Facebook Twitter

商品詳細

日本一わかりやすい!バドミントン基礎「完全マニュアル」「シャトルが飛ばない」「ネットに掛かる」「ショットが安定しない」などの問題を速攻で解決し上達の壁を突破する方法


る2人の社会人プレーヤーの話です。
彼らはともに、社会人になってからバドミントンをはじめました。

最初は遊びではじめたはずが、すぐにバドミントンの魅力にとりつかれた2人。

時間があれば、バドミントンの雑誌やカタログを読みあさったり、
インターネットの動画で、プロ選手の試合を見ていました。

「もっと上手くなりたい!」
「大会で良い成績を残したい!」

その一心で、仕事が早く終わった日には、決まって練習に励んでいました。
ちょうど今のあなたのように、誰にも負けない情熱をバドミントンに注いでいたのです。

彼らは、バドミントン経験も、技術レベルもよく似ており、
お互いをよきライバルとして認めあっていました。

最近、そんな2人が、ある社会人大会の予選会場で、久しぶりに再開したのです。

「久しぶりだな!」
「どうだ?練習してるか?」

数ヶ月ぶりに顔を合わせた彼らは、お互いの成長を確認しあっていました。

そして、予選がはじまったのですが…


経験も、技術レベルもよく似た2人でしたが、その日の結果はまったく別のものでした。

一人の選手は、試合の序盤からミスショットが目立ちます。

クリアはコート奥まで飛ばせず、スマッシュにもスピードがありません。
サーブのチャンスにもシャトルを浮かせてしまいます。

ショットが安定せず、相次ぐミスに冷静さを欠いた結果、残念ながら一回戦で敗退しました。

ところが、もう一方の選手は、ムダのない美しいフォームから
強烈なスマッシュを叩き込み、先手を取ります。

コートぎりぎりのシャトルにも素早く反応し、相手をどんどん追い詰めます。
さらに、速いラリーにも打ち負けることなく、順調に得点をかさねていきました。

その結果、見事に1位で予選を突破したのです。

バドミントン経験も、技術レベルもよく似た2人。
それなのに、なぜ、まったく違う結果になったのでしょうか?

何が2人の違いを生んだのか?


今のは、ほんのたとえ話に過ぎません。

しかし、彼ら2人のように、よく似た経験、技術をもった選手でも、
まったく異なる試合結果に終わることは珍しくありません。

「いったい何が、勝敗を分ける原因なのか?」と、
あなたも考えたことがあるかもしれません。

生まれもった才能か、練習量か。
それとも、使っている道具の差か。
その日は、たまたま運が悪かっただけなのか。

色々な原因を考えるかもしれませんが、
バドミントンという競技では、これら以上に勝敗を分ける大きな要素があります。それは…、

「基礎力」の差です

バドミントンに限らず、あらゆるスポーツで
「基礎が大事だ」ということが言われます。

でも、バドミントンにおける基礎とは、いったい何を指しているのか?
あなたは、考えたことがありますか?

たとえば、バドミントンの基礎を解説した本やホームページを思い出してみてください。

そこには、ショットの種類やその打ち方、フォーム、また、
正確なコントロールを身に付けるための基礎打ちなどの
練習方法が紹介されていませんでしたか?

これらを練習する目的は、狙った場所へ正確にシャトルを飛ばし、
ゲームを楽しめるようになるためです。

考えてみてください。

シャトルを思いどおりにコントロールできない、コートの奥まで飛ばせない、
ネットに引っかかってしまうなど、このようなミスばかりしていたらゲームを楽しめませんよね。

また、大事な場面でこのようなミスをするようでは、
試合に勝つのは難しいでしょう。

つまり、バドミントンにおける基礎とは、狙った場所に
きちんとコントロールできる技術を正しく身に付けること と言えます。しかし…、

ここに、ひとつの問題があります…


それは、まちがった情報の多さ。

バドミントンは、ある程度経験のあるプレーヤーでも、基礎が正しくできていないケースが多いのです。

今、インターネットで練習方法を検索し、出てくる情報のほとんどは、
独学や自己流でプレーしてきた人がまとめた情報です。

つまり、正しい基礎を身に付けていない人が、また、
その方法を別のプレーヤーへ伝えるという、「間違った基礎の伝言ゲーム」が
おこなわれているのです。

そのため、おなじような経験のあるプレーヤーでも、
「どのような方法で練習してきたか」で基礎力に大きな差があり、
その差が勝敗を分ける原因となるのです。

それだけではありません。

正しく基礎を学んだ人は、ケガや故障のリスクが少ないだけでなく、
上達スピードにも、自己流の選手とは「天と地ほどの差」があります。

さらに、フォームやフットワークなど、
見た目が美しいのも、ひとつの特徴と言えるでしょう。

だからこそ、向上心にあふれ、ある程度高いレベルにあるプレーヤーほど、
「正しい基礎が何よりも重要である」という考えにたどり着くことが多いのです。

「でも、今さら基礎なんて…」
「人には聞きにくいし…」

多くのプレーヤーは、思いどおりにショットを打てなかったり、
上達の壁にぶつかったとき、はじめて基礎の大切さを痛感します。

たとえば…、

  • ショットが安定せず、ミスが多い
  • クリアをコート奥まで飛ばせない
  • 力一杯叩いても、スマッシュにスピードが出ない
  • サーブが浮いてしまう
  • シャトルに素早く反応できない

など、あなたにも心当たりはありませんか?

そして、「もっと上手くなりたい」という気持ちがあるにもかかわらず、

「今さら基礎なんて…。」
「ある程度の経験はあるし、人には聞きにくいな…。」 と感じ、あきらめてしまうようです。

しかし、基礎を見直すのに遅すぎるなんてことは、決してありません。

プロスポーツ選手でさえ、さらなる上達を目指すために、
基礎からやり直すということは、よくある話です。

大事なことは、「バドミントンの正しい基礎を知っているかどうか」。

そして、「基礎を見直すための第一歩を、いま踏み出せるかどうか」、ただそれだけです。

正しい基礎を知らないばかりに、この先も上達の壁を突破できず、
おなじミスをくり返し、試合にも勝てないままでいるとしたら、
とてももったいないと思いませんか?

そこで今回、あなたが時間をかけずに最短で基礎を見直しできる教材を制作すべく、
「特別な企画」をスタートさせることにしました。

それは…、

日本で一番わかりやすく
バドミントンの正しい基礎を教えること


今回、教材の制作にあたって、私たちがこだわったポイントは、以下の3点です。

①トップコーチに教えてもらえること


あなたには、ある程度のバドミントン経験があります。バドミントンを始めたばかりの初心者に教えるのではないのですから、コーチはトップレベルのコーチであることが重要だと考えました。

たとえば、あなたより経験の浅いコーチや、実績のないコーチでは、この条件はクリアできません。バドミントン指導のベテランであり、プロ選手の育成経験があるなど、たくさんの優れた実績を持っている。そのような優れたコーチから基礎を教わるのがベストでしょう。

②子どもにも理解できるくらい簡単に学べること


バドミントンに限った話ではありませんが、「基礎教材」と謳っているにもかかわらず、難しい、分かりにくいといったことは、よくある話です。

そこで今回は、「子どもにもわかるくらい簡単に学べる」ことをテーマに、徹底的に簡単さ、わかりやすさを追求しました。今回の教材は、「日本一分かりやすくバドミントンの正しい基礎が学べる」と言っても、決して大げさではありません。

③永久に変わらない「本物の技術」が学べること


バドミントン雑誌や専門書を見るとわかるとおり、バドミントンの技術や道具は、日々進歩を続けています。でも、せっかく習得した技術が、一時的な流行りだったり、古臭いものになるのはイヤではありませんか?

そこで今回は、この先、永久に変わることのない「本物の技術」が学べることを重視しました。一度、習得してしまえば、二度とまわり道をする必要はありません。

誰に教えてもらうか…?


あなたがバドミントンの指導法を学ぶにあたって、
「誰から教わるのか?」ということは、とても重要なポイントです。

なぜなら、優れた経験と知識を持ち合わせたベテラン指導者と、
まだ経験の浅い指導者に教わるのでは、ノウハウの信頼度や充実度が大きく変わるから。

ですから今回は、「指導法を教わるなら、この人以外に考えられない」という
最高のバドミントン指導者に講師をお願いすることにしました。

今回、初心者へのバドミントン指導法を教えてくれるのは、
日本バドミントン協会の理事を務める能登則男コーチです。

能登コーチは、バドミントン指導歴34年の大ベテランであるだけでなく、
日本代表選手として活躍するプロ選手をジュニア時代に指導した実績のあるトップコーチです。


バドミントン指導歴34年。
日本代表選手として活躍するプロをジュニア時代に指導し、その基礎を作るなど、数多くの優れた実績を持つトップコーチ。公益財団法人日本バドミントン協会の理事を務め、バドミントンのさらなる普及に注力している。

【著書】



最短で基礎を見直し
上達の壁を突破する方法


あなたもご存じのとおり、バドミントンには、とてもたくさんの技術があります。

たとえば、ショットなら、スマッシュやクリア、ヘアピン、ドロップ、ロビングなど。

また、ショットだけでなく、コートの中を素早く自由に動きまわれる
「フットワーク」も、とても大切な技術です。

そのうえ、ゲームの主導権を握るには、
サーブやレシーブも正確に打てる必要があります。

これだけたくさんの技術があるのですから、
全ての技術の基礎を見直すことは、効率的とは言えません。

そこで今回は、能登コーチが34年間バドミントンを
指導された経験から導き出した、プレーヤーとして上のレベルを目指すのなら…、

「これだけは絶対に押さえてほしい」


という、本当に大切なことだけを厳選してお伝えすることにしました。

今回、能登コーチに教わったことは、


  • 上達スピードを加速させる正しいグリップ
  • 正確にラケットを操作する体の使い方
  • オーバーヘッドストロークの基本
  • アンダーハンドストローク(フォア&バック)の基本
  • 6方向に素早く動けるフットワーク
  • ヘアピン、スピンネット、ロブなどの「ネット前の技術」
  • サービス、サービスレシーブ


など、全ての基礎であり、試合で使われることの多いものばかりです。

つまり、これらの基礎を見直せば、すぐに試合で結果を残すことができるのです。

多くの時間は必要ありません

あなたには、すでにある程度のバドミントン経験があります。

一から学ぶ初心者ではありませんから、
教えられたこともすぐにプレーできるはずです。

たとえ、ひと通りのショットやフットワークの基礎を見直したとしても、
早い人なら一週間もかからないのではないでしょうか。

一週間でひと通りの正しい基礎をマスターし、上達の壁を突破できるとしたら、
これほどの上達の近道は他にないと思いませんか?

大事なことは、「本当に正しい基礎を知っているか、どうか」。
ただこれだけです。

ぜひ、あなたも今回、能登コーチから、この先も変わることのない
「本当に正しい基礎」を学んでください。そうすれば…、

  • 練習するほどにぐんぐん上達できるようになる
  • 上達の壁を突破し、さらに上のレベルを目指せる
  • 正確にシャトルをコントロールできるようになる
  • コート内を素早く、自由自在に動けるようになる
  • 今まで直せなかった「悪いクセ」も直せる
  • もっと試合に勝てるようになり、良い成績を残せる
など、たくさんのメリットを手にすることができるのです。

では、今回のDVDには、具体的にどんな内容が収録されているのか?

DVD収録内容の一部をご紹介すると…

【DVD1】(収録時間:44分)

グリップ&ストローク」の基礎


基礎を見直す前に知っておくべきこと
練習するほどに上達できるグリップと、できないグリップの違い
正しくイースタングリップで握れているかをチェックする方法
ショットに種類による握り方の違いを身に付ける方法
手首を自由に動かせるようになるには?
正しいラケット操作の感覚を体に染み込ませる方法
手とラケットの正しい距離感覚を覚える方法
フォアとバックの手の返しの感覚を養う方法
ラケットの長さをゲーム感覚で覚えられる練習メニュー
オーバーヘッドストロークの基本と実践
簡単にオーバーヘッドの動きが覚えられる「4のリズム」とは?
アンダーハンドストロークの基本と実践 (フォアハンド)
アンダーハンドの手首の返しを練習するときのポイント
アンダーハンドストロークの基本と実践 (バックハンド)
実際にシャトルを使って練習するときの注意点
上達の壁を突破する正しい基礎をマスターできます “上達の壁を突破する正しい基礎をマスターできます”

【DVD2】(収録時間:43分)

「フットワーク」の基礎


フットワーク練習のポイントと注意点
なぜ、バドミントンは、フットワークが重要なのか?
理想的なフットワークとは?
フットワーク練習で意識すべき大事なポイント
「一歩目の踏み出し」をマスターするステップ練習
相手のショットで、フットワークはどう変わるのか?
ツーステップ、サイドステップ、クロスステップ、バック走
どうやって、ステップを使い分ければいいのか?
コートの中を自由自在に動けるようになる「6方向のフットワーク」
つま先と進行方向の関係
ネットから離れたときに使うことが多いステップとは?
二歩では間に合わないシャトルを、一歩で打つ練習
歩幅の小さい選手に有効なフットワーク
フットワーク指導は、どうやってステップアップさせればいいのか?
コート内を自由自在に動けるようになるフットワーク指導の秘訣をお伝えします “コート内を自由自在に動けるようになるフットワーク指導の秘訣をお伝えします”

【DVD3】(収録時間:23分)

「ネット前の技術」の基礎


ヘアピンの指導、そのポイントと注意点
ヘアピンの基本フォームの作り方
バランスを崩さないための体の使い方
シャトルを打つタイミングは、どう教えればいいのか?
目線の位置とラケット位置の関係
実際にシャトルを使ったヘアピンの練習
スピンネットの指導、そのポイントと注意点
スピンネットの基本フォームの作り方
小さい子どもに、「手首の使い方」を教えるには?
実際にシャトルを使ったスピンネットの練習
ロビングの指導、そのポイントと注意点
ロビングの基本フォームの作り方
高く返すロビング、低く返すロビング
正確なシャトルのコントロールを身に付ける「シャトル入れ」とは?
試合で通用する、実戦的なネット前の技術を習得するには?
難しいネット前の技術も、こう練習すれば簡単にマスターできます “難しいネット前の技術も、こう練習すれば簡単にマスターできます”

【DVD4】(収録時間:35分)

「サービス&レシーブ」の基礎


試合で多く使われるテクニックとは?
ショートサービス(バックハンド)の指導のポイントと注意点
ショートサービスの基本的な構え方
サービスで、反則を取られないようにするには?
サービスは、どこを狙えばいいのか?
ロングサービス(バックハンド)の指導のポイントと注意点
ショートサービスとロングサービスで、体の使い方はどう変わるか?
ロングサービスを習得するための練習メニュー
ショートサービス(フォアハンド)の指導のポイントと注意点
フォアハンドとバックハンドで、体の使い方はどう変わるか?
ロングサービス(フォアハンド)の指導のポイントと注意点
サービスのコントロール精度を上げる方法
サービスレシーブの指導のポイントと注意点
正確に6方向を狙えるようになる練習メニュー
相手がシャトルに触れた瞬間に飛び出せるようになるには?
正確なサービス&レシーブを習得するための指導法をお伝えします “正確なサービス&レシーブを習得するための指導法をお伝えします”


Q&A(誰でも取り組める内容ですか?)

Q. 教えられたことは、すぐに取り組むことができますか…?
もちろん大丈夫です。このDVDに収録されている内容を実践するのに、たくさんの時間は必要ありません。必要なのは「いますぐやろう!」と思う、あなたの気持ちだけです。
Q. 初心者以外でも役に立つ内容ですか…?
もちろんです。今回のノウハウは、もう一度正しい基礎を指導してあげたいと考える指導者であれば、誰でも十分にその効果を実感できるものです。特に基礎技術として一番大切なコントロール力を身に付けるためには、今回のDVDをおススメいたします。
Q.子供がバドミトンをしているのですが、親でも指導できますか…?
もちろん大丈夫です。このDVDに収録されているのはバドミントンをプレーしたことがない親御さんでも指導することができるように、1つ1つ学ぶことのできる形式となっています。ぜひ、お子さんと一緒に1から取り組んで上げてみてください。
Q. 返金保証というけど、本当に大丈夫なのですか…?
もちろん大丈夫です。このプログラムに90日間取り組んでも、全く結果がでなかった場合、何度ご覧いただいた後でも理由を問わず、手数料735円を差し引いた金額を返金させていただきます。
Q. インターネットでの申し込みが不安なのですが…
もし、あなたがインターネットでのお申込みに対して不安をお持ちなら、どうぞご安心ください。あなたのウェブブラウザとサーバ間の通信は SSL暗号通信により、暗号化されますので、ご記入いただく内容はすべて安全に送信されます。お申込みの際、個人情報の漏洩は一切ありません。
これで完ペキ!バドミントン上達育成術~初心者をグングン伸ばすための「7つのきほん」~
  • これで完ペキ!バドミントン上達育成術~初心者をグングン伸ばすための「7つのきほん」~

これで完ペキ!バドミントン上達育成術~初心者をグングン伸ばすための「7つのきほん」~

16,980円(税込)

加算ポイント:169 ポイント

ポイント:利用可能

数量:

この商品は0人がお気に入りに登録しています。

Facebook Twitter

この商品のレビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿する

レビューを投稿するにはログインしてください。

この商品は、次のカテゴリにも関連付けられています。

バドミントン

バドミントン > 能登則夫