商品詳細

フォアハンドはこれで大丈夫!!!「でも・・・バックハンドを狙われたら、どうしますか?」スピードがなく、ふわりと浮く、その場しのぎの「バックハンドスライス」で不安を感じていませんか? 今なら新井コーチ直伝のフェデラーのように、低い弾道で、地面滑っていく「バックハンドスライス」を打つ方法を公開します。しかもこの「バックハンドスライス」は新井コーチの伝家の宝刀とも言えるショットです・・・

テニスにおいて、強力なフォアハンドは必須スキルです。

それを手に入れるとこれから、速いボールのワイパースイングやライジングショットを身に付け、 プロのようなスイングで、今よりテニスが楽しめるようになることは間違いありません。

しかし、 「バックハンド」はどうでしょうか…?

フォアハンドが強力になるにつれ、 相手はあなたにフォアハンドで打たすまいとバックを狙ってきます。

フォアで回り込む。 それもいいでしょう。

しかし、それでも回り込めないような、コースにボールが来たらどうしますか?

また両手打ちバックハンドの方は、リーチが狭く 短いボールやワイドのボールの処理が難しいです。

そこで必要になってくるのが、「テニスの技術の中で、最も安定的なショット」 スライスの存在です。

フォアハンドが得意な人の最大の不安は、バック側の処理です。

そのバック側をスライスで安定的しながら そのスライスで打つボール自体が非常に攻撃的であれば相手はどうでしょうか?

つまり、バックのスライスは「安定性が高く、かつ攻撃的な側面も持っている」 スピンにはないメリットがあります。

でも、体勢を立て直すためにとりあえず当てて、ちょん切るようなスライスでは、 相手に攻撃して下さいといわんばかりです。

またアプローチショットに関しては、低く滑っていくスライスと、浮いてしまいバウンド後にボールが死んでいるような状態でネットにつめることなど出来ません。

ほかにも…

  • ボールが伸びない… 浮いてしまう…
  • ボールにスピードがない… カットするような回転になってしまう…
  • いつも緊急で使うのみなので、きちんと練習したことがない…
  • アプローチショットに使うが、ボールが浅くなりすぎる…
  • 実は、いつも適当にその場しのぎで打っていて、打ち方を知らない…


など、バックハンドスライスにこのような悩みを抱えていませんか?

どれだけフォアハンドを鍛えたとしても、相手にバックハンドが弱点だと見破られれば バック側にボールを集められるのは当然です。

これでは、せっかく強力武器になるフォアハンドを身に付けたとしても その力をフルに発揮できませんよね。

しかし、ご安心ください。

これらの悩みは、全てキレイに解決することができるんです…

その場しのぎのバックハンドは、
もう、うんざり…。
それなら、この方法をお試しください!


守りに徹しがちなバックハンドのスライスですが、 実は一般プレイヤーでも、フェデラーのように攻撃的な伸びるボールが打てるんです。

フルスイングでの攻撃的なバックハンドスライスが打てるようになると、 有効な攻撃の選択肢が増え、さらに有利に試合を進められることは間違いありません。

少し腹を割ってあなたに話しましょう。

あなたは、正直な話、「スライス」を真剣に練習したことがありますか?

・リストをどう使うのか? 固定しますか?

・肘はどれくらい使いますか?

・肩は開きますか? それは具体的にどれくらい開きますか?

・フォロースルーは下ですか? それとも上にあげてきますか?

・足は? スタンスは・・・

いかがでしょうか?

実はテニス愛好家の約90%が スライスについて深く練習したことがないのです。

それもそのはず。誰もが、スライスを「その場しのぎ」や 「スピンが打てないから」という理由でしか考えていない人が多いのです。

しかし、よく考えてみて下さい。

あなたがベースラインからストロークを打つ時、相手のボールが 深く、自分のふところに食い込むような、滑るスライスを打たれたら・・・

あなたのストロークは非常に厳しい状況になりませんか?

スピンなら、ある程度跳ね上がるため、高さと時間があります。

しかし、低く滑る弾道で、ベースラインギリギリにスライスを打たれたら あなたのストロークは振り遅れるか、ネットミスをするか・・

きっとそのような状況に陥るでしょう。

「そんなことはわかっている。だけど上手く打てないんだよ。」 と思われるかもしれません。

もしこのように思われるのであれば、 一度真剣にスライスを学んでみませんか?

しかも新井コーチが、1年ほど前から 「バックのスライスは必要でしょ」と言って温めていたこの 伝家の宝刀である「バックのスライス」

この新井コーチのスライスはもちろん普通のスライスではありません。

もちろんフルスイングでぶった切るようなスライスです。

新井流のスライスは2種類に分かれます。

そのうちの簡単なスライスを、さらに2種類に分類します。

肘を使うか、使わないか。

ただそれだけで、あとは「思い切りボールを切る」だけです。

基本動作としては「それだけ」です。

ただし、DVDには「バックのスライス」に関わる全てのスイングを収録してあります。

その収録内容の一部をご紹介すると…

新井流フルスイングテニス塾
~バックハンドスライス~

バックハンドスライスで使う「2種類」のグリップとは…?
・どちらのグリップが「フルスイング」に向いているのか…?
・どちらのグリップが「守備範囲」が広いのか…?
「往年のトッププロ」と「現在のトッププロ」のグリップの違いとは…?
簡単「肘を伸ばして、肩を入れるスライス(グラフタイプ)」
肘を曲げて、肩を入れないスライス(フェデラータイプ)
深く打つために必要な息のはき方とは…?
ボールに伸びが出る!スライスの下半身の使いかたとは…?
ネットプレイをスムーズにするアプローチのフットワークとは…?
短いボールの処置専用のスライスのスイングとは…?
深いボールが打てる膝とスイングの関係性とは…?
良い打球感を得られるようになる練習方法を公開!
ボールが浮きにくいテイクバックのコツとは…?
両手スライスの人が、片手に変える際にすべきステップドリルとは…?
アプローチショットのための「2種類のフットワーク」とは…?
手首はどこまで使うのか? 肉眼ではわからないイメージ映像とは?

“一般プレイヤーでも、フェデラーのような伸びるバックハンドスライスが打てます!”
“一般プレイヤーでも、フェデラーのような伸びるバックハンドスライスが打てます!”

※これらは、今回のDVDに収録されている内容の一部です。

DVDには、攻撃的なバックハンドスライスが打てるグリップの握り方や体の使い方、 フットワーク、わるい例、具体的な練習方法などがギッシリと収録されています。

フェデラーvsナダルの試合を思い出して下さい。

ナダルがフェデラーのバックに強烈なフォアハンドを打ち込む。

しかしフェデラーはそのスピン回転を利用して、さらなる逆回転のスライスで攻撃する。

あのような「低い弾道で弾まない、地面をはうようなスライス」 をぜひあなたにも身につけてほしいと思います。

新井流のスライスはそんな「攻撃的なスライス」です。

しのぐため、というよりも、バックハンドスライスそのものが あなたの武器の1つになるのです。

あなたがこの内容を実践することで…

  • 今までの「その場しのぎ」が攻撃的なスライスに生まれ変わる!
  • 深く、相手に食い込むようなスライスが打てるようになる!
  • 武器になるショットが増え、プレイの幅がさらに広がる!
  • 安定的なスライスがあることで、あなたのフォアハンドはさらに強化される!
  • スライスの影響でボレーのタッチが良くなる!
  • いくらバックを狙われてもまったく動じず、自分のバックに自信が持てる!
  • アプローチショットが深く打てるので、ファーストボレーが楽になる!


このような嬉しい体験ができることでしょう。

ぜひ、この機会にフルスイングのバックハンドスライスを習得し、 フルスイングでラケットを振れる、バックハンドスライスを心から楽しんでください。

正直に、あなたの為に申し上げます。

いまよりもテニスを上達し、楽しみたいのであれば、このスライスは必要です。

特にダブルスを中心にプレイされる方は、スライスが上達すると その影響はボレーやサービスにまで影響します。

「たがが、スライスで大げさな…」と思われたかもしれませんので、 こちらにサンプル動画をご用意しましたので、こちらをご覧下さい。

その一部をご覧下さい。



あなたもこの「スライス」を身に付ければ、 フォアハンドに続き、剛と柔の2種類のショットを身につけることが出来るでしょう。

新井流超攻撃的なフルスイング・スライス バックハンド編
  • 新井流超攻撃的なフルスイング・スライス バックハンド編

新井流超攻撃的なフルスイング・スライス バックハンド編

5,980円(税込)

加算ポイント:59 ポイント

ポイント:利用可能

数量:

この商品は0人がお気に入りに登録しています。

この商品のレビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿する

レビューを投稿するにはログインしてください。

この商品は、次のカテゴリにも関連付けられています。

テニス

テニス > 新井湯太加