重要なお知らせ

OPEN
マンツーマンディフェンスバイブル~相手チームの「時間」を奪い、シュートを落とさせる方法~
マンツーマンディフェンスバイブル~相手チームの「時間」を奪い、シュートを落とさせる方法~
  • マンツーマンディフェンスバイブル~相手チームの「時間」を奪い、シュートを落とさせる方法~
  • マンツーマンディフェンスバイブル~相手チームの「時間」を奪い、シュートを落とさせる方法~

マンツーマンディフェンスバイブル~相手チームの「時間」を奪い、シュートを落とさせる方法~

バスケ界屈指の戦術家・星澤純一が、38年もの時間をかけて作り上げた、シュートをたくさん打たれても点を取られない「相手の時間を奪うマンツーマンディフェンス戦術」を公開。
  • 送料無料
  • 6,980円税込

獲得ポイント:69 ポイント

数量:

カートに追加されました。

閉じる

閉じる

ディフェンスにおいて「どうやってボールを奪うか?」という考え方が間違いだということをご存じですか?

そうではんく、「相手を攻撃できない状態にするには、どうするか?」と考えるべきだと、神奈川県の金沢総合高校を全国屈指の強豪校に押し上げた星澤純一先生は言います。

具体的に言うと、ショットクロックの24秒を奪う。

ボールを追いまわすのではなくボールを回させる、相手を追いかけるのではなく相手を動き回らせる、つまりボールを奪うのではなく攻め手を奪う、時間を奪う…

すると、難しいショットを打たなければならずゴールの確率が下がる、自動的に相手が消耗しミスをしてくれる、ボールを奪わなくて良いから体格・能力差の影響を小さくできる、追い回して消耗する必要もなくなる…

だから、頑張って守っていてはダメなのです。

では、一体何をすればいいのかというと「5つの原則にしたがってプレーするだけ」と星澤先生は言います。

この5原則にしたがってプレーするだけで、消耗することなく守ることができ、相手のミスを増やすことができる。

つまり、5つの原則にしたがってプレーすれば、簡単にこちらの攻撃を増やして得点チャンスを生み出せるというわけです。

その5原則とは何か? バスケ界屈指の戦術家・星澤純一が、38年もの時間をかけて作り上げた、シュートをたくさん打たれても点を取られない「相手の時間を奪うマンツーマンディフェンス戦術」を公開します。

DVD1枚(収録時間92分)

  • マンツーマンについてあなたが知っておかなければならない5つの原則
  • 勘に頼らず物理的にオフェンスの動きを予測する「ビジョン」とは?
  • ほとんど知られていない「声」の秘密
  • 指導者のあなたが確認しなければならない重大プレー
  • あなたがディフェンス指導で最初にやるべきこととは?
  • なぜ、点が取れないチームでも大差で勝てるのか?
  • 相手攻撃の後手にまわる瞬間は無いですか?
  • マイマンを拘束するための3つの簡単な方法
  • オフェンスを不利な動きへ誘導する方法
  • 相手の攻撃を遅らせて攻撃時間を減らす方法
  • 強力なディフェンスを作る3つのフットワークドリル
  • 腕を使ってスピーディーに方向転換をする方法
  • ドリブルチェンジを確実に防ぐ方法
  • 自動的に攻撃時間を減す7つの方法
  • パスコースを消して攻撃できなくするドリル
  • オフェンスにプレッシャーを与えて不安にさせる方法
  • オフェンスとの衝突を回避してケガを防ぐ方法
  • 相手の得点源を奪う方法
  • ポストマンに上がられてしまうミスを確実に防ぐ方法
  • センターのプレー機会を奪って得点を減らす方法
  • 相手を完全に支配してドリブルの進行方向を操る方法
  • なぜ、シュートをバンバン打たれても得点されないのか?
  • どんどんディフェンスを上達させるための2つの簡単なステップ
  • 7日前にバスケットボールを始めたビギナーでさえも、絶対に見誤ることなく、自分のディフェンスレベルを正確に把握する2つの方法
神奈川県立金沢総合高等学校女子バスケットボール部 元監督
全日本ジュニア 元監督
羽田ヴィッキーズ 元監督

星澤 純一(ほしざわ じゅんいち)

1951年東京都生まれ。高校・大学でバスケットボールのキャリアを積み、1977年に神奈川県立富岡高校(現 神奈川県立金沢総合高等学校)に赴任。創部2年目の女子バスケットボール部の指導にあたる。近代日本バスケットの父と言われる吉井四郎(東京オリンピック全日本男子監督)の理論をベースに発展させた星澤理論により、就任4年目には地区予選を勝ち抜き県大会へ出場し神奈川県ベスト4.8年目には初の全国大会出場を果たす。以後、公立高校ながら、インターハイ 16年連続26回出場(うち優勝3回を含みベスト4が10回)、ウインターカップ 14年連続19回出場(優勝1回を含みベスト4が7回)の全国屈指の強豪校へと育て上げる。また、文武両道を重んじ、バスケットボール部員は常に学内トップクラス。さらにバスケットボール部員による学校から通学路までの清掃活動を行うなど社会人として活躍できる人間を育てる教育にも力を注ぐ。2012年に神奈川県立金沢総合高校を退任後は、女子プロバスケットボールクラブの羽田ヴィッキーズ監督を務め、現在は、全国で講習会・講演活動を精力的に行い、公立高校から優秀な選手を輩出し続けた指導法・戦術指導を学びたい指導者からのオファーが絶えない。

DVD視聴者・実践者の声

Y.R様


シェルディフェンスのローテーションのドリルなど知りたい方に スクリーンプレーの細かいDFのポイントが知りたい方にオススメ コミュニケーションの大切さを子供達に伝え方など勉強したい方にオススメです。

S.M様(38歳)プレー歴25年・指導歴4年


このDVDは、バスケットボール初心者から中級者にとって礎であり、必要な技術を習得するために有用であると思います。個人のディフェンススキルからチームディフェンスの基礎を網羅しており、これを徹底周知することで個人とチームのディフェンス力は確実にアップしていくと思います。

I.K様(35歳)プレー歴10年・指導歴10年


今回のDVDでは、「時間を奪う」という発想がとても良いと思いました。相手の気持ちを考えると、残り5秒では焦ってシュートを打ってしまうのは当然だと思いました。これまでは時間を気にせず、ただ守るという意識だったので、とても勉強になりました。だからといって、ただ下がって守るのではなく、場面によっては積極的にプレッシャーをかける部分もあり、納得させられることが多かったです。

T.T様(55歳)プレー歴なし・指導歴32年


マンツーマンディフェンスを基本的なフットワーク,ハンドワークからスクリーンへの対応やボックスアウトまできめ細かく指導されているので,これからバスケットボールの指導をはじめようとしている方には非常に参考になるかと思います。

H.K様(39歳)プレー歴20年・指導歴9年


「ディフェンスはボールを奪うことは基より、時間を奪うこと」これは、日々、バスケッ トボールは時間のスポーツだと伝えていた自分に、再認識出来たことは本当にありがたい と思っています。

N.O様(45歳)プレー歴20年・指導歴20年


とても、分かりやすく、小学生でも理解させる事ができ、ディフェンスもだいぶ良くなりました。本当にためになりました。まだ、指導初めての方やディフェンスをよくしたい方は、ぜひ、見てほしいです。

M.M様(49歳)プレー歴25年・指導歴25年


(ディフェンスにおいて)時間の削ることの大切さと、声を出すメリットを学ぶことができました。

Y様(41歳)プレー歴5年・指導歴3年


時間を使う考え、ディナイディフェンスの大切さ、スクリーンプレーを細かく理解出来たので良かったです。

マンツーマンディフェンスバイブル~相手チームの「時間」を奪い、シュートを落とさせる方法~

マンツーマンディフェンスバイブル~相手チームの「時間」を奪い、シュートを落とさせる方法~

バスケ界屈指の戦術家・星澤純一が、38年もの時間をかけて作り上げた、シュートをたくさん打たれても点を取られない「相手の時間を奪うマンツーマンディフェンス戦術」を公開。
  • 送料無料
  • 6,980円税込

獲得ポイント:69 ポイント

数量:

カートに追加されました。

閉じる

閉じる

この商品のレビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿する

レビューを投稿するにはログインしてください。

マンツーマンディフェンスバイブル~相手チームの「時間」を奪い、シュートを落とさせる方法~

この商品は、次のカテゴリにも関連付けられています。

DVD教材

DVD教材 > バスケットボール

DVD教材 > バスケットボール > 星澤純一

マンツーマンディフェンスバイブル~相手チームの「時間」を奪い、シュートを落とさせる方法~