Facebook Twitter

商品詳細

クロスラリー、ポーチ サービスリターンのすぐに使えるダブルス戦術を公開

商品の説明


なぜ、ダブルスになると何をしていいのかわからなくなるのか?
なぜ、自分のダブルスのプレイは不安定なのか?
なぜ、ポイントを落としだすと、流れを止められないのか?
なぜ、味方であるはずのパートナーをプレッシャーとして感じてしまうのか?


ダブルスに隠された真実


練習ではうまくプレイできるけど、試合になればうまくいかない。どう動いていいのか、どこに打てばいいのか。誰を狙えばいいのか、そして自分はどうするべきなのか・・・

なぜ、試合になるとこんなことが起きるのでしょうか?

ポイントを落としだすと、ダブルスでは自分のパートナーの存在も特にはプレッシャーになります。どうしたらいいのかわからなくなる。何をしていいのかわからなくなる。どんどん考えて、わからなくなればなるほど、主導権が相手に渡りゲームセット。

実は、その「どうしていいのかわからなくなる」原因はほとんどの場合、そのプレイヤーがある決定的な勘違いを犯していることにあります。その勘違いとは、ダブルスに隠された本質を見抜けず、見かけのテクニックや動きだけをマネしてしまっていることです。

例えばYouTubeなどで打ち方をマネしてみたり、フォームをマネしてテイクバックだけを変えてみたり、トスの上げ方を替えたりといった具合です。残念なことにこういったテクニックの上辺の部分をマネしてもダブルスにおいては時にはそれが自分の首を締めます。 実はダブルスで大事なのはそういった上辺の部分ではありません。テイクバックとか、スピンとか、サービスのトスとかはあくまで自分が練習やるべきチェック項目であって、試合の中では別の要素が必要になります。では、試合になると何が違いを分けるのか。試合の中でやることがすっきり決まっている人と、勉強熱心だけど、すぐにパニックになって、何をしていいのかわからなくなる人との違いは何か?

それは「勝つための作戦が整理されているかどうか」ということ。
つまり勝敗を決めるポイントは、「戦い方であり、戦術」です。

自分がベストなプレイをするためのチェック項目だけではダブルスには勝てません。もちろん、ショットは上手いに越したことはありませんし、ショットの安定感も高いに越したことはありません。しかし、ダブルスは相手とするものです。そしてパートナーとのコンビネーションによって成り立つものです。自分のプレイが良くなることばかりに考え方が囚われてしまって、相手が見れてない、パートナーの言葉が耳に入らない、そんな状況になっていないでしょうか?ダブルスが上手い人、強い人。それは自分のプレイをよくすることばかり考えている人ではなく、「ダブルスで押さえておくべき基本的な戦術」に沿ってプレイしている人なのです。


ではダブルスにおける基本戦術とは
一体何なのでしょうか?


結論からお伝えすると、実は、ダブルスにおいては、プロの試合でもシニアの試合やミックス、女ダブであっても、ダブルスにおいて核となる戦術は次の3つだけです。

  1. クロスラリー
  2. サービス&リターン
  3. 前衛の動き

ダブルスにおいてやるべきこと、考えることの基本はこの3つが基本となります。この3つ中心に、自分とパートナーと、相手の状況を把握して「今この3つのどれが問題となっているのか?」というゲームの中で発生している問題を解決するだけです。その何から問題を可決していいのかわからない、となっているからこそ、自分のプレイが崩れると、何をしていいのかわからなくなり、結果的にサービスのトスやボレーのスイングの大きさなどが気になってしまい、どんどん悪循環のスパイラルに陥るのです。

ダブルスにおいては、自分だけのショットの良し悪しではなく、パートナーと相手との中で自分がすべき役割のために、勝利に向かって動いていくものです。多くの人は、プロの選手と違い、いろんな人と組むことが多いと思いますが、基本的に誰と組むにしても同じ、ダブルスには基本的な「役割」があり、その役割と戦術に沿ってプレイをすることが、基本であり王道、セオリーと呼ばれるものなのです。その戻れる基本的な考え方があるからこそ、試合でうまくいかなくなっても、自分たちが空回りせず相手を崩しながら、自分たちのペースで落ち着いて試合ができるわけです。今回の教材はダブルスにおいて絶対的に必要な3つのポイントを中心に、約120個のダブルス戦術をお伝えします。


前衛の前後の動きは必要ない


例えば、1つの例を紹介すると、前衛の動きです。一般的には自分のポーチに行けるタイミングではポジションを前につき、自分のパートナーが打つ時には、相手のポーチに備えるため、少しポジションを下げる。スクールなどでは、前後に動きましょう。と教えられることも多いと思います。
しかし、ほとんどのアマチュア、社会人プレーヤーは、「パートナーの動きに合わせて動け」と言われても、実際にコートの中でどう動いたらいいのかわかりません。恐らく多くの方が「理屈はわかるけど…」と試合で自分の近くをボレーでスパスパ抜かれると、その通りポジション出来ていない自分に歯がゆい思いをしていることでしょう。そしてまた試合になれば、自分の動きばかりが気になって、対極の戦術を見れていないという悪循環に陥ります。

加藤プロはDVDの中では「理屈では前後に動ければいいけど、試合の中ではそれが一番ではない」とはっきり言います。「試合の中では、自分が前後を動くことを優先するのではなく、相手を見てパートナーとの波長を合わせて、あくまで状況に合わせて動くことが優先されるので、自分が前後の動くことばかり考えるのは違う。」と言います。

このような一般的に言われていることの理論と、試合の中での優先順位を示してくれます。
つまり真面目できっちりやろうとしている方こそ、今回のDVDの対象者なのです。

どれだけフォームや打ち方、ショットの練習をがんばったとしても、本来の戦い方を無視し、個人の技術だけでダブルスに勝つことは、プロであっても難しいことです。戦術を身に付けるのに、 難しい技術やテクニックは、一切必要ありません。プロや学生からやっている経験がある人たちが感覚で積み重ねてきた勝つためのダブルス戦術を、今回は理論でお伝えします。


DVDに収録されている内容の一部をご紹介


~大まかな流れ~
ダブルスで考えるべき基本的な戦術「クロスラリー」、「前衛の動き(ポーチ)」、「クロスラリー」の3つに分け、 それぞれのポジションや攻め方、狙い方、打ち方を解説。
Disc1「鉄壁のクロスラリー」収録時間:67分
ストロークがメインで、ガンガン積極的にクロスラリーで相手を崩す戦術を覚えたい人向け
Disc2.「攻撃のポーチ」収録時間:76分
ミスを恐れず積極的にポイントを取りにいく、積極的なネットプレイでの攻め方を覚えたい人向け
Disc3「強気のサービス&レシーブ」収録時間:64分
1球目を攻撃することで、試合の主導権を握り、思い通りにゲームを進める戦術を覚えたい人向け
このように、苦手なジャンル、より強化したい戦術を 効率良く身に付けていただくために、3種類のDVDをご用意しています。(DVD3枚で、合計120以上の戦術が収録されています)


Disc1 鉄壁のクロスラリー編(収録時間:67分)


鉄壁のクロスラリー編

■ダブルスにおける、4つのオープンスコートとは…?
4つのオープンコートに対して、効果的な角度、高さ、スピードについて解説します。相手が嫌がる配球をぜひここでマスターしてください。

■ベースラインでのグラウンドストローク「3つのポジション」とは…?
この3つのポジションを知ることで、あなたのクロスラリーでのミスは激減するでしょう。またポーチに出られにくいための高さや、相手ポーチを防ぐラリー展開術を公開します。この戦術は現在、日本で最も最新で、かつ主流になる戦術ですので、ぜひ知っておいてください。

■クロスコートで安定したショットが狙える、コースのバリエーションとは…?
ボールをストレートにいつ打つべきなのか?ここでは、距離の長いクロスコートを有効活用しながら、どのタイミングでアングルに切り返すのか?を詳しくご説明します。

■ニュートラル・ポジションでのクロスラリーの秘訣とは…?
相手が強烈なストローカーであっても、どこに、どういうボールを打てば相手をディフェンス・ポジションに追いやり、自分が優位な状況にできるのか?その配球とは?

■ショートクロスに打つ時、気を付けるべきポイントとは…?
ショートクロスを打ったあと、真ん中に戻ることばかりに集中すると逆を取られて、そのままクリーンエースになる恐れがあります。ここでは、ショートクロスの後のケアの方法を解説しながら、自らもポイントが取れるショートクラスの活用法をお伝えします。

■ネットへ詰めながら、安定した深いアプローチを打つ秘訣とは…?
ネットに詰める際に、誰もがミスをしがちなアプローチショット。ここで深く、相手が繰り込むようなスライスを打つためのコツをプロが教えてくれました。

■トップスピンロブで深いボールを打たれた場合、どう対処すればいいのか…?
相手のボールが深ければ、もちろん相手からすれば絶好のポーチのタイミングです。ロブ?それとも、強打? ここでは、相手のポーチを封じ込めるコツと、前衛の心理について詳しくご説明しながら、深いボールに悩むあなたの絶好の返球場所を公開します。

■「ダブルスはセンター」ってわかってはいるけど、いつ、どこに打つの?
「ダブルスはセンター」口をそろえて誰もがこういいますよね? でも実際に、どのタイミングでセンターを狙うのかを知っていますか? センターに打つことが効果的な時、弱にポーチの餌食になるとき、「ダブルスはセンター」を具体的に、どこに、いつ、どんなボールを打てば、相手がお見合いをするのか?それを具体的に教えます。

■どのようにショットの種類を選択するのがベストなのか…?
ショットの選択を間違えてしまうと、簡単にポーチの餌食にされてしまいます。ここでは、ポーチがされやすい配球、ストレートに抜きやすいタイミングなど、実際に愛好家がよくつかうバリエーションを交えて紹介しています。

■「一歩がかなり速くなる!」ポーチ専用のスプリットステップとは…?
「ポーチにいきたいけど…」そんな悩みは尽きません。スプリットステップは、実はダブルスにおいては、少し違ってくるのです。このスプリットステップを聞いた瞬間、あなたはなぜ上級者はあれほど、ポーチが速いのか?そして出れるのか?かが理解できると思います。これは多くの方が、間違って覚えていると思う重要な項目です。

■いつロブをあげるの? いつストレートに打つの?
ロブ、ストレート。クロスラリーには、大きく分けてこの2つのバリエーションがあります。ここではロブとストレートの使い方を紹介します。なぜ、上級者が、あのタイミングでストレートを打ってくるのか、またいやらしいロブを使うのか?それが理解していただけると思います。

■さすがプロ!「加藤プロのクロスラリーのデモンストレーション」
通常のポジションでのラリー、さがらされたボールの対応、アプローチ。そしてストレートに抜くショットから、センターへの返球、流れるようなアプローチショット…すべてスロー、リプレイが存分にあるので、テレビでは早くて見れないプロの動きが、手に取るようにわかります!
 
DVDイメージ



Disc2 攻撃のポーチ編(収録時間:76分)


攻撃のポーチ編

■「怖くて出られない」を克服する、ポーチの秘訣とは…?
積極的にポーチに出ることは、自分から積極的にポイントを取りにいくことです。この方法で、「失敗したらどうしよう…」「怖くて出られない…」という消極的な気持ちを、「どんどん前に出てやる!」という自信に変えて下さい。ポーチの出ていくボールの選び方を詳しく解説します。

■ポーチに出やすい、2つのポイントとは…?
相手がどのような体勢になった時がポーチに出るチャンスなのか?ここでは、ポーチに出るタイミングを掴む目印となる場面を例に、2つポイントを具体的にご説明します。ポーチのうまい下手は予測力です。その予測力がこのアドバイスによって、大きなプラスになるでしょう。

■ポーチに出たあと、どのコースに打てばいいのか…? アングル? センター?
せっかくポーチに出ても、決まらない。相手前衛に拾われる… センターに打てば、相手がいてるし、アングルも難しい… そんなときに、どこに打てば相手が取れないのか、そのコースの死角とオープンコートをわかりやすく解説します。

■相手後衛がプレッシャーで、ミスをしてしまうような、攻撃的なポジションとは…?
特に自分がなにもしていなくても、相手後衛が、プレッシャーに感じるポジションを指導します。よくある前衛のポジションから、相手が打つ前に、ある動きをいれるだけで、相手後衛は、その動きにより、一気にクロスコートが狭くなってしまいます。

■センターを確実にケアできる、ポーチの足の動きとは…?
センターを抜かれて、お見合い… パートナーのボールを無駄に触ってしまう。そんな経験ありますよね?ここではどの確実にセンターへのボールをポーチして、パートナーが驚くようなポーチのフットワークを指導します。

■あなたのポーチが読まれる、2つの原因とは…?
「よくストレート抜かれるんです…」自分のポーチが相手に読まれてしまう場合、この2つのポイントを意識してみて下さい。相手にポーチに出てきたことが、気付かれにくくなります。(撮影当時、話を聞いていたテニスコーチも知りませんでした…)

■万が一、逆を突かれて、ストレートに打たれた場合は、こう対処する!
ポーチに行けなかった、そのあと、どうしますか?また逆を突かれた場合、もうお手上げ状態になっていませんか? それはとてももったいないことです。まずはこのアドバイスを実践してみてください。打った後の動きが、かなり速くなります。

■ポーチ側がバックボレーの場合はまずこのコースに打ってください!
ポーチがフォアボレーだと出れる。でもバックボレーだと…自信がない。そんな方にお勧めなのが、バックボレーが決まりやすい、2つのコースを紹介します。これで、アドバンテージサイドであっても、ポーチに出るのが楽になることでしょう。

■相手にポーチ出られた場合の対処方法とは…?
相手がポーチに出られた場合、どう切り返すのか? ボレーボレー合戦になったらどう動いていいのか、どこにオープンコートがあるのかわからない。そんなあなたに、ぜひ見ていただきたいポイントがあります。

■上級者のようにアングルボレーが「バシッ」と決まります。
アングルボレーは実はこれほど、簡単だったんだ。という声が聞かれると思います。なぜなら、加藤プロのアングルボレーは、とにかく簡単。センターへのボレーが拾われたり、決まらない人は、ぜひこの一撃必殺のアングルを使ってみてください。

■さすがプロ!「加藤プロのポーチのデモンストレーション」
フォアボレー、バックボレー、アングルへのボレー、センターへのボレー…すべての種類のポーチのデモンストレーションが見れます。スロー、リプレイがあるので、テレビでは早くて見れないプロの動きが、手に取るようにわかります!
 
DVDイメージ



Disc3 強気のサービスレシーブ
(収録時間:64分)


強気のサービスレシーブ

■速いサービスに対してのレシーブをどう対処するのか…?
レシーブを安定させるコツは、足を出す方向と、ボレーの感覚にあります。ここでは、レシーブを打つコース、配球までを含め、詳しくご説明します。相手のサービスのスピードに悩む人は、必見のアドバイスが続出です。

■遅いサービスに対してのレシーブのコツとは…?
相手のサーブが遅い場合は、速い場合とは違った配球、攻め方が必要になります。ここでは、アグレッシブに強気で攻めるコツを詳しくご説明します。たとえば、セカンドサービスを攻めきれない人、時間がありすぎて、逆にミスをしてしまう人は、ぜひご覧ください。

■どうしても、レシーブが返らない時に打つべく、コースとは?
クロスに打っても、ストレートに打っても、どこに打っても返される。そして自分もミスをする。そんなとき、まずここに、このようなスイングで、打ってもらえるのが一番確率が高いです。そのための具体的なスイングと、体の使い方を解説。

■リターンとボレーを同時に上達させる、一石二鳥の練習方法とは…?
レシーブとボレーにおける、「面の使い方」と「グリップの握り方」の違いを正しく理解することで、短時間でリターンとボレーを上達させることができます。レシーブでフレームショットが多い方は、またネットミスが多い方は、この具体的な方法をお聞きください。

■上級者のようにセカンドサービスを確実に打ち込むためのフットワークとは…?
上級者を見ていると、確実にセカンドサービスを打ち込みます。いったい、彼らはどうやってジョコビッチのような速いタイミングで、レシーブを打って、攻撃しているのか?

■レシーブがフォアでとれる確率がアップします。
どうやったら、相手のサービスを予測できるのか?また加藤プロは、「レシーブはフォアで打った方がいい」とおっしゃいます。なぜ、バックではなく、フォアなのか?ダブルスのプロの実践的な視点をぜひお聞きください。

■サービスに悩みませんか? サービスのコースで気をつけるあることとは…?
相手のレシーブが「ガンガン」打たれる。そんなとき、どうしていいのかわからなくなりませんか?そんなとき、迷ったら、とりあえず、ココに打てば、あまり反撃されなくなります。そんな配球テクニックを加藤プロが指導します。

■必ず身に付けたい!安定したトスアップ「2つの秘訣」とは…?
この2つの方法で、あなたのトスアップは見違えるように安定し、伸びのあるボールが打てるようになります。そして、トスアップだけではなく、サービスダッシュ用のトスアップなども紹介してくれます。

■さすがプロ!「加藤プロのサービスのデモンストレーション」
もの凄いスピードのサービス。いろんな角度から、細部にわたるまでデモンストレーションが見れます。スロー、リプレイがあるので、テレビでは早くて見れないプロの動きが、手に取るようにわかります!
 
DVDイメージ



推薦者の声


推薦者の声

推薦者の声

推薦者の声


加藤プロの教材は3つあり、違いは明確です。


ダブルスの絶対戦術
1、【今回の教材】ダブルスの絶対戦術
ダブルスの戦略で最も大事な
クロスラリー、ポーチ、サービス&レシーブの打ち方と攻め方を解説
「こうやったら簡単に決まるよ」という打ち方とポイントを紹介

試合を有利に運ぶための展開術
2、試合を有利に運ぶための展開術
オフェンスとディフェンスに分けて、ストロークのラリーやアプローチ、ネットプレイなどの様々な場面の「こう打ったらこう返ってくるから、次はこうしよう」という展開パターンを紹介

1セットマッチの勝利の方程式
3、1セットマッチの勝利の方程式
1セットマッチの中での試合の流れを「相手のメンタル的な部分を解説しながら追い込んでいく駆け引き術」を実際のゲームとポイントの中で紹介
「この場面では、相手はきっとこう考えているから、自分はこうすることで、相手はもっと嫌がるから、今はこれをして、あとにこの戦術を残しておこう」


もう、ダブルスの中で、迷い、悩むのは
終わりにしませんか?


戦術は、一度覚えてしまえば、テクニックのように錆びつくことはありません。つまり、戦術はテニスを続ける限り、一生使える「勝てるノウハウ」です。普通は戦術というものは、勝ったものだけが 手に入れられるいわば「生の経験」です。その実戦から得られたリアルな経験を、あなたは、今回手に入れることができるのです。

ダブルスは自分だけが、自分のプレイをよくすることを考えながら行うものではなく、パートナーや相手との状況の中で基本的な戦術を抑え、その上で戦っていくものです。今回の教材では、その最も基本的な3つの戦術をお伝えします。もし、加藤プロのダブルス戦術教材、どれを選べばいいのか迷う・・・という方は、まずこちらをお選び下さい。

返品保証もついているのでもし合わなかった、思っていたのと違っていた、という場合には、どうぞじっくりと見た後でもいいのでご返品や別の教材に交換するようにお伝え下さい。


90日間返金保証
まずは、今日、このDVDを試してみてください。 そして、この中のたくさんのテクニックを試してみてください。そうすれば、練習の結果が今まで以上になることが期待できるでしょう。もし、この商品を試してみて、気に入らないようでしたら、どんな理由があろうと、商品到着日より90日以内に、商品を返品して頂ければ、代金はお返しいたします。


何度も繰り返し視聴された後でも、返品が可能


物心ついた時からネットがあり、スマホを使う若い世代はともかく、中高年の方にとってはオンラインと聞くだけで不安や抵抗が残りますよね?そんな方を対象に、今回の情報をDVD化してお届けすることにしました。これならば自宅のデッキやパソコンで視聴が可能ですよね。

もし今回のDVDの内容が「合わなかった」「身にならなかった」と思う方は、DVDを何度ご覧いただいた後でも、返品が可能です。このDVDには、「返金保証」をお付けいたします。

DVDの内容にご満足いただけない場合は商品到着後90日以内にご連絡ください。何度ご覧いただいたあとでも理由を問わず、手数料735円を差し引いた金額をご返金させていただきます。ですので、90日間、じっくりとDVDをご覧いただき、あなたの買い物が正しかったかどうかをご判断ください。これは、教材のクオリティに本当に自信があるからできるお約束です。

加藤季温(かとうとしはる)


9歳でテニスをはじめ、近畿大学を卒業後の2004年にプロの道へ。 数々の国内大会で好成績を収め、2007年の全日本テニス選手権大会では、波形純理選手とのペアでミックスダブルス優勝。テニスの普及を目指す株式会社KIONの代表を務めスクール、イベント、YouTubeなどでの活躍している。プロの選手時代から一般愛好家との交流を好み、現役トッププロ時代に200名を超すサークルを作るなどコミュニケーションを大事にするプロでもある。

ダブルスを勝ち続けるための絶対戦術
  • ダブルスを勝ち続けるための絶対戦術

ダブルスを勝ち続けるための絶対戦術

  • 14,940円税込

加算ポイント:149 ポイント

ポイント:利用可能

数量:

この商品は0人がお気に入りに登録しています。

Facebook Twitter

この商品のレビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿する

レビューを投稿するにはログインしてください。

この商品は、次のカテゴリにも関連付けられています。

DVD教材

DVD教材 > テニス

DVD教材 > テニス > 加藤季温