重要なお知らせ

OPEN
壊れゆく子どもたちの姿勢と運動神経を取り戻す!~自宅でできる「ジュニア期にやっておくべき体幹トレーニング」
壊れゆく子どもたちの姿勢と運動神経を取り戻す!~自宅でできる「ジュニア期にやっておくべき体幹トレーニング」
  • 壊れゆく子どもたちの姿勢と運動神経を取り戻す!~自宅でできる「ジュニア期にやっておくべき体幹トレーニング」
  • 壊れゆく子どもたちの姿勢と運動神経を取り戻す!~自宅でできる「ジュニア期にやっておくべき体幹トレーニング」

壊れゆく子どもたちの姿勢と運動神経を取り戻す!~自宅でできる「ジュニア期にやっておくべき体幹トレーニング」

第一線で活躍するトップアスリートをはじめ、多くのスポーツ選手たちへトレーニング指導を行なう澤木一貴が、1日たった5分・自宅でできる「運動センス向上トレーニング」を公開。
  • 送料無料
  • 12,980円税込

獲得ポイント:129 ポイント

数量:

カートに追加されました。

閉じる

閉じる

運動が上手い子とうちの子は、いったい何が違うのか?

お子さんの運動神経の良し悪しは、遺伝や生まれ持った才能で決まるものではありません。実は、運動神経の差を生むものは、15歳までのいわゆる、ゴールデンエイジの間に色々な動作にトライさせ、神経系の成長を促進させること。

しかし、ただ単にゴールデンエイジの時期に技術練習をさせればいいというわけではありません。

運動センスを向上させ、スポーツ動作を習得できるようになるには、スポーツ動作を習得するよりも前のステップである「基礎的運動」と「コーディネーション運動」を正しく習得することが大切と、子どもの身体能力を向上させるスペシャリスト・SAWAKI GYM代表の澤木一貴氏は言います。

基礎的動作とは、スポーツをするときの土台となる手足をしなやかに使う動作や呼吸などのことを、コーディネーションはそれらの動作を動きながらおこなうことを指します。

運動神経が良く、ぐんぐん上達できる子どもは、今お話した基礎的動作とコーディネーション動作を自然に身につけています。

それは、ひと昔前の子どもたちがそうだったように、外遊びの中で色々な動作をすることで習得できるからです。

外で遊ぶ機会の少ない現在では、これらの基礎的動作を身につけられなくても仕方のないことかもしれませんが、あなたがお子さんにスポーツで活躍してほしいと思うのなら、避けては通れない道です。

でも、具体的にどうすれば、基礎的動作を身につけられるのか?

第一線で活躍するトップアスリートをはじめ、多くのスポーツ選手たちへトレーニング指導を行なう澤木一貴が、1日たった5分・自宅でできる「運動センス向上トレーニング」を公開します。

Disc1 「基礎的動作」を身につける(収録時間42分)

  • トレーニングの前に知っておくべき基礎理論とは?
  • 身体能力を劇的にアップさせる「2つの筋肉」とは?
  • 呼吸法の良い例と悪い例、その違いとは?
  • 力を発揮しやすい姿勢「パワーポジション」の作り方
  • なぜ、足の感覚をアップさせることが大切なのか?
  • 全身の筋肉をいっきに柔らかくする方法
  • 正しい姿勢を身につける簡単な方法
  • 猫背や悪い姿勢を体にインプットさせない方法
  • 将来、腰痛を起こしやすくなる子どもの特徴とは?
  • 正しい姿勢のキープに必要な背筋を鍛えるには?

Disc2 「コーディネーション動作」を身につける(収録時間67分)

  • スポーツ動作向上のためのトレーニングとは?
  • スポーツの前におこなうべきストレッチ
  • よくある「伸脚」をさらに効果的にする方法
  • 股関節を大きく広げるストレッチ
  • 「世界一偉大なストレッチ」とは?
  • 体のバネの動きを強化するトレーニング
  • ジャンプが上手くなるトレーニング
  • 素早く方向転換できるようになる方法
  • 美しい姿勢で速く走れるようになる方法
  • スポーツにおける低い局面の動作を向上させる方法

特典1 親子で一緒にできるトレーニングDVD
特典2 トレーニングプログラム表(PDFダウンロード)

パーソナルトレーナー/SAWAKI GYM代表

澤木 一貴(さわき かずたか)

子どもの頃の体育成績は「2」。高校時代の体重は48キロで運動が苦手というコンプレックスを持っていたが、トレーニングにより克服。その経験から、ゴールデンエイジ(3歳~15歳)の子どもたちの身体能力を向上させる独自のトレーニングを開発する。その機能的なトレーニングメソッドは各種メディアでも高く評価され、多くの著書も出版。現在は、SAWAKI GYMの代表を務めるかたわら、全国の小学校へ子どものためのトレーニングを伝える講演をおこなっている。
DVD視聴者・実践者の声

K.I様 年齢:47歳、指導歴:3年、お子様の学年と年齢:5年生10歳


息子は背中や肩、腕の動きがが左右で異なり、診断では肩甲骨と肩回りの筋肉の不全と判断されました。根本原因は猫背となっている姿勢、および骨盤の傾きでした。私の息子は5年生ですが少年野球の最終学年を目の前にして、いまからでこのDVDの内容を実践して、6年生最後のシーズンを思い切って送れるように今からでも参考にしたいと思っています。

K.T様 年齢:44歳、お子様の学年と年齢:小5・10歳


動画を見て、参考になったのは、パワーポジションという考え方と、それぞれのストレッチが全く知らない新しい知識で目からウロコでした。今回のDVDは、子どもの運動不足や足の遅さといった悩みを 持っている保護者におすすめしたいです。

M.Y様 年齢:46歳、指導歴:10年、お子様の学年と年齢:小学6年生、12歳


今回、パワーポジションという基本姿勢を知ることができました。瞬時に次の動きへ移る為の基本姿勢として参考にさせていただきます。また、普段より子供たちの立ち方、座り方は気にはなっていましたが、骨盤をしっかりと立てるということの大切さを改めて確認できました。

N.H様 年齢:44歳、指導歴:3年、お子様の学年と年齢:小5、10歳


体幹トレーニングというとアスリートがダンベルなどの特殊なトレーニング器具を使って行うイメージが強かった。実際そういう解説教材なども多い。しかし、当DVDはいわゆるゴールデンエイジを主対象としており、子どもへの過負荷を抑えつつも体幹を効率よく鍛えるための方法に焦点を当てており、そこが特長である。また、その方法も特殊な器具を必要とすることなく、一般家庭また狭いスペースでも手軽にできるものばかりである。スポーツの醍醐味は親子のコミュニケーションの良い機会を与えてくれることだと思う。当DVD3枚目の特典映像では親子でできるエクササイズが多数紹介されている。子どもとコミュニケーションを図りながら親の運動不足解消の一助にもなる、とてもありがたい内容である。

岡平克哉様 年齢:34歳、指導歴:10年、お子様の学年と年齢:小3、8歳


私は、整体院を経営していますが、体幹トレーニングやストレッチを指導する立場から見ても、とても素晴らしい内容となっています。特に、簡単に始められる足指じゃんけんや足裏ボール転がしは、高い効果が得られると私の実体験からも言えます。身体のトレーニングだけではなく、良いコミュニケーションにもなり、我が家では、家族で盛り上がりながら実践させてもらっています。

広瀬真也様 年齢:37歳、指導歴:6年、お子様の学年と年齢:小3、8歳


澤木さんのDVDを見て、一般的に言われる「筋トレで身長が伸びなくなってしまう」=「体幹トレーニング」では無い事に気が付きました。体幹トレーニングのメニューについても親子で取り組めるようなメニューも紹介されていて、親子でコミュニケーションを取りながら取り組める素晴らしい内容だと思います。

壊れゆく子どもたちの姿勢と運動神経を取り戻す!~自宅でできる「ジュニア期にやっておくべき体幹トレーニング」

壊れゆく子どもたちの姿勢と運動神経を取り戻す!~自宅でできる「ジュニア期にやっておくべき体幹トレーニング」

第一線で活躍するトップアスリートをはじめ、多くのスポーツ選手たちへトレーニング指導を行なう澤木一貴が、1日たった5分・自宅でできる「運動センス向上トレーニング」を公開。
  • 送料無料
  • 12,980円税込

獲得ポイント:129 ポイント

数量:

カートに追加されました。

閉じる

閉じる

この商品のレビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿する

レビューを投稿するにはログインしてください。

壊れゆく子どもたちの姿勢と運動神経を取り戻す!~自宅でできる「ジュニア期にやっておくべき体幹トレーニング」

この商品は、次のカテゴリにも関連付けられています。

DVD教材

DVD教材 > トレーニング

DVD教材 > トレーニング > 澤木一貴

壊れゆく子どもたちの姿勢と運動神経を取り戻す!~自宅でできる「ジュニア期にやっておくべき体幹トレーニング」