Facebook Twitter

商品詳細

「月刊ボディビルディング」の人気連載で大反響を呼んだ、外科医ボディビルダー「ひげセンセ」の、「インテリジェントマッスル・トレーニング」第2弾を遂に公開!なぜ、歯を食いしばって、何百回と重たいウエイトを持ち挙げても、「筋肉質な太い腕」は作れないのか?あなたは、その答えが、「日常生活のクセにある」という事実を知っていますか?

今回の「インテリジェントマッスル・トレーニング」の特徴は…、
  • ボコっと血管の浮きでた、太くてカッコ良い腕が手に入ります
  • 美しく割れたシックスパックの腹筋、引き締まった脚の筋肉
    手に入ります
  • 重たいウエイトを扱う必要がありません
  • たくさんの回数や、長時間のトレーニングも必要ありません
  • トレーニングをするたび、筋肉がデカくなるのを実感できます
  • 自宅でも、ジムでも、今より効果の高いトレーニングがおこなえます
  • 筋肉を知り尽くした外科医が考案した、安全性の高いトレーニングです
松平 賢二(まつだいら けんじ)

浅見 尚規(あさみ なおき)プロフィール

ニックネーム : ひげセンセ
外科医 / 筋肉評論家、元コンテストボディビルダー

「インテリジェントマッスル」の異名をもつ外科医であり、元コンテストボディビルダー。安全で、効果の高い医学的見地に基づいた独自のトレーニング理論には、熱狂的なファンが多い。2009年~2013年のあいだは、月間ボディビルディング誌で人気の連載を執筆したり、辛口のコンテストレポートが人気を集める。現在では、全国各地でセミナーを開催するなど、活動の幅を広げている。

【主な実績】

1991年 NBBF ミスター東九州 優勝
1997年 NBBF ミスター広島 優勝
1997年 NGA(USA)マスターズ 優勝

【セミナー】

脊髄外科学会認定医 脳外科学会専門医 (京都、三重、愛知、金沢、東京などで、筋肉とトレーニングのセミナー) など、ほか多数

【DVD】

ボディビルダー外科医が医学的見地から教える「効かせる」筋トレ インテリジェントマッスル・トレーニング (DISC1~DISC4)

あなたは、トレーニングをするたび、「損をしている」可能性があるからです…

お待たせしました
いよいよ「第2弾」の公開です

あなたもよくご存じのとおり、世の中には、たくさんのトレーニング方法があります。

しかし、その中には、
  • キツいだけでほとんど効果の得られないトレーニング
  • ケガの危険性が高いトレーニング
  • 回数やウエイトの重さばかりにこだわったトレーニング
  • 間違ったやり方が広まってしまったトレーニング
など、「本当に正しいのか?」と思わざるを得ないトレーニングもあります。
こんな間違ったトレーニングに歯止めをかけたいと、前回、 医学的見地から教える、インテリジェントマッスル・トレーニングを公開しました。

安全で確実、そして、しっかりと筋肉へ刺激を与えられるトレーニングに、 多くの方から喜びの声をいただきました。

そして今回、ご好評にお応えしまして、「第2弾」を公開させていただきます。

第2弾で鍛えるターゲットは、腕、脚、腹!

今回も、筋肉を知り尽くした外科医の浅見先生による、 安全で確実に筋肉をバルクアップできる「本物のトレーニング」をご紹介します。

「いったい普通のトレーニングとは、どう違うのか?」

と、早く知りたいところだと思いますが、 そのご説明をする前に、一つだけあなたに質問をさせてください。

どうすれば、くっきりと血管の浮きでた、
カッコ良い腕を作れるのか?

カッコ良い腕の写真
男なら、誰もがあこがれる筋肉質な太い腕。

ヒジを曲げたときにできる山のような力こぶや、くっきりと血管の浮きでた前腕には、 美しさすら感じます。

あなたも一度は、そんなカッコ良い腕になりたいと、 一生懸命に重たいダンベルを持ち挙げた経験が あるでしょう。

では、その結果はどうだったでしょうか?

重たいダンベルを手に取り、何十回、何百回と持ち挙げたけれど、 ほとんど腕には変化なし…。

どれだけ頑張っても、太い腕にならないことで 今、行っている自分のトレーニング不安を感じ、モチベーションも下がってしまう。

でも、筋肉質な腕をした人を見ると、「やっぱり、あんな腕になりたい!」と、 ふたたびヤル気に火が点き、またトレーニングをくり返す。

あなたにも、心当たりはありませんか?

事実、カッコ良い腕になりたいとトレーニングをしてきた人の多くが、 こんな経験をしています。

でも、不思議に思いませんか?

何百回と重たいダンベルを持ち挙げても、なぜ、腕は太くならないのか?

トレーニングに情熱を燃やす人なら、誰もが一度は疑問に思いますよね。
浅見先生が、その答えをわかりやすく教えてくれました。
浅見先生
腕の筋肉が、どんな形をしているか知っていますか?

実は、人間の腕は、とても細くて小さい筋肉と、 腱(けん)のロープが組み合わさってできているんです。

脚のように大きい筋肉がついているわけではないので、 当然、重たいウエイトを振りまわせるほどの強度はありません。

こう説明すると、ほとんどの人が驚かれるのですが、 実は、人間の腕というのは、もともと太くならないようにできているんです。

これは人間が大昔、四本足から二本足へ進化してきた過程で、 腕(前足)を自由に使えることを選択し、強度を捨てた結果といえます。

だから、重たいウエイトを根性で持ち挙げようとすると、 ヒジはすぐに悲鳴をあげてしまう。

ジムへいくと、細いカラダで高重量を扱い、 腕のトレーニングをしている人がいますが、あれは本当に危険なんです。

ヒジ関節や靭帯は、一度傷めてしまうと二度と元に戻らないのですから。
「腕は、もともと太くならない…?」

私は、予想外の浅見先生の答えに耳を疑いました。

まさか、腕が太くならない作りになっているなんて、 考えたこともありませんでしたから。

でも…、

「浅見先生は、丸太のような太い腕をしていますよね…?」

腕がもともと太くならないものなら、みんな太くならないはずではないか。

それなのに、なぜ、浅見先生は太い腕をしているのか?

ボディビルダーは、なぜ、丸太のような太い腕をしているのか?

納得のいかない私は、浅見先生に続けて質問しました。
浅見先生
腕には、太くならない性質がありますが、 トレーニング次第で、太く「見せる」ことはできます。

とはいえ、細い筋肉と腱(けん)のロープで できているので、単純に重たいウエイトを持ち挙げたところで意味はありません。

それでも、太くならない性質の腕を太くしたい。

そんな、カラダの作りに反したことをしたいのなら、 正しい知識と方法をもって、筋肉の形を変えていかなくてはなりません。

腕のトレーニングをしても筋肉がつかない、太くならない原因は、 ウエイトが軽いことでも、持ち挙げる回数が少ないことでもありません。

正しいトレーニングの方法を知らないまま、 自己流の方法で続けていることが原因なんです。
さらに浅見先生は、トレーニングをしても筋肉質なカッコ良い腕にならない人には、 「ある共通したカラダの使い方」をしているとも教えてくれました。

もしかすると、あなたにも心当たりがあるかもしれませんが…、

ちょっと思いだしてみてください…

あなたは普段、どんなふうに腕を使っていますか?

たとえば、何か床に落としたモノを拾い上げるとき。

スッと腕を伸ばして落としたモノを手に取り、 そのままヒジを曲げて、カラダに近づけるように拾い上げますよね。

ヒジを伸ばしたり、曲げたりして腕を使う。

これは、いたって普通の動作です。

では次に、ダンベルを持ち挙げるときの動作をイメージしてみてください。

あなたは、どうやって持ち挙げていますか?

重たいダンベルを持ち挙げるときも、 先ほどとおなじ感覚でヒジを曲げたり、伸ばしたりしていませんか?

これも普通の動作なのですが、実は…、

腕の筋肉がデカくならない最大の原因は、ここにあります…

トレーニングをしても、なかなか腕の筋肉がつかない人たちの共通点。

それは、「普段、腕を使っているのとおなじ感覚でウエイトを持ち挙げていること」 です。

浅見先生は、この持ち挙げ方では、 「ヒジ関節に負担をかけているだけでしかない」といいます。

ケガをする危険性が高いだけでなく、太い腕の象徴である、 上腕二頭筋、三頭筋には、ほとんどウエイトを効かせられないのです。

では、腕の筋肉にウエイトを効かせるには、いったいどうすればいいのか?

ここからが、腕のトレーニングの核心になります。

どうすれば、太くならない性質の腕を太くすることができるのか?

浅見先生は、こう教えてくれました。

腕の筋肉にしっかりとウエイトを効かせるには、 「腕、本来の使い方を制限すること」が重要であると。

これは、普段、何気なくヒジを曲げたり、伸ばしたりしている動作を、 意識的に封じることが大切であるということ。

つまり、ヒジ関節ではなく、腕の筋肉にウエイトをしっかり効かせたいのなら、 トレーニング中は、「自由に動かせる腕から、自由を奪ってやる必要がある」 というわけです。

実際、腕の使い方を制限することで、どれほど効き方が変わってくるのか?

下の方法で、上腕三頭筋の収縮、効き方の違いを体感してみてください。
※ 上腕三頭筋に、しっかりとウエイトを効かせるには?

多くの人は、三頭筋のトレーニングをするとき、 「とにかく、ヒジを曲げ伸ばしすればいい」と考えています。

まずは、下の写真のように、 腕を自由に使える状態でヒジの曲げ伸ばしをおこない、 もう片方の手で上腕三頭筋に触れ、筋肉の収縮を確認してください。
腕を自由に使える状態で、ヒジの曲げ伸ばしをおこないます
“腕を自由に使える状態で、ヒジの曲げ伸ばしをおこないます”

では次に、「気をつけ」の姿勢をしてみてください。

そこから、ヒジを体幹部分に押しつけるようにし、ヒジの動きを制限します。

この状態で、先ほどとおなじように、片方の手で三頭筋に触れ、 ヒジの曲げ伸ばしをしてみてください。

気をつけの姿勢で、ヒジを体幹に押しつけるイメージでおこないます
“気をつけの姿勢で、ヒジを体幹に押しつけるイメージでおこないます”

いかがでしょうか。

ウエイトを持たなくても、上腕三頭筋の収縮の違いを実感できたと思います。

近くにダンベルがあれば、ダンベルを持った状態でも比べてみてください。

さらに、上腕三頭筋への刺激の違いがハッキリとわかるはずです。

でも…、

どうして、こんなにも効き方が変わるのか?

人間のカラダは、いったいどうなっているのか?

あなたも不思議に思いませんか? 実は、わざと腕の動きを制限することで、 ウエイトを関節ではなく、「筋腹」で受け止められるようになるんです。

筋腹のイメージ

※「筋腹(きんぷく)」とは?

筋肉には、もっとも力を発揮できる場所である、 「筋腹(きんぷく)」と呼ばれるポイントがあります。

これは、部位を問わず、 すべての筋肉にかならずあるものです。

筋肉の形を変え、大きくバルクアップさせるには、「どうやって筋腹に強い刺激を与えることができるか」が、一番大事なポイント。

その刺激がくり返されたとき、ゆっくりと筋肉の形と密度が変わっていくのです。
重たいウエイトを何十回、何百回と持ち挙げたとしても、 筋腹で受けることができなければ、太い腕を作ることはできません。

歯を食いしばって頑張り続けたとしても、大事なヒジを痛めてしまうだけです。

あなたが、一生懸命に腕のトレーニングをしているのに、 なかなか筋肉がつかないままでいるとしたら、その理由はただ一つ。

あなたは、まだ、「筋腹でウエイトを受ける方法」を知らないだけなのです。

これは、腕に限った話ではありません…

脚や腹のトレーニングにもおなじことが言えます。

脚は、ヒザ関節を曲げ伸ばしすることで、カラダを支えていますが、 普段の動きのままウエイトを扱っても、ヒザ関節に負担がかかるだけです。

どれだけ頑張ったとしても、筋肉の引き締まったシュッとした脚にはなりません。

腹筋も本来は、骨盤と胸郭を自由に動かす役割の筋肉であり、 何百回の腹筋運動に耐えられるほどの高い強度がある筋肉ではありません。

もし、何百回も腹筋運動ができるとしたら、それはやり方が間違っているだけであり、 美しく割れたシックスパックの腹筋を作るトレーニングではないのです。


では、どうすれば、デカくてメリハリの筋肉に変えることができるのか?

それには、カラダ本来の自由な動きを制限し、関節ではなく筋肉の真ん中、
つまり、「筋腹でウエイトを受け止める方法」でトレーニングすることが大切です。

一生懸命にトレーニングを頑張っているあなたが、この方法を知らないばかりに、 トレーニングをするたび損をしているとしたら、とてももったいないと思いませんか?


本来なら、その努力で、もっと短期間で カッコ良いカラダになれているはずなのですから。 あなたが理想のカラダを手に入れるうえで必要なことはたった1つ。

「筋腹でウエイトを受けるとは、どういうことか?」を自分のカラダで知ること。

これさえわかれば、軽いウエイトでも、少ない回数でも、 トレーニングをするたびに筋肉がつくのを実感できるようになることをお約束します。

「でも、具体的にどうすればいいのか?」
「どんな方法でトレーニングをすればいいのか?」

と思われたのなら、ここからの話は大切です。

医学的見地から明らかにされた、安全で、効率良くバルクアップする方法を公開します!

月ボの連載(2009年~2013年)や、 辛口のコンテストレポートなどで大反響を呼んだ浅見先生。

その浅見先生のトレーニング理論は、雑誌で紹介されることはあっても、 これまで、映像をとおしてくわしく教えられることは、今までありませんでした。

前回リリースした、肩、胸、背中にターゲットを絞った、 第1弾のDVDが、浅見先生にとってもはじめての試みだったのです。

そして遂に今回、医学的見地に基づいたトレーニング方法である、
「インテリジェントマッスル・トレーニング 第2弾」を公開させていただきます
。 第2弾で明らかにされるのは、
  • 腕 (上腕二頭筋、上腕三頭筋)
  • 脚 (大腿四頭筋、ハムストリングス)
  • 腹 (腹直筋、腹斜筋)
をターゲットにした「フリーウエイト&マシントレーニング」。

その種目数は、合計で「34種目」にもなります。

フリーウエイトとマシントレーニングの両方の種目があるのは、理由があります。

それは、フリーウエイトとマシンを使いわけることで、
それぞれのデメリットをカバーすることができるからです。

フリーウエイトのデメリットは、バランスを取らないといけないこと。

不安定な状態でおこないますので、運動が苦手な方や、
ご年配の方は、筋腹に効かせるのが少し難しいと感じるかもしれません。

しかし、マシントレーニングなら、バランスを気にする必要はありません。

なので、バランスが上手く取れない方でも、はじめにマシンで筋肉の動かし方を覚えれば、フリーウエイトをおこなったとき、的確に筋腹でウエイトを受けられるようになります。

とはいえ、人間は本来、バランスを取りながら動く生きものです。

そのバランスが取れないマシントレーニングは、不自然であることもまた事実。

なので、マシンで筋肉の動かし方を覚えたあとは、できるだけフリーウエイトでトレーニングしていくのが理想になります。

このように、両方の良いところを活かすことが、短期間で筋肉の形を変えていくための一番の近道です。

では、今回のDVDには、いったいどんな内容が収録されているのか?

筋肉を知り尽くした外科医がついに公開!見惚れるほど筋肉質な腕、脚、腹を手に入れる、「インテリジェントマッスル・トレーニング」とは?

収録内容の一部をご紹介すると…

腕のトレーニング

15種目のフリーウエイト&マシントレーニング


“腕のトレーニング
重たいウエイトを持ち挙げても、腕が太くならない本当の理由
解剖学から見た「腕の仕組み」と鍛え方
【筋肉の形を変える秘訣】 太い腕を作るウエイトの受け方とは…?
フリーウエイト&マシントレーニング、どう使いわければいいのか…?
本来の腕の使い方をリセットし、効率良くバルクアップさせる方法
腕を太く見せるポイント「上腕三頭筋」を攻めるトレーニング
「ライイングトライセップス・イクステンション」
三頭筋のトレーニングは、「肘を伸ばせばいい」と思っていませんか?実は、太い腕を作りたいと思うなら、もっと大切なことがあるんです。ここで語られる姿勢でトレーニングしてみてください。グッと筋肉が収縮し、三頭筋への刺激が変わってくるのが、すぐにわかるはずです。
手軽にできて、色々な負荷を楽しめる三頭筋のトレーニング
「リバースベンチ・プッシュアップ」
三頭筋を使って、沈み込みをくり返すリバースベンチ・プッシュアップ。比較的、手軽にできる種目ですが、多くのトレーニーが間違った効果のない姿勢でおこなっている種目でもあります。足幅、手幅、腕の位置に注意するだけで、強烈に効かせることもできるんです。
上腕三頭筋を限界まで収縮させるトレーニング
「ダンベルキックバック」
三頭筋を最大限に収縮させられる、ダンベルキックバック。しかし、間違ったやり方でおこなうと、肘を痛める危険性もあります。安全、確実に三頭筋に効かせるためにも、かならずここで語られるポイントを守ってください。追い込みにも有効な腕のトレーニングです。
三頭筋をストレッチさせながらバルクアップさせるトレーニング
「ダンベルオーバーヘッド・イクステンション」
腕が落ちる力を利用して、三頭筋のロングヘッドをストレッチさせるトレーニングです。軽いウエイトでも強烈な収縮が得られますので、はじめから重たいウエイトは使わないようにしてください。
力こぶのピークを作るマシントレーニング
「バイセップスカールマシン」
グッと腕に力を入れたときにできる、山のような力こぶ。カッコ良い力こぶを作るには、このトレーニングがオススメです。フリーウエイトには絶対にできない動きで筋肉を収縮させ、力こぶのピークを作りあげることができます。
三頭筋を持続的に収縮させるマシントレーニング
「ケーブルバイセップスカール」
ケーブルを用いたクラシックなトレーニング種目ですが、少し意識するポイントを変えるだけで、効き方がまったく変わってきます。オススメは、ハンドルをタオルに変える方法。グリップが自由になりますので、さまざまな負荷を楽しむことができます。
肩、肘への負担が少なく、色々な刺激を楽しめるベンチプレス
「スミスマシン・ナロウベンチ」
マシンを使ったベンチプレスは、フリーウエイトとは違い、バランスを取る必要がありません。そのため、極端に狭いグリップでもったり、手首を立てた状態でもおこなえるメリットがあります。ここでは、色々なバリエーションのベンチプレスをご紹介します。
フリーウエイトの体の使い方を覚えるのに最適なマシントレーニング
「トライセップス・イクステンション」
可変抵抗の付いているイクステンションマシンを使うことで、フリーウエイトでしっかり効かせる体の使い方を覚えることができます。どう体を動かせば、最大の負荷が得られるのか、ぜひここから学んでください。

脚と腹のトレーニング

19種目のフリーウエイト&マシントレーニング


DVD
間違ったスクワットで、損をしていませんか…?
「バーベルスクワット」
バーベルスクワットのポイントは、「どうやってしゃがみ込むか」にあります。多くのトレーニーがやりがちな間違いは、ヒザ関節を曲げてしゃがみ込んでしまうこと。これでは、大腿四頭筋に効かせることはできません。本当に効かせるスクワットは、どうやってしゃがみ込むのか。ここでしっかりと学んでください。
美しいハムストリングスを作りあげる方法
「スティッフレッグ・デッドリフト」
この種目のポイントは、体重のかけ方とつま先の方向。かかとへの体重をコントロールすることで、ハムストリングスへの負荷を調整できるようになります。また、ダンベルを使うことで、ハムストリングスに面白い刺激を与えられますので、ぜひ、試してみてください。
なぜ、ただ呼吸をするだけで、腹筋を強烈に収縮させられるのか…?
「バキュームポージング」
何回もシットアップをしなくても、呼吸をするだけで腹筋を鍛えられるとてもユニークで効果的な種目です。やり方はとてもカンタンで、横隔膜と腹直筋をケンカさせるイメージで呼吸をするだけ。見た目のシンプルさと違い、なかなか強度の高いトレーニングです。
脚の重さを利用し、腹筋に強い刺激を与える方法
「レッグレイズ」
自分の脚をウエイトに見立てたユニークな腹筋の種目です。腰を浮かせておこなうことで、さらに強烈に腹筋を収縮させることもできます。
フリーウエイトではできない、深い沈み込みで効かせるスクワット
「スミスマシンスクワット」
スクワットは、股関節から曲げるのが理想ですが、バランスを取ろうと思うと、どうしてもヒザ関節から曲げてしまいがちです。しかし、スミスマシンを使えば、バランスを取る必要がなくなるので、思いきり深く沈みこませることができます。さまざまなバリエーションをご紹介しますので、ぜひ、チャレンジしてみてください。
腰が痛い、気分が乗らないときに最適な脚のトレーニング
「アングルド・レッグプレス」
アングルドとは、「角度が付いた」という意味。ここでは、45度と水平の2通りのパターンをご紹介します。水平のレッグプレスは、腰への負担が少ないので、気分が乗らないときのウォーミングアップなどに最適な種目です。
大腿部前面、ヒザ関節まわりの筋肉を鍛えるマシントレーニング
「レッグイクステンション」 レッグイクステンションのポイントは、股関節を使いながら反動を上手く利用すること。こうすることで、大腿部前面への刺激が意識しやすくなります。ここでは、股関節の使い方や安全におこなうポイントなど、わかりやすく解説しています。
脚についた無駄な脂肪を落とし、美しいシルエットを作るトレーニング
「インナーサイ」
大腿部の内側は、余分な脂肪がたくさん乗っている部分。鍛えるのが難しい部分ですが、このトレーニングなら、効果的に刺激を与えることができます。そのポイントは、骨盤の動かし方。内ももの筋肉の稼働率を上げる骨盤の使い方をこの種目から学んでください。
※ご紹介したのは、DVDに収録されている内容のほんの一部です。

山のような力こぶの腕、美しく割れた腹筋、筋肉質で立体的な脚、このトレーニングで、すべて手に入れてください!

筋肉を知り尽くした外科医である、浅見先生のトレーニング。

もし、あなたが、このトレーニングに取り組んだとしたら、
あなたのカラダには、いったいどんな変化があらわれるでしょうか?

まず、どれだけ重たいウエイトを持ち挙げても、太くならなかった腕が、
山のような力こぶのある、たくましい腕に変わります。

そして、上半身に比べると何だか細く、バランスが悪いと感じていた脚も、
筋肉質で立体的な引き締まった脚になります。

さらに、誰もがあこがれる美しく割れたシックスパックの腹筋も、
短期間のトレーニングで作りあげることができるでしょう。

大事なことなのでくり返しますが、
あなたも、浅見先生の「インテリジェントマッスル・トレーニング」に取り組むことで、
  • 今よりもっとデカくバルクアップできる
  • じぶんのカラダに自信がもてるようになる
  • 時間がないときでも、効果的なトレーニングができる
  • 筋肉でウエイトを受ける、感じたことのない刺激を味わえる
  • おなじトレーニング時間でも、今よりもっと効果を実感できる
  • ケガや故障、オーバーワークなどの心配なくトレーニングができる
  • 自宅で、効果の高いトレーニングができる
  • ジムでも、マシンを使いこなせ、
    さらに効果的なトレーニングができる
  • まわりに「カッコ良くなったね!」と言われる
など、これまで以上にトレーニングが楽しめるようになるでしょう。

そして今回は、真剣に「カッコいいカラダになるぞ!」と決意されたあなたのために、
「特別なプレゼント」をご用意しました。

今すぐ、DVDをお申し込み頂いた方に限り、
「豪華3大特典」を無料プレゼント!

DVD
“この方法なら、たった5分で腕をパンパンに追い込めます!
“この方法なら、たった5分で腕をパンパンに追い込めます!”

腕を鍛えたいが、時間がない。

そんなときに役立つのが、1つめのプレゼントである
「腕の追い込みトレーニング」です。

いかに短時間で腕を追い込むか?

その答えが、ここで語られる「3つのポイント」に隠されています。
このポイントさえ知ってしまえば、
たった5分で、腕をパンプアップさせることができます。

時間がないときのトレーニング方法として、知っておいて損はありません。

DVD
時間がないときは、この方法で脚を追い込んでください!
“時間がないときは、この方法で脚を追い込んでください!”

2つめのプレゼントは、「脚の追い込みトレーニング」です。

ジムで時間のないときは、この方法で脚のトレーニングをおこなってください。

効率良く鍛えるのが難しい脚のトレーニングですが、 この方法なら、5分間で集中的に脚を追い込むことができます。

こちらも、時間がないときのトレーニングとして、知っておくと便利です。

ここまでご紹介した「2つの追い込みトレーニング」は、外科医という仕事柄、 なかなかトレーニング時間が取れなかった浅見先生が 試行錯誤をくり返して作りあげたもの。

短時間で集中的に追い込める、とても時間対効果の高いトレーニングです。

ぜひ、あなたも、時間がないときのトレーニング方法として取り入れてみてください。

DVD
トレーニングの秘訣をまとめた、復習ノートです
“トレーニングの秘訣をまとめた、復習ノートです”

今すぐ、DVDをお申し込みいただいた方に限り、
「インテリジェントマッスル・トレーニング」のポイントをまとめた復習ノートをプレゼントします。

DVDを見ながら、大切なポイントを書き込んだり、 実際にトレーニングしながら、気づいたことを書き込むのも良いでしょう。

また、このノートがあれば、ジムなどのDVDが見られない環境でも、 いつでもどこでも、インテリジェントマッスル・トレーニングの 大事なポイントを復習できます。

もちろん、この復習ノートは、一般の書店で手に入るものではありません。

ぜひ、トレーニングにお役立てください。

Q&A

体力、筋力に自信がないのですが、実践できますか…?
もちろん大丈夫です。トレーニングで一番大切なことは、重たいウエイトを扱うことでもなければ、たくさんの回数をこなすことでもありません。たとえ軽いウエイトでも、浅見先生の教える「筋腹で受け止める感覚」を覚えてしまえば、短期間で筋肉の形を変えることができます。
教えられたことは、すぐに取り組むことができますか…?
もちろん大丈夫です。このDVDに収録されているメニューを実践するのに、たくさんの時間は必要ありません。必要なのは「今すぐやろう!」という、あなたの気持ちだけです。
返金保証というけど、本当に大丈夫なのですか…?
ご安心下さい。このDVDに収録されているノウハウに取り組んだにもかかわらず、全く結果が出なかった場合、ご購入日より90日以内であれば、何度ご覧頂いた後でも理由を問わず、手数料735円を差し引いた金額を返金させて頂きます。
インターネットでの申し込みが不安なのですが…
もし、あなたがインターネットでのお申込みに対して不安をお持ちなら、どうぞご安心ください。あなたのウェブブラウザとサーバ間の通信は SSL暗号通信により、暗号化されますので、ご記入いただく内容はすべて安全に送信されます。お申込みの際、個人情報の漏洩は一切ありません。
ボディビルダー外科医が医学的見地から教える「効かせる」筋トレ インテリジェントマッスルトレーニング2
  • ボディビルダー外科医が医学的見地から教える「効かせる」筋トレ インテリジェントマッスルトレーニング2

ボディビルダー外科医が医学的見地から教える「効かせる」筋トレ インテリジェントマッスルトレーニング2

19,980円(税込)

加算ポイント:199 ポイント

ポイント:利用可能

数量:

この商品は0人がお気に入りに登録しています。

Facebook Twitter

この商品のレビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿する

レビューを投稿するにはログインしてください。

この商品は、次のカテゴリにも関連付けられています。

筋トレ

筋トレ > 浅見尚規