは、クラブの重さが後ろに残ったまま、体を閉じてダウンスイングを入れる傾向があります。

その結果、フォロースルーのときにクラブの重さで体が開いてしまうのです。

こうなると、芯を食わせることができない、トップが多いという状況に陥ってしまうのですが、この場合は、アイアンよりも余計に閉じさせる意識で振っても良いと思います。

つまり、シャフトの軸回転のトルク側をフェースが閉じる方向に、意識的にインテンションにトルクを掛けて振るんです。

ドライバーが飛ばないという人は、「払う」動きでフリッピングが起きていることが多いので、しっかり入れてくる動きをすることで、自然に芯を食わせることができるようになると思います。

Q4. どうやって、ティーアップしている
ボールの芯を食うのか?

- リアルスタイル川手
「アイアンとドライバーの大きな違いに、ティーアップしたボールを打つことが挙げられますが…」
「ドライバーで芯を食うためのコツがあれば教えてください。」


良い質問ですね。
ティーアップされたボールを打つときも、クラブの重さを後ろに残さないことが基本になります。

しかし、ティーアップされていることに加え、ヘッドの見た目のイメージから、フェース面を合わせようとアッパーですくうようにインパクトすることで、ヘッドの重さが一番後ろにくることになります。

すると、ボールの芯を食わなかったり、フェースが開いて当たってスライスが出やすくなります。

では、プロや上級者は、ティーアップされたボールをどのように打っていると思いますか?
答えは、フェース面はディロフト方向に使いながら、クラブの軌道で上昇中にボールをとらえているんです。

つまり、閉じる方向に使いながら、上昇中にクラブの残像でとらえるイメージになります。
これは、写真で見ると、ひと目で違いがわかると思います。


“フェース面は閉じる方向に使いながら、上昇中にボールをとらえます”

大事なことは、クラブが落ちてきて上がってくるという、振り子の軌道の上昇中にボールをとらえること。

まずは、低いティーでフェースの芯をとらえる練習をするのがベストです。低いティーで練習することで、ドライバーもアイアンも全く同じ感覚で振れるようになります。


いかがでしょうか。
今回の森プロの話から、ショートアイアンで学んだフェースローテーションをドライバーに変換するポイントがわかったと思います。

ドライバーにおけるフェースローテーションで大事なことは、ローテーションによりフェースのロフトを立てながら、ヘッドの軌道が最下点から上昇中にインパクトを迎えること。

これこそが、森理論における理想的なドライバーの打ち方なのです。
そして、すでにアイアンのフェースローテーションを習得しているあなたは、ドライバーで気持ち良く芯を食うフェースローテーションができるようになる一歩手前のところまで来ているのです。

想像するだけでワクワクしませんか?

あなたが今まで、飛ばない、曲がると苦手意識を持っていたドライバーショット。
それが、今回のフェースローテーションを習得することで、運に頼ることなく、何度でもくり返し気持ち良く遠くまで飛ばせるようになるんです。

大空にギューンと吸い込まれていくボールや、あなたのスイングを見て驚くゴルフ仲間の顔を想像してみてください。

プロのような美しいスイングで、ドライバーショットを遠くまで飛ばす自分の姿をイメージしてみてください。


もうすぐ、こんなショットが打てるようになると考えただけで、とてもワクワクしてきませんか?
これは、夢や目標などではなく、「現実のもの」としてあなたが手に入れることのできる未来です。
そして本日、ようやくあなたにこの情報を公開できる準備が整いました。

どの番手でも迷わないスイングで 芯を食うショットを習得する方法を、 あなたにお伝えします

実は今回、森プロに教えてもらったのは、ドライバーの打ち方だけではありません。
他にも、ロングアイアンやサンドウェッジなどの打ち方も教えてもらっています。
もう少しくわしくお伝えすると、

  • ショートアイアンからロングアイアンまで同じように打てる練習方法
  • ティーショットの際のスタンスとボール位置の関係
  • フェアウェイウッドの打ち方
  • ドライバー上達のための練習方法
  • サンドウェッジの扱い方
  • バンカーからの高低の打ち分け方法

など、どの番手でも迷わずに芯を食うショットを習得するための方法を教えてもらいました。
もちろん、ロングアイアンやサンドウェッジも、ショートアイアンで学んだフェースローテーションに少しのコツをプラスするだけで、簡単にマスターすることができます。

ただしちょっとだけコツがいるので、以下の部分ももう少し深い部分まで掘り下げて話しました。

  • インパクトの際の体の使い方の鉄則
  • 体が開いてはいけないタイミングと開かない体の使い方
  • スイングの遠心力を最大限に利用できるグリップの定義

あなたもぜひ、今回が初公開となる森プロのノウハウを学んでください。そうすれば、

  • ドライバーからアプローチまでフェースの芯でとらえるスイングの原理がわかる
  • 番手別の注意点がわかり、クラブを持ち換えた際の不安がなくなる
  • 正しいウェイトシフトができるようになりボールが飛ぶようになる
  • 感覚表現に惑わされない知識を身につけることができる
  • セルフコーチングできるほどの確認事項を知ることができる
  • 的確にステップアップできるアイアン練習法を知ることができる
  • バンカー対応のためのサンドウェッジの正しい扱い方がわかる

など、たくさんのメリットを手にすることができます。
では、今回のDVDには具体的にどんな内容が収録されているのか?
収録内容の一部をご紹介すると…

【DVD21】(収録時間合計:41分)

クラブの特性(番手別編)


あなたが最短で上達するためのアドバイス
あなたも上達のためにゴルフ雑誌を読んだり、上級者に話を聞くことがあると思います。でも実は、それらには上達するのが難しい共通点があるんです。
ロングアイアンが上手く扱えない場合の対処法
ショートアイアンは上手く扱えても、ロングアイアンは苦手というゴルファーはたくさんいます。そんなときは、これを試してください。ショートアイアンと同じようにロングアイアンを扱えるようになります。
なぜ、難しいクラブを練習しても意味がないのか?
上達の遅い人にありがちな間違いが、打てない番手のクラブをずっと練習し続けることです。実は、ある方法で練習すれば、もっと早く上達できるようになるんです。
自分が上手く打てているかをセルフチェックするには?
あなたは、自分が上手く打てているか、その判断基準をどのように決めていますか?ここでは、森プロに教わった「打てる、打てない」の判断の仕方をお伝えします。
アイアンとウッドは、打ち方にどんな違いがあるのか?
あなたは、正しい答えを知っていますか?もし、あなたが、フェアウェイウッドを上手く打てないとしたら、これを知ることで解決できるはずです。
アイアンとウッドのローテーションの違い
アイアンとウッドのローテーションには、どんな違いがあるのでしょうか?同じで良いのか、または、よりローテーションさせるのか?映像でその答えを確認してください。
バンカー対応のためのサンドウェッジの扱い方
ここでは、バンカーが苦手な人のための簡単なドリルをご紹介します。ドライバーとの違いを体で理解することで、上手く扱えるようになります。
自然な体の動きと、クラブの形状の関係とは?
実は、この2つには一致している多くの点があるんです。理想的なスイングを身につけるためにも、必ず知っておいてください。
スイング動作の仕組みをさらに掘り下げてお伝えします
"スイング動作の仕組みをさらに掘り下げてお伝えします"

【DVD20】(収録時間合計:46分)

グリップの定義


森プロの考える「グリップの定義」とは?
ゴルフの基本中の基本であるグリップ。でも、森プロの考える「グリップの定義」は、一般的なものとは少し違うんです。
球がつかまらない場合の対処法
多くのゴルファーが抱える、「球がつかまらない」という悩み。でも実は、こんな簡単な方法で解消することができるんです。
球がつかまり過ぎる場合の対処法
こちらは、上記とは逆のパターンで「球がつかまり過ぎる」ときの対処法です。フェースの使い方を少し変えるだけで、ドローを打てたことがない人でも打てるようになります。
なぜ、グリップの形状を知ると、スイングが変わるのか?
ゴルフクラブのグリップは、よく見ると後ろの方が少し太くなっていますよね。あなたは、なぜ、グリップの形状はあの形なのか、本当の理由を知っていますか?
なぜ、多くのゴルファーがグリップの形状を活かせないのか?
森プロは、ゴルフクラブは本来飛ぶように出来ているのにかかわらず、多くのゴルファーは、飛ばないように使っていると言います。いったい、どういう意味なのでしょうか?
グリップの恩恵を受けるためのドリル
家でもできるこのドリルは、ゴルフクラブのグリップに本来秘められた力を存分に発揮できるようになるドリルです。小さいアプローチで打つのが、上達のコツです。
リリースが起きないクラブの使い方をしていませんか?
本来、正しいグリップでクラブを扱えば、リリースは自然に起こると森プロは言います。しかし、多くのゴルファーが、リリースが起きないこんなクラブの使い方をしているんです。
森プロの考える「手打ちの定義」とは?
普通は良くないことと言われる「手打ち」ですが、森プロは、良い手打ちと悪い手打ちの2つがあると言います。いったい、何が違うのでしょうか?
アメリカのプロが、手だけを振っても手打ちにならない理由
あなたは、その理由を知っていますか?実は、アメリカのプロが手だけで振っても手打ちにならない理由は、体の回転方向とリリース方向に隠されているんです。
体を固定して何100球打つよりも効果のあるドリル
もっと早くプロのような美しいスイングを習得したいのなら、このドリルを試してください。この方法なら、体をロックして何百球も打つより、もっと早く上達できるはずです。
スイングの理解度がさらに深まるノウハウをお伝えします
"スイングの理解度がさらに深まるノウハウをお伝えします"

【DVD19】(収録時間合計:37分)

インパクトの鉄則


なぜ、プロのスイングはシンプルに回転しているように見えるのか?
実は、プロのスイング動作の中には、「知っているかどうか」だけで変わるコツが隠されているんです。それさえ知れば、あなたのスイングもプロのように美しい回転のスイングに変わります。
ゴルフの世界にあふれた「感覚的な表現」の本当の意味とは?
たとえば、「ダウンスイングで力を抜く」、「トップポジションから腰を切る」など、ゴルフの世界には感覚的な表現があふれています。あなたは、その本当の意味を知っていますか?
ボールに爆発的なエネルギーを伝えるフェースの使い方
どのようにフェースを使えば、ボールに爆発的なエネルギーを与え、思いきり飛ばせるようになるのか?ここでは、その具体的な方法をお伝えします。
7割以上のゴルファーが犯している致命的なミス
スイング時に体を回転させようとするとき、7割以上のゴルファーが犯している致命的なミスがあります。あなたは、こんな間違ったスイングをしていませんか?
なぜ、体が開いてはいけないのか?その本当の答えとは…
よく体が開いてはいけないと言われますが、あなたは、なぜ、体が開いてはいけないのかを知っていますか?意外な真実に、きっとあなたも驚くはずです。
骨盤の回転を生みだす体の使い方
スイングの回転力は、「骨盤の回転」から生まれます。では、具体的にどのように骨盤を旋回させれば理想的な回転でスイングができるのでしょうか?
初級者と上級者のスイング、その決定的な違いとは?
初級者のスイングがどこかぎこちないのに比べ、上級者やプロのスイングはナチュラルでスムーズに見えますよね。ここでは、その違いを生みだすものの正体をお伝えします。
ボールを芯でとらえる「インパクトの鉄則」とは?
森プロがレッスンをするとき、必ずお客さんに伝えている「鉄則」があります。これを守れば、股関節の自然な動きを使って、しっかりボールの芯を叩けるようになります。
プロのスイングに隠された「動作の仕組み」をわかりやすくお伝えします
"プロのスイングに隠された「動作の仕組み」をわかりやすくお伝えします"

初公開となる「最新の森理論」で あなたも厚い当たりで思いきり ドライバーを飛ばしてください!

大事なことなのでくり返しますが、今回のDVDを見ることで、あなたは、

  • 正しいウェイトシフトができるようになりボールが飛ぶようになる
  • 番手別の注意点がわかり、クラブを持ち換えた際の不安がなくなる
  • ドライバーからアプローチまでフェースの芯でとらえるスイングの原理がわかる
  • 感覚表現に惑わされない知識を身につけることができる
  • セルフコーチングできるほどの確認事項を知ることができる
  • 的確にステップアップできるアイアン練習法を知ることができる
  • バンカー対応のためのサンドウェッジの正しい扱い方がわかる

など、たくさんのメリットを手にすることができます。
もう、ドライバーやロングアイアンに苦手意識をもつことはありません。自信にあふれたスイングで、気持ち良く飛ばせるようになるのですから。

そして今回のDVDも、前回と同様に…、

「スゴい購入特典」を9つご用意しました

特典1 実戦練習会への優先参加権


"予約の取れない森プロの練習会へ特別にご招待します"

まず、1つめの特典は、森プロの「実戦練習会」へ優先的に参加できる権利です。
DVDを見ながら練習をしていると、「これで合ってるのかな?」、「本当に正しく出来ているのかな?」と不安になることはありませんか?

一番ベストな解決方法は、直接、森プロに見てもらうことですよね。
ですが現在、森プロのレッスンは、ほとんど予約を取ることが不可能な状況が続いています。直接教わりたくても、なかなか実現することができないのが現実です。

「だったら、私たちドラコン飛ばし屋事務局が何とかしようじゃないか!」
ということでご用意したのが、森プロの実戦練習会への優先参加権です。

これは、前回のDVDの購入特典と同様に、商品購入者に限り、優先的に森プロの練習会へ参加できる権利をプレゼントするものです。

前回、とても反響が大きかったため、今回もう一度森プロにお願いして特典として付けられることになりました。
森プロに直接レッスンしてもらえるチャンスを、ぜひ、上達に役立ててください。

※練習会参加費用は、別途必要になります
※練習会開催の詳細情報は、メールにてご連絡いたします
※2018年3月、4月練習会開催予定

特典2 森プロの過去教材を特別価格でご提供

森プロのレッスン教材「永久不滅のゴルフ理論」は、今回のDVDでシリーズ6作目になります。
ですので、もしかすると過去の教材の中にも、「興味はあったけど、悩んでいるうちに買いそびれてしまった」というものがあるかもしれませんが、ご安心ください。

今回、2つめのプレゼントは、「森プロの過去教材を特別価格で購入できる権利」です。


"DVD内で特別価格で申し込み可能なURLをお伝えします"

これまでに公開した教材は、

  • 「永久不変のゴルフ理論①」
    ~なぜ、脳からの命令を変えれば、スイングは自動的に変わるのか?~
  • 「永久不変のゴルフ理論②」
    ~なぜ、道具の使い方を変えれば、スイングは自動的に変わるのか?~
  • 「永久不変のゴルフ理論③」
    ~なぜ、体の使い方を知れば、スイングは自動的に変わるのか?~
  • 「永久不変のゴルフ理論④」
    ~脳からの命令、道具と体の使い方を落とし込む実践レッスン~
  • 「永久不変のゴルフ理論⑤」
    ~体の使い方を分離させて芯を食わせる応用編~

これらの5つです。
ぜひ、この機会に買いそびれてしまった森プロの教材をお得な価格で手に入れてください。
※特別価格で申し込み可能なページURLは、DVD内でお伝えします

特典3 森プロの最新情報をメルマガでお届け

3つめの特典は、森プロの最新作を常に特別価格で購入できるメルマガです。
メルマガでは、進化し続ける森理論の最新情報をはじめ、森プロの最新作を常に会員価格(2,000円~5,000円割引)で購入できる特別なご案内をお届けします。

他にも、期間限定のお得な情報や、半額で購入できるアウトレット品の情報などもお届け予定です。

特典4 約50種類のレッスン動画が無料

4つめの特典は、過去に公開した森プロの「永久不変のゴルフ理論」約50種類の動画です。
YouTubeに公開されている動画だけでなく、会員のみに限定公開されている動画や、今は見ることのできない動画などの視聴も可能になります。

たとえば、これまでに公開した

  • ダウンスイングの腕の使い方
  • 右回りチェック動作
  • シャフトをしならせる方法
  • 自宅で出来る1ヤードドリル
  • 下半身と上半身の分離
  • 飛ばない理由

など、人気のコンテンツ約50種類が無料で視聴できます。
こちらは動画ですので、通勤電車での移動中など、DVDを見ることができない状況でも、手軽に再生することができます。 いつでもどこでも森プロのレッスン動画を見て、練習してください。

特典5 DVD『なぜ、脳からの命令を変えれば、
スイングは自動的に変わるのか?』ダイジェスト版
(収録時間2分)


5つめの特典は、森プロのDVD「なぜ、脳からの命令を変えれば、スイングは自動的に変わるのか?(12,990円)」の見どころを抜粋したダイジェスト映像です。

森プロの第1作目の教材となったDVDでは、「ボディターンの嘘」や「長いスクエアインパクトを作る方法」など、従来のゴルフ理論の常識を覆す衝撃的な内容が多く語られました。
森理論の基本から、実践的な練習ドリルまでをダイジェスト版でご覧いただけます。

特典6 DVD『なぜ、道具の使い方を変えれば、
スイングは自動的に変わるのか?』ダイジェスト版
(収録時間2分)


6つめの特典は、森プロの2作目の教材「なぜ、道具の使い方を変えれば、スイングは自動的に変わるのか?(24,800円)」の見どころを抜粋したダイジェスト映像です。

あなたは、使うシチュエーションなど、クラブごとの「特徴」は当然知っていると思いますが、一本、一本のクラブにどんな「特性」があるかを知っていますか?

実は、ふだん何気なく使っている「ゴルフクラブの特性」を知るだけで、簡単に飛距離を伸ばせるんです。

このDVDでは、ほとんどのゴルファーが知っているようで知らなかったゴルフクラブの特性を解き明かし、スイングに活かす方法をダイジェストでお伝えします。

特典7 DVD『なぜ、体の使い方を変えれば、
スイングは自動的に変わるのか?』ダイジェスト版
(収録時間1分30秒)


7つめの特典は、森プロの3作目の教材「なぜ、体の使い方を知れば、スイングは自動的に変わるのか?(24,800円)」の見どころを抜粋したダイジェスト映像です。

あなたは今まで、トッププロのスイングを見て、「どうやっているんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?

きっと、「連続写真を見ても、細かいところがよくわからない。」、「教えられたとおりに体を動かしてみても、どこか違和感がある。」、という経験があるはずです。
そんな問題を感覚論は一切ナシでわかりやすく解説しているのが、このDVDです。

森プロが信頼するプロのトレーナーとタッグを組んで、トッププロの体の使い方を徹底解説したDVDをダイジェスト版でお届けします。

特典8 DVD『脳からの命令、道具と体の
使い方を落とし込む実践レッスン』ダイジェスト版
(収録時間4分)


8つめの特典は、森プロの4作目の教材「脳からの命令、道具と体の使い方を落とし込む実践レッスン(19,800円)」の見どころを抜粋したダイジェスト映像です。

このDVDは、「これまで明らかにされることのなかった森プロのレッスン風景を、包み隠さず全て公開する」というコンセプトのもと制作されました。
つまり、自宅にいながらにして、いつでも森プロのレッスンを疑似体験できるんです。

レッスンでは、多くのゴルファーが抱えがちな問題であるスライスやダフりトップなどを、「たった5分で解決」してしまう方法をお伝えします。
即効性の高い森プロのレッスンを、あなたも体験してみてください。

特典9 DVD『体の使い方を分離させて芯を食わせる
応用編』ダイジェスト版(収録時間2分)


最後9つめの特典は、森プロの5作目の教材「体の使い方を分離させて芯を食わせる応用編(19,800円)」の見どころを抜粋したダイジェスト版DVDです。

シリーズ5作目にして、応用編に突入した内容は、フェースローテーションをする際の一番多い悩みである引っ掛けが出る原因は、上体(上半身)と土台(骨盤)の役割を分離させること明確になり、上半身でクラブを効率よく扱う方法と、骨盤でスイング動作のスピードアップや打ち出しの方向性を安定させて、フェースの芯を食い安定した方向性で飛ばせる方法をダイジェストで紹介しています。

森プロのレッスンを受けたくても、
受けられない人のために…

あなたもご存じのとおり、森プロは、「東京ゴルフスタジオ」でプロ、アマチュアを問わず、多くのゴルファーにレッスンをしています。

クチコミやネットでその評判は広がり、今では、なかなか予約さえ取ることができません。
レッスンを受けにくるゴルファーにも今までと変わらないノウハウを提供し、さらに、レッスンの価値を守り続けるには、どうしてもDVDをお渡しできる人数が限られてしまうのです。

しかも、今回お伝えする理論は、ドライバーをはじめとする全てのクラブを上手く扱えるようになるノウハウです。おそらく、今までの教材の中でも、一番大きな反響が寄せられることは間違いないと考えています。

森プロが初公開するノウハウ
正直、価格は悩みましたが…

今回DVDに収録されているノウハウは、どこを探しても見つけることはできません。
唯一、同じノウハウを知ることができるとしたら、それは、森プロの東京ゴルフスタジオへ行き、直接レッスンしてもらう方法だけでしょう。

しかし現在、森プロに個人レッスンをしてもらうことは、事実上かなり困難と言えます。
レッスンの他にツアープロとしての仕事や執筆活動などもおこなっているため、なかなかアマチュアゴルファーを一人ひとり教えることができないのです。

そんな貴重なノウハウが公開されているDVDですから、正直、価格については発売ギリギリまで悩みました。

商品開発会議の中では、「今回は10万円でいいんじゃないか」、「20万円以上の価値は余裕であるだろう」という意見もあり、スタッフも納得していました。そして…、

価格が決定し、森プロに伝えたところ…

「私が今回のノウハウを公開するのは、フェースローテーションを本気でマスターしたい方や、ドライバーもフェースローテーションで飛ばしたいと真剣に考えている人のためです。」
「その本気の人が、高いからという理由でDVDを見ることができないのでは意味がありません。」
「もっと手に取りやすい価格にしてもらって構いません。」


このような言葉をいただきました。
そこで今回は、「誰でも手に取りやすい価格」に設定するということで、思いきって19,800円で販売することに決めました。

いますぐ、お得なこの機会にお申し込みください。

Q&A(今までの教材との違いは何ですか?)

Q. 今までの森プロの教材との違いは何ですか…?
今回のDVDは、森プロが初公開するドライバーの打ち方を収録した教材です。つまり、すでにアイアンでフェースローテーションを理論を実践し、ドライバーへ応用するためのノウハウになります。他にも、番手別にクラブの特性を活かした打ち方が収録されていますので、このDVDで練習すれば、どの番手でも迷わないスイングで芯を食うショットが打てるようになります。
Q. シリーズ6作目ですが、このDVDから見ても内容を理解できますか…?
収録内容に関してはご理解していただけます。しかし、第6弾に至るまでの技術の詳細や、道具の使い方、体の使い方をより深くご理解していただくには、過去の教材を合わせてご覧になっていただくことをお勧めいたします。
Q. ドライバーの他は、どんなクラブの打ち方が収録されていますか?
パターを除く、ショートアイアンからFWまで、全てのクラブの打ち方が収録されています。さらに、苦手意識の多いバンカーで使用するサンドウェッジについても今作で初めて収録しました。クラブごとの扱い方の違いや注意点など、森プロのわかりやすい説明とともに学ぶことができます。
Q. ゴルフ初心者でも実践できますか…?
実践することはできますが、森理論の概要を学んでいることが前提になります。森理論は、ゴルフ初級者の方でも実践できるゴルフ理論ですが、今回のDVDは、これまでアイアンで学んだスイングをどうドライバーへ変換するかがテーマになっています。ですから、まずは過去のDVDでアイアンを使ったフェースローテーションを習得していただくのがベストです。
Q. 返金保証というけど、本当に大丈夫なのですか…?
もちろん、大丈夫です。このDVDに収録されているノウハウに取り組んだにもかかわらず、全く結果が出なかった場合、ご購入日より90日以内であれば、何度ご覧頂いたあとでも理由を問わず、手数料735円を差し引いた金額を返金させて頂きます。
Q. インターネットでの申し込みが不安なのですが…
もし、あなたがインターネットでのお申込みに対して不安をお持ちなら、どうぞご安心ください。お客さまのウェブブラウザとサーバ間の通信は、SSL暗号通信により、暗号化されますので、ご入力いただく内容は、すべて安全に送信されます。お申込みの際、個人情報の漏洩は一切ありません。
森 守洋の「永久不変のゴルフ理論」~スイング動作の仕組みと番手別の体の使い方応用編~
  • 森 守洋の「永久不変のゴルフ理論」~スイング動作の仕組みと番手別の体の使い方応用編~

森 守洋の「永久不変のゴルフ理論」~スイング動作の仕組みと番手別の体の使い方応用編~

19,800円(税込)

加算ポイント:198 ポイント

ポイント:利用可能

数量:

この商品は0人がお気に入りに登録しています。

Facebook Twitter

この商品のレビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿する

レビューを投稿するにはログインしてください。

この商品は、次のカテゴリにも関連付けられています。

ゴルフ

ゴルフ > 森守洋